1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/28(月) 20:01:19.20 ID:CAP_USER9
ジャパンラグビーリーグワン・ディビジョン1のNECグリーンロケッツ東葛に加入したものの、違法薬物所持で逮捕された13人制ラグビー元オーストラリア代表のブレイク・ファーガソン被告が、日本での1か月にわたった勾留生活について「立ち上がれない」ほどだったと話した。

 ファーガソン被告はグリーンロケッツでの15人制デビューに備えていた昨年12月に暴行事件を起こし、麻薬および向精神薬取締法違反で逮捕された。そして留置施設に送られた後、チームからも契約を解除され、150万豪ドル(約1億2500万円)と伝えられる年俸もふいにした。現在は勾留されていないが、日本にとどまり3月の出廷を待っている。

 ファーガソンは豪紙デーリー・テレグラフに対して「有罪を認めるつもりだし、寛大な判決が下されればうれしい。重要なのは責任を受け入れることだ」と話し、「自分で招いた状況だし、他の誰の責任でもない」と続けた。

 留置施設では携帯電話を没収され、家族と連絡も取れず「孤独で退屈」だったという。3人の子どもがいるファーガソンは「いるのは自分と、英語を話せない日本の人たちだけ。本を何冊か読んだがそれだけだった。食事はいたって平凡で、腰がとても痛くなった」と明かした。

「マットレスは本当に1センチの厚みしかなかった。何日間か立ち上がれないほどだった。もう絶対に戻りたくない」
  
2022年2月28日 15時47分
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/21750787/

写真
https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/d/f/df424_1351_8e79eaa2_922e6410.jpg

【日本で逮捕された元豪州代表「ファーガソン被告」勾留生活のつらさ明かす「立ち上がれない」「もう絶対に戻りたくない」】の続きを読む