SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

パラグアイ

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/29(土) 12:03:22.08 ID:jYCx6Qep9
[6.29 コパ・アメリカGL第2節 パラグアイ 1-4 ブラジル ラスベガス]

 コパ・アメリカ2024のグループD第2節が29日に行われ、ブラジル代表はパラグアイに4-1で大勝した。優勝候補の一角にふさわしい戦いで今大会初白星。第3節は7月3日に開催され、ブラジルはコロンビア代表、パラグアイはコスタリカ代表と対戦する。

 25日の第1節コスタリカ戦で相手の守備に苦戦し、スコアレスドローに終わったブラジル。今大会初白星を目指す中、前半30分にMFルーカス・パケタのシュートがボックス内にいたMFアドリアン クーバスのハンドを誘い、PKを獲得する。

 前半31分、自らキッカーを担当したパケタがGKロドリゴ・モリニゴと駆け引きをしながら左足でゴール右を狙うも、枠を外してしまった。

 しかし、エースがこの嫌な流れを断ち切る。前半35分、左サイドのFWビニシウス・ジュニオールがFWロドリゴ・ゴエスに預けてペナルティエリア中央へランニング。MFブルーノ・ギマランイスを経由してパケタが股抜きのワンタッチパスを出すと、受けたビニシウスがDFファビアン・バルブエナやGKモリニゴの守備をかい潜り、右足で先制ゴールを挙げた。

 さらに前半43分、ロドリゴがペナルティエリア左での仕掛けから左足でシュート。GKモリニゴに止められてファーへこぼれたボールをMFサビオが左足で蹴り込み、追加点を記録した。

 前半アディショナルタイム5分には裏へのパスにロドリゴが走り込む。DFオマル・アルデレーテに体を入れられてボールを奪われるが、クリアを試みたアルデレーテにビニシウスが詰めており、ブロックする形でゴールに押し込んだ。

 0-3で折り返したパラグアイは後半3分に1点を返す。アルデレーテがペナルティエリア後方やや右で相手のクリアボールに反応し、胸トラップから左足でミドルシュート。見事にゴール右下に決めた。

 だが、ブラジルの勢いは止まらない。後半18分、サビオのシュートがボックス内のMFマティアス・ビジャサンティの手に当たり、またしてもPKを得た。

 後半20分、再びキッカーを務めたパケタは、前半と同じくGKモリニゴを見ながら助走をつけ、左足でゴール右へシュート。今度は相手の逆を取ってネットを揺らし、リードを広げた。

 後半36分にパラグアイが退場者を出すと、ブラジルはそのまま4-1で逃げ切りに成功。次節は開幕2連勝の首位コロンビアと対決する。

https://news.yahoo.co.jp/articles/43176b323d9f8c8787ade33425d080c7b1d40e52

【コパ・アメリカ・グループD第2節 PK失敗から怒涛の4発! ブラジルがパラグアイ相手にゴールラッシュで今大会初白星】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/07/05(金) 18:25:05.34 ID:V5W9/CW79
パラグアイサッカー協会(APF)は3日、パリオリンピック男子サッカー競技に臨むU-23パラグアイ代表メンバーを発表した。

日本と同様にオーバーエイジ枠は使用せず、23歳以下の選手のみで18人のリストを埋めた。負傷のためコパ・アメリカに参加できなかったMFディエゴ・ゴメスなどが選出されている。

 パラグアイは4日にU-23フランス代表と親善試合を行い、1-4で敗戦。同年代のアメリカとウクライナともテストマッチを行い、24日の大会初戦で日本と対戦する。

以下、パラグアイ代表メンバー

▽GK
アンヘル・ゴンサレス(リベルタ)
ロドリゴ・フルトス(オリンピア)

▽DF
アラン・ヌニェス(セロ・ポルテーニョ)
ジルベルト・フローレス(トリンデンセ)
ロナウド・デ・ヘスス(セロ・ポルテーニョ)
レオナルド・リバス(クラブ・ナシオナル)
フェルナンド・ロマン(グアラニ)
アレクシス・カンテーロ(グアラニ)

▽MF
ウィルダー・ビエラ(セロ・ポルテーニョ)
エンソ・ゴンサレス(ウォルバーハンプトン)
マルコス・ゴメス(オリンピア)
ディエゴ・ゴメス(インテル・マイアミ)
グスタボ・カバレーロ(ナシオナル)
ファブリツィオ・ペラルタ(セロ・ポルテーニョ)

▽FW
ケビン・パルザク(オリンピア)
マルセロ・ペレス(ウラカン)
マルセロ・フェルナンデス(リベルタ)
ディエゴ・ゴンサレス(ラツィオ)
https://news.yahoo.co.jp/articles/db45b273e3176213c3822779afa6c1f775bf5334

【日本とパリ五輪初戦で対戦…OA不在のU-23パラグアイ代表メンバーが決定】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/25(火) 09:05:10.31 ID:syOhWfWy9
コパ・アメリカ2024・グループD第1節が24日に行われ、コロンビア代表とパラグアイ代表が対戦した。

世界最古のナショナルチームによるサッカー大陸選手権大会として知られるコパ・アメリカは今回が通算48回目の開催となる。今大会は南米サッカー連盟(CONMEBOL)に加盟する10カ国に加え、北中米カリブ海サッカー連盟(CONCACAF)加盟の6カ国も参加。出場する16カ国は4つのグループに分かれ、上位2カ国、計8カ国が決勝トーナメントに進出し、準々決勝から一発勝負のトーナメント戦が行われる。

グループDの開幕戦には現在国際Aマッチ6連勝中と波に乗るコロンビアが登場。その間にはブラジル代表やスペイン代表にも勝利しており、2度目の優勝をを目指す今大会での躍進にも期待がかかる。対するパラグアイも直近2大会連続でベスト8進出を果たすなど、確かな実力を誇っている。

序盤から主導権を握ったコロンビアは5分にリチャード・リオスが強烈なミドルシュートを放つと、その後も左サイドのルイス・ディアスを起点にチャンスをうかがう。対するパラグアイは17分、ボックス左角付近でFKを獲得し、フリオ・エンシソが直接ゴールを狙う。しかし、シュートは相手GKに弾かれ、ファビアン・バルブエナがこぼれ球に詰めたものの、得点には繋がらなかった。

 7割以上のボール支配率を記録し、パラグアイを押し込むコロンビアは32分に先制する。左に開いたハメス・ロドリゲスが左足で精度の高いクロスを供給すると、ファーサイドに飛び込んだのはダニエル・ムニョス。強烈なヘディングシュートを叩き込みネットを揺らした。さらに42分には敵陣右サイドでFKを獲得すると、J・ロドリゲスが左足インスイングのクロスを送る。これにジェフェルソン・レルマが頭で合わせ、リードを2点に広げた。

後半の立ち上がりは1点ビハインドのパラグアイが敵陣内でプレー時間を増やすも、コロンビア守備陣は粘り強い対応を続け、決定機を作らせない。59分にはボックス内でFKのこぼれ球を拾ったL・ディアスが際どいシュートを放つなど、惜しい場面も作る。なかなかチャンスを作れずにいたパラグアイは69分、ラモン・ソーサが左から上げたクロスにエンシソが右足ダイレクトで合わせ、1点差に詰め寄った。

 1点を返されたコロンビアは76分、右からの折り返しを収めたL・ディアスが右足を振り抜くも、シュートはサイドネットへ。その直後には再び右サイドを起点にJ・ロドリゲスにチャンスが訪れたが、これも枠を捉えることができなかった。84分、今度は右に開いたJ・ロドリゲスがクロスを送ると、走り込んだジェリー・ミナが相手選手に倒され、主審はPKを宣告。しかし、オンフィールドレビューの結果、判定は覆り、パラグアイは事なきを得た。

試合はこのまま2-1で終了し、コロンビアが白星発進を飾った。次節は28日に行われ、コロンビアはブラジルと、パラグアイはコスタリカと対戦する。
https://news.yahoo.co.jp/articles/b6a0e864d8a0d7f2ca0a688ffac19a5a15b8201c

【コパ・アメリカ・グループD第1節 コロンビア、粘るパラグアイ下し コパ・アメリカ白星発進!…ハメス・ロドリゲス 得意の左足で2アシスト】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/02/08(水) 17:46:00.95 ID:sO9P+Iq29
1930年からスタートしたW杯は2030年で100周年
 2030年ワールドカップ(W杯)の開催地に、南米4か国が共同招致での立候補を正式表明した。アルゼンチンサッカー協会(AFA)の本部で、共催4か国のサッカー、あるいはスポーツ分野のトップが集まって発表になった。

2030年W杯は、すでにスペインとポルトガルにウクライナが加わった欧州3か国共催が立候補を表明している。ほかにもサウジアラビアが開催を目指しているという報道や、2026年W杯開催を目指したモロッコを含む北アフリカ数か国での共催などが浮上しているなかで、アルゼンチン、パラグアイ、ウルグアイ、チリでの共同開催が正式に立候補となった。

 W杯は1930年にウルグアイで第1回が行われ、2030年は100周年の大会になる。開催国として初代チャンピオンに名も連ねているだけにウルグアイのスポーツ長官セバスチャン・バウサ氏は、「FIFA(国際サッカー連盟)は第1回を開催した場所を祝福するために戻ってくるべきだ。FIFAやCONMEBOL(南米サッカー連盟)、そしてさまざまな連盟が成長したとすれば、それは私たちが第1回W杯を開催したおかげだ。だからこそ、このW杯の記念日に開催できる権利があると信じている」と、100年ぶり2回目の開催国に名を連ねる意欲を示した。

 2026年の北中米(アメリカ、カナダ、メキシコ)の共同開催から、出場チームが48チームに増える。大会方式は議論が終わっていないが、試合数の増加は避けられず、必要なスタジアム数や宿泊施設、サポーターの受け入れ態勢を鑑みた時に単独開催よりも複数国での共同開催が現実的になってきているのは事実だろう。

 もし南米4か国共催が実現すれば、その前の2026年大会から合計して南北アメリカ大陸を縦断するようなW杯2大会になるとも言えるが、2014年ブラジルW杯以来となる南米開催がどのような計画を立てて支持を集めることになるのか注目される。

https://news.yahoo.co.jp/articles/215e50c9747fd3681cb61f9a29d9474bf22a6ad1

【南米4か国が2030年W杯の共同招致を正式表明 第1回開催地ウルグアイが主張「祝福するために戻ってくるべき」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/03(金) 11:07:10.52 ID:CAP_USER9
<キリンチャレンジ杯:日本4-1パラグアイ>◇2日◇札幌ド

フジテレビ系で2日に放送されたキリンチャレンジ杯「日本-パラグアイ」戦の平均世帯視聴率が9・3%だったことが3日、ビデオリサーチの調べで分かった。平均個人視聴率は5・7%だった。(ともに関東地区)

試合は大会連続7度目のワールドカップ(W杯)出場を決めた日本(FIFAランキング23位)が、最終予選後初の国際親善試合で、3大会連続予選敗退のパラグアイ(同50位)に4-1で完勝した。

日本は前半36分、浅野の右足のループシュートで先制。同42分には、山根のパスを受けた堂安がゴール前にクロスを供給し、鎌田が頭で軽く合わせて追加点を奪った。

後半14分には、自陣でのパスミスからパラグアイに1点を返されたものの、同15分に原口のパスに左サイドの三笘が左足でループ気味のシュートを決め、突き放した。同25分にはPKを得た堂安が左足で右側へ蹴ったものの、相手GKに読まれて阻止された。その後も日本が鎌田、前田を中心に攻め続け、途中出場のMF田中の得点が生まれた。

日本は6月に4試合の強化試合を組んでおり、6日には東京・国立競技場で王国ブラジル(同1位)と対戦する。

https://news.yahoo.co.jp/articles/3ba03bce7f10478b81c28887c1481d7dae48a3ae

【日本代表、パラグアイに4発快勝!世帯視聴率9・3%、個人は5・7%】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/02(木) 21:52:12.29 ID:CAP_USER9
<キリンチャレンジ杯:日本4-1>◇2日◇札幌ド
パラグアイのバロスケロット監督は試合後「今日の試合の結果がすべてを物語っている。日本が試合を支配していた。ほとんどの時間帯でやりたいことをさせてもらえなかった」と完敗を認めた。その上で「キープレーヤー何人かが試合に参加できなかったことが結果に出てしまった」と、主力数人を欠いたことも敗因に挙げた。
同監督は「あえて日本の弱点を挙げるとすれば?」という質問に「強いて言うなら、私たちがプレスをかけた時にビルドアップに苦しんだことがあった」と指摘。それでも「日本は非常に明確な戦い方を持っているチームだし、この戦い方をすればヨーロッパの強豪国とも対等に戦えると思う」と日本をたたえた。
6日のブラジル戦については「ブラジルは世界でも有数の強豪国。どの選手もヨーロッパで活躍している。日本が世界でどのくらいの位置にあるのか知るのに良い機会になると思う。(森保監督は)経験豊かな選手たちを信頼して戦えばいいと思う」と“アドバイス”していた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e64305300fac8668def2165419ac4f584dd8decc

【パラグアイ・バロスケロット監督「この戦い方をすればヨーロッパの強豪国とも対等に戦える」完敗認める】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/02(木) 18:05:05.22 ID:CAP_USER9
[日本代表]
▽先発
GK 23 シュミット・ダニエル(シントトロイデン)
DF 22 吉田麻也(サンプドリア)
DF 2 山根視来(川崎F)
DF 3 谷口彰悟(川崎F)
DF 26 伊藤洋輝(シュツットガルト)
MF 8 原口元気(ウニオン・ベルリン)
MF 6 遠藤航(シュツットガルト)
MF 9 鎌田大地(フランクフルト)
MF 15 三笘薫(ロイヤル・ユニオン・サンジロワーズ)
MF 21 堂安律(PSV)
FW 18 浅野拓磨(ボーフム)
▽控え
GK 1 川島永嗣(ストラスブール)
GK 12 権田修一(清水)
GK 28 大迫敬介(広島)
DF 5 長友佑都(FC東京)
DF 4 板倉滉(シャルケ)
DF 20 中山雄太(ズウォレ)
MF 14 伊東純也(ゲンク)
FW 19 古橋亨梧(セルティック)
FW 24 前田大然(セルティック)
FW 25 上田綺世(鹿島)
MF 11 久保建英(マジョルカ)
MF 17 田中碧(デュッセルドルフ)
▽監督
森保一

全文はソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/ba26311fe85b6ad9c5cd3e46f85bdfed6a2cee8e

【初招集DF伊藤洋輝がさっそくA代表デビュー!! 森保Jパラグアイ戦のスタメン発表、W杯決定後テストマッチ初陣】の続きを読む

このページのトップヘ