SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

ブラジル代表

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/27(月) 11:52:52.39 ID:CAP_USER9
 ブラジル代表FWネイマール(30)が、フランス1部パリ・サンジェルマンからの退団を検討し始めている。フランスメディア「RMCスポーツ」が伝えた。

 フランス代表FWキリアン・エムバペが残留を決め、パリSGが今夏のネイマール放出を除外しないとの方針となった中でも、ネイマールはパリへの滞在を希望。しかし、ナセル・アルケライフィ会長が、フランス紙「ル・パリジャン」に語ったコメントが気に入らなかったことで考えが変わり始めているという。

 同会長はネイマール退団の可能性を問われ、こう答えた。「私が言えるのは、すべての選手が昨シーズンより多くの仕事をするのを期待している。我々は明らかに、上を目指すのに十分ではなかった。来季は毎日200%で働けば、我々は結果を出せるだろう。我々は、もう一度謙虚にならなければならない。試合に影響を与えるようなケガ、出場停止、ファウルを避ける必要がある」

 このコメントは自身を標的にしていると解釈。怒りを感じ、パリSGでのプレーに情熱を持てなくなったようだが、金銭的にネイマールを獲得できるクラブはあるかという問題がある。同メディアは「移籍金と年俸は、移籍に対する大きな障害だ」と指摘した上で、かねて名前の挙がったイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッド、チェルシー、ニューカッスルを候補とした。

 もはやチームでの主役になることはない中、ブラジル代表エースは最終的にフランスの首都を離れる決断を下すのだろうか。

https://www.tokyo-sports.co.jp/soccer/world/4282391/

【PSG・ネイマールが一転して退団を視野? アルケライフィ会長の発言が要因か】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/18(土) 23:41:50.40 ID:CAP_USER9
ブラジル代表FWネイマール(30=パリ・サンジェルマン)が、代表10番の後継者を〝指名〟した。

 カナリア軍団の栄誉であるエースナンバーは、これまでペレ、ジーコ、リバウド、カカらがつけてきた。現在はネイマールが背負っているが、11月に開幕するカタールW杯で代表を引退する可能性もゼロではない。

 となれば、注目は次は誰になるのか、だ。FWロドリゴ(21=レアル・マドリード)がユーチューブチャンネル「Podpah」で注目発言を行った。

「ネイマールは『僕が代表を辞めたら、10番は君のものだ』と言ったんだ。自分は恥ずかしくなって笑ってしまい、何を言っていいのかわからなくなったよ。ネイマールには、もっと長くプレーしてもらわないいけないし『今はつけたいと思わない』と言ったら、彼は笑みを浮かべていたよ」

 ネイマールが、どこまで本気で言っていたのは不明だが、後輩の実力は認めているようだ。

 ロドリゴは、マンチェスター・シティー(イングランド)との欧州チャンピオンズリーグ準決勝第2戦(5月4日)で0―1の終了間際に2点を挙げ、決勝進出の立役者となった。所属クラブやブラジル代表でもさらなる飛躍を期待される。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7b41ca5e8f88a5788bc91f2e90e0e7f9a5920d06

【「僕が辞めたら君のものだ」ネイマールがブラジル代表〝背番号10〟の後継者を指名】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/09(木) 17:32:51.55 ID:CAP_USER9
日本戦でスタメン出場したDFダニエウ・アウベスが発信「本当にありがとう日本」

 ブラジル代表は、6月6日に国立競技場で行われた日本代表戦に1-0で勝利した。スタメン出場したDFダニエウ・アウベス(FCバルセロナ)が「日本は本当に素晴らしい国だ。礼儀を重んじる人たちがいる国」と絶賛。「本当にありがとう日本」と感謝のメッセージも発信している。

 日本戦に右サイドバックでスタメン出場したD・アウベスは攻守にわたって堅実なパフォーマンスを見せ、後半26分までプレー。試合は同32分のPKをエースFWネイマール(パリ・サンジェルマン)が決めてブラジルが1-0と勝利した。

 試合後、自身のインスタグラムを更新したD・アウベスは「本当にありがとう日本、いつもいい雰囲気にしてくれる」と感謝の思いを吐露。また、ブラジルサッカー協会の公式YouTubeチャンネルでは試合の舞台裏に密着し、そのなかでD・アウベスは「日本は本当に素晴らしい国だ。礼儀を重んじる人たちがいる国だね」と語っている。

 昨夏の東京五輪でU-24ブラジル代表は2大会連続の金メダルを獲得。D・アウベスもオーバーエイジ枠で出場しており日本に良い思い出があるなか、「ブラジルに特別な愛情を示してくれる。ここはセレソンが歴史を作ってきた特別な場所。ここに来て力をチャージできて嬉しい。ブラジルと日本の関係がいいものであり続けていると感じている」と続けていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/20835eba5f580027e0a9df7368a865114ae270af

【「日本は本当に素晴らしい国だ」 ブラジル代表D・アウベスが絶賛、“特別な愛情”に感謝「礼儀を重んじる人たちがいる」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/07(火) 13:50:04.63 ID:CAP_USER9
6/7(火) 13:45
配信
日刊スポーツ
本田圭佑「悪くなかった…ただ俺が監督なら1点は取れた」ジョーク交えブラジル戦言及 

サッカー日本代表(FIFAランキング23位)が、6日に東京・国立競技場で王国ブラジル代表(同1位)と国際親善試合「キリンチャレンジ杯」で対戦し、0-1で敗れた。11月開幕のワールドカップ(W杯)カタール大会に向けた、貴重な強化試合だった。

一夜明けた7日、ブラジルと対戦経験のある本田圭佑(35)が「昨日の代表戦は全体的には悪くなかったし、特に守備はよかった。ただ俺が監督なら1点は取れたと思う」とツイッターでつぶやいた。

最後に絵文字をつけて、ジョーク交じりに仕上げてはあるが、監督目線での力強いつぶやきとなった。

本田はインドで実質的な監督としてカンボジア代表を率い、アジア杯の予選を戦う。

https://news.yahoo.co.jp/articles/171b7ca4e61776e9a7611939b4754a8f5d92b5b0

【本田圭佑「全体的には悪くなかった…ただ俺が監督なら1点は取れた」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/06(月) 21:58:10.21 ID:CAP_USER9
改修後初の国立競技場での日本代表戦。しかも相手がブラジルということもあり、観衆は63638人が詰めかけた。

「試合前にサポーターの皆さんはブラジルを見に来ていると思うけど、最後に日本を応援して良かったと思えるような試合にしたいと言っていた」

0-1で敗れたことで主将DF吉田麻也は終始悔しそうな顔を浮かべながらも、内容面については、「課題と収穫が両方ある試合だった」と総評した。

 やはりブラジルの壁は厚かった。これまで12回対戦して10敗。そして引き分け2回と、日本はまだ勝つことが出来ていなかった。

ただ今回は劣勢の時間帯が続いた中で、守備陣が奮闘。後半32分に与えたPKで均衡を破られたが、日本は最後まで諦めない姿勢もみせていた。

 しかしあくまでも親善試合。そこは選手たちも十分に理解していることだ。吉田も「相手のクオリティも南米予選などもっとシリアスな試合だと違うと思う。
これをベースにしないといけないけど、本戦ではもっともっと厳しい試合になることを頭に入れないといけない」と気を引き締める。

照準を合わせるのは、半年後のW杯。グループリーグで戦うドイツやスペインは、この試合以上の強度が求められる。
「成果というよりは課題の方が個人的には感じました」と試合を振り返ったFW南野拓実も、「もっとレベルアップして、W杯に向けていい準備をしていきたい」と冷静に話した。

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?360799-360799-fl

【国立に6万超の観衆、キャプテン麻也「皆さんはブラジルを見に来ていると思うけど…」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/06(月) 21:35:28.51 ID:CAP_USER9
ブラジル代表は6月6日、国立競技場で日本代表と対戦。1-0で勝利を飾った。  序盤からネイマールを中心に押し込みながらも、日本のGK権田修一の好セーブに阻まれ、なかなか先制点が奪えない。
後半はややオープンな展開となるなか、32分にPKを獲得。これをネイマールが決めて均衡を破り、このまま試合を締めた。

ただ、2日の韓国戦では5ゴールを奪っていただけに、ブラジル国民は納得していないようだ。ブラジル・サッカー協会(CBF)や同国メディア『Globo』のSNSには、不満の声が数多く寄せられている。

「なんという恥だ」 「ヴィニシウスは何もできなかった」 「日本はかなり強かったが…」 「ネイマールはPKしか決めないじゃないか」 「PKだけかよ」 「幸運な勝利」 「ペナルティで勝つなんて残念だ」 「勝利に値しない」
「本当に残念!恥だ。PKが与えられなければ、勝てなかった。お粗末だ!」 「愚かなPKで日本を打ち負かしても恥は消えない」

PKの1点では、満足できないファンが少なくなかったようだ。 構成●サッカーダイジェストWeb編集部
https://news.yahoo.co.jp/articles/c065d19a1bd138bc6e1c4b2b408b2815aef8c382

【「なんという恥だ」森保JにPKで辛勝のブラジル代表に辛辣批判!「ネイマールはPKしか決めないじゃないか」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/06(月) 21:31:18.58 ID:CAP_USER9
森保一監督の率いる日本代表は、6月6日にキリンチャレンジカップでブラジル代表と対戦した。押し込まれる時間の多い日本は、前半をスコアレスで折り返したが、後半にFWネイマール(パリ・サンジェルマン)にPKを決められ、0-1で敗れた。

4-1で快勝したパラグアイ戦から、先発8人を変更した日本は、粘り強いプレーでブラジルを苦しめた。しかし、後半30分にMF遠藤航がFWリシャルリソン(エバートン)をエリア内で倒してしまい、PKを与えてしまう。これをネイマールに決められ、先制された。
 森保監督は、MF鎌田大地、FW前田大然、MF三笘薫、MF堂安律といった選手たちをピッチに送り込んだが、日本は最後までゴールを決められずに0-1で敗れた。

森保監督は「選手たちには、チャレンジすること、アグレッシブに戦うこと、そして我慢強く戦うことを表現しようと伝えて、送り出しました。ブラジルを相手に我慢強く戦うところは我慢強く戦えて、攻撃のところでも、
チャレンジはしてくれたと思います」と、成果を語った。その一方で、「ただ、勝つところには、まだクオリティを上げないといけない」と、満足している様子は見せなかった。

そして、半年後に控えているW杯に向けて、「我々は十分、世界に向かって戦っていける、勝っていけることを示してくれた。選手たちとともにすべての面でレベルアップをして、
我々を応援してくれるサポーターのみなさんに喜んでもらえるように頑張りたい」と、FIFAランク1位のブラジルを相手に見えた課題と収穫を口にした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ba51f0034851dcbc7b34760e9c7eb7ec9a333447

【「我々は十分世界に向かって戦っていける」 森保監督、ブラジルに惜敗も選手の奮闘を称賛「我慢強く戦えた」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/06(月) 21:21:13.64 ID:CAP_USER9
日本代表、またもブラジル代表に屈す…猛攻耐えきれずネイマールのPKが決勝点に

   
 キリンチャレンジカップ2022が6日に行われ、日本代表とブラジル代表が対戦した。

 新国立競技場で初となる代表戦は、FIFAランク1位のブラジルを迎えての大一番。開幕まで残り5カ月のFIFAワールドカップカタール2022本戦に向けて、過去12回対戦して一度も勝ったことのない(2分10敗)“王国”に胸を借りる。森保一監督は2日に行われたパラグアイ代表戦(○4-1)からスタメンを大幅に入れ替え、戦前の予告通り、右サイドバックに長友佑都、左サイドバックに中山雄太、センターフォワードに古橋亨梧を置いて試合に臨んだ。一方、ブラジルは5-1で勝利した韓国代表戦からスタメンを4人変更し、アリソンやヴィニシウス・ジュニオールらが先発に名を連ねた。

 4年7カ月ぶりの対戦は、大粒の雨が降るなかキックオフ。2分、いきなりブラジルがチャンスを迎える。ヴィニシウスの折り返しをボックス中央で収めたネイマールが、ヒールでDFラインの背後にパスを通す。抜け出したルーカス・パケタが右足でゴールを狙ったが、左のポストを叩いた。

 日本はマイボールの時間で恐れずにボールをつないで前進を試み、伊東純也の右サイドを中心に攻めるが、なかなかシュートまで持ち込むことができない。徐々にブラジルが攻撃のテンポを上げ、日本は防戦一方に。それでもゴール前に人数をかけてスペースを消し、シュートを打たれてもGK権田修一が好セーブを披露。前半に得点は生まれず、スコアレスで折り返す。

 後半もブラジルのペースで時計の針が進んでいく。65分、アリソンが高い位置まで飛び出して冷静に古橋亨梧をかわし、正確なロングフィードを供給。反応したネイマールが後方からのボールを胸でコントロールし、左足を振り抜くが、シュートはカバーに入った板倉滉のブロックに阻まれる。

 オープンな展開となりながらも0-0のまま推移していたが、日本は75分にカウンターを食らってゴール前に押し込まれ、混戦のなかで相手を倒してしまいPK献上。キッカーを務めたネイマールは、権田の逆を突いてネットを揺らし、ブラジルが先制する。

 日本の反撃は及ばず、試合はブラジルが1点のリードを守り切ったまま終了。日本はまたしてもブラジルの壁を破ることはできなかった。日本代表の次戦は10日に行われ、『ノエビアスタジアム神戸』でガーナ代表と対戦する。

【スコア】
日本代表 0-1 ブラジル代表

【得点者】
0-1 77分 ネイマール(ブラジル)

【スターティングメンバー】
日本(4-3-3)
権田修一;長友佑都(81分 山根視来)、板倉滉、吉田麻也、中山雄太;原口元気(46分 鎌田大地)、遠藤航、田中碧(81分 柴崎岳);伊東純也(73分 堂安律)、古橋亨梧(67分 前田大然)、南野拓実(73分 三笘薫)

ブラジル(4-4-2)
アリソン;D・アウヴェス(71分 T・シウヴァ)、マルキーニョス、ミリトン、G・アラーナ;ハフィーニャ(63分 ジェズス)、フレッジ(71分 リシャルリソン) 、カゼミーロ(85分 ファビーニョ)、ヴィニシウス(63分 マルティネッリ);L・パケタ(85分 ギマランイス)、ネイマール

https://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20220606/1655551.html

前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1654517605/

【キリンチャレンジカップ2022 日本代表、ブラジルに0ー1で敗れる】の続きを読む

このページのトップヘ