SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

プレミアリーグ

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/09(金) 20:37:38.25 ID:CAP_USER9
 プレミアリーグは9日、10日から12日にかけて予定されていた第7節の全試合を延期することを発表した。

 バッキンガム宮殿は、8日午後にエリザベス女王がバルモラル城にて安らかに息を引き取ったことを発表した。これを受け、プレミアリーグおよびイギリス国内の各クラブは、この非常に悲しいニュースに影響を受けた王室とすべての人に哀悼の意を表している。

 今回の訃報を受けて、9日に予定されていたチャンピオンシップ(2部)のバーンリー対ノリッジ、リーグ2(4部)のトレンメア・ローヴァーズ対ストックポート・カウンティの2試合が延期となることが発表されていた。また、NIFLプレミアシップ(北アイルランド1部リーグ)も週末に予定されていたリーグ戦全試合の延期を発表済みだ。プレミアリーグに関してはイギリスのデジタル・文化・メディア・スポーツ省(DCMS)との協議の後、最終的に9日の朝に決断されることが発表されており、今回正式に延期の発表が行われた。

 プレミアリーグは公式サイトを通じて「今朝のミーティングで、プレミアリーグの各クラブはエリザベス二世女王陛下に敬意を表しました。女王の並外れた人生と国家への貢献を称え、敬意を表すため、今週末のプレミアリーグは月曜日の夜の試合も含めて全試合が延期となります」と声明を発表。また、プレミアリーグの最高経営責任者(CEO)を務めるリチャード・マスターズ氏も「これまでで最も長く君主を務めた女王は、我々にインスピレーションを与え続け、献身的な生涯の後に素晴らしい遺産を残してくれました。イギリス国内だけでなく、彼女を賞賛する世界中の何百万人もの人々にとって非常に悲しい時間です。我々はすべての人々と一緒に彼女の死を悼みます」とコメントを残した。

 今後の喪に服す期間中のプレミアリーグの試合については、追って発表される予定となっている。なお、EFL(イングリッシュ・フットボールリーグ)も公式サイトを通じて、チャンピオンシップ(2部)を含む全試合の延期を発表した。

 また、スコティッシュ・プロフェッショナル・フットボールリーグ(SPFL)も、スコティッシュ・プレミアシップ(1部)を含む全てのプロサッカーの試合の延期を発表している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1acb610ef2e0d0f5c84f3a985b5648cc09a991a3

【英エリザベス女王崩御を受け プレミア第7節の延期が決定、スコットランドでも同様の措置】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/14(日) 08:45:54.96 ID:CAP_USER9
「ファンに申し訳なく思う」とも

マンチェスター・ユナイテッドのエリック・テン・ハーグ監督は、ブレントフォード戦の完敗の後にコメントした。

13日に行われたプレミアリーグ第2節で、マンチェスター・Uは敵地でブレントフォードと対戦。10分、17分と守護神ダビド・デ・ヘアのミスが絡んで失点すると、
30分、35分にも立て続けにゴールを許して前半を0-4で折り返す。後半は奮闘するも不発に終わり、0-4と完敗を喫した。

これで開幕から連敗を喫したマンチェスター・U。『Opta』によると、1992年の8月21日以来、30年ぶりにプレミアリーグ最下位に沈んだという。テン・ハーグ監督は、
試合後にイギリス『スカイスポーツ』で「私にとって難しいことであり、あのようなスタートになったことは驚きだった。35分間で4失点だ。チームはこの責任を負わなくてはいけない」と話し、ファンへの謝罪の言葉を口にしている。

「ファンに申し訳なく思う。彼らは我々を応援するためにできる限りのことをやっていたが、がっかりさせてしまった。
チームとして、個人としてピッチ上での責任を負わなくてはいけない。これが我々が今日できていなかったことだ」

「私が彼らに求めたことは、信念を持ってプレーすること、パフォーマンスへの責任を取ることだ。我々はこの件に関して取り組んでいかなくてはいけない。
もちろん、監督としての責任もある。監督には一番大きな責任があり、私はこの責任を取ることになるし、取り組んでいくことになる」

https://news.yahoo.co.jp/articles/f7d87f7364afcda5321051cd36f1951fb6a1be10

【マンチェスター・ユナイテッドが30年ぶりのリーグ最下位…テン・ハーグ、4失点完敗後に「チームで責任を負わなくては」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/14(日) 09:01:02.82 ID:CAP_USER9
「決勝点となるべきだったチャンスをお膳立てした」

8月13日に開催されたプレミアリーグ第2節で、三笘薫が所属するブライトンはニューカッスルとホームで対戦。相手GKニック・ポープの再三の好守もあり、スコアレスドローで終わり、連勝発進とはならなかった。

開幕節のマンチェスター・ユナイテッド戦(〇2―1)に続き、ベンチスタートとなった25歳の日本代表MFは、75分から途中出場。ついに新天地デビューを果たすと、
ゴール前でディフェンスの間を通す絶妙なパスを供給すれば、キレキレのドリブルから左サイドを崩し、決定機を演出。限られたプレータイムで大いに存在感を発揮した。

地元メディア『SussexLive』もその活躍を称えており、採点記事でソリー・マーチ、アダム・ララーナと並び、チームトップタイの「8点」を付与。寸評にはこう綴っている。

「左サイドで、持ち前のスピードと捕らえどころのないキープ力を駆使し、即座にインパクトを与えた。終盤には(パスカル)グロスに決勝点となるべきだったチャンスをお膳立てした。将来有望な選手だ」

また、英紙『The Athletic』でブライトンの番記者を務めるアンディ・ネイラー氏も絶賛。試合終了直後に「ミトマは今シーズンが楽しみな選手だ。ベンチから強烈なインパクトを与えた。一直線だ」とツイートしている。

 デビュー戦で確実に爪痕を残した三笘。次節のウェストハム戦では、ゴールやアシストといった目に見える結果を残せるか。

https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=115056

【「将来有望な選手だ」鮮烈デビューの三笘薫に地元メディアが最高評価!番記者も絶賛「強烈なインパクトを与えた」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/03(水) 20:03:08.19 ID:CAP_USER9
日本のプレミア・ファンにとってはかなりの朗報

新シーズンから日本でイングランドのプレミアリーグを放送するのが、『ABEMA』だ。
 
 1年間で厳選された114試合を放送予定(無料とペイパビューの両方あり)。今週末の開幕節はクリスタル・パレス対アーセナル、トッテナム対サウサンプトン、
マンチェスター・ユナイテッド対ブライトン、第2節はアーセナル対レスター、ブライトン対ニューカッスル、チェルシー対トッテナムが視聴できる。

さらに『ABEMA』は8月1日、全114試合を無料で見逃し配信することを発表(試合中継終了後から1週間)。日本とイングランドにはもちろん時差があり、
生視聴が難しいケースも少なくない。日本のプレミア・ファンにとってはかなりの朗報で、SNSには歓喜の声が溢れている。

「ABEMA様様 感謝感謝です」
「最近、ABEMAの力の入れようが半端ない!!無料放送ってのは恐れ入りました!!」
「ライヴで見れない自分には無料で114試合見逃し配信してくれるのはありがたい」
「見逃し配信まで」
「ありがたすぎる」
「プレミアム会員になります」
 
ちなみに、『ABEMA』は今年のカタール・ワールドカップも全試合無料放送を発表済み。「より多くの方々にサッカー中継を観てもらうことで、サッカー人口の増加に繋がったり、スポーツの素晴らしさが伝わったりすることを期待したい」とコメントしている。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=114314
https://soccerdigestweb.thedigestweb.com/v=1659474144/files/topics/114314_ext_04_0.jpg

【「感謝感謝」「ありがたい」ABEMAのプレミアリーグ“無料見逃し放送”決定にファン歓喜!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/22(水) 11:43:38.66 ID:CAP_USER9
フランクフルトMF鎌田大地は、今夏の移籍の可能性が高まっているようだ。

2021-22シーズンはヨーロッパリーグでチームトップの5ゴールを記録し、優勝の立役者となった鎌田。しかしフランクフルトとの現行契約は残り1年と迫っており、その去就は不透明に。本人は「来季はチャンピオンズリーグがあるし、フランクフルト以上(のクラブ)を探すのはより難しくなると思う」と語っているが、クラブ側はオファー次第で売却する意向を示している。

そして地元メディア『Frankfurter Rundschau』は「まさに今、退団しようとする鎌田」とし、移籍に近づいていることを伝えている。

「中盤のディレクターである鎌田大地は、(移籍)寸前の所まで来ている。日本人が憧れる場所、プレミアリーグはアジア人にとって究極の舞台だ。25歳の彼にはもう1年契約が残っているので、アイントラハトは1000万ユーロ(約14億円)近い金額を受け取るだろう」

「まだ何も決まっていない。だが、鎌田も嫌がることはないはずだ。クラブ側もある条件下ではそうなるだろう」

先日には元ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェの獲得を発表したフランクフルト。同ポジションの補強を成功させた後、鎌田を放出することになるのだろうか。以前にはリーズやトッテナムからの関心も伝えられていたが、去就には大きな注目が集まっている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/fcc62d9b9827fc31ebaff1d474521100d4c8c6f2

関連
【サッカー】フランクフルト、元ドイツ代表MFゲッツェの獲得を正式発表!2025年までの契約を締結 [久太郎★]
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1655864824/

【やはり鎌田大地はフランクフルト退団?地元メディア予想「プレミアはアジア人にとって究極の舞台」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/08(日) 23:57:51.27 ID:CAP_USER9
[5.8 プレミアリーグ第36節 アーセナル 2-1 リーズ]

 プレミアリーグは8日、第36節が開催され、DF冨安健洋が所属するアーセナルがリーズをホームに迎え、2-1の勝利を収めて4連勝を飾った。勝ち点を66まで伸ばしたアーセナルは、3位チェルシーとの勝ち点差を1に縮め、5位トッテナムとの勝ち点差4に広げている。

 前節ウエスト・ハム戦で先発復帰した冨安は後半33分に足の違和感を訴えてピッチを後にしたが大事には至らず。リーズ戦でもスターティングメンバ―に名を連ね、左サイドバックの位置に。右サイドバックにはDFセドリック・ソアレスが入り、CBはDFガブリエル・マガリャンイスとDFロブ・ホールディングがコンビを組んだ。

 UEFAチャンピオンズリーグ出場権を争う4位のアーセナルは3連勝中と好調をキープ。今節はライバルの3位チェルシー、5位トッテナムがともにドローで勝ち点1の上積みに終わっており、是が非でも勝ち点3を積み上げたいところ。一方、17位のリーズは残留を争っており、立場は違えど両チームともに勝ち点3を手にしたい一戦となった。

 前半5分に思わぬ形から先制したのはアーセナルだった。バックパスを受けたGKイラン・メリエのトラップが大きくなったところを見逃さずにFWエディ・エンケティアが詰めると、右足で蹴り込んでスコアを1-0とした。さらに同10分には左サイドを突破したFWガブリエル・マルティネッリの折り返しをエンケティアが流し込み、一気にリードを2点差に広げた。

 前半27分にはマルティネッリへのファウルでDFルーク・アイリングが一発退場となり、2点をリードするアーセナルが数的優位に立つことになった。

 2-0とアーセナルがリードしたまま後半を迎えると、1人多いアーセナルが押し込む時間帯が続き、フィニッシュに持ち込む場面も作り出すが3点目は生まれない。すると、同21分、MFカルビン・フィリップスが蹴り出したCKをニアサイドのDFジュニオール・フィルポがすらすと、ファーサイドでフリーとなったDFディエゴ・ジョレンテが蹴り込んでリーズが1点を返す。

 しかし、その後もアーセナルが主導権を握って試合を進める。追加点こそ奪えなかったものの、リーズの反撃を許さずに逃げ切って2-1の勝利を収めた。次戦は12日、トッテナムとのノースロンドンが開催される。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a57835fa3ef4abc87f3ae11899291bb888ff9e6d

【アーセナル冨安は左SBでフル出場 4連勝でCL出場権獲得へ前進!! 次戦はトッテナムと“直接対決】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/01(火) 23:53:46.29 ID:CAP_USER9
「どこもイトウを獲得しないなんて驚きだ」伊東純也のプレミア移籍に英国人記者が見解!「能力は十分にあるのに…」【現地発】


日本代表の伊東純也が中国戦で3試合連続ゴールを決めても、驚きはしなかった。
今シーズン、彼が所属するヘンクがヨーロッパリーグでウェストハムと対戦した時にそのプレーを見たのだが、非常に印象的だったからだ。


伊東は強豪リーグへのステップアップの足がかりとなるベルギーでプレーしている。
近年、プレミアリーグで上位に食い込んでいるウェストハムとの一戦で際立ったパフォーマンスを発揮し、多くの賛辞を受けた。
とりわけそのスピードは圧巻で、プレミアでプレーするに値するフィジカル能力があることも示した。

「彼はオーディションに合格した」と感じた。プレミアのどこかのチームが、この1月の移籍市場で獲得に動いてとしてもおかしくないと。
ウェストハム戦は、その存在を知らしめる格好の機会となった。


3月に29歳になるので、プレミアのクラブが獲得に動くには年齢が高すぎる? そんなことない。彼のプレースタイルとスピードは30歳近いという印象を全く与えない。
しかも、現在の移籍市場において、それほど年齢は関係ないと私は思う。

現代サッカーは変化が激しいため、1、2シーズンしか在籍しない選手も少なくない。
とりわけ中堅以下のクラブが望んでいるのは即戦力で、数年後を考えた補強はしないからだ。

だが、1月31日にクローズするこの冬の移籍市場で、伊東がイングランドに渡ることはなさそうだ。これははっきり言って驚きだ。


先程年齢は関係ないと言ったが、プレミアのトップクラブは、特定の年齢以上の選手を獲得しないという方針があるところも少なくないため、難しいだろう。
また、金満クラブに生まれ変わったニューカッスルは、もっと知名度の高いプレーヤーを漁っている。


個人的にサウサンプトンやブライトンは、彼の特徴がフィットするのではないかと思っていたし、ノーリッジ、ワトフォード、エバートン、リーズあたりが補強に動いてもおかしくないと考えていた。
ただ、冬の移籍市場は難しく、どのクラブもウィークポイントを改善する以外は積極的に動かないため、チャンスがなかったのだろう。

もし彼が移籍するなら、今度は夏になるということになる。
ただ、その時に現在のようなハイレベルのパフォーマンスを維持できているかは誰にも分からない。


プレミアリーグでプレーする能力は十分にあると思うが、あとはタイミングだ。
そのスピーディーなプレースタイルは、イングランドのファンも興奮させるはず。
半年後、それが実現することを楽しみにしている。


文●スティーブ・マッケンジー(サッカーダイジェスト・ヨーロッパ)

https://news.yahoo.co.jp/articles/eb6eb87817df7e240a53636715e523933322325b

【 「どこもイトウを獲得しないなんて驚きだ」伊東純也のプレミア移籍に英国人記者が見解!「能力は十分にあるのに…」】の続きを読む

このページのトップヘ