1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/11(火) 13:07:23.51 ID:CAP_USER9
J-CASTニュース 10/11(火) 11:58

 プロ野球セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ第3戦が2022年10月10日に横浜スタジアムで行われ、阪神がDeNAを3-2で破りファイナルステージ進出を決めた。

■9回1死満塁チャンスも併殺打で試合終了

 試合はDeNAが宮崎敏郎(33)のソロ本塁打で先制し、3回には阪神先発・才木浩人投手(23)の暴投で1点を追加した。2点を追いかける阪神は4回2死走者なしから佐藤輝明(23)がバックスクリーン右に放り込み1点差とした。

 阪神は6回に無死2塁のチャンスに近本光司(27)がタイムリーを放ち1点を返すと、1死2塁の場面で原口文仁(30)がレフト前に逆転のタイムリー。9回には1死満塁のピンチを迎えたが、湯浅京己投手(23)がしのぎ阪神が3-2で勝利した。

 この日最大の見せ場となったのが1点ビハインドで迎えた9回DeNAの攻撃だ。先頭・牧秀悟(24)がレフト前ヒットで出塁。続く宮崎は空振り三振に倒れるもソト(33)が四球、オースティン(31)のセンター前ヒットで1死満塁のチャンスを迎えた。

 一打サヨナラのチャンスにベンチが動き、藤田一也(40)を代打に起用。藤田は湯浅の初球、152キロのストレートをたたいてセカンドゴロ。これを前進守備の2塁手小幡龍平(22)がさばいて4-2-3のダブルプレーが成立し試合終了となった。

 この試合を中継したラジオ番組「ショウアップナイタースペシャル クライマックスシリーズ セ ファーストステージ第3戦 DeNA-阪神」(ニッポン放送)で解説を務めた横浜ベイスターズの元コーチ、野村弘樹氏(53)がDeNAの9回の攻撃を分析し持論を展開した。

「昨日の宮崎は送りバントしているわけですから」
 野村氏が疑問視したのは無死1塁の場面。打席の宮崎は2ボールからストライクを2球見逃し最後は空振り三振。バントで送ることなくヒッティングに出て好機を生かせなかった。

 野村氏は宮崎が2ボールからのストライクを見逃すと「(バントをする)素振りがないんですよね。同点にしなければいけないんですよ。同点にすれば逃げ切れる可能性もあるわけなんです」と指摘。1勝1敗にもつれ込んだ第3戦は、DeNAは引き分け以上、阪神は勝利でファイナルステージ進出が決まる状況だった。

 そして続くストライクも見逃して2ボール2ストライクと追い込まれると「宮崎も迷っているんだと思う。逆方向に打たないとならないのか。ここはベンチが優柔不断なんだと思います。昨日の宮崎は送りバントしているわけですから」と説明し、「送って次のソトでしょ。勝負強い大和でしょ。送らないといけないと思いますよ」と強調した。

※続きはリンク先で
https://news.yahoo.co.jp/articles/c9c81d1aca09b1f1a9111a7b602980eab61366bf

◇関連スレ◇
【DeNA】藤田一也立ち上がれず…サヨナラ好機にヘッドスライディングも及ばず併殺で敗退 [ひかり★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1665392246/

【満塁サヨナラ機で併殺負けのDeNAは「ベンチが優柔不断」 元コーチが采配疑問視「なぜ送らなかったのか」】の続きを読む