SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

ブライトン

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/28(日) 01:06:31.59 ID:CAP_USER9
プレミアリーグ第4節が27日に行われ、ブライトンとリーズが対戦した。

 ともに開幕3戦無敗のチーム同士が激突。ブライトンの日本代表MF三笘薫はリーグ戦4試合連続のベンチスタートとなった。

 スコアレスで折り返すと、試合の均衡が破れたのは66分。ホームのブライトンが先制する。ロングボールを前線で収めたダニー・ウェルベックを起点に細かくパスをつなぎ、最後はペナルティエリア右のパスカル・グロスが右足でゴール左下へと流し込んだ

三笘は79分から出場。90分には高い位置でのボール奪取から左サイドを切り裂き、右足アウトサイドで折り返したが、中の味方には合わなかった。

 試合はこのまま終了し、ブライトンが1-0で勝利した。ブライトンは2連勝で開幕4戦無敗、リーズは今季初黒星となった。次節は30日に行われ、ブライトンは敵地でフルアム、リーズはホームでエヴァートンと対戦する。

【スコア】
ブライトン 1-0 リーズ

【得点者】
1-0 66分 パスカル・グロス(ブライトン)
https://www.soccer-king.jp/news/world/eng/20220828/1682474.html?cx_top=topix

【ブライトンが2連勝で開幕4戦無敗! リーズに初黒星つける 三笘薫は79分から出場】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/22(月) 00:45:58.38 ID:CAP_USER9
<プレミアリーグ:ウエストハム0-2ブライトン>◇21日◇ロンドン

 ブライトンの日本代表MF三笘薫(25)が、デビュー戦から2試合続けてピッチに立った。2-0の後半ロスタイムに途中出場。前線の左に入ったが、わずか3分の出場に終わり、ボールに触る機会はなく、試合終了の笛が鳴った。
SNSでは「三笘薫の無駄遣い」「せめて5分前に投入して欲しかった」など、ファンの嘆きのつぶやきが目立った。これで、開幕から3戦連続でメンバー入り。
前節の13日ニューカッスル戦で、後半30分から途中出場。プレミアリーグデビューを果たした。

三笘は昨夏、川崎フロンターレからブライトンへ完全移籍。21-22シーズンは、姉妹クラブであるベルギー1部のサンジロワーズでプレー。公式戦29試合で8得点4アシストをマークし、その活躍が認められ、今夏ブライトンに復帰した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/725af4cb13aba80deb2e000b28bdca3404bcd278

【ブライトン・三笘薫、後半ロスタイムに途中出場もボール触れず「無駄遣い」「せめて5分前に投入」ファン嘆き】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/14(日) 09:01:02.82 ID:CAP_USER9
「決勝点となるべきだったチャンスをお膳立てした」

8月13日に開催されたプレミアリーグ第2節で、三笘薫が所属するブライトンはニューカッスルとホームで対戦。相手GKニック・ポープの再三の好守もあり、スコアレスドローで終わり、連勝発進とはならなかった。

開幕節のマンチェスター・ユナイテッド戦(〇2―1)に続き、ベンチスタートとなった25歳の日本代表MFは、75分から途中出場。ついに新天地デビューを果たすと、
ゴール前でディフェンスの間を通す絶妙なパスを供給すれば、キレキレのドリブルから左サイドを崩し、決定機を演出。限られたプレータイムで大いに存在感を発揮した。

地元メディア『SussexLive』もその活躍を称えており、採点記事でソリー・マーチ、アダム・ララーナと並び、チームトップタイの「8点」を付与。寸評にはこう綴っている。

「左サイドで、持ち前のスピードと捕らえどころのないキープ力を駆使し、即座にインパクトを与えた。終盤には(パスカル)グロスに決勝点となるべきだったチャンスをお膳立てした。将来有望な選手だ」

また、英紙『The Athletic』でブライトンの番記者を務めるアンディ・ネイラー氏も絶賛。試合終了直後に「ミトマは今シーズンが楽しみな選手だ。ベンチから強烈なインパクトを与えた。一直線だ」とツイートしている。

 デビュー戦で確実に爪痕を残した三笘。次節のウェストハム戦では、ゴールやアシストといった目に見える結果を残せるか。

https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=115056

【「将来有望な選手だ」鮮烈デビューの三笘薫に地元メディアが最高評価!番記者も絶賛「強烈なインパクトを与えた」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/14(日) 01:05:17.85 ID:CAP_USER9
8月13日のプレミアリーグ第2節でニューカッスルと対戦
ニューカッスル戦でプレミアデビューを飾ったMF三笘薫【写真:ロイター】

 イングランド1部ブライトンは、現地時間8月13日のプレミアリーグ第2節でニューカッスルと対戦。ブライトンの日本代表MF三笘薫は開幕戦に続き、2試合連続のベンチスタートとなったなか、後半30分から投入され待望の“プレミアデビュー”を飾り、終盤にドリブルからビッグチャンスを創出するも0-0ドローに終わった。

【動画】「倍速で観てるみたい」 ブライトン三笘薫の“翻弄ドリブル”炸裂、相手DFタックル“無力化”の突破シーン

 ブライトンは開幕戦で名門マンチェスター・ユナイテッドと対戦。アウェーで2-1と勝利し、オールド・トラフォードでクラブ初勝利という大金星を手にしたなか、三笘はベンチ入りしたものの出番はなく、プレミアデビューはお預けとなっていた。

 現在25歳の三笘は2021年夏に川崎フロンターレからブライトンへ移籍。そのままベルギー1部ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズへ期限付き移籍し、リーグ戦27試合7ゴールの結果を残し、今季からブライトンに復帰した。

 試合は0-0のまま後半に突入したなか、後半30分にブライトンはMFソロモン・マーチを下げて三笘を投入。これで三笘は待望のプレミアデビューを飾っている。終盤には得意のドリブルで三笘が切れ込み、エリア内でラストパスを送ってビッグチャンスを演出。味方のシュートは決まらなかったものの、三笘は限られた時間でも存在感を放ち、次戦に向けて上々のパフォーマンスを披露した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/fcc4f4dac6223dc401e1427e4f542d4ad2a5c95c

【ブライトン・三笘薫、上々のプレミアデビュー! ドリブルからビッグチャンス演出、ニューカッスル戦0-0ドロー】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/08(月) 00:04:07.98 ID:CAP_USER9
日本代表三笘薫が所属するブライトンがマンチェスター・ユナイテッドとのプレミアリーグ開幕戦を戦い、強豪相手に白星を収めた。

ユナイテッドに効果的だったのはブライトンの的確な守備と前線からのプレッシングだ。
そのためリサンドロ・マルティネスを加えた新たな最終ラインでもボールが前に進まずに、中盤でボールをロストし、ショートカウンターを受ける場面が散見されている。

ブライトンはマルク・ククレジャ、イヴ・ビスマと主力が2人抜けてこの開幕戦を迎えているが、そんなことを感じさせないゲームとなっている。前述した守備が素晴らしく、
攻撃面では左ウイングバックのレアンドロ・トロサールと最前線のダニー・ウェルベックが違いを生み出し、パスカル・グロスが2ゴールを挙げている。三笘はこのトロサールがライバルであり、越えなければならない高い壁だ。

後半ユナイテッドはクリスティアーノ・ロナウドを投入し、逆転を目指す。すると68分、セットプレイから押し込む形となり、オウンゴールで得点することに。
その後もユナイテッドペースとなるが、追加点は挙げられず第1節は1-2でアウェイブライトンの勝利となった。

ベンチ入りとなった三笘だが、初戦は出番なし。後半は守備に追われる時間が続いており、そういったことも関係しているのだろう。次節は13日のニューカッスル戦であり、プレミアデビューとなるか。

マンチェスター・ユナイテッド 1-2 ブライトン

[得点者]
30分 パスカル・グロス(ブライトン)
39分 パスカル・グロス(ブライトン)
68分 OG アレクシス・マック・アリスター(マンチェスター・ユナイテッド)

https://www.theworldmagazine.jp/20220807/01world/england/355488

【ブライトンが新生マンチェスター・ユナイテッドに競り勝つ大金星 三笘薫はベンチ入りも出番なし】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/05(金) 21:34:41.34 ID:CAP_USER9
チェルシーは5日、ブライトンからスペイン代表DFマルク・ククレジャ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2028年6月30日までの6年となる。

なお、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、移籍金は5500万ポンド(約88億8000万円)+アドオン700万ポンド(約11億3000万円)。最大で6200万ポンド(約100億円)の支払いになる可能性もあり、左サイドバックとしては歴代最高額となる模様だ。

今夏のステップアップを期していた中、バルセロナ時代に続くメガクラブへの加入が決定したスペイン代表DFは、「本当に幸せだよ。世界最高のクラブのひとつに加入できたことは大きなチャンスだ。ここで幸せになり、チームの力になれるようハードワークするつもりさ」と、新天地での意気込みを語った。

バルセロナのカンテラ出身で2018年に加入したエイバルで台頭したククレジャは、昨夏にヘタフェから1500万ポンド(約24億2000万円)でブライトンへ加入。

バルセロナ仕込みのテクニックに加え、左のウイングバックとサイドバック、3バックの左を主戦場に、一線級のアタッカー、守備者を相手に攻守両面で優位性をもたらす圧倒的なパフォーマンスを披露。2021-22シーズンのブライトンの年間最優秀選手にも選出された。

一時は相思相愛と見られたマンチェスター・シティ行きが決定的と報じられたが、ブライトンが要求する高額な移籍金に対してシティが二の足を踏んだ結果、最終的に交渉は破談に終わった。

そういった中、左ウイングバックやセンターバックの補強を目指していたチェルシーは、相手の要求額を支払うことで同意。新シーズン開幕直前に多才なDFの獲得に成功した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d8ef119641e178168c9fc80068a277c89daceb21

【チェルシーがククレジャ獲得を公式発表! 移籍金は左SB史上最高額になる可能性も】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/03(水) 19:53:31.64 ID:CAP_USER9
イングランド・プレミアリーグのブライトンを率いているグレアム・ポッター監督(47)が日本代表MF三笘薫(25)をクラブの新ヒーローに指名したと、英メディア「SassuxLIVE」が伝えている。

 同メディアによると、マンチェスター・ユナイテッドと激突する開幕戦(7日)に向けて、ポッター監督は「私たちのサポーターは三笘を気に入ると思います。彼は1対1で相手を抜き去る能力を持っており、
すでに私たちは、それを見てきた。これはあまり一般的ではありません。それが彼のできること、クオリティーです」と、新スター候補として大きな期待を寄せたという。

同メディアは「7月30日に5―1で勝利したエスパニョール戦に途中出場した三笘は、その能力を見せた。日本代表はボールを持っているときに見るのがエキサイティングで、
ポッター監督は三笘のプレースタイルは現代のウインガーには〝見られないものだ〟と言う」とし「開幕戦でスタメンになる可能性がある」と伝えた。

さらに三笘について「あまり一般的ではない」と英国内での知名度が高くないと指摘しながらも「ポッター監督は250万ポンド(約4億円)で獲得したことに興奮している」と報じるなど〝格安戦力〟が世界最高峰リーグを驚かせることになると指摘していた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d76a8eb909b0b0f7555df61f6f71a03383721eba

【ブライトン・三笘薫を英メディア大特集! マンUとの開幕戦でスタメンに抜擢へ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/17(日) 20:04:51.09 ID:CAP_USER9
ブライトンの日本代表FW三笘薫が、親善試合にてデビュー。早速ゴールを決めて話題になっている。

■後半スタートから出場
 三笘の新天地となったブライトンは、7月17日に行われた親善試合でエストリルと対戦。三笘はベンチスタートとなった。

 ブライトンは開始1分、ニール・モペイの得点で先制に成功する。その10分後には、またしてもモペイのゴールで突き放した。しかし、22分に1点を返され、2-1でハーフタイムに入った。

すると、後半スタートから三笘が登場。左WBとして新天地デビューを飾った。古巣であるロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズ(ユニオンSG)でもプレーしたポジションでピッチに立つと、
早速結果を残した。65分、同じく新戦力であるフリオ・エンシソの右サイドからのグラウンダークロスにワンタッチでゴール前で合わせて、ネットを揺らす。

その後86分には、またしても新戦力が得点。デニス・ウンダフがゴールを奪ってリードを広げ、ブライトンが4-1で勝利を収めている。

 SNSで三笘のゴール映像が公開されると、ファンからは「三笘しか勝たん」や「早速結果出てた」など、初得点を祝福するコメントがたくさん寄せられている。この動画は拡散され、
「三笘、ブライトンでも結果しか出さないやん!恐ろしい子!」「さすが結果しか残さない男」と称賛され、「どっちにしても結果オーライになるのが「戦術三笘」なのですよ」の声もあった。

■レギュラー定着なるか
 先日、イギリスメディア『The Athletic』が、三笘はブライトンにおける左サイドアタッカーの2番手になるだろうと予想。左WBでの起用も考えられる、とも伝えられていた。

 左サイドアタッカーにはレアンドロ・トロサールとアンディ・ゼキリが、左WBにはトロサールとソロモン・マーチがライバルとして立ちはだかると言われているが、果たして三笘は序列争いを勝ち抜きレギュラー定着なるか。

プレミアリーグ挑戦をつかみとった25歳FWの新シーズンからは目が離せない。
https://news.yahoo.co.jp/articles/7f455ab63dbb104c955cabff1343598cd909bc34

【ブライトン・三笘薫〝衝撃のデビュー戦ゴール〟に「戦術三笘なのですよ」の声も! 後半開始から左WBでプレーし早くも結果残す!】の続きを読む

このページのトップヘ