SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

ボクシング

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/02(日) 00:23:47.68 ID:gYcMo7Hs9
https://hochi.news/articles/20240601-OHT1T51324.html
2024年6月2日 0時13分スポーツ報知

◆ボクシング◇パリ五輪世界最終予選(1日・バンコク)

 女子50キロ級の木下鈴花(クリエイティブサポート)は3回戦でブルガリア選手に1―4の判定で敗れた。日本勢は出場した男女7選手の全試合が終了。今予選での五輪出場権獲得を逃した。

 日本は昨年の杭州アジア大会で、男子で71キロ級の岡沢セオン(INSPA)、57キロ級の原田周大(専大)が代表に決まった。残る選手は3月の世界1次予選(イタリア)で出場権獲得を目指したが、届かず。ラストチャンスに望みをかけていたが、世界選手権優勝経験もある51キロ級の坪井智也(自衛隊)が予選直前に体調面の問題から棄権。22年アジア選手権で日本女子初優勝を果たした木下も敗れるなど、いずれも五輪切符獲得はならなかった。

 これにより、パリ五輪日本代表は男子の岡沢、原田の2人で確定した。女子は21年東京五輪でフェザー級の入江聖奈が金メダル、フライ級の並木月海が銅メダル獲得と躍進したが、パリ五輪では一人も出場権を得られなかった。

【ボクシング、パリ五輪最終予選で木下鈴花が敗退 日本女子は一人も出場権獲得ならず】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/31(金) 15:23:36.65 ID:gM25DlmG9
https://news.yahoo.co.jp/articles/1b6bf59d6744694e1de197ec5e0971bf508a2c3b

那須川天心、ボクシング4戦目はWBA世界4位ロドリゲス「世間に試される試合になる」

 プロボクサーの那須川天心(25)が31日、都内で行われた『Prime Video Presents Live Boxing 9』記者会見に参加した。

 ボクシング転向後3戦目にして初のKO勝利を飾ったWBA世界バンタム級7位の那須川はWBA同級4位のジョナサン・ロドリゲスとの対戦が決まり、意気込みを語った。

 4戦目で初の10回戦に臨む那須川は「早いなというのはありつつ」とした上で「前回の試合の評価や練習での成長も見て、タイトルマッチに近づいてきていると感じているし、世間にも試されている試合になる」と話した。

 相手のロドリゲスの印象は「パンチを振ってきてKO率も高く勢いがある。面白い戦いができる選手だと思う」とした。

 前回の対戦から6ケ月が経過したことについては「本当に無駄じゃなかった。いろんな技やテクニックを手に入れられる期間だった。今回やっと型が完成したので、KOはもちろん狙いにいくが、力まず自分のスタイルをやっていきたい。」と語った。 


■『Prime Video Presents Live Boxing 9』開催概要

2024年7月20日(土) 東京・両国国技館
配信:2024年7月20日(土)プライムビデオ独占ライブ配信

【WBC世界バンダム級タイトルマッチ】
中谷潤人(王者) VS ビンセント・アストロラビオ

【WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ】
田中恒成(王者) VS ジョナタン・ロドリゲス

【WBO世界フライ級王者決定戦】
加納陸(同級1位)VS アンソニー・オラスクアガ(同級2位)

【那須川天心ボクシング第3戦~】
那須川天心 VS ジョナサン・ロドリゲス

【那須川天心、ボクシング4戦目はWBA世界4位ロドリゲス「世間に試される試合になる」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/29(水) 10:59:40.98 ID:yC3Hm6CD9
 プロボクシングのスーパーバンタム級の4団体統一王者の井上尚弥(31、大橋)が9月に予定している防衛戦の相手が最有力だったWBO&IBF世界同級1位のサム・グッドマン(25、豪州)から元IBF世界同級王者のテレンス・ジョン・ドヘニー(37、アイルランド)へ変更されることが濃厚になった。

豪州版「フォックス・スポーツ」が28日に伝えたもので、グッドマンは今日29日に現地で会見を開き7月に予定している次戦を発表するという。大橋秀行会長(59)は今月末をメドに粘り強い交渉を続けていたが、まとまらなかった模様。

指名挑戦権を持つグッドマン陣営は12月に挑戦したい意向のようだが、WBAの指名挑戦者である元WBA&IBF世界同級王者のムロジョン・アフマダリエフ(29、ウズベキスタン)も控えており、王者側のオファーを拒否したことで指名挑戦権を剥奪される可能性もある。

 なんとも理解し難い行動だ。
 1階級上のフェザー級王者からも次から次へとラブコールが舞い込むモンスターの9月の防衛戦の最有力対戦候補だったグッドマンが7月に予定していた次戦の調整試合を優先させ、井上への挑戦を見送ることが濃厚になった。
 豪州版「フォックス・スポーツ」が伝えたもので、今日29日にシドニー近郊のウーロンゴン・エンターテインメント・センターで、7月に予定している次戦の発表を行うという。

 同メディアはグッドマンが6日に東京ドームを訪れ、試合後にリングに上がり対戦表明をしていたことを伝え、「グッドマンが日本かサウジアラビアで井上と対戦すれば、100万ドル(約1億5700万円)の賞金と、勝てばさらに高額な再戦報奨金が手に入る」とした上で、こう続けた。

「セントラルコーストのコンプリート・ボクシングジムでトレーニングするこのファイターは、親しいティム・チュー(元WBO世界スーパーウエルター級王者)が、定期的に試合をすることで成功を収めてきたのと同じ方式を続けたいと考えている。グッドマン陣営は(井上と)12月の対戦を望んでおり、少なくとも7月にもう1試合をさせ、その後、4団体統一王者(井上)に全神経を集中させたいと考えている」

 グッドマン陣営の事情に詳しいプロモーターの1人も同じ見解を明かしていた。
「グッドマンはこれまで短い間隔で試合を続けています。“我々は止まらない”とプロモーターは話をしていました。井上チャンピオンとの世界戦に合わせるよりも、自分たちの興行ペースを守りたいのでしょう。だから7月の試合を優先させ9月の試合を渋っているんだと思います。絶対に負けたくないという気持ちが強いのでしょう」

 グッドマンは、昨年3月に代役として最有力候補のドヘニーに判定勝利すると、6月にIBF同級挑戦者決定戦で井上の対戦候補として名前のあがっていたライース・アリーム(米国)に判定勝利。その後、10月、12月と試合を続け、今年3月にも格下のマーク・スクリーブス(豪州)に4回TKO勝利するなど、約1年で5試合のハイペースで試合を消化している。また「フォックス・スポーツ」が伝えたグッドマンへの1億5700万円のファイトマネーは、あり得ない金額だが、グッドマン陣営のプロモーターは豊富な資金を持っていて「井上と戦えば手にできる過去最高額のファイトマネーも問題にしていない」という。
「条件よりも自分たちのやり方を優先したいのだと思います」

続きはソースで
https://www.ronspo.com/articles/2024/2024052901/

【敵前逃亡!? 井上尚弥の9月防衛戦相手がグッドマンから元世界王者ドヘニーに変更へ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/20(月) 12:22:20.08 ID:18JkyYvU9
 米スポーツメディア「スポルティング・ニュース」は19日(日本時間20日)、ボクシングの最新パウンド・フォー・パウンド(PFP)を発表。前日にサウジアラビア・リヤドで行われた世界ヘビー級4団体統一戦でタイソン・フューリー(英国)を判定で破り、史上初のヘビー級4団体統一を達成したオレクサンドル・ウシク(ウクライナ)が3位から上昇し、1位に輝いた。1位だった世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)は2位に後退した。

 同メディア「ボクシング界パウンド・フォー・パウンド最高の12選手:ウシク、イノウエ、クロフォードが名を連ねる神話的ランキング」と題し、無敗の2階級4団体統一王者が上位に並び立つ最新PFPを発表し、3位だったウシクを1位、1位だった井上を2位とした。2位だったテレンス・クロフォード(米国)も3位に後退した。

 記事では「世界ヘビー級4団体統一王者オレクサンドル・ウシクがPFP最強だと言うのは、この時期のリヤドがとても暑いと言うのと同じようなことだ」とフューリー戦が行われた開催地にかけ、文句なしの1位と説明。「事実上、ウシクはボクシングを完全制覇した。2012年ロンドン五輪王者の俊敏で知的なサウスポーは、プロキャリアでも同じく成功した。そして、PFPのスーパースターの定義そのものである」と手放しで絶賛した。

 体格差がありながら、9回にラッシュからダウンを奪取。記事では「身長とリーチの大きな差があったにもかかわらず、ウシクは魅惑のヘビー級の真の王者が自分だと証明した」と試合内容も評価した。

 PFPを巡っては井上が6日にルイス・ネリ(メキシコ)を破り、多くのメディアで1位に君臨していたクロフォードとどちらが1位に相応しいか、各メディアで議論が勃発。世界で最も権威のある専門誌「ザ・リング」は井上を上昇させ、1位に位置付けた。「スポルティング・ニュース」もそのひとつだったが、ウシクの快挙を受け、入れ替えた形だ。ここから各メディアが続々と最新PFPを発表していくとみられ、ボクシングファンの注目を集めそうだ。

(THE ANSWER編集部)

https://the-ans.jp/news/420705/

【井上尚弥、米メディア最新PFP 2位後退 ヘビー級4団体統一ウシク1位浮上「事実上ボクシングを完全制覇」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/19(日) 15:13:49.59 ID:h/rYibjN9
 ボクシングの世界ヘビー級4団体統一戦が19日、サウジアラビア・リヤドで開催され、3団体統一王者オレクサンドル・ウシク(ウクライナ)とWBC王者タイソン・フューリー(英国)が激突。ウシクが2-1(115-112、114-113、113-114)の判定勝ちを収め、史上初のヘビー級4団体統一を成し遂げた。9回にダウンを奪い、歴史的快挙となった。

 世界のボクシング界が大注目の一戦。日付が変わり、現地時間19日の真夜中のゴングになった。初回、フューリーはコーナーに背を向けると、早速ウシクを挑発するように両手を広げて“変顔”を見せる場面も。観客を沸かせた。

 序盤は前に出るウシクに、下がりながらフューリーが対応する展開が多かったものの、徐々にフューリーが攻勢に出る。ボディーに有効打を放ち、6回には右アッパーでウシクの顔面をとらえると、手を後ろに回してノーガードの姿勢も見せた。

ウシクも負けじと反撃。8回にフューリーに強打を浴びせて出血させると、9回には左フックをお見舞い。ふらついたところに容赦ない連打を浴びせ、ラウンド終了間際に遂にダウンを奪った。12ラウンドを戦い抜いても決着がつかず、両者は健闘を称え合った。接戦となったが、判定2-1でウシクが勝利を手にした。

 当初は2月に対戦予定だったが、フューリーの右目上の裂傷でこの日までずれ込んでいた。17日(同18日)のフェイスオフでは額と額を合わせて睨みあい、フューリーがウシクを突き飛ばすピリピリムードが漂っていた。

試合前までの戦績はウシクがプロ通算21勝(14KO)無敗、フューリーが34勝(24KO)1分と、ともに無敗同士の対戦だった。ウシクは階級を超えた格付けランク「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」において、世界で最も権威ある米ボクシング専門誌「ザ・リング」では井上尚弥、テレンス・クロフォードに次いで3位。この試合によって順位変動があるかも注目されていた。

https://the-ans.jp/news/420296/

【ウシク、史上初のヘビー級4団体統一の偉業! 判定2-1の大接戦、9回ダウン奪取で歴史的一戦制す】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/18(土) 15:02:14.03 ID:GHEOLAuo9
 ボクシング界で異彩を放つ“怪物”、井上尚弥(大橋)。各国メディアの厳選するパウンド・フォー・パウンド(階級差のない最強ランキング。PFP)でも上位を争う彼は、いまや世界から熱視線を注がれる存在となった。

 井上の実力に疑いの余地などない。今月6日には、東京ドームで34年ぶりに実現したボクシングの興行のメインマッチで、ルイス・ネリ(メキシコ)を6回TKOで撃破。世界中で生中継された一戦をド派手に締め、3日後に発表された米老舗誌『The RING』のPFPでは、約1年9か月ぶりに1位に返り咲いた。

 井上に対する評価は青天井と言っていい。それゆえか、彼の快進撃に対する“あらぬ批判”も少なくない。

 マドリードを拠点とするスペインの大衆紙『Marca』は、「世界で最も価値が高い」とされる『The RING』のPFP結果を伝えたうえで、「彼はより良いライバルを求め、勝ち続けることをやめない。常に貪欲な存在だ」と称賛。その一方で「『ザ・モンスター』は、まさにビッグパンチャーだが、その存在には常に疑問の影がある」と提議。国外進出の少なさや、平日のナイター興行を重ねることに疑問を投げかけた。

「イノウエは日本国外ではほとんど戦わず、ボクシングのビッグマーケットであるアメリカや、成長著しい国のひとつであるサウジアラビアからも遠く離れているため、自身の市場を大幅に縮小している。そして、彼は国の伝統に従って、平日の夜に試合をする」

 先のネリ戦で井上がファイトマネーを含めて10億円とも言われる大規模収入を獲得したように、こと軽量階級においては、アメリカよりも日本がメインマーケットという見方も強まっている。実際、井上本人も自身のXで「日本のマーケット以上の物がアメリカにあるのなら喜んで行く。それだけの価値がここ日本にはある」と投稿しており、市場価値のあり方を問う指摘には疑問を抱かずにはいられない。

 どこまで勝ち星を重ね、声価を高めようとも批判は止まない。それも「世界最強」の宿命なのかもしれない。

https://cocokara-next.com/athlete_celeb/naoyainoue-super-bantamweight-outlook-397/

【井上尚弥の“強さ”にスペイン紙が異論 リング誌のPFP1位にも「日本国外でほとんど戦わない」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/28(火) 06:53:48.99 ID:gCtrfmAh9
ボクシングの元ヘビー級王者で、57歳にしてリング復帰を表明したマイク・タイソンさん(57)が、飛行機の中で緊急治療を受けていたことが分かりました。

アメリカメディアによりますと、マイク・タイソンさんは26日夜、マイアミからロサンゼルスへ向かう飛行機の中で、吐き気とめまいをもよおしました。

着陸30分前の出来事で、救急隊員が機内へ乗り込んで治療し、現在、容体は安定しているということです。

タイソンさんは1986年に史上最年少で世界ヘビー級王者となり、圧倒的な強さとリング外でのトラブルから「最凶の男」と呼ばれています。

来月には58歳となりますが7月に復帰し、27歳の選手と戦うことが決まっています。

会場には7万人以上の観客が集まると見込まれ、試合はインターネットで生配信される予定です。

テレ朝
https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000351512.html
[2024/05/28 04:31]

【リング復帰表明の「最凶の男」マイク・タイソン氏 機内で緊急治療】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/17(金) 18:33:18.97 ID:jNaq0I189
 プロボクシング元世界3階級制覇王者の長谷川穂積氏(43)が15日深夜放送のTOKYOFM「TOKYO SPEAKEASY」(月~木深夜1・00)に出演。プロボクシング世界スーパーバンタム級4団体統一王者の井上尚弥(31=大橋)の凄さを語った。

 井上は6日、34年ぶり東京ドーム興行でメインイベンターを務め、挑戦者ルイス・ネリ(メキシコ)相手に6回TKO勝ちで、4本のベルトの防衛に成功した。

 長谷川氏は親交があるお笑いタレントの小籔千豊とトークを展開。小籔が「これ、よくこう井上さんみたいなボクサー出てけえへんのちゃうかって言うじゃないですか。もう出てけえへんと思いますか」と質問すると、長谷川氏は「出て来ないと思います」と言い切った。

 「もう、あと100年は出て来ないと思います」と長谷川氏。出て来ないと思う理由については「あれだけ完成度が高いボクサー、全てを持ってるボクサーっていないと僕は思うんですよ」と語り、「例えばよけるのがうまいとか、どんな相手にも勝つとか、そういう選手は出てくると思うんですけど、その想像の上をいくような倒し方、勝ち方、パフォーマンスを出来る選手はたぶん現れないですね」と説明した。

 「なんせパンチ力がやっぱり凄いんで。いい選手、うまい選手とかいっぱい今までいたし、今も実際いるんですけど、パンチ力ってもう才能なんですよ。本当に持って生まれたもの。しかもそれバケモノ級のパンチ力っていうのは、たぶんああいう選手は出て来ないですね」と絶賛。「例えばパンチ力だけ井上選手並みの選手は出てくるかもしれない。でもどっかディフェンスが甘かったり、ボクシングのIQが低かったりとかっていうのはあると思うんですけど、あれだけ完璧、全てが完璧な選手はもう出て来ないですねえ」としみじみと話した。

 小籔が「やっぱ才能と努力と、こつこつと精神力と覚悟とみたいなことでしょうかね。いろんなことが全て詰まってるということですか」と話せば、長谷川氏は「そうですねえ」と同調した。

スポニチ

https://news.yahoo.co.jp/articles/9ccba3534e4a47891798cc3f83820b275a7cc127

【長谷川穂積氏 井上尚弥のようなボクサー「100年は出て来ない」と思うワケ】の続きを読む

このページのトップヘ