SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

フライブルク

1: 名無しさん@恐縮です 2024/03/31(日) 06:12:21.53 ID:HfZcuXbL9
[3.30 ブンデスリーガ第27節 ボルシアMG 0-3 フライブルク]

 ブンデスリーガ第27節が30日に行われ、9位フライブルクはアウェーで12位ボルシアMGを3-0で撃破した。フライブルクのMF堂安律は右ウイングバックで先発フル出場し、2-0の後半12分に今季4点目を記録。ボルシアMGのDF板倉滉もセンターバックとしてスタメン出場し、90分間プレーした。

【動画】堂安律が華麗なパスワークから2戦連発&今季4点目!
https://video.twimg.com/amplify_video/1774102683760410624/vid/avc1/1276x720/o7vniqSdTOh3Vv2z.mp4?tag=14

敵地に乗り込んだフライブルクは前半7分に先制。堂安の巧みなスルーからMFマキシミリアン・エッゲシュタインのシュートが相手に当たり、浮き上がったボールをFWミヒャエル・グレゴリッチュが左足で押し込んだ。

さらに後半2分、グレゴリッチュのシュートの跳ね返りをMFマーリン・ロールが拾うと、右足のコントロールショットでニアを破り、追加点を挙げた。

後半12分には、エッゲシュタインからボールを受けた堂安が右サイドでタメを作り、外を回って追い越してきたエッゲシュタインにヒールパス。エッゲシュタインがペナルティエリア右から折り返し、最後はフリーでゴール前に入った堂安が右足で蹴り込んだ。

堂安は華麗なコンビネーションから2試合連続となる今季4得点目をマーク。UEFAヨーロッパリーグ(EL)を含めた公式戦全体では6ゴール目となった。

フライブルクは3-0のまま無失点でゲームを締め、リーグ戦2試合ぶりの白星。ボルシアMGは5戦ぶりに黒星を喫した。
https://news.yahoo.co.jp/articles/c0e3d7f42dcd1ca13d4229dfacb359de0a10db6b

【フライブルクMF堂安律が華麗な崩しから2戦連発&今季4点目!ボルシアMG板倉滉との日本人対決を制す】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/02/19(月) 05:07:40.25 ID:2Pvgbn6b9
 ブンデスリーガ第22節が18日に行われ、フライブルクとフランクフルトが対戦した。

【動画】堂安律がこぼれ球に鋭く反応し今季2ゴール目!

 ここまで勝ち点「28」を獲得し8位につけているフライブルクは、直近のリーグ戦で3連敗中。ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ(EL)でもRCランスとスコアレスドローに終わり、公式戦4試合未勝利と苦戦が続いている。対する6位フランクフルトも直近では公式戦3試合未勝利と勝ち切れないゲームが続いている。互いに白星が欲しい一戦。フライブルクの堂安律とフランクフルトの長谷部誠は揃ってスタメンに名を連ねている。

 試合の均衡が破れたのは27分、フランクフルトはフィリップ・マックスが左からアーリークロスを送ると、ボックス内でボールを収めたオマル・マーモウシュが左足で冷静にネットを揺らし先制に成功した。対するフライブルクは30分、敵陣右サイドでのボール奪取を起点に、ボックス内で味方のポストプレーを受けたロランド・サライがシュートを放つ。これはGKに阻まれるも、こぼれ球に素早く反応した堂安が押し込み試合を振り出しに戻した。

 堂安の今シーズンのリーグ戦2ゴール目で追い付いたフライブルクだったが、得点かわずか5分後の勝ち越しを許す。クリアボールを拾ったマーモウシュがドリブルで持ち上がり敵陣ボックス内左にスルーパスを送ると、走り込んだアンスガー・クナウフがダイレクトでネットを揺らした。しかし45+5分、前線からハイプレスを敢行すると、ルーカス・へーラーがボックス内で長谷部に倒されPKを獲得。これをヴィンチェンツォ・グリフォが沈め、再び同点とした。

 2-2で迎えた72分、左サイドからドリブルで仕掛けたマーモウシュがボックス内へ侵入し中央へラストパス。これを受けたクナウフが右足を振り抜くと、強烈なシュートがゴール右上隅に突き刺さり、フランクフルトが三度リードを奪った。しかし試合はこのままでは終わらない。89分、右CKのこぼれ球を拾ったノア・ヴァイスハウプトが頭でゴール前へ繋ぐと、途中出場のミヒャエル・グレゴリッチュがヘディングシュートを沈め土壇場で追い付いた。

 試合は3-3で終了。フライブルクはリーグ戦での連敗を「3」で止めたものの、公式戦では5試合未勝利に。一方のフランクフルトはリーグ戦で2試合連続のドローとなっている。次節は25日に行われ、フライブルクはアウェイでアウクスブルクと、フランクフルトはホームでヴォルフスブルクと対戦する。

【スコア】
フライブルク 3-3 フランクフルト

【得点者】
0-1 27分 オマル・マーモウシュ(フランクフルト)
1-1 30分 堂安律(フライブルク)
1-2 35分 アンスガー・クナウフ(フランクフルト)
2-2 45+5分 ヴィンチェンツォ・グリフォ(PK/フライブルク)
2-3 72分 アンスガー・クナウフ(フランクフルト)
3-3 89分 ミヒャエル・グレゴリッチュ(フライブルク)

https://news.yahoo.co.jp/articles/14e84a5c4d5514b52025c401adae590952725b19

【堂安律が今季2ゴール目!フライブルク、長谷部誠が先発のフランクフルトに3度追い付きドロー】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/10/22(日) 00:34:53.72 ID:oB3P8Xls9
[10.21 ブンデスリーガ第8節 フライブルク 2-1 ボーフム]

 ブンデスリーガ第8節が21日に行われ、MF堂安律が所属する9位フライブルクは、ホームでFW浅野拓磨が在籍する16位ボーフムに2-1で勝利した。日本人選手2人は互いに3-4-2-1のシャドーで先発出場。堂安は今季初ゴールを記録し、後半38分に途中交代した。一方、浅野は先制点をアシスト。今季初めて90分間プレーした。

【動画】堂安律の今季初ゴール

 先にスコアを動かしたのはアウェーのボーフム。前半15分、GKマヌエル・リーマンのパントキックから敵陣の右へ流れたボールを浅野が拾い、ペナルティエリア左にロングパスを送る。これに反応したFWゴンサロ・パシエンシアが左足のボレーをゴール右に突き刺し、1-0とした。

 対するフライブルクは前半26分に追い付く。左サイドからMFビンチェンツォ・グリフォが右足でクロスを供給。ファーから飛び込んだ堂安が頭で合わせると、GKリーマンに触られながらもゴールラインを割り、待望の今季初得点となった。

 さらに前半45分、堂安のパスを受けたFWマクシミリアン・フィリップがペナルティエリア中央から右足でシュート。これがDFのハンドを誘い、PKの判定となる。同アディショナルタイム2分にキッカーを務めたのはグリフォ。右足でゴール右に蹴り込み、2-1とする逆転弾を奪った。

 目まぐるしい前半から一転し、後半は得点が生まれないままタイムアップ。フライブルクがリーグ戦2試合ぶりの白星をつかみ、ボーフムは開幕8戦未勝利(4分4敗)となった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5ce0bf61edda7d10ee456b7742406c9b411ded6f

【堂安律が今季初ゴール! フライブルク、浅野拓磨が先制アシストのボーフムに逆転勝ち】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/05/28(日) 00:40:41.59 ID:c9WfGs6q9
 現地時間5月27日に開催されたブンデスリーガ最終節で、鎌田大地と長谷部誠が所属する8位のフランクフルトと堂安律を擁する5位フライブルクが前者のホームで対戦した。

 フランクフルトは長谷部が3バックの中央、鎌田がボランチで先発。一方のフライブルクは堂安が2シャドーの一角でスタメン出場を果たした。

 チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得を目ざすフライブルクは7分、右サイドを抜け出した堂安がペナルティエリア内深くに侵入。折り返しにリーンハルトがダイレクトで合わせたが、枠を捉えられなかった。

 一方のフランクフルトは32分、鎌田のパスを受けたコロ・ミュアニがカットインから右足でシュートを放ったが、ミートできない。

 試合が動いたのは44分、フライブルクはシャライのクロスから最後はグリフォが頭で合わせてネットを揺らした。このまま前半をフライブルクの1点リードで終える。
 
 後半に入り、フランクフルトは75分、鎌田のパスカットからボールをもらったゲッツェがペナルティエリア手前の左で倒されてFKを獲得。これをゲッツェが蹴ったが、惜しくも味方には合わない。

 それでも83分、右サイドでパスを受けた鎌田の絶妙なクロスからコロ・ミュアニがヘディングシュートを叩き込んで、試合を振り出しに戻した。

 さらに後半アディショナルタイムには、途中出場のディナ・エビンベが右足で押し込み、勝ち越し点を奪った。

 試合はこのまま2-1でフランクフルトが勝利。4位のウニオン・ベルリンがブレーメンに1-0で勝利したため、敗れたフライブルクは5位でフィニッシュ。クラブ史上初のCL出場とはならなかった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

https://news.yahoo.co.jp/articles/9334c51363d590af0101ed09ddfb5f9636fd8ea9

関連スレッド
【サッカー】ブンデス最終節 浅野拓磨が1G1Aでボーフムを残留へ導く!シャルケは降格、シュトゥットガルトは入れ替え戦へ [久太郎★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1685201414/

【サッカー】なんという結末!バイエルンが89分のムシアラ弾で11連覇、33度目の戴冠!首位ドルトムントが痛恨のドローで最終節に逆転 [久太郎★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1685201536/

【堂安フル出場のフライブルクは初のCL出場ならず…鎌田、長谷部が先発のフランクフルトに1-2で敗れ、5位でフィニッシュ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/04/30(日) 01:09:48.26 ID:KPJ0mear9
フライブルクの日本代表MF堂安律がケルン戦で価値あるゴールを記録した。

フライブルクは29日、ブンデスリーガ第30節でケルンと対戦。堂安は右サイドのアタッカーとして先発するとアクセントを作り、フライブルクのチャンスを演出する。30分には堂安がスローインを受けると、斜めに浮き球のパスを通す。ルーカス・ヘーラーがシュートに至るが、GKの好守に阻まれた。

【動画】堂安律がダイビングヘッド!
https://twitter.com/skyperfectv/status/1652325546372775938

後半に先制したのはフライブルク。54分、コーナーキックをニアでルーカス・ヘーラーがフリックすると、ファーで堂安がダイビングヘッド。これがゴールへ吸い込まれ、堂安がフライブルクに先制点をもたらした。堂安にとっては今季公式戦7ゴール目、リーグ戦では5ゴール目となり、第25節マインツ戦以来の得点となっている。

その後、ホームのケルンが押し込んでチャンスを作るが、フィニッシュの精度を欠いて得点は生まれない。

結局、フライブルクが1点を守りきって白星。3連勝を飾り、3位に浮上している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/70ca864ffbf997f8682a0e18896d225937318ea6

依頼スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1682562565/189
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

【堂安律、今季7ゴール目は価値ある決勝点に!3連勝のフライブルクは3位に浮上】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/02/12(日) 01:59:00.89 ID:mk9gTvCe9
ブンデスリーガ第20節、フライブルクvsシュツットガルトが11日に行われ、2-1でフライブルクが逆転勝利した。

フライブルクのMF堂安律は90分までプレー、シュツットガルトのMF遠藤航、MF原口元気、DF伊藤洋輝はフル出場している。

前節ドルトムント戦では10人となったことが響いて1-5と敗戦した6位フライブルク(勝ち点34)は、4日前に行われたDFBポカールでは2部のザントハウゼンを下して8強入り。その試合で途中出場だった堂安が[4-2-3-1]の右MFでスタメンに戻った。

一方、ブレーメンに力負けしたシュツットガルト(勝ち点16)は16位に後退。遠藤、伊藤、原口が引き続き揃って先発となった。

[4-3-3]で臨んだシュツットガルトは遠藤と原口がインサイドMF、伊藤が右センターバックでスタート。そのシュツットガルトに対し、フライブルクが押し込む入りとする。すると11分、ディフェンスライン裏に抜け出たサライが決定的なシュートを放ったが、GKブレドロウの好守に阻まれる。

その後は拮抗した展開で推移していた中、30分にシュツットガルトが先制した。遠藤のボールカットからショートカウンターに転じると、バイタルエリアを持ち上がったヒューリッヒがボックス手前左からミドルシュートを突き刺した。

フライブルクが1点ビハインドで迎えた後半、開始5分に堂安がミドルシュートでネットを揺らすもその前にグレゴリッチュにオフサイドがあってノーゴールに。

それでも57分、グレゴリッチュがシュートに持ち込みかけたところでザガドゥにタックルを受けると、VARの末にPK獲得。このPKをグリフォが決めて試合を振り出しに戻した。

さらに80分、ボックス内に切れ込んだ堂安がザガドゥに倒されて再びPKを獲得したフライブルクは、このPKもグリフォが決めて逆転。

追加タイムのソサの直接FKがバーに直撃したシュツットガルトに競り勝ち、公式戦連勝とした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/bcd9690adf662b8d62317f3b3ecd779bc3344019

【【サッカー】堂安が決勝PK獲得、フライブルクがシュツットガルトとの日本人対決制す《ブンデスリーガ》 [久太郎★]】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/02/07(火) 07:28:21.03 ID:V/6KKHU19
footballzone 2/7(火) 7:10

今年で30歳を迎えるサラーのバックアップ選手の必要性を指摘
フライブルクでプレーする日本代表MF堂安律

 昨シーズン、圧倒的な強さを見せたユルゲン・クロップ監督率いるイングランド1部リバプールが今季苦戦を強いられている。プレミアリーグ9位に沈むなか、左ウイングの「バックアップオプションを見つけることを検討すべき」と日本代表MFの獲得を専門メディアが推奨している。

 リバプールは今季リーグ戦8勝5分7敗の戦績となっており、ここまで1度も5位以上に浮上することができていない。アウェー戦では10試合中6敗を喫するなど、敵地で勝ち点を取りこぼす試合が目立つ。

 不調が続くリバプールに対し、専門メディア「liverpool.com」は、右サイドのエジプト代表FWモハメド・サラーのバックアップとして、日本代表MF堂安律(フライブルク)の獲得を勧めているようだ。

 今冬、リバプールはオランダ1部PSVから同国代表FWコーディ・ガクポを獲得。「ガクポの加入は、ユルゲン・クロップにとって左ウイングのオプションが豊富であることを意味する」と良い補強だったとしつつ「右はまだモハメド・サラーがこのポジションに馴染んでいるに過ぎない」と逆側ウイングの問題を指摘している。

※続きはリンク先で
https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/f4a7b4a17387d03c860f8bcd97e6552e9e64a788&preview=auto

【堂安がFWサラーの「バックアップオプション」に? リバプール専門メディアが推奨「検討すべき」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/01/29(日) 13:16:00.67 ID:MysAPoGu9
フライブルクの日本代表MF堂安律が27日に自身のツイッター(@doan_ritsu)を更新し、
男性向けファッション雑誌のモデルを務めた際の写真を披露した。

カタールW杯ではグループリーグのドイツ戦、スペイン戦でゴールを挙げ、日本の2大会連続ベスト16進出に貢献した堂安。
所属するフライブルクでは、ブンデスリーガ中断明けから2試合連続で先発フル出場している。

27日の投稿で堂安はクールな表情をカメラに向けたカラー写真、ポーズを決めたモノクロ写真の2枚をアップ。

ファンからは「イケメンすぎ」「めっちゃかっこいい」「バッチリ決まってる」
「神々しい」「かっこいいの極み」「この髪型の方が断然いい」と絶賛の声が相次いでいる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/292640d75e5fc913e66c544dfc9351b952732961

『GQ JAPAN』2023年3月号
https://pbs.twimg.com/media/Fnd_9m1WAAALtjP.jpg
https://pbs.twimg.com/media/Fnd_9mxWYAExrVO.jpg

堂安律
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20230128-45928876-gekisaka-000-3-view.jpg

【“モデル”堂安律の姿にファン歓喜 「イケメンすぎ」「神々しい」「この髪型の方が断然いい」】の続きを読む

このページのトップヘ