SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

バンテリンドーム

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/02(土) 17:29:16.87 ID:CAP_USER9
 西武、巨人、オリックスで通算525本塁打を放った清原和博氏が始球式に登板した。
ゲームスポンサーのテックウインド社から指名を受け、同社の商品名「AKRacing」が入った背番号2022のユニホームで登場すると、マウンドの前から59キロのショートバウンドを投げ込んだ。

 清原氏は「こんな日が来るとは夢にも思っていなかった。グラウンドに下りることはもう一生ないと思っていた。何千試合も出てきたが、雲の上を歩いているようなふわふわした気持ちだった。周りの選手を見たら感動しました。また、どんな苦しいことがあってもきょうという日を忘れずに、チャンスを与えてくれたAKRacingさん、中日ドラゴンズさん、立浪監督に感謝しながら生きていきたい」と感激の表情で話した。

 登板後には記念のボールにPL学園の2年後輩である立浪監督のサインをもらい「このチーム状況で良く戦っていると思う。何とかまずは5割復帰を目指して」とエールを贈った。

https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/07/02/jpeg/20220702s00001173336000p_view.jpg
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/07/02/kiji/20220702s00001173337000c.html
スポニチアネックス

【「こんな日が来るとは夢にも思ってなかった。」清原和博氏、バンテリンドーム始球式に感激】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/29(水) 20:50:51.39 ID:CAP_USER9
 IT機器などを扱うテックウインド社が28日、7月2日の中日―阪神戦(バンテリンドーム)で西武、巨人などで活躍した清原和博氏(54)が始球式を行うと発表した。

 同社はこの日、中日・立浪和義監督(52)とブランドアンバサダー契約を締結。
また、中日ともオフィシャル・サポーター契約を結んだ。
7月2日は同社のゲーミングチェア、オフィスチェアブランドの「AKRacingデー」として開催される。

https://news.yahoo.co.jp/articles/3cc918bf998d51b4e668e9ec450a49f579c47d5b
6/29(水) 16:52 スポニチアネックス

【清原和博氏、7月2日バンテリンドーム・中日―阪神戦で始球式】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/23(木) 22:16:34.90 ID:CAP_USER9
◆JERAセ・リーグ 中日0―10ヤクルト(23日・バンテリンドーム)

 ヤクルト・村上に2本塁打を浴び、今季バンテリンで4被弾となった。

 チームでは、阿部、鵜飼が3本塁打を放っているものの、ビジターチームの打者が竜の本拠地で、最多本塁打者になってしまった。

 立浪監督に攻略法を聞くと「初回に気持ち良く満塁ホームラン打たれたら乗せてしまう。力のあるバッターですから抑えるのは難しい。昨日、一昨日と比較的いい風に攻めていたが…。インサイドをうまく攻めているときは、比較的抑えられている。しかし、ローボールヒッターなので低めが強い。長打になっているのも低め。対角線でうまくこっち(内角)を意識させないと。あとここ(内角)いくのでも、ある程度力のあるボールじゃないといけない」と、投手陣に改善を求めた。

報知新聞社

https://news.yahoo.co.jp/articles/ad51f4b21d4694f8cf40218e3c2f6da4a4a00c22

【ヤクルト・村上、今季のバンテリンドーム最多本塁打者に 中日の本拠地】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/25(月) 06:47:41.01 ID:CAP_USER9
4/25(月) 5:15配信
東スポWeb

試合を見守る原監督(右)と丸(東スポWeb)

 今季はひと味違う!? 首位・巨人は24日の中日戦(バンテリン)で最大5点のリードを守れず、6―7の逆転負けを喫した。連勝も「6」でストップしたものの、今カードは2勝1敗で勝ち越し。実は原辰徳監督(63)ら首脳陣の間にとって、バンテリンドームは〝隠れ鬼門〟。同球場ではリーグ最低レベルの超低打率だっただけに、V奪回へモヤモヤを一掃したいところだが…。

 試合が暗転したのは6―1の3回の守りだった。左翼手のウォーカーが緩慢な守備で先頭打者を二塁打で出塁させると、その後も不安定な送球を連発。先発した赤星も踏ん張り切れず、一挙5点のビッグイニングを献上した。打線は4回以降、一人の走者も出せず、2番手・高橋が4回に決勝犠飛を許した。

 原監督はプロ最短となる3回途中6失点KOとなった新人右腕を「ちょっと立ち直れなかったね。今後に生かしてくれれば」とかばい、ウォーカーの守備には「まだまだ」とさらなるレベルアップに期待した。

 今季初となったバンテリンドームでの3連戦は2勝1敗。実は同球場での打てなさぶりは懸案の一つでもあった。原監督が指揮官に復帰した2019年以降、打線は湿り続けてきた。もともと外野が広く、本塁打も出にくいことで知られるが、19年は6勝6敗1分けながらチーム打率はリーグ最低の2割1分。20年も勝率こそ5割(5勝5敗2分け)だったが、同2割1分6厘で同5位だった。昨季はついに3勝6敗3分けで負け越し、打率は1割9分6厘まで冷え込んだ。この数字はセ球団の本拠地では最低の成績だった。

 野手陣のなかでもブレーキとなったのが丸佳浩外野手(33)。昨季の丸は好不調の波が激しかったこともあり、原監督からの風当たりが強まった時期もあった。指揮官は「(丸は)中日戦でまず打ってないでしょ?」とピリつき、自ら丸の投手別の対戦成績をチェック。「調べたら対R・マルティネスは去年とおととしの2年間で9打数9三振。調べてみな」と〝隠れデータ〟をお披露目したこともあった。

 竜守護神は難攻不落ではあるが、確かに丸は21年が5打数5三振、20年は4打数4三振。ちなみに19年までさかのぼると1打数1三振で、計10打数10三振(1四球)だった。バンテリンでも19年こそ打率3割をマークしたが、その後は1割2分8厘(20年)、1割6分2厘(21年)と苦しんでいる。

 ただ、今季はこの3連戦を終えてバンテリンでのチーム打率は2割6分2厘で、丸個人では1割8分2厘(11打数2安打)。同球場であと9試合あるが、今年こそ貧打を解消できるのか見ものだ。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220425-04150175-tospoweb-000-7-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/2519d02e0b946f57ea66157a5e09fbd494c27ed4

【巨人攻撃陣は〝隠れ鬼門〟バンテリンドームを攻略できるか 丸は2年前から打率1割台】の続きを読む

このページのトップヘ