SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

フジテレビ

1: 名無しさん@恐縮です 2023/10/09(月) 11:32:03.30 ID:eGMnOsVI9
 4年に1度行われるバレーボールW杯の次回大会を巡る放映権の行方が〝白紙〟になっていることが、8日までに複数の関係者への取材でわかった。

 当大会は1977年大会から日本で実施されており、約半世紀にわたってフジテレビが放映権を独占。8日に閉幕した2023年大会も、男女日本代表戦を全試合ゴールデンタイムに生中継していた。 

 ところが、テレビ関係者によると、大会の再編案や収益の観点などを理由に見直し論が勃発。さらに以前は、フジテレビが放映権料などを全額負担していたが、今大会は国際バレーボール連盟(FIVB)のマーケティング部門として独立したバレーボールワールドと折半する形になっている。

 フジテレビの企業広報部は取材に対し「特にお答えすることはございません」と回答したものの、フジサンケイグループの関係者は「放映権に関する話は噂で聞いている」と証言。バレーボール関係者によると、大会の再編案も浮上している中とはいえ、FIVB側は、すでにフジテレビを含む複数のテレビ局とも水面下で交渉する段階まで進んでいるという。

 今大会は男女ともに連日多くのファンが来場。大会関係者から「特に男子のグッズの売れ行きがすごいです」との声も上がる一方で、現段階において黒字化は難しい模様。別のバレーボール関係者は「正直無駄遣いは多い。もっと削れるところはある」との厳しい見方を示した。

 長年フジテレビはバレーボール中継に力を入れてきたが、今後も継続していくのだろうか。

東スポWEB

https://news.yahoo.co.jp/articles/234a4e2608756c20b688d25b75ee7bbfd5c6274b

【バレーボールW杯、次回大会の放映権が〝白紙〟に 約半世紀はフジテレビ独占も…見直し論が勃発】の続きを読む

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2022/12/31(土) 14:14:00.24 ID:E3JPRKR29
12月31日の大みそか、さいたまスーパーアリーナで格闘技イベント「湘南美容クリニック presents RIZIN(ライジン).40」が開催される

今年は「RIZIN」と、北米の格闘技団体「Bellator(ベラトール)」の選手が5対5で対抗戦を実施。
RIZINからはライト級王者ホベルト・サトシ・ソウザ、フェザー級王者クレベル・コイケが、ベラトールからは元世界バンタム級王者で現RIZINバンタム級王者・堀口恭司がフライ級で参戦する。
ベラトールは、総合格闘技団体「UFC」に次ぐ世界2番目の総合格闘技団体として知られ、通好みの本格的な対抗戦になりそうだ。
格闘技コンテンツは2001年から歴史を積み重ねていて、大みそかの風物詩として定着してきた。
03年の最盛期には地上波3局で放送。「曙vs.ボブ・サップ」の一戦は瞬間最高視聴率が「NHK紅白歌合戦」を上回った。その後、ブームは下火になり、数年間は放送が無くなるも、15年の大みそかにフジテレビで放送が復活。
21年まで7年連続で、地上波放送された。

だが22年5月にフジテレビは、世紀の一戦として注目を集めていたTHE MATCH 2022(Yogibo presents THE MATCH 2022)の放送中止を発表。
「主催者側との契約に至らず、フジテレビで放送しないことが決まりました」という。
10月8日には、22年の大みそかは『逃走中~大みそかSP お台場大決戦!~』を放送すると発表し、例年放送していた大みそかの格闘技についても放送を見合わせている。
地上波放送が無くなり、格闘技ブームは終焉(しゅうえん)に向かっているのか。RIZINを主催するドリームファクトリーワールドワイド(東京都港区)の榊原信行代表(榊は正確にはきへんに神)に聞いた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c0015777f63d47ff8a2bbd9471f77230e6c3c174
12/31(土) 8:20
続きはソースにてお願いします

【RIZIN代表が明かす「フジテレビの大みそか放送をやめようかと話していた」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/28(金) 19:12:23.92 ID:6dfoCMUv9
 フジテレビの定例社長会見が28日、東京・台場の同局で行われ、プロ野球・日本シリーズ「ヤクルト-オリックス」が第7戦で決着が付かない場合、第8戦となる10月31日の中継を、同局が試合終了まで行うことが明らかになった。

 フジテレビは27日の日本シリーズ第5戦を中継。息詰まる展開で、放送時間を延長し、試合終了まで放送した。試合はオリックス・吉田正尚外野手のサヨナラ本塁打で幕を閉じる劇的な幕切れとなった。

 放送延長の影響で、午後10時から放送予定だったドラマ「silent」の放送開始は90分遅れ、午後11時半スタートとなった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9d5eae8b90b7e0d78c8b3d614099e8b4e0a9450b
デイリースポーツ

【フジテレビが日本シリーズ第8戦を中継へ 第7戦で決着が付かない場合、第8戦は10月31日】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/09(日) 00:02:25.24 ID:CAP_USER9
フジテレビは8日に放送した「日本を熱狂させるバットマン! 令和初の三冠王・22歳村上宗隆 ~ヤクルト黄金時代・再び~」の特番で巨人、ヤンキースなどで活躍した松井秀喜氏(48)が、12日のCSファイナルステージ初戦で解説を行うと発表した。BSフジで放送する。

日本を代表するスラッガーが、日本選手最多のシーズン56本塁打と史上最年少での三冠王を達成した村上のプレーに〝生〟で熱視線を送る。日米通算507本塁打を記録したレジェンドが、同じ背番号55を付けた後輩の「すごみ」を解き明かす。

9月25日にニューヨーク州で野球教室に参加した際には「最近55番というと私ではなくなっていますからね。55番イコール、村上選手だと思います」と語っていた松井氏。どんな言葉が出てくるのか、注目される。

この日、村上はCSファイナルステージに向けた東京ガスとの練習試合に先発出場し、2打数1安打。今秋のドラフト候補に挙がる益田から一回の第1打席は空振り三振、三回の第2打席は右前に強烈なライナーを放った。四回の守備で退いたが、決戦に向けて調整は順調だ。

サンスポ

https://news.yahoo.co.jp/articles/36383025121ca41fe8b4cc8e5e29371f251bd84f

【ヤクルト・村上宗隆と松井秀喜氏がCSファイナルステージ初戦で〝合体!〟 松井氏がフジテレビ中継で解説】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/05(月) 14:16:37.06 ID:CAP_USER9
ORICONNEWS 9/5(月) 13:00

 フジテレビ系月曜深夜のスポーツ番組『すぽると!』内での海外サッカー情報コーナーとして長く親しまれ、2014年4月から16年3月まではレギュラー番組としても放送された『MONDAY FOOTBALL』、通称『マンフト』として多くのサッカーファンに愛されてきたサッカー専門情報番組が今秋、装いも新たに土曜日のデイタイムに『サタフト~LIFE WITH FOOTBALL~』として復活することが5日、決定した。

 FIFA ワールドカップ 2022 カタール開幕まであと100日を切り、これまで以上にサッカー日本代表や海外サッカーの動向から目が離せないシーズンとなる直前の2ヶ月間、同局サッカー班の総力を上げて、最新情報から、観戦をより楽しむためのディープな豆知識までたっぷりと届ける。

 1994年の『セリエAダイジェスト』以来、30年近くにわたり欧州サッカーを中心に、日本人選手を含めた海外サッカー情報を届けてきた同局が、ワールドカップ開幕前の2ヶ月間に短期集中で送るサッカー情報番組が『サタフト』だ。出演は、今回新たに同局系FIFAワールドカップカタール応援隊長に就任した元日本代表MF・前園真聖と、同・応援隊員に任命されたEXIT(りんたろー。、兼近大樹)の2人。

 番組では毎週、ワールドカップを楽しむためのポイントとなるテーマを取り上げ、徹底的に深堀りしていく。ワールドカップ出場経験のある日本代表OBらによる専門的な分析はもちろん、3人の軽妙なトークで初心者にもわかりやすく伝える。また、ワールドカップに出場するスーパースターや日本代表らの最新動向も徹底取材し、ワールドカップの予習には欠かせない番組となる。

 ナレーションは「マンフト」でもおなじみのジョン・カビラが務め、あの懐かしい選手タイトルがよみがえるほか、「マンフト」の人気コーナー「マンデーセレクション」が「サタフトセレクション」として復活。歴代ワールドカップのよりすぐりのスーパーゴール集を届けるなど、誰もが楽しめる30分になるだろう。

■各コメント
・前園真聖
「今回フジテレビのW杯応援隊長としてワールドカップに関わることが出来ることを大変光栄に思います。サッカーファンはもちろん、普段サッカーを観ていない人にも、サッカーの魅力・そしてワールドカップの面白さを伝えて、今回を機にサッカーを好きになってもらえるように頑張ります」

・りんたろー。(EXIT)
「サッカー好きな人も、かねちタイプの人も楽しめる最強番組!激ナツエモ映像も満載なのでそちらもお楽しみに!」

・兼近大樹(EXIT)
「サッカーの歴史を知らなくても映像が面白いし学べる。これで俺もサッカー芸人に、、、」

■放送日時
9月10日(土)午後4時~同4時時30分
9月17日(土)午後3時30分~同4時
10月1日(土)~11月19日(土) 毎週土曜午後5~同5時30分
>>11月5日(土)のみ午後4時~同4時30分 関東ローカル

https://news.yahoo.co.jp/articles/e2a5d9c5b66fd63b107f84558bd07ccd0ba99e37

『サタフト~LIFE WITH FOOTBALL~』に出演する(左から)前園真聖、りんたろー。、兼近大樹
https://i.imgur.com/1s554eI.jpg

【フジ『マンフト』→『サタフト』に進化して復活 9・10から2ヶ月限定放送 W杯応援隊長は前園真聖、応援隊員にEXIT】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/06(土) 21:14:22.02 ID:CAP_USER9
https://pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20220806-38061054-nksports-000-5-view.jpg
ヤクルト対巨人 始球式を務める小沢陽子アナウンサー(撮影・菅敏)

【ヤクルト】フジ小沢陽子アナが始球式 白いショートパンツ姿で見事ノーバン投球
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20220806-38061054-nksports-base

ヤクルト対巨人 始球式を務める小沢陽子アナウンサー(撮影・菅敏)

<ヤクルト-巨人>◇6日◇神宮

 フジテレビ小沢陽子アナウンサー(31)が、始球式を行った。

 白いショートパンツに背番号45のユニホームでマウンドへ。大きく振りかぶって投げたボールは、ノーバウンドで捕手のミットに収まった。

【ヤクルト対巨人・始球式 フジ小沢陽子アナ、白いショートパンツ姿で見事ノーバン投球】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/21(火) 06:13:29.21 ID:CAP_USER9
2022年06月21日 05時15分
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/4269230/
https://img.tokyo-sports.co.jp/wp-content/uploads/2022/06/d075cbab6813e58147b7576b0f9a0c1f-450x299.jpg

 立ち技メガイベント「THE MATCH 2022」で行われた那須川天心 vs 武尊が大きな話題となっている中、本来ならば19日夜、この試合を生放送する予定だったのが、フジテレビだ。直前になって見送りを発表し、代わりに「超ド級!世界のありえない最強映像2022」を放送したが、低視聴率に終わった。世紀の一戦の盛り上がりを受けて、局内からは案の定「やっぱり放送しとけばよかった…」と後悔の声が出ている。

 衝撃が走ったのは、大会を3週間後に控えた先月31日のことだった。フジは突然「主催者側との契約に至らず、フジテレビで放送しないことが決まりましたので、ここにお知らせします」と発表し、予定していた生中継を取り止めた。

 ポッカリと空いた枠で、19日午後8時から放送した「超ド級!――」は世帯平均視聴率6・3%と、同時間帯のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」や「ポツンと一軒家」(テレビ朝日系)、「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)の半分ほどしか視聴率を取れなかった。

 一方、「THE MATCH 2022」は大会当日、インターネット放送ABEMAのPPVの値段は5500円と高額だったにもかかわらず、売り上げ50万件以上と、格闘技の歴史に残る数字を残した。予定通り、フジが生放送していれば、高視聴率を記録していたのは間違いない。

 あまりの〝惨状〟に、フジ局内から恨み節が出るのも無理はない。

「いろいろとややこしい事情があったのは分かっています。ただ、日本格闘技の集大成のような一戦であり、頑張って問題をクリアして何としてでも放送したかったというのが本音。局内でも同様の意見は複数出ている。〝世紀の一戦〟と言われた試合がこれだけ盛り上がったことを考えると、いったいどれだけの視聴率を取っていたのか、見てみたかった」(フジ関係者)

【やっぱりフジテレビ局内から出てきた「那須川天心 vs 武尊…放送すればよかった」の声】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/20(月) 19:06:04.10 ID:CAP_USER9
https://www.daily.co.jp/gossip/2022/06/20/0015402094.shtml
2022.06.20

フジテレビが19日午後8時から2時間枠で放送した「超ド級!世界のありえない最強映像2022」の視聴率が、関東地区で世帯平均6・3%(個人平均3・9%)だったことが20日、ビデオリサーチ日報調べで分かった。

フジテレビは当初は同日に開催された、那須川天心と武尊が対戦した格闘技イベント「THE MATCH 2022」の中継を予定していたが、「主催者側と契約に至らず」として、放送の見送りを発表していた。

同時間帯の他局は、テレビ朝日系「ポツンと一軒家」が世帯平均13・0%、NHK「鎌倉殿の13人」同12・0%、日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」が同11・2%を記録した。

【『天心VS武尊』中継見送ったフジテレビ 代替番組「世界のありえない最強映像」は6・3%】の続きを読む

このページのトップヘ