SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

フランス代表

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/18(火) 12:21:12.04 ID:ZbD3j/Wu9
EURO2024・グループD第1節が17日に行われ、フランス代表はオーストリア代表に1-0で勝利。試合後、フランスメディア『RMCスポーツ』が、同試合の終盤に鼻を骨折するアクシデントに見舞われたFWキリアン・エンバペ(パリ・サンジェルマン→レアル・マドリード/スペイン)について、今後も大会から離脱することなくプレーを続けられるとの見解を示した。

 優勝候補と目された“レ・ブルー”は、今大会の初陣でオーストリア代表と激突。試合はスコアレスの時間が続いたものの、前半終盤の38分、ボックス右の位置で縦へ突破したエンバペが、クロスボールで相手のオウンゴールを誘発し、フランス代表が先手を取る。最後まで追加点は奪えなかったが、一方で失点を許すこともなく、試合は1-0でタイムアップ。フランス代表が初陣を白星で飾っていた。

 この試合の85分、エンバペはセットプレーの競り合いのなかで、顔面を激しく強打し、ピッチ上に倒れ込む。ヘディングをした後の顔がオーストリア代表のDFケヴィン・ダンソ(RCランス/フランス)の肩のような位置に入り、治療を経て1度は試合に戻ったものの、FWオリヴィエ・ジルー(ミラン/イタリア→ロサンゼルスFC)との交代でピッチを後にしていた。

 同試合の後、母国大手の『レキップ』や『RMCスポーツ』など、複数の現地メディアがエンバペの鼻が不自然なほどに曲がっている画像を伝えた。チームを率いるディディエ・デシャン監督も「おそらく、キリアンは鼻骨を骨折している」と明かしている。ほどなくして、多くの現地メディアが「エンバペは手術を受ける可能性が高い」と報じ、最悪のケースではEURO2024の開催期間内に復帰できない可能性も示唆されていた。

 だが、今回の『RMCスポーツ』の報道によると、“最悪のケース”は回避した模様だ。当初、メディカルスタッフの所見では、鼻の骨折が示唆されており、実際に手術の可能性があったという。それでも、試合開催地のデュッセルドルフの病院で行われた検査の結果、鼻の骨折は認められたものの、手術の可能性は否定されたとのことだ。フランスサッカー連盟(FFF)のフィリップ・ディアロ会長も、駆けつけたメディアに対して「大丈夫だ。手術は必要ない」と朗報を届けていた。当面の間、手術に踏み切ることはなく、結果としてチームから離脱する可能性も消滅したようだ。

 今回の情報によると、21日に控えた第2節、オランダ代表とのグループD“首位決戦”にて、エンバペを出場させること自体は可能のようだ。しかし、先の戦いを見据えた上で、チームはリスクを背負う必要はないと考えているとのこと。よほどの“サプライズ”がない限りは、エンバペはオランダ代表戦を回避する、もしくはベンチから戦況を見守る可能性が高そうだ。

 また、エンバペはフェイスガードを着用して今後の戦いへ臨むことになるという。自身も公式X(@KMbappe)で「マスク(フェイスガード)について、何かよさげなアイデアはある?」と、ジョークを交えながら投稿。次に“レ・ブルー”のユニフォームに袖を通す時は、フェイスガードを着用した姿になっていると見られる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f8ef94a6cf3cd96c4b305049ee3412cb6a6d4328

【鼻骨折のフランス代表FWエンバペ、“最悪の事態”は回避か…手術は受けず、フェイスガード着用でプレーへ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/16(日) 18:21:13.50 ID:+E/Ia1Pu9
来季からスペイン1部レアル・マドリードでプレーするフランス代表FWキリアン・エムバペの発言が議論を呼んでいる。

 複数の海外メディアによると、14日に開幕した欧州選手権(ドイツ)を前に、
エムバペは「欧州選手権は、W杯より(優勝するのが)難しい」と発言。

世界的に賛否が分かれる中、フランス1部パリ・サンジェルマンで
チームメートだったアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(インテル・マイアミ)が「ESPNアルゼンチン」に、こう反論した。

「ユーロ(欧州選手権)には、3度の世界チャンピオンであるアルゼンチン、5度のブラジル、2度のウルグアイは出場しない。
W杯にはすべての世界王者が出場する。だから誰もが優勝したいと思っている」

さらにクロアチア代表MFルカ・モドリッチ(Rマドリード)は「ESPN」のインタビューで「欧州選手権は欧州勢同士の戦いだが、
W杯はアルゼンチン、ブラジル、ウルグアイ、チリ…など偉大なチームがいる。
エムバペの言い分は理解できるが、私にとってW杯はもっと難しい」との見解を示した。

 エムバペは、個人として2018年ロシアW杯優勝を達成した一方で、欧州選手権制覇は未経験。
その難しさを強調したかったようだが、今回の発言で2年前に
「南米サッカーは欧州ほど進んでいない。だから過去のW杯を見ると、いつも欧州勢が優勝しているんだ」と言ったことが蒸し返された。

今回の発言を含めて根底には、サッカーにおける〝欧州至上主義〟があるのかもしれない。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7d5913b2c8068909548bafdd47e1a7941b8c75a6

【エムバペ「欧州選手権はW杯より難しい」→世界的論争に…メッシ反論「アルゼンチン、ブラジル等がいるW杯はもっと難しい」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/01/25(木) 14:52:15.90 ID:tEyo4p5m9
1/23(火) 22:03配信

ゲキサカ

 フランス・リーグアンでの活躍で、フランス中にその名を轟かせているようだ。フランスのブリジット・マクロン大統領夫人が、おすすめ選手に日本代表のスタッド・ランスFW伊東純也の名前を挙げたという。仏『フットメルカート』が伝えた。

 マクロン大統領夫人は先週末、フランス代表のディディエ・デシャン監督とともにランス大学病院のイベントに出席。そこでランスのラジオ番組からスタッド・ランスについての質問が出たという。

 スタッド・ランスからフランス代表選手の招集をおすすめされると、デシャン監督は「ほかのクラブと同様にもちろんチェックはしているよ」とはぐらかしながら回答。それを見た大統領夫人は伊東を薦めた。

「ランスでとても上手な日本人選手がいますよね。彼の名前はなんというのでしょうか」

 大統領夫人は記者からその名前を聞くと「そう!伊東よ!彼はとても上手よね。ディディエ、彼を選ばなきゃ!なぜ選ばないの?」と声を張り上げる。デシャン監督はひたすら困惑。「いや、うん…彼は日本人だから」と大笑いしていたという。

https://news.yahoo.co.jp/articles/945f26c51df37cca6ed25af712cfea8d8ed029eb

【仏大統領夫人「伊東純也をフランス代表にしなさいよ」、デシャン監督「いや、うん…」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/10/20(金) 18:00:58.28 ID:0XW/f6G89
フランスサッカー連盟(FFF)は、SDGsの観点から今後は3時間以内のすべての移動に鉄道を利用する方針であることを発表した。イギリス『スカイスポーツ』電子版が伝えている。

FFFのフィリップ・ディアロ会長が発表した社会貢献の中で明らかにしたもので、ディアロ会長は次のように語っている。

「私たちの代表チームは、3時間以内の移動に関してはすべて電車を利用する。これはA代表を含むすべての代表チームが該当する」

ディアロ会長によると、「エルヴェ・ルナール監督が率いる女子代表チームがヴァランシエンヌまで、ティエリ・アンリ監督が率いるU-21代表チームがナンシーまで、すでに電車で移動している」といい、「A代表については、来年3月にリヨンで行われる試合での移動について、ディディエ・デシャン監督とともに検証を始めている」そうだ。

キリアン・エムバペのようなビッグネームを鉄道輸送するのにはいろいろな困難が伴いそうだが、ディアロ会長はこの点についても承知しているようだ。

「A代表に関する特別な困難は承知している。移動時間やリカバリーなど、スポーツにおいて必要不可欠なものを尊重するためにはどうすればいいのかを検証するようFFFに依頼している」

「また、セキュリティー上の問題や、他の乗客の快適さに関する問題もある。もし明日、フランス代表チームをリヨン駅に向かわせた場合、とてつもない混雑が予想され、ダイヤが乱れる可能性もある。そのため、交通機関側の担当者と代表チーム、FFF、公的機関の責任者で、あらゆる側面を検討することになった。A代表の陸路移動開始が来年3月になるのはそのためだ」

気候変動は世界で最も差し迫った問題の一つであり、サッカーチームのアウェーゲームへの飛行機移動は懸念事項として取り上げられることが多かった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/796412431ef8ff938c2d71c98e3eeae16b9b7a47

【フランス代表、3時間以内は電車移動が決定 エムバペも特別扱いはなし】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/09/13(水) 06:44:50.49 ID:WCqvB2nG9
前半4分にミュラーが代表通算45ゴール目で先制

 ドイツ代表は現地時間9月12日、ホームでの親善試合でフランス代表と対戦。10日にハンジ・フリック監督が解任されたなかで、新たな船出の初戦で強豪相手に2-1と勝利した。

 ドイツは9月9日、日本代表を相手に1-4と惨敗。翌10日にフリック監督が即時解任され、ドイツサッカー連盟(DFB)のスポーツディレクターを務めるルディ・フェラー氏が暫定的に指揮を執ることになった。

 日本戦からスタメン3人を変更したドイツは前半4分、巧みなパスワークで左サイドから崩し、MFベンヤミン・ヘンリヒスの折り返しをFWトーマス・ミュラーが左足で豪快に蹴り込んで先制。ミュラーは代表通算45ゴール目となった。

 その後は、ドイツ、FWキリアン・ムバッペがベンチスタートになったフランスともにチャンスを作るも、ゴールとはならず。前半はホームのドイツが1-0とリードして折り返した。

 フランスも後半途中からFWウスマン・デンベレらを投入し、FWアントワーヌ・グリーズマンが攻め込むなどしたが、ドイツの牙城を打ち崩すことはできず。逆に、後半42分にはドイツMFレロイ・サネにカウンターを食らい、2点目を奪われた。

 ドイツは後半44分にグリーズマンにPKで1点を返されたが、2-1で逃げ切って勝利した。

https://www.football-zone.net/archives/474687
https://www.football-zone.net/wp-content/uploads/2023/09/13062544/20230912_Muller-Getty.jpg

【ドイツ、フリック監督解任後初戦で白星 W杯準優勝国フランス相手に2-1勝利!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/08/17(木) 21:11:36.22 ID:+zxpGKkq9
8/17(木) 20:50配信 バスケットボールキング
https://news.yahoo.co.jp/articles/d95f28aa45e82dfafe3179e61d5638153123b2f6

 8月17日に有明アリーナで「SoftBank CUP 2023(東京大会) バスケットボール男子日本代表国際強化試合」が行われ、日本代表(FIBAランキング36位)がフランス代表(同5位)と対戦した。

 15日のアンゴラ代表(同41位)戦で負傷した渡邊雄太(フェニックス・サンズ)が外れ、ルーク・エヴァンス(ファイティングイーグルス名古屋)がメンバー入り。帰化選手の2名登録、オンザコート1の形式にて、試合が実施された。

 スターティングメンバーには河村勇輝(横浜ビー・コルセアーズ)、富永啓生(ネブラスカ大学)、馬場雄大、吉井裕鷹(アルバルク東京)、ジョシュ・ホーキンソン(サンロッカーズ渋谷)の5人が名を連ねた。

 3ポイントシュートで先制を許すと、吉井が開始1分41秒に早くも2つ目のファウルを吹かれ、井上宗一郎(越谷アルファーズ)がコートに送り込まれた。0-7のランを許したものの、富永がチーム最初の3ポイントを成功。馬場のドライブ、河村の3ポイント、富永のジャンプショットもあり、第1クォーター残り4分59秒に一時リードを奪った。川真田紘也(滋賀レイクス)がブロックを見せれば、比江島慎(宇都宮ブレックス)が3ポイントで加勢。富樫勇樹(千葉ジェッツ)の得点などでも食らいつき、20-23と3点ビハインドで最初の10分間を終えた。

 第2クォーターは序盤に河村がホーキンソンのダンク、富永の3ポイントをお膳立てすると、馬場が速攻から会場を沸かせるダンク。1点差まで詰め寄ったが、相手のタイムアウト後から0-9のランを許した。富樫、原修太(千葉J)の連続3ポイントで反撃すると、比江島も積極的なオフェンスを披露。40-45と5点差で試合を折り返した。

 3ポイントで先取点を与えた第3クォーターだが、序盤から河村と富永が得点面をけん引。開始3分30秒に2点差まで迫ったものの、ルディ・ゴベア(ミネソタ・ティンバーウルブズ)にオフェンスリバウンドから豪快なダンクを決められるなどゴール下を支配された。タイムアウトを取った残り2分28秒の時点で54-68と14点差。終盤に富樫の3ポイントで13点差まで盛り返した。

 序盤に馬場や富永が得点を挙げた第4クォーターは、試合終了残り4分25秒に62-81と19点ビハインド。後半は地力の差を見せられ、最終スコア70-88で敗れた。

 日本は19日にスロベニア代表(同7位)と最後の強化試合をこなし、8月25日開幕の「FIBAバスケットボールワールドカップ2023」に挑む。

■SoftBank CUP 2023 東京大会
<8月17日 有明アリーナ>
日本 70-88 フランス
JPN|20|20|17|13|=70
FRA|23|22|25|18|=88

【渡邊雄太欠場の バスケット日本代表、世界5位のフランスに敗戦…スロベニアとの強化試合最終戦へ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/06/30(金) 14:44:31.49 ID:AtcuhAZm9
アトレチコ・マドリードに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(32)が30日、自身のSNSにエンゼルス大谷翔平のサイン入りカードを入手して大喜びしている動画をアップした。

 「Wow!!!!」というコメントを付けたグリーズマン。大谷のサイン入りカードを手にしてうろうろと歩き、頭を抑え、さらに口に手をやって絶句。
「信じられない」と言わんばかりに感激をあらわにした。傍らにいた娘も「良かったね」とばかりに声をかけている。  ツイッターでは「グリーズマン」がトレンド入り。
サッカーファンからは「グリーズマンがトレンド入りして何事かと思ったら、大谷選手のレアカードを入手して、喜びのあまり絶句してた」「グリーズマン、大谷ファンなんかい」「グリーズマンが日本人で喜ぶのすごいな。大谷翔平そんなすごいんだ」「グリーズマンが大谷を認知しているの嬉しい」「グリーズマンのインスタにいきなり大谷出てきてびっくり」などの書き込みが続いた。  
グリーズマンはアメリカンスポーツが大好きで先日もMLBの試合観戦に訪れていた。また、NBAファンでも知られている。  
実際、大谷カードをゲットした瞬間の動画の服装は、バスケットのユニホーム。
「バスケのユニ着ながら野球選手のサインを見て泣いて喜ぶサッカー選手というグリーズマンの競技不明感」「将来はMLSだな」との突っ込みもあった。

6/30(金) 12:00配信 日刊スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/a33c5a72bdd07d933e5689d60ef4ae8cf0ce7a01

【バスケユニ着たサッカー仏代表グリーズマン、野球選手の大谷サイン入りカードに絶句「Wow!」 自身のSNSに大喜びしている動画をアップ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/06/22(木) 16:26:17.38 ID:i9j8S7nG9
結婚早々、試練が訪れた。

 ブバカール・カマラ(アストン・ビラ)は、オフシーズンを迎えるにあたり、新婚旅行を計画していた。しかし、アドリアン・ラビオ(ユベントス)の離脱を受け、急遽ディディエ・デシャン監督が率いるフランス代表入りし、ハネムーンのキャンセルを余儀なくされたのだ。

【画像】あらゆる意味でワールドクラス!期待のフランス俊英、愛する妻との2ショットをチェック!

 インスタグラムのフォロワー200万人超、インフルエンサーでもあるパートナーのコラリーさんは「笑えばいいのか泣けばいいのか…」とコメントした。

 こうなれば、ピッチ上で愛する人の信頼を取り戻したいところだったが、EURO予選のジブラルタル戦(3-0)、ギリシャ戦(1-0)で23歳のMFに声は掛からず。プレータイムはゼロで終わった。

 期待の俊英は今後、デシャン監督、そして家族とより深い関係を築けるか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b41e825b95d56d1373c16e06a826d46cc1e822a0

【サッカー選手はつらいよ? 23歳ビラMFカマラ、新婚旅行ドタキャンで仏代表入りも出場機会なし。フォロワー200万人超の妻は…】の続きを読む

このページのトップヘ