SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

ブラジル

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/29(火) 10:54:45.48 ID:4gZeqHsg9
ネイマールを揶揄する投稿が相次ぐ

 4年に一回開催されるワールドカップと同じ日程でブラジルでは大統領選挙が行われるのが通例だ。10月30日に行われた決選投票で左派のルーラ元大統領が右派の現職、ボウソナロ大統領に勝利。来年1月、13年ぶりに大統領に返り咲く。

 ルーラ氏の得票率が50.1%だったのに対してボウソナロ大統領は49.9%。激戦を制したルーラ氏は「二つのブラジルは存在しない。我々は一つの国、一つの国民、偉大な国家だ」と国民に呼びかけた。1985年の民政移管後、最も僅差で再選を目指した現職大統領が初の落選。元職が返り咲いて3期目を務めるのも初めてとなるが、異例づくしだった大統領選の結果は、ワールドカップで盛り上がるはずのブラジルにも影を落としている。

 20年ぶりの世界一を目指すブラジル代表は、カタール大会の初戦でセルビアに2対0で勝利した。ブラジルと並び優勝候補であるアルゼンチンやドイツがまさかの黒星発進を強いられたのとは対照的にブラジルは、順調なスタートを切ったが、唯一の誤算はエースのネイマールが後半、試合中に痛めた右足首の影響で負傷交代を強いられたことだった。

 セルビア選手のタックルで右足首が腫れ上がった様子や、ベンチで涙に暮れるネイマールの姿がブラジルのテレビでは報道。本来ならばエースの負傷交代はブラジル国民にとって悲報のはずなのだが、ツイッター上ではネイマールを揶揄する投稿が相次いだ。

 理由はシンプル。ブラジルの背番号10が、国民の分断を招いた「南米のトランプ」こと極右のボウソナロ大統領を支持しているからである。

「応援しづらい」

 ブラジルの大統領選挙はそれぞれの候補者が掲げる数字を有権者が入力することで投票されるがボウソナロ大統領の数字は「22」。ネイマールはワールドカップで得点すれば、両手で「22」を示すジェスチャーを行うと宣言したり、大会初ゴールをボウソナロ大統領に捧げたいと公言していたのだ。

 超辛口で知られる元ブラジル代表の人気コメンテーター、ネット氏はネイマールの負傷について自身の番組で「我々はネイマールなしにワールドカップ制覇は出来ない」とコメント。ネイマールの容体を心配する声が相次いでいる一方で、ツイッター上では喜ぶブラジル人がいるのも事実である。

 ブラジルの高級紙「フォーリャ・デ・サンパウロ」はネット上の記事で「インターネットはボウソナロ支持のネイマールを許さず」との見出しをつけた記事を配信。ブラジルのスタンダップコメディアンでもあるブルーノ・モッタは24万人のフォロワーを持つが、「ネイマールはボウソナロに敬意を示していたよね。(ピッチで)何もせずに、泣いてしまった」と投稿したが27000回のリツイートと15万の「いいね」がついていた。

 日系3世のブラジル人であるマルセロ・ハヤシダさん(45歳)はパルメイラスサポーターであるが、南米屈指の難関大学、サンパウロ大学を卒業したインテリである。ネイマールの負傷についてハヤシダさんに聞いてみるとこんな答えが返ってきた。

 「僕もネイマールのいるチームを応援しづらい気持ちはあります。普通のことではないけど、ブラジルにはネイマールの負傷を喜んでいる人も多いですよ。すごく複雑な気持ちですけど、彼を応援しない人の気持ちは分かります」

続きはソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/66bf81c83963e4947b830070f1c03969e7e2d01f

【「ネイマールの負傷」を喜んでいるブラジル国民が実は多い理由 “サッカーの国”を分断させる「南米のトランプ」の正体】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/26(土) 09:31:18.34 ID:ZChgqX5H9
【FIFAワールドカップ】1次リーグG組初戦のセルビア戦(24日)で右足首を負傷した優勝候補ブラジルのFWネイマール(パリ・サンジェルマン)が26日、SNSで思いを明かした。
 1次リーグ残り2試合を欠場すると?日、ロイター通信が報じるなど、困難に直面しているネイマール。自身のインスタグラムでブラジル代表のジャージーを着て、目を閉じ胸に手をあてる写真を投稿。「ジャージーを着ている誇りと愛情は、言いようのないものです。もし神様が私に生まれる国を選ぶ機会を与えてくれたとしたら、それはブラジルでしょう」などと書き出した。

 さらに「今日は私のキャリアの中で最も難しい瞬間の一つとなりました…。そしてまたW杯で私はケガをしています。それは退屈で、つらいですが、私は私の国、私のチームメイトと自分自身を助けるために可能なことはすべてするので、復帰する機会を持っていると確信しています」と復帰への意欲を示した。

 最後に「私は不可能を可能にする神の息子であり、私の信仰は終わりがない」と記したネイマール。強い決意でピッチに戻ってくるつもりだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9a4db6149ca97c876a3d5f0ac96eb54d3d5bb860

【2戦欠場ネイマールが復帰へ決意「復帰チャンスあると確信」「私は不可能を可能にする神の息子」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/25(金) 15:15:37.71 ID:p4pOevl69
 サッカーW杯で日本がドイツに歴史的な逆転勝利を収めたことを自分事のように喜ぶブラジル人が、多くのミーム画像(meme)をネットに投稿し、世間の話題をさらっている。ドイツは2014年大会で大会主催国のブラジルを7対1で下したブラジル民にとっての仇敵。日本の勝利はブラジル民の復讐心を大いに満足させたようだ。ミーム画像は投稿者にマンガやアニメ好きな若者が多いこともあって、それにひっかけた内容が多い。話題になっているいくつかの傑作ミーム画像を紹介する。

悟空が一般民から「元気」をもらっているシーンを使ったミーム

 まずは、日本代表が試合前に撮った集合写真の顔だけを、アニメのキャラクターに入れ替えたもの。ワンパンチマン、名探偵コナン、ナルト、ワンピースのルフィーなどブラジルで大人気のアニメキャラクターが勢ぞろいだ。「日本代表は後半、ドイツをこんな感じで攻めた」とのメッセージが添えられている。

アニメ「ポケモン」の主人公と相棒ピカチュウと使った画像

 続いては、アニメ「ドラゴンボール」から、主人公の孫悟空が人々から「元気」(エネルギー)をもらうシーンを使ったもの。悟空の顔には日本代表のエンブレムが貼り付けられ、元気を送る人々の顔の上にはブラジル旗が貼り付けられている。「日本頑張れ!ブラジルも一緒に応援してるよ」とのメッセージが付されている。これはブラジル民が試合中、日本代表へ「元気」を送り続けたこと、日本勝利の後ろにはブラジル民の応援があったことを意味している。

金髪のキャラクターを使ったミーム

 アニメ「ポケモン」の主人公サトシとその相棒のピカチュウに日伯両国の国旗を貼り付け、強敵のリザードン(ドイツ)に勝利しているミーム画像も。
 ドラゴンボールの主人公孫悟空が強化変身すると金髪になること、ブラジルで大人気のアニメ「NARUTO」の主人公ナルトも金髪であること、ドイツ戦で1点目を決めた堂安選手が金髪であることに着目して「金髪の日本人はレベルが違う」とする投稿もあった。

https://pbs.twimg.com/media/FiQcQFDXgAY66y2?format=jpg&name=900x900

https://news.yahoo.co.jp/articles/37c30f60d7d3e3e4c011b3c61641b7008c5f40a4

【ドイツ戦 日本代表はアニメヒーロー軍団?! ネットでブラジル人が大盛り上がり】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/25(金) 08:55:02.32 ID:LI0nnCSs9
<FIFAワールドカップ(W杯)カタール大会:ブラジル2-0セルビア>◇1次リーグG組◇24日(日本時間25日未明)◇ルサイル・ルサイル競技場>

 最多6度目の優勝を狙うブラジルが初戦を迎え、セルビアに2-0で勝利した。02年日韓大会以来5大会ぶりの王者奪還に向けて、幸先いいスタートを切った。

 勝利に貢献したのは、2得点を挙げたFWリシャルリソン(25=トットナム)。後半28分には、ダイナミックなオーバーヘッドキックでゴールを決め、会場を沸かせた。

 スーパーゴールとなったが、本人は「トレーニングと似たようなことをやった。練習通り」と冷静。さらに「もっともっと僕は点を入れたい」と意気込んだ。

 リシャルリソンは10月、プレミアリーグ第11節のエバートン戦で左ふくらはぎを負傷した。W杯欠場も危ぶまれたが、無事に出場を果たし、初戦で2得点の活躍を見せた。

 「検査の日が地獄だった。いけるかどうか分からないのがつらくて、部屋の中をぐるぐる歩き回っていた」

 それでも出場できると信じ、努力し続けた。

 「これから前進あるのみ。初戦を勝てたのはとても重要だった。次は目の前の2試合目に向けて、全集中します」

 大きな自信をつけた25歳FWは、さらなる飛躍を誓った。

 28日の第2戦は、初戦でカメルーンを下したスイスと対戦する。

日刊スポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/bdbf61c71e40d249fdee279dfb3ba0605251ca3d
https://pbs.twimg.com/media/FiW5xJ4VIAADsg2.jpg

【ブラジル・リシャルリソンがスーパーゴール!「練習通り」オーバーヘッドで会場沸かす】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/25(金) 07:28:52.62 ID:PP6UWXjA9
<FIFAワールドカップ(W杯)カタール大会:ブラジル2-0セルビア>◇1次リーグG組◇24日(日本時間25日未明)◇ルサイル・ルサイル競技場>

 最多6度目の優勝を狙うブラジルが初戦を迎え、セルビアに2-0で勝利した。02年日韓大会以来5大会ぶりの王者奪還に向けて、幸先いいスタートを切った。

 立ち上がりから激しくぶつかり合った。

 試合が動いたのは後半。敵陣で猛攻撃を続け、同17分にFWリシャルリソン(25=トットナム)が先制。さらに、同28分にもFWビニシウス(22=Rマドリード)からのパスを左足でトラップし、体勢を崩しながらもオーバーヘッドキックでゴールを決めた。

 王様ペレの持つ同国代表最多ゴール記録「77」まであと2ゴールに迫ったFWネイマール(30=パリ・サンジェルマン)は、無得点で同34分にピッチを去った。

 30歳エースは、3大会連続で出場。エースの称号「10番」を背負ってプレーするのも3度目だ。

 母国開催の14年、クロアチアとの開幕戦で2得点を挙げて鮮烈デビュー。この年5試合に出場し、計4ゴールを決めた。次の18年ロシア大会でも、大会3カ月前に右足の手術を受けたばかりにもかかわらず、5試合で2得点を挙げた。

 10代から大舞台でプレーしてきたが、いまだトロフィーを手にしたことはない。14年はベスト4、18年はベスト8に終わっている。

 20年ぶりの王者奪還へ-。燃えるカナリア軍団の勢いは止まらない。

 28日の第2戦は、初戦でカメルーンを下したスイスと対戦する。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c7fddf53dbcbc6b999296e8ae55aaf7b38f87806

【W杯・グループG第1節 ブラジル初戦、セルビアに2対0で勝利 リシャルリソン2発、ネイマールは不発】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/18(火) 07:08:30.78 ID:pGRO0crT9
[2022年10月16日13時7分]

バレーボール
世界バレー
<バレーボールの女子世界選手権>◇15日◇オランダ・アペルドールン

決勝で昨年東京五輪銅メダルのセルビアが同五輪銀メダルのブラジルに3-0で勝ち、2連覇を達成した。3位決定戦はイタリアが東京五輪を制した米国を3-0で破った。

準々決勝でブラジルに敗れた日本は5位だった。(共同)

https://www.nikkansports.com/sports/news/202210160000496.html

【<世界バレー>セルビア2連覇、ブラジルを3-0 イタリアが米国破り3位 日本5位】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/12(水) 06:43:06.91 ID:CAP_USER9
10/12(水) 5:21配信TBS NEWS DIG Powered by JNN
https://news.yahoo.co.jp/articles/3598dea520c0d1f138082fe9d08c3ba9c584f141

■世界バレー 準々決勝 日本ーブラジル(日本時間12日・オランダ)

4年に1度、バレーボールの世界ナンバー1を決める世界バレー。負ければ終わりの準々決勝で、世界ランキング6位の女子日本代表は、同2位で東京五輪銀メダルのブラジルにセットカウント2-3 (25-18、25-18、22-25、25-27、13-15)とフルセットの末敗れ、ベスト8敗退。12年ぶりのメダル獲得はならなかった。

【写真を見る】眞鍋ジャパン、フルセットの激闘!2セット連取もブラジルに涙の逆転負け 12年ぶりベスト4進出ならず 【世界バレー】

スタメンは島村春世(30)、林琴奈(22)、井上愛里沙(27)、山田二千華(22)、関菜々巳(23)、石川真佑(22)、リベロ・福留慧美(24)。

1次ラウンドでは、世界バレーで40年ぶりにブラジルから白星を挙げた眞鍋ジャパン。準々決勝でも第1セットから井上、林のスパイク、山田のクイックなどでリードした。日本リードの8-5の場面で強烈なサーブが持ち味の石川がサービスエースで完全に流れを引き寄せるとすかさずブラジルがタイムアウト。さらに世界屈指のスパイカー・ガビを山田がブロックするなど日本の勢いが止まらない。終盤には石川のサーブでブラジルを崩し25-18で先取した。

第2セットは5-5からブラジルのミスで日本が3連続得点とリードする。ブラジルもガビにボールを集め流れ引き戻しにかかるも再び、石川のサービスエースで勢いを渡さなかった。中盤の勝負所では長いラリーを制すと、山田がまたしてもガビをシャットアウト。日本は最大8点のリードを奪うなど25-18で2セットを連取し王手をかけた。

第3セットはメンバーを変えたブラジルにリードを許す展開。流れを変えたい日本は7-11と4点差にされたところで主将・古賀紗理那(26)を投入した。日本は全員で拾ってつなぐバレーを見せるも22-25でこのセットを奪われた。

セットカウント2-1と日本がリードした第4セット。出だしからリベロの福留の好レシーブ、林のサービスエースなどで優位とした。しかし意地を見せたブラジルが中盤にガビのバックアタックなどで逆転。この日、好調の山田の移動攻撃などで日本が再びリードするなど一進一退の攻防となった。2度のブラジルのセットポイントを山田の移動攻撃、ブロックでしのぐも25-27で最終セットに持ち込まれた。

最終セットは1点を争う大接戦。6-6とするとブラジルのサーブに崩された日本は3連続失点。直後の日本も粘りを見せ長いラリーを制し、再び同点。しかし、井上がブロックされるなど徐々にリードされた日本は13-15で逆転負け。フルセットの激闘もベスト4進出を逃し、12年ぶりのメダル獲得はならなかった。試合後、リベロの福留の目には涙があふれた。

眞鍋政義監督は「最後はブラジルの勝負強さに負けましたね。これもいい勉強ですね。選手は本当に頑張りました。選手、スタッフ一丸となったんですけど、ここですよね。ベスト8からベスト4の壁。おそらく初めて経験する選手が多いので、この悔しさを来年に持っていきたいと思います」と語り、選手を労った。

【日本の得点】
林琴奈 21点
山田二千華 19点
石川真佑 18点
井上愛里沙 16点
島村春世 6点
古賀紗理那 2点
関菜々巳 1点

【世界バレー・準々決勝 女子日本代表、フルセットの激闘!2セット連取もブラジルに涙の逆転負け…12年ぶりベスト4進出ならず】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/30(金) 23:25:22.81 ID:CAP_USER9
9/30(金) 23:07配信

TBS NEWS DIG Powered by JNN

■世界バレー 1次ラウンド 日本ーブラジル(日本時間30日・オランダ)

バレーボールの世界ナンバー1を決める、世界バレー女子大会。1次ラウンドここまで2勝1敗の世界ランキング7位・女子日本代表は、東京五輪銀メダルで世界ランク2位のブラジルをセットカウント3ー1(25-22、25-19、17-25、25-20)で撃破、2次ラウンド進出を決めた。28日の中国戦で負傷した主将でエースの古賀紗理那(26)は軽いねん挫と診断され欠場、ベンチ外から試合を見守った。

【写真を見る】古賀欠場の眞鍋ジャパン、世界ランク2位ブラジル撃破し2次ラウンド進出決定!全員バレーで“40年ぶり”勝利 【世界バレー】

スタメンはサーブ順に石川真佑(22)、横田真未(24)、林琴奈(22)、井上愛里沙(27)、山田二千華(22)、関菜々巳(23)、リベロ・福留慧美(24)。

試合前の時点でD組3位、勝てば2次ラウンド進出が決まる日本は、28日の中国戦で負傷した主将でエースの古賀紗理那(26)が軽いねん挫と診断され欠場。古賀に代わりスタメンで起用された石川の強烈なサーブでエースを奪い試合が始まった。中盤に世界屈指のスパイカー・ガビ(28)のアタックなどでリードされるも終盤、ゲームキャプテンを任された井上が次々にスパイクを決め逆転に成功。さらに林が強打、軟打と打ち分け得点を重ねるなど第1セットを25-22で奪った。

優勝候補のブラジルから1セットを先取した日本は第2セット。このセットも序盤から日本ペースで試合を進め、ブラジルのガビを徹底的にマーク。身長184cmの山田のブロックでシャットアウトし、4連続得点で勢いに乗ると、ブラジルのギマラエス監督も思わず頭を抱えた。日本リードの14‐12の場面ではブラジルに3連続でミス。一気に6点差とした。解説の元日本代表・荒木絵里香さんも「こんなブラジル見たことない」というほどの展開で25-19。2セットを連取した。

あと1セットで勝利となる日本の第3セットはスタートのメンバーを入れ替えたブラジルに
終始リードされる苦しい展開。代わって入った190cmのタイナラ(22)を止めることができず17-25と1セットを奪われた。

流れを引き戻したい第4セット、日本は出だしから4連続得点を許し嫌なムード。4-11と日本が7点を追う場面で井上、石川のスパイクが決まり点差を詰め6-11とすると、この日ゲームキャプテンとしてチームを引っ張る井上が必死のレシーブで流れを引き寄せた。その後、井上、島村春代(30)、林が決めるなど7連続得点で一気に逆転。全員バレーでセットカウント3-1、世界ランク2位ブラジルを撃破した。日本は世界バレーでブラジルから40年ぶりに勝利し、2次ラウンド進出を決めた。

日本は次戦、10月2日(日)に世界ランキング19位アルゼンチンと対戦する。※世界ランキングは試合前時点

https://news.yahoo.co.jp/articles/0ed53983e71c77613c237359f015001d1d773f07

https://newsdig.ismcdn.jp/mwimgs/f/4/1360w/img_f431b20d28635662a2d3584b07e2900c542169.jpg

https://newsdig.ismcdn.jp/mwimgs/e/a/1360w/img_eae46faed83fc4f4f7ac5d0b14f86ca0514854.jpg

https://newsdig.ismcdn.jp/mwimgs/0/7/1360w/img_07854a8630475f29aa46b7fd75f990e1398753.jpg

【世界バレー 古賀欠場の眞鍋ジャパン、世界ランク2位ブラジル撃破し2次ラウンド進出決定!全員バレーで“40年ぶり”勝利】の続きを読む

このページのトップヘ