SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

バルセロナ

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/09(金) 22:07:24.47 ID:CAP_USER9
バルセロナは、アトレティコ・マドリーへとレンタル移籍しているフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンを巡って、アトレティコ・マドリーを訴えるようだ。

2014年7月にレアル・ソシエダからアトレティコへと加入したグリーズマン。チームを支えるエースとして活躍すると、本人がバルセロナ行きを希望したこともあり、半ば強引に2019年7月にバルセロナへと完全移籍した。

しかし、そのバルセロナではアトレティコで見せていたような活躍はできず、公式戦102試合で35ゴール17アシストと期待外れの結果に。すると、2021年8月に2年間のレンタル移籍でアトレティコへと復帰していた。

そのアトレティコでは、復帰1年目の昨季は公式戦39試合に出場し8ゴール7アシストと期待ほどの活躍はできず。しかし、今季はここまで毎試合30分弱の出場時間しかない中、5試合で3ゴールを記録。さらに、2つが決勝点と重要な役割を担っている。

今季は調子を上げてきそうなグリーズマンだが、スペイン『Cadena SER』がバルセロナが訴訟の準備を進めていると報じた。

バルセロナ側の主張は、グリーズマンのレンタル期間は1年間。一定の条件が満たされた場合は、延長されるというもの。その条件としては、グリーズマンはプレー可能な時間の50%以上をプレーしなければならないとされており、実際には81%プレーしていたという。

そのため、すでにグリーズマンはアトレティコの選手とみなされ、バルセロナは4000万ユーロ(約58億円)を支払わなければならないと主張している。

一方で、アトレティコ側は2年目も計算に入っていると主張。それが理由で、シメオネ監督はグリーズマンの起用時間を制限し、毎試合60分過ぎの起用にしているというのだ。

互いに自分たちの主張をしている中でどのような決着を迎えるのか。グリーズマン本人が調子を上げているだけに、ピッチ外での揉め事で水を刺さないでもらいたいところだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a244f03ca2aaa8a12646015780ff2cefa794431b

【バルセロナがアトレティコを訴える? グリーズマン問題で58億円を要求】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/10(土) 10:48:36.68 ID:CAP_USER9
今夏クラブの資産を切り売りしたバルセロナのサラリーキャップ(年俸や移籍金の分割分なども含めた人件費をクラブ収入の70%程度に制限するもの)が、冬の時点から8億ユーロ(約1120億円)も増え、6億5650万ユーロ(約919億円)にまで上昇したことが分かった。スペインリーグが9日に認めたと、ESPN電子版が報じた。

 バルセロナは冬の移籍市場での積極補強によって多大な損失を出し、冬の時点でのサラリーキャップが異例のマイナス1億4400万ユーロ(約202億円)と算出されていた。

 そんな状況の中、バルセロナは今後25年間の国内テレビ放映権の25%を売却。さらに選手の映像などを製作する子会社「バルサ・スタジオ」の株式49%も手放した。これらによって得られた収入は7億ユーロ(約980億円)を超えるものだった。

 そのためサラリーキャップの額が増え、1億5000万ユーロ(約210億円)をかけてレバンドフスキやラフィーニャ、クンデらを獲得することにも成功した。

 バルセロナはこれまでもサラリーキャップに苦しみ、昨夏はチームの顔であるメッシを手放さざるを得なかった。そこから冬にはマイナスのサラリーキャップを算出されるという事態に陥った。そんな中で将来の資産を売却するという荒療治とはいえ、クラブの財務を劇的に立て直した形となった。

 今夏のスペインリーグのサラリーキャップ1位は依然としてレアル・マドリードで6億8350万ユーロ(約957億円)。バルセロナは2位で、3位がアトレチコ・マドリードの3億4100万ユーロ(約477億円)となっている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/fc89abbe9ad29109058318dfbffaccfc94929afe

【バルセロナのサラリーキャップが919億円に上昇 テレビ放映権売却などで劇的な財務改善】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/08(木) 12:28:44.06 ID:CAP_USER9
[9.7 欧州CLグループC第1節 バルセロナ 5-1 ビクトリア・プルゼニ]

 バルセロナのポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキがまた新たな得点記録を打ち立てた。
https://news.yahoo.co.jp/articles/3f7aec4c4d701b53d7ea2f2ed37413016c2d3a3b
 チームは7日、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)のグループC第1節で本拠地カンプ・ノウにビクトリア・プルゼニを迎え、5-1で大勝。レバンドフスキは3ゴールの活躍を披露した。

 これにより、ドルトムントとバイエルン時代に続き、異なる3つのクラブでハットトリックを達成。欧州CL史上初の快挙となった。

 バルセロナは前半13分にMFフランク・ケシエのゴールで先制。同34分にDFセルジ・ロベルトのパスを受けたレバンドフスキが、ペナルティエリア内中央から右足で見事なコントロールショットを決めた。

 2-1で迎えた前半アディショナルタイム3分には、右サイドのFWウスマン・デンベレからのクロスにファーで反応。ヘディングで押し込み、3-1とリードを広げた。

 さらに後半22分、FWフェラン・トーレスからの落としから、ペナルティエリア手前中央で右足をコンパクトに振る。低い弾道のシュートがゴール右隅に吸い込まれ、この日3点目を挙げた。

 後半26分にF・トーレスのダメ押し弾で5-1としたバルセロナは、そのまま逃げ切りに成功。白星スタートを飾った。

 レバンドフスキは開幕4戦5発のラ・リーガを含め、これで公式戦5試合8ゴール。今夏にバイエルンから加入し、変わらない得点力を見せつけている。

【バルセロナ・レバンドフスキがCL史上初の快挙!! 異なる3つのクラブでハットトリック達成】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/02(金) 15:44:03.24 ID:CAP_USER9
サッカー批評Web 9/2(金) 11:36

 チェルシーは9月1日、バルセロナの元ガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンを獲得したと発表。これまで「元アーセナル選手」が躍動してきたチェルシーでは、タイトル獲得に向けて期待が高まる。

■9番タイプのCF確保
 チェルシーは今夏、FWロメル・ルカクとFWティモ・ヴェルナーをそれぞれインテルとライプツィヒに放出。最前線の位置を本職とする選手を手放していた。迎えた今シーズンは、ストライカータイプではないFWラヒーム・スターリングやFWカイ・ハヴァーツをCFとして起用していたなか、移籍市場が閉まる“デッドラインデー”にオーバメヤン獲得にこぎつけた。

 移籍金は1200万ユーロ(約16億7000万円)とバルセロナ側が公表しており、契約期間は2年となっている。

 チェルシーにとってはロンドンのライバルであるアーセナルに2018年1月~2022年1月まで所属し、公式戦163試合で92ゴール21アシストを記録している同選手は、チェルシー加入に際して以下のようにコメントを残した。

「本当に幸せだよ。このチームの一員になれて光栄だし、早くプレーしたくて仕方がない。プレミアリーグではやり残したことがあるから戻ってこれて嬉しいし、とても楽しみだ」

■元アーセナル選手の加入でタイトル獲得に期待
 チェルシーには、元アーセナル選手が加入し、彼らが何度もタイトルを獲得してきた前例がある。

 2006年夏にアーセナルから加入したアシュリー・コールは、プレミアリーグやチャンピオンズリーグ(CL)やFAカップなど、あらゆる大会で合計10回の優勝に貢献。また、オーバメヤンと同じようにアーセナル退団後バルセロナを経由してチェルシーにやって来たセスク・ファブレガスは、ブルーズにて5つのトロフィーを獲得している。他にもニコラ・アネルカやオリヴィエ・ジルーが、元アーセナル選手として躍動した。

 オーバメヤンもこの前例に則り、現在不調気味のチェルシーを復調に導いてタイトル獲得に貢献できるか。

サッカー批評編集部
https://news.yahoo.co.jp/articles/16e89dd523d6e15b8f862d4678c5a9f343e03da1
バルセロナからチェルシーに加入したピエール=エメリク・オーバメヤン 写真:AP/アフロhttps://i.imgur.com/GUaihRx.jpg


◎関連スレ
【サッカー】バルセロナFWオーバメヤンが自宅で強盗被害 4人組が押し入り銃器や鉄の棒で脅され殴られる [久太郎★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1661825118/

【オーバメヤンがチェルシー移籍!セスクやジルーに続く好前例の「元アーセナル選手」の加入で「タイトル獲得」に期待高まる】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/30(火) 11:05:18.93 ID:CAP_USER9
バルセロナの元ガボン代表FWオーバメヤン(33)が自宅で強盗被害にあった。スペイン紙エル・パイスが29日に報じた。

 オーバメヤンは28日深夜、カステルデフェルス(バルセロナ)の自宅で強盗にあったとのことだが、警察関係者によると、少なくとも4人で構成された窃盗団が侵入し、オーバメヤンを銃器や鉄の棒で脅して殴ったという。

 さらに窃盗団はオーバメヤンの妻も銃器で威嚇し、金庫を無理やり開けさせ宝石をいくつか盗んだとのことだ。複数の目撃者の証言によると、窃盗団は白いアウディのA3で逃走したとのことであり、現在、オーバメヤンの妻から通報を受けた警察が犯人を調査中である。

 サッカー選手がこのような被害に遭うのは今回が初めてではないが、通常は不在時に起こることが多い。過去、オーバメヤンのチームメートのジョルディ・アルバやピケなども空き巣に入られたことがある。

 オーバメヤンは最近、チェルシー移籍間近との報道も出ており、バルセロナに今季残留するかどうかが不透明な状況にある。28日にホームで行われたバリャドリード戦でベンチ入りするも出番はなかった。

 (高橋智行通信員)

https://news.yahoo.co.jp/articles/f2177f482e6c87b05922b28f558501e843c6140f

【バルセロナFWオーバメヤンが自宅で強盗被害 4人組が押し入り銃器や鉄の棒で脅され殴られる】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/22(月) 14:54:53.94 ID:CAP_USER9
2試合連続スタメンで2トップの一角でプレー

 現地8月21日に開催されたラ・リーガ第2節で、久保建英が所属するレアル・ソシエダがバルセロナとホームで対戦した。

 カディス戦との開幕戦(1-0)で決勝ゴールを叩き出した久保は、かつてカンテラ(下部組織)でプレーした古巣との一戦で2試合連続のスタメン出場。その時と同様に4-4-2の2トップの一角でプレーする。

 試合はいきなり動く。1分、バルサがカウンターを発動。ゴール前まで一気に運んだデンベレのグラウンダーのクロスをレバンドフスキが左足で合わせて、先制ゴールを挙げる。バイエルンから加入したポーランド代表FWはこれが移籍後初ゴールとなった。

 しかし、ソシエダもすぐに反撃。6分に久保がデ・ヨングからボールを奪い、シルバが前線へパス。これを受けた主砲のイサクがループ気味にネットを揺らして同点ゴールを決める。

 さらに27分には、メリーノのシュートをGKテア・シュテーゲンが弾いたこぼれ球を久保が左足で狙う。しかし、ゴール右に外してしまい、決定機を決めきれない。

 ソシエダは44分にも、シルバが際どいシュートを放つも、GKテア・シュテーゲンに左手一本で防がれた。

 久保は51分にも見事な反転で敵CBアラウホをかわし、後ろから引っ張られてイエローカードを誘発する。

 しかし66分、途中出場のファティのヒールパスを受けたデンベレに左足のシュートを決められ、勝ち越しゴールを許す。すると、その2分後にも、ファティのパスからレバンドフスキに決められ、あっという間にリードを広げられる。

 バルサのカンテラでコンビを組んだファティに目の前で2アシストを見せつけられた久保は、その直後の69分にシルバ、イサクとともにベンチに下がった。

 結局、78分にもファティのゴールでダメを押したバルサが、4-1で快勝。今シーズン初勝利を収めている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9217a4b23ee65bc32978ee3fb3229ae430f4ce91

【古巣戦先発の久保建英、ゴール演出など奮闘も…ソシエダはレバンドフスキ2発&“元相棒”ファティが1G2Aのバルサに1-4完敗】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/13(土) 10:06:58.57 ID:CAP_USER9
バルセロナは、新選手の登録がようやく着手可能となったようだ。

13日にラ・リーガ開幕戦のラージョ・バジェカーノ戦を控えるバルセロナ。しかし、今夏に向けて獲得した新戦力や、契約を更新したセルジ・ロベルトとウスマン・デンベレの登録も完了していない状況だと伝えられていた。

『GOAL』の取材によると、難しい状況が続いていたものの、ロベルト・レヴァンドフスキ、フランク・ケシエ、ラフィーニャ、アンドレアス・クリステンセンの4人の新加入選手の正式登録が完了したことがわかった。

未登録となっているS・ロベルトとデンベレについても、近々登録が完了するという。また、セビージャから加入したDFジュール・クンデは、来週には登録が完了する可能性があると報じられている。

チャビ・エルナンデス監督は開幕を前に記者会見で登録の遅れについて質問され、以下のように回答した。

「我々は働いているし、クラブはとてもポジティブだ。楽観的だが、そのうちわかるだろう」

「クラブは非常に良いサインをしたんだ。我々は明日まで時間がある」

クラブは今シーズン、多額の負債を抱えながらも大きな支出を行ったが、"経済的テコ"と呼ばれる財務的措置を行って資金を調達していた。

クラブは今後25年間のラ・リーガのテレビ放映権の25%をシックス・ストリートという世界的な投資会社に数回に分けて売却。総額5億8200万ユーロ(約803億円)を獲得した。また、バルサ・ライセンシング&マーチャンダイジングの株式の49.9%を1億ユーロ(約140億円)弱で売却。現時点で3度の"経済的テコ"を発動している。

当初の予定では3回とされていた"経済的テコ"だが、新加入選手全員を登録するには、"第4のテコ"を発動させる必要があるという。バルセロナはバルサ・スタジオの残りの24.5%を売却することが可能となっており、その場合、さらに1億ユーロ(約140億円)を手にすることができるようだ。


https://news.yahoo.co.jp/articles/37b8170ddc808ecf5d476c96442f2d40f68359e9

【バルセロナ、レヴァンドフスキら4選手の選手登録が開幕直前に完了!残る3選手は"第4のテコ"発動で解決へ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/12(金) 20:09:18.62 ID:CAP_USER9
 サッカースペイン1部リーグ、バルセロナがポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキら新加入選手のリーグ登録ができない状況になっている。クラブ財政を好転させなければ認められない状況で、今夏に加入した選手のうち数人はデビュー戦で出場できなければ、他チームへ移る可能性もあるという。バルセロナを中心に展開するスポーツ紙、スポルトが伝えている。

 記事によると、まだ選手登録できていない新戦力はレバンドフスキ、フランス代表DFジュール・クンデ、デンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセン、コートジボアール代表MFフランク・ケシエ、ブラジル代表FWハフィーニャの5人。さらに、契約延長したフランス代表FWウスマン・デンベレとスペイン代表経験のあるMFセルジ・ロベルトも。本来なら7人のうち5人がレギュラー候補だが、状況が変わらなければ、現状で登録されている事実上の戦力外も含めた17選手でメンバー構成しなければならないという。

 またESPNによると、クリステンセンとケシエについては、開幕戦までに登録されなければ加入したばかりのクラブを去るとしている。

 スポルト紙報道では、バルサは7選手を登録するにはあと3000~4000万ユーロ(約41億1000万~54億8000万円)の収入が必要と試算している。ラポルタ会長はラファ・ユステ副会長、サッカーディレクターのマテウ・アレマニー氏と話し合いの場を持ち、クラブ所有不動産の売却などを進めているという。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b207aca98e4974280fa82713a5268fe107650e34

【経営難のバルセロナ 開幕まで1日で新加入選手離脱の危機】の続きを読む

このページのトップヘ