SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

バルセロナ

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/30(木) 09:37:28.17 ID:xeDIdOqc9
バルセロナ監督の座を解任されたチャビ・エルナンデス氏は、クラブから支払われるべき補償金の大部分の受け取りを放棄したようだ。スペイン『マルカ』が報じている。

今季限りで退任することを発表していたチャビ氏は、ジョアン・ラポルタ会長の説得によって一度は来季もチームを率いることを決意しながらも、来季の陣容づくりに関する見解の相違によって結局は解任となった。

チャビ氏は今から1カ月前、来季も監督を務めることを決意した際に「私が来季監督を続けていなかった場合、1ユーロだって受け取る考えはなかった。会長はそのことを知っている。私が契約した金は、次の監督のために使ってもらうつもりだったんだ」と語っていたが、その意思は解任となって変わらなかったようだ。

『マルカ』曰く、2025年までバルセロナと契約を結んでいたチャビ氏は、補償金としてクラブから1500万ユーロを支払われるはずだったが、その内の400万ユーロしか受け取る気がないようだ。400万ユーロの内、実際受け取る額は所得税差し引いて250万ユーロとなるが、これは前所属クラブのアル・サッドを退団した際に肩代わりした違約金の額に相当する。

チャビ氏は2年半前、ロナルド・クーマン氏を監督解任した直後のバルセロナからオファーを受けたものの、財政難に陥る同クラブに違約金を支払う余裕がなかったために、同金額の一部となる250万ユーロを自ら支払っていた。

チャビ氏が受け取るのはその250万ユーロのみとなり、その一方で自身のコーチングスタッフへの補償金支払いはクラブに約束させたとのことだ。

バルセロナはチャビ氏のクラブ愛によって1100万ユーロの支払いを免除されたことになるが、その1100万ユーロはハンジ・フリック新監督およびそのコーチングスタッフのために使われるという。なおバルセロナと2年契約を結んだフリック氏の年俸はネットで300万ユーロと同クラブの指揮官としては安価だが、タイトル獲得などを条件にボーナスも支払われる模様だ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/86ee8de83506100090a353f6b55349436e1eaa9e

【バルセロナ、解任チャビは補償金1500万ユーロの内400万ユーロしか受け取らず… 浮いた1100万ユーロがフリックの年俸に】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/30(木) 00:43:20.34 ID:xeDIdOqc9
バルセロナは29日、来季からの新指揮官にハンジ・フリック氏が就任することを発表した。契約期間は2026年6月までの2シーズンとなる。

バルセロナでは今年1月にチャビ監督が退任を発表するも、その後の成績向上に伴い、4月には一転して退任を撤回。指揮官の残留が決まった。しかし、5月にはチャビ監督のクラブ財政状況を憂う発言により、ジョアン・ラポルタ会長が激怒したことが伝えられ、再び解任するという異例の事態となった。

チャビ監督の後任は、かねてから招聘が間近と伝えられてきたフリック氏に決定した。現在59歳のフリック氏はこれまで、ホッフェンハイムやバイエルンなどを指揮。2021年5月からはドイツ代表を指揮し、2022年カタール・ワールドカップ(W杯)では日本代表と同居したグループステージで敗退の憂き目に遭った。その後もドイツ代表指揮官を続けていたが、昨年9月の親善試合で再び日本に敗れたこともあり、解任されていた。

バルセロナは今季のラ・リーガで宿敵のレアル・マドリーの後塵を拝し、2位フィニッシュ。チャンピオンズリーグでもベスト8に終わった中、来季新体制での巻き返しが期待される。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6561cfbd00ce93c3adfb74ab1bb40153f38ee248

【バルセロナ、フリック監督の就任を発表! ドタバタ劇でチャビを解任…前ドイツ代表指揮官と2年契約締結】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/25(土) 13:03:23.82 ID:qhRATxzV9
 スペイン1部バルセロナが日本出身でオランダ1部フォレンダムGK長田澪(登録名ミオ・バックハウス=20)の獲得に動いていると、欧州メディア「スカイ・スポーツ」が報じた。

 ドイツ人の父と日本人の母を持つ194センチの長田はJ1川崎の下部組織出身でU―15日本代表にも選出された。2018年にドイツへ戻り、現在はドイツ1部ブレーメンからレンタル移籍しフォレンダムでプレー。今季リーグ33試合に出場し、降格したにもかかわらず、素晴らしいパフォーマンスを見せて今シーズンの最優秀GKにも選出された。

 そんな中、同メディアは、バルセロナが「無名のGKを望んでいる」とし、U―20ドイツ代表にも選ばれている長田の獲得に乗り出し、契約元のブレーメンとも接触しているという。スペイン紙「ムンド・デポルティボ」は正GKでドイツ代表のマルクアンドレ・テアシュテーゲン、第2GKイグナシオ・ペーニャに続く、第3GKのポジションになると報じた。

 またバルセロナ以外のクラブも長田の獲得に興味を示している。同メディアは「レンタルが終了し、ブレーメンに戻ってGKのナンバーワンを争うか、それとも野心的なGKとして移籍するかの問題になる」と指摘。果たして超名門クラブ入りなるか。

東スポWEB
https://news.yahoo.co.jp/articles/19ac9c280af39af2dffa91e09c8c129500426f6a

【日独ハーフのGK長田澪にバルセロナが獲得オファー「無名のGKを望んでいる」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/24(金) 21:06:55.28 ID:f1Dfo40q9
バルセロナは24日、シャビ・エルナンデス監督の解任を発表した。26日の最終節・セビージャ戦が最後の指揮となる。

 シャビ監督は2021-22シーズンからバルセロナを率いているが、今年1月に今季限りでの退任を発表した。しかし4月に一転して来季も引き続き指揮を執ることが決定。異例の退任撤回も「まだ終わっていないプロジェクトを作り続けていく力がある。来年は、再び、期待が高まり、大きな成功を手にするすぐ近くにいけるだろう」と力強く意気込んでいた。

 そうしたなか今月16日、シャビ監督は会見で財政面で他クラブより劣る状況にありながら戦っていることの理解を求め、「我々には落ち着きと時間が必要だ」とコメント。これが結果を求めるジョアン・ラポルタ会長の逆鱗に触れたとみられ、解任の噂が飛び交っていた。

 迎えた24日、バルセロナはラポルタ会長やデコスポーツダイレクターらとともに会議を実施。シャビ監督の解任を決定した。

 クラブは公式サイトを通じて「選手として、キャプテンとしての他に類を見ないキャリアを監督としても高めたシャビの働きに感謝し、幸運を祈る」と伝えている。新体制については数日以内に発表するとしているが、複数の海外メディアは元ドイツ代表指揮官のハンジ・フリック氏が後任を務めると報じている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e9b3ab0f9070242d6c7d43636c71fbf1528f125b

関連スレッド

【サッカー】バルセロナが来季監督にフリック氏と基本合意 2年契約と現地紙報道 [久太郎★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1716472220/

【バルセロナがシャビ監督の解任を正式発表…退任→続投→解任と異例展開に】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/23(木) 22:50:20.80 ID:ER12RI5Y9
バルセロナがハンジ・フリック氏(59)と来季監督として基本合意したと23日、スペイン紙アス電子版が報じた。

 バルセロナの来季の監督人事が、大きく揺れ動いている。シャビ監督は今年1月のビリャレアル戦で惨敗した後、成績不振を理由に今季限りでの退任の意思を表明した。しかしその後、チーム状態が大きく改善されたことで、4月末にラポルタ会長とともに記者会見を開き、前言撤回し契約の残る来季の続投を発表した。

 しかし、16日に行われたアルメリア戦前日の記者会見で再び状況が一転。シャビ監督は「サポーターは我々がスペイン国内でレアル・マドリード、そして欧州のトップクラスの競争相手と戦うのに、特に経済面が非常に困難な状況にあることを理解しなければならない。我々は今、監督がやって来て“あの選手やこの選手が欲しい”と言っていた25年前とはまったく異なる経済状況にある。今は当時と同じ状況ではないんだ」と、強豪と渡り合うのが困難であることを強く訴えた。

 この発言を聞いたラポルタ会長は激怒。すぐにクラブ幹部らと会談を行い、シャビ監督の今季限りでの解任を決定した。これを受け、クラブのスポーツディレクターを務めるデコ氏は、シャビ監督の後任探しに即座に動き、22日に今季からクラブのスポーツ部門のスタッフになっている元ヴィッセル神戸のボージャン・クルキッチ氏とともにロンドンに飛び、フリック氏と会談。本人の了承を得て基本合意に達し、契約は2年間になる見込みだと同紙は伝えている。

 クラブはこの後、シャビ監督およびコーチングスタッフの契約状況を解決しなければならなくなっている。現時点で、クラブから来年6月30日まで契約の残るシャビ監督には何も伝えられておらず、正式決定は今季最終戦となる26日のセビリア戦後に下されるという。

 この決定は30日の取締役会で承認される必要があるものの、基本的にサプライズはないという。セビリア戦がシャビ監督にとって、バルセロナで指揮を執る最後の試合になる可能性が非常に高そうだ。(高橋智行通信員)

https://news.yahoo.co.jp/articles/e13b2e5920ff2459febbd9a77308f0075a549c37

【バルセロナが来季監督にフリック氏と基本合意 2年契約と現地紙報道】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/17(金) 17:34:51.70 ID:zIf+4+ji9
 バルセロナのシャビ監督(44)が今季終了後に解任されるとスペイン紙スポルト電子版が17日に報じた。ジョアン・ラポルタ会長は16日のスペインリーグ第36節アルメリア戦前日の記者会見でシャビ監督が話した内容に失望し、この決断を下したとのことだ。

 シャビ監督は1月27日、スペインリーグ第22節でビリャレアルに3-5の惨敗を喫し、ライバルのレアル・マドリードに勝ち点差を大きく広げられた後、成績不振を理由に今季限りでの退任を発表した。しかしその後、チームが復調したことで、4月25日にラポルタ会長と一緒に記者会見を開き、前言撤回して契約の残る来季も監督を続けることを明らかにした。

 そんな中、シャビ監督はアルメリア戦前日の15日、「バルセロナサポーターは我々がスペイン国内でRマドリード、そして欧州のトップクラスの競争相手と戦うのに、特に経済面が非常に困難な状況にあることを理解しなければならない。我々は今、監督がやって来て“あの選手やこの選手が欲しい”と言っていた25年前とはまったく異なる経済状況にある。今は当時と同じ状況ではないんだ」と来季、強豪チームと渡り合うことが非常に難しいことを示唆した。

 ラポルタ会長はこの発言に激怒し、アルメリア戦には行かず、16日にクラブ幹部などと話し合った末、今季限りでシャビ監督を解任することを決めたとのことだ。しかし、19日のラヨ・バリェカノ戦前に正式発表される可能性は低いと同紙は伝えている。

 またシャビ監督の後任に関してクラブの地元ラジオ局RAC1は、現在バルセロナのBチームで指揮を執るラファ・マルケスが務める可能性があることを伝えている。(高橋智行通信員)

https://news.yahoo.co.jp/articles/f73d2047e70aa8d81ec1a892a91ff4fef1957363

【バルサ・シャビ監督続投発表から一転、今季限りで解任へ 後任候補にBチームのラファ・マルケス】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/25(木) 11:20:30.22 ID:S98ajmCz9
 バルセロナのシャビ・エルナンデス監督が今季限りでの退任表明から一転し、来季続投に合意したようだ。アメリカのスポーツ専門チャンネル『ESPN』などが報じている。

 シャビ監督は2021年11月にロナルド・クーマン前監督の後任として就任。昨季に4シーズンぶりのラ・リーガ優勝を果たし、昨年9月には1年の延長オプションが付く2025年6月30日までの新契約にサインした。

 だが、今季はラ・リーガで首位レアル・マドリーに大きく水をあけられ、コパ・デル・レイやスペインスーパーカップでもタイトルを逃すと、ホームで3-5の惨敗を喫した1月27日のラ・リーガ第22節ビジャレアル戦後、シーズン終了後の退任を発表。すると、その直後からチームは公式戦13試合無敗(10勝3分)と調子を上げ、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)こそパリSGに屈してベスト8敗退となったものの、続投を求める声が高まっていた。

 報道によると、シャビ監督は24日に行われたジョアン・ラポルタ会長との会談を経て、バルセロナとの契約を全うすることを決断したという。

 ラファ・ユステ副会長は記者団に「監督、会長とミーティングを行い、シャビはバルサとの契約を全うすることを表明した」と説明している。

「彼はバルサの一員であり、私たちのプロジェクトとクラブの若い選手たちを率いることができる監督だ。偉大な“クレ”(バルサファンの愛称)だよ」

「シャビが続投してくれて嬉しい。私は、彼が2年半前に始めたプロジェクトの継続性を常に守ってきたからね」

「(ミーティングでは)チームの変更についてはまったく話していない。シャビは熱意を示しているし、私たちは彼と彼のスタッフがこのプロジェクトを継続できるようサポートしなければならない」

 シャビ監督の後任候補については、バルセロナBのラファエル・マルケス監督、バイエルンやドイツ代表を率いたハンジ・フリック監督、現バイエルン指揮官のトーマス・トゥヘル監督などが挙がっていた。

 しかし、昨季のリーグ優勝、16歳FWラミネ・ヤマルや17歳DFパウ・クバルシといった若手選手の台頭に加え、バルセロナの財政状況もシャビ監督の慰留に影響したとみられる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/fabe2b430834af46c54ace3de5fd546d1876a1e3

【シャビ監督が退任撤回で来季続投へ…バルセロナ副会長「彼は契約を全うする」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/22(月) 11:03:50.42 ID:KCAYtKUv9
[4.21 ラ・リーガ第32節 R・マドリー 3-2 バルセロナ]

 ラ・リーガは21日、第32節でレアル・マドリー対バルセロナのエル・クラシコが行われた。開始早々にバルセロナがセットプレーから先制するも、R・マドリーは前半のうちにPKで同点。後半も再びバルセロナが突き放したが、R・マドリーもすぐさま追いつくと、最後はMFジュード・ベリンガムが決勝点を沈め、3-2で勝利した。首位のR・マドリーはバルセロナとの勝ち点差を11に広げた。

【写真】お相手がJ1選手だったと話題に…元アイドルの女優が2ショットで結婚報告

 勝ち点8ポイント差で迎えた後半戦のエル・クラシコ。首位のR・マドリーは先週ミッドウィークの欧州CL準々決勝でマンチェスター・Cに延長PK戦の末に勝利したが、120分間を戦った疲労が残る一方、2位のバルセロナは同じく欧州CL準々決勝でパリSGに敗れたが、休養日は1日長かったという対照的なシチュエーションでダービーマッチに臨んだ。

 試合は前半6分、早々にバルセロナが試合を動かした。FWラフィーニャが右CKをファーサイドに送り込み、飛び出したGKアンドリー・ルニンが触れられずにいると、MFアンドレアス・クリステンセンがヘディングシュート。マッチアップしたMFトニ・クロースの上から豪快に突き刺し、先制に成功した。

 対するR・マドリーは前半8分、MFオーレリアン・チュアメニの浮き球パスをMFルカ・モドリッチが頭でフリックし、FWビニシウス・ジュニオールが飛び込んだが、右足シュートは枠の上。それでも同16分、右サイドで受けたDFルーカス・バスケスが仕掛けると、DFパウ・クバルシに倒されてPKを獲得。ビニシウスが右に決め、同点に追いついた。

 バルセロナは前半28分、またもラフィーニャの右CKからビッグチャンス。今度は低いボールをニアでFWラミネ・ヤマルがうまくフリックしたが、ゴールライン付近ギリギリでGKルニンに阻まれる。ラ・リーガではゴールラインテクノロジーが採用されておらず、VARに活用される中継カメラでも証拠が取れないほどの際どいシーンだった。

 バルセロナは前半アディショナルタイム5分過ぎ、MFフレンキー・デ・ヨングがMFフェデリコ・バルベルデとの不可抗力の接触で負傷。MFペドリとの交代を強いられた。そのままハーフタイムを挟んだ後半開始時にはクリステンセンに代わり、MFフェルミン・ロペスが投入された。

 後半最初の決定機はR・マドリー。11分、相手のパスを自陣でカットしたモドリッチが振り向きざまに預け、ベリンガムが敵陣ゴール前に長いスルーパスを送り込むと、これにビニシウスが猛スピードで抜け出す。だが、DFを背負いながらのシュートは枠を捉えることができなかった。

 すると後半24分、バルセロナが再び突き放した。途中出場のFWフェラン・トーレスが右にサイドチェンジを送り、受けたヤマルが果敢にミドルシュートを放つと、この軌道上にF・トーレスが突撃。ブラインドとなったボールをGKルニンがこぼした結果、これに途中出場のFWフェルミン・ロペスが詰め、ゴールに押し込んだ。

 それでもR・マドリーも譲らなかった。後半28分、FWロドリゴ・ゴエスとバルベルデが絡み、左サイドにパスを送ると、縦に仕掛けたビニシウスがゴール前のスペースに低弾道のクロスボールを配球。最後はファーサイドに走り込んだバスケスがハーフボレー気味に叩き込み、またしても同点に追いついた。

 なおも攻めるR・マドリーは後半33分、ルニンのパントキックからビニシウスが一気にゴール前まで運ぶが、シュートはGKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンのスーパーセーブに阻まれ、ビッグチャンスを逃した。

 試合はそのままタイムアップかと思われたが、最後のドラマが待っていた。後半アディショナルタイム1分、R・マドリーはMFブラヒム・ディアスが中盤でボールをキープすると、バスケスのクロスに反応したのはベリンガム。冷静な左足シュートを突き刺し、前半戦対戦(◯2-1)の2ゴールに続いて初クラシコの主役となった。

 試合はそのままタイムアップ。ベリンガムの大活躍により、R・マドリーは2位バルセロナとの勝ち点差を11に広げ、2シーズンぶりの王座奪還に大きく前進した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/87a327c14c45cfcfcb2293003447813c6da7ab80

【クラシコ主役はベリンガム!! AT劇的決勝弾で対バルサ2戦3発、R・マドリーが独走Vへ】の続きを読む

このページのトップヘ