SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

ボクシング

1: 名無しさん@恐縮です 2023/04/08(土) 11:13:02.60 ID:DfMSnyUo9
 ボクシング元世界チャンピオンの竹原慎二(51)が7月25日に行われWBC・WBO世界スーパーバンダム王者のスティーブン・フルトンと〝モンスター〟井上尚弥の試合を予想した。

 7日までに公開したユーチューブ動画で前WBA世界ライトフライ級王者の京口紘人とコラボ。どちらが勝つかについてスタッフに問われると竹原は「そりゃあ尚弥でしょう。楽に倒せるか分からないけど、中身は圧勝」と断言した。

 一方、京口は「そんなに圧勝ではないのかな。KO勝ちもあると思いますけど、判定かなと思います」と険しい表情を浮かべた。

 試合展開はどうか?  
 京口は「(井上が)1ラウンド目は相手を分析。2ラウンド目から飲み込んで、自分のペースで圧倒する試合が多い」と井上の特徴を分析。その上でフルトン戦は「情報収集に時間がかかる。駆け引きのラウンドが結構長くなるのでは」「(フルトンは)サイズも大きいし、遠い距離での戦いが長けている選手なので、楽に接近戦の距離を取らせてくれない」と予想した。

 この試合は井上が拳を負傷し、5月開催から延期となった。竹原は「敵は怪我、病気だろうね。万全の状態を維持できればスーパーバンダム級は全部制覇できると思う」と期待を寄せていた。

https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/259535

【井上尚弥vsフルトンの評価割れる…竹原慎二は圧勝予想、京口紘人は「判定かな」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/04/24(月) 17:42:53.14 ID:EsIPN9XZ9
4/24(月) 16:13配信

ENCOUNT
フランコの再戦は「ABEMA PPV ONLINE LIVE」で配信
会見に出席した北野雄司氏(左)と井岡一翔【写真:徳原隆元】

 ボクシングの元世界4階級制覇王者で前WBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔(34=志成)が24日、都内で会見。6月24日にWBA同級王者ジョシュア・フランコ(27=米国)に挑戦することを発表した。会場は東京・大田区総合体育館。両者は昨年大みそかにWBA&WBOの2団体のベルトをかけた統一戦を行い、ドローだった。約半年ぶりのダイレクトリマッチとなる。当日は「ABEMA PPV ONLINE LIVE」で全試合生配信される。

【写真】ヒゲ&サングラスでワイルド感全開 井岡一翔、“ド迫力”ベンツに乗った絵になる1枚

 井岡は白のTシャツに黒のジャケット姿で登場。「自分自身一番望んでいた試合が決まったので、気持ちとしても気合が入ってますし、望んでいた試合ができるのはうれしく思います」と言葉を並べた。

 今回の放送プラットフォームはABEMAのPPVで配信される。ABEMAにとってはボクシングの世界戦を単独でPPV配信するのは初の試みとなる。一方で井岡の世界戦は長年TBS系列で放送されており、今回は地上波では見られないことになった。

 無料で見られる地上波とは違って、PPVはチケットを購入して視聴する。“見たい”という明確な意思がなければ見られない。日本ではお金を払って番組を視聴するというスタイルはまだ浸透しているとは言い難いが、ボクシング中継において北米などでは一般的なスタイルだ。

 かつては地上波で高視聴率を誇ったボクシング中継だが、近年は那須川天心のデビュー戦を放送した「Prime Video」、7月25日の井上尚弥―スティーブ・フルトンを放送するNTTドコモの新サービス「Lemino」、そして「ABEMA」にと放送形態が多様化。2022年地上波全国ネットで放送されたのは、井岡の世界戦2試合だけ。地上波“最後の砦”だったが、その牙城が崩れたことになる。

「地上波で多くの方に見ていただくことと、お金を払ってでも見てもらうというのは、熱狂の種類が違ってくる。ボクシングファンの皆様に地上波でやっていた頃とは違う興奮を生み出せるようにしたい」と説明したのは、ABEMA格闘チャンネルエグゼクティブプロデューサー・北野雄司氏。井岡も自身初のPPV配信について、「PPVをやっていただけることに感謝しています。評価していただけてうれしく思う気持ちと、それに応えられるように頑張ろうと思っています。僕の試合を見たいと思ってもらえる方ばかりだと思うので、期待に応えられるように全力を尽くそうと思います」と意気込んだ。

 思えば格闘技イベント「RIZIN」も2021年を最後に地上波中継がなくなり、那須川天心と武尊が戦ったキックボクシングのメガイベント「THE MATCH 2022」も結果的に地上波では生放送されなかった。このままボクシングも地上波から消えてしまうのだろうか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/fceca3a2bdfc8b169918fe1cf4cf382d9d7369cf

【ボクシング中継が地上波消滅危機 “最後の砦”だった井岡一翔はABEMAが独占PPV配信】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/04/08(土) 21:15:18.08 ID:sa1fHt1K9
4/8(土) 21:11配信スポーツ報知
https://news.yahoo.co.jp/articles/3b8c1ff123eaf58344080520e0457534e98d3b7e

◆プロボクシング ▽WBC・WBA世界ライトフライ級(48・9キロ以下)タイトルマッチ12回戦 寺地拳四朗―アンソニー・オラスクアガ(8日、東京・有明アリーナ)

 WBC&WBA世界ライトフライ統一王者・寺地拳四朗(31)=BMB=はWBA同級4位のアンソニー・オラスクアガ(24)=米国=を下し、WBC王座の2度目、WBA王座の初防衛に成功した。

 動じない男が盤石の強さを見せつけた。寺地は昨年9月の米国合宿での練習相手だった挑戦者のオラスクアガに対し「本当に強い選手なので油断できない。でも倒せる自信がある。全力で戦う」という言葉通り、豊富な手数で迫った。試合開始から強振してくるオラスクアガに左ジャブとステップワークで応戦。だが、攻勢を緩めない挑戦者に打撃戦を挑み、3回に激しいパンチ交換から右カウンターを浴びせ、先制ダウンを奪った。主導権を話さず、世界戦13試合目のキャリアを見せつけ、2冠を死守した。

 当初はサウスポーのWBO王者ジョナサン・ゴンサレス(プエルトリコ)との3団体統一戦だったが、相手が肺炎を患い、本番2週間前に中止に。右構えのオラスクアガとの防衛戦に変更となった。ビッグマッチが消滅し、ショックをあったものの、「今までの経験を生かして対応する」と突貫工事で対策。厳しい減量と実戦練習を同時進行で乗り越えた。加藤健太トレーナーも「統一戦だろうが防衛戦だろうが、負けられないということに変わりはない」と隙を作らず王者としての役目を果たした。

 今後も他団体王者との統一戦を目指すものの、「4団体統一したい。ただ、時間がかかるようなら階級を上げることも考えたい」とフライ級転向の可能性を口にしている。那須川天心のボクシングデビュー戦に注目が集まる中、メインイベンターを務め上げた寺地の野望はまだ続く。


 ◆寺地拳四朗(てらじ・けんしろう)1992年1月6日、京都・城陽市生まれ。31歳。奈良朱雀高を経て、関大4年時に国体ライトフライ級優勝。2014年8月にプロデビュー。17年5月、WBC世界ライトフライ級王座を獲得し、8度防衛。21年9月に王座陥落したが、今年3月に王座奪回。父は元東洋太平洋ライトヘビー級王者でBMBジム会長の寺地永(ひさし)氏。身長164・5センチの右ボクサーファイター。

【WBC&WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ 寺地拳四朗、“代役”オラスクアガを9回TKOで退け、2冠防衛!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/04/10(月) 07:52:22.83 ID:pplRpHtX9
4/9(日) 15:01配信

東スポWEB

 ボクシングの前4団体世界バンタム級統一王者の井上尚弥(29=大橋)が9日、ツイッターを更新。8日のボシング・デビュー戦で勝利した元キックボクシングの“神童”那須川天心(24=帝拳)に言及した。

 那須川は8日の6回戦で日本バンタム級2位の与那覇勇気と対戦。3ー0で判定で勝利した。デビュー戦で日本ランカーと戦い勝利したことに、SNS上では「パンチのスピードがすごい」と高評価する声がある一方、井上尚弥と比較し、その実力を疑問視する声もあった。

 これに井上は「みんなさ、デビューしたばかりの天心と俺を比べるのは流石に可哀想だからやめーや。。」とファンに訴えかけた。

 その上で「素材は一流だからいつか戦える日が来るまで楽しみにしておるそして俺も絶対に負けられない、、」と天心を評価しつつ、7月25日のWBC&WBO世界スーパーバンタム級統一王者・スィーブ・フルトン戦への決意をつづった。

 フォロワーからは「比較すること自体井上尚弥スーパーチャンピオンに失礼すぎる」「デビューから井上尚弥選手が引き合いに出される那須川天心もある種モンスターなのかも」といった声が寄せられている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0ea87f1f152e0c8feabe9b9adc2d0af3788c55bf

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20230409-00259687-tospoweb-000-3-view.jpg?pri=l

【前4団体世界バンタム級統一王者・井上尚弥 ボクシングデビューの那須川天心に言及「天心と俺を比べるのは流石に可哀想だからやめーや」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/04/08(土) 23:19:03.88 ID:gPbwSYyX9
4/8(土) 22:51配信

スポニチアネックス
新唯インスタグラム(@arata_yui_)から

 レースクイーンとして人気を博している新唯(あらた・ゆい=25)が8日、自身のSNSを更新。有明アリーナで行われたボクシング世界戦でラウンドガールを務めたことを報告した。

【写真】<ダブル世界戦>ラウンドガールを務める新唯

 プロボクシングデビュー戦で注目を集めた那須川天心(24)らの試合に登場し「リングガールを務めさせて頂きました。物凄く刺激的なステージに携わることが出来てこの上ない喜びです。初の世界戦、緊張しましたがもっとボクシングが好きになりました」と喜びを口にした。

 この投稿にSNS上では「試合も、ゆいさんも、さいこーでしたよ!!」「コスチュームも、似合っていますよ」「どんどん可愛くなってますよね」「この綺麗なリングガールさん、誰だろう?」などと、美しさに“やられる”ファンが続出した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/525f78c3b604831ea0d5e807cac9ee1509148deb

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20230408-00000362-spnannex-000-6-view.jpg?pri=l

【天心デビュー戦に登場 “美し過ぎるラウンドガール”新唯に「試合も、ゆいさんも、さいこーでしたよ!!」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/04/08(土) 18:55:26.76 ID:gPbwSYyX9
4/8(土) 18:52配信

日刊スポーツ
2回、与那覇(左)からダウンを奪う那須川(撮影・江口和貴)

<プロボクシング:スーパーバンタム級6回戦>◇8日◇東京・有明アリーナ
 47戦無敗の人気格闘家でプロボクサーに転向した那須川天心(24=帝拳)が白星デビューを飾った。
 日本バンタム級2位与那覇勇気(32=真正)とのスーパーバンタム級6回戦に臨み、判定勝ち。ボクシング1戦目で確実に勝利をつかみ取った。
 ボクシングは1戦目だが、格闘家としてはプロ48戦目の公式戦だった。「これまでとは違う新しい競技でどれだけやれるか。ボクシングに対する尊敬の気持ちと覚悟を持って戦う。本物の格闘技をみせる」。その言葉通り、ボクシングのリングでも無敗を継続した。
 昨年6月のTHE MATCHでK-1の元3階級制覇王者・武尊からダウンを奪って勝利を挙げてキックボクシングを卒業した。同9月ごろから帝拳ジムで本格的なジムワークをはじめ、昨年11月に渡米してロサンゼルス、ラスベガスでトレーニングを積んだ。年明けに格闘技時代の契約がすべて満了。1月15日、帝拳ジムからボクシングデビューすることをSNSで自ら発表した。
 2月25日から約2週間、再び米ラスベガスに飛び、前WBO世界スーパーバンタム級王者アンジェロ・レオ(米国)とスパーリングを重ねた。プロデビュー前から前世界王者とスパーリングするという異例の実戦トレだった。しかし那須川は「まだまだ通用しないだろうと思ったら、けっこうやれた実感がある」と手応え十分で帰国していた。
 所属ジムの本田明彦会長は「プロテストのころとはまるきり違う。あの時の天心なら、この相手できついと思ったが、我々が期待する以上の伸びしろがあった。間違いなく自信を持って送り出している」と太鼓判を押した。キックボクシングの「神童」はボクシングでも成長、進化の速度を変えることはなかった。
 ボクシングのデビュー戦とはいえ、那須川とってはプロ48戦目になる。キック時代と同じように減量もスムーズに進み、計量前日も「全然、元気ですよ」と笑った。22年4月のRISE卒業マッチの風音戦はRISEバンタム級(55キロ以下)とほぼ同じウエートで激突も、減量苦に悩まされて苦戦した。「あの時はカスカスだった」と吐露したが、ボクシングでは1日おきにスパーリングを重ね「全然、楽になったというか、自然にウエートがダウンしていた状況できつい感じが全然なかった」と減量の疲労が軽減されたという。
 前日計量では狙いを定めてリミット(55・3キロ)でクリアした那須川は「本物の格闘技を見せる」とキッパリ。自らのパフォーマンスに期待を込め、自信に満ちあふれてボクシングデビュー戦のリングに立っていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/fc409b0e182bfa0b36a1050f0742d19a856af92b

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20230408-34080815-nksports-000-2-view.jpg?pri=l

【那須川天心デビュー戦判定勝利「ボクシングへの尊敬と覚悟」新たな格闘技人生は勝利でスタート】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/04/08(土) 16:11:35.52 ID:A0HCFHOe9
https://pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20230408-34071171-nksports-000-3-view.jpg
前日計量を終え、フェースオフする那須川(左)と与那覇(撮影・江口和貴)

那須川天心デビュー戦50カ国以上で生中継「本物の格闘技みせる」メイウェザー戦で世界的認知度
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20230408-34071171-nksports-fight

 無敗の格闘家でプロボクサーに転向した那須川天心(24=帝拳)が待望のデビューを果たす。

 8日、東京・有明アリーナで日本バンタム級2位の与那覇勇気(32=真正)とスーパーバンタム級6回戦で拳を交える。7日、都内で臨んだ前日計量は、リミット(55・3キロ)で1発クリア。世界主要国で中継される注目マッチで“ボクサー那須川”を発信する。ベルト防衛戦に臨むWBAスーパー、WBC世界ライトフライ級王者の寺地拳四朗(31=BMB)、WBA世界バンタム級王座決定戦に挑む同級1位の井上拓真(27=大橋)も計量をパスした。

    ◇   ◇   ◇

 計量パス後のフェースオフ(にらみ合い)の瞬間、那須川は1歩、踏み込んだ。対戦する与那覇を至近距離から“けん制”し「僕の意思。相手というか、周りにもそういうのを見せられたのでは。生半可な気持ちじゃないぞという意気込み」とニヤリと笑った。

 事前に予備計量した上で軽く飲料水を飲み、本計量に臨んだ。リミットより100グラム少ない55・2キロだった相手に対し、リミットでパス。「1発目のデビュー戦なので、ピッタリの方が格好いいかなと。(減量は)全然、余裕で、思ったよりも落ちてしまった」。一挙手一投足に気持ちを込めていた。

 注目のデビュー戦は北米、南米、欧州などボクシングや格闘技の人気が高い50カ国以上で生中継(配信)されることが決まった。元5階級制覇王者メイウェザー(米国)が展開するエキシビション戦の最初の相手だった那須川は、世界的にも認知度がある。かねて米総合格闘技UFCのホワイト社長や、アジアを拠点とする格闘技ONEのチャトリ代表からも参戦ラブコールを受けてきた。今回は米興行大手トップランク社のデュバフ社長も来日し「ついに那須川がデビューする」と発言。世界の関心も非常に高い。

 昨年6月に東京ドームでK-1の元3階級制覇王者・武尊に勝利してから約10カ月。挑戦者の青コーナーから入場する那須川は「自分の第2章のスタート。自分の中で最大限の準備をした。心技体をそろえた。格闘技の力は本当に強い。本物の格闘技をみせる」と予告した。期待と挑戦を胸に秘め、ボクサーとしての第1歩を刻む。【藤中栄二】

【那須川天心、プロボクシングデビュー戦50カ国以上で生中継「本物の格闘技みせる」メイウェザー戦で世界的認知度】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/03/25(土) 20:36:56.91 ID:uSsE5czX9
3/25(土) 20:06配信

ENCOUNT
普通の選手なら「5割くらい見えていればいい」
那須川天心【写真:山口比佐夫】

“神童”那須川天心と2度対戦した男・志朗(BeWELL キックボクシングジム)。4月8日に東京・有明アリーナでプロボクシングデビューを控える天心は通用するのか。ボクシングジムでも練習をする“孤高の賢者”に話を聞いた。

【写真】「変わってなさすぎ」「天心腕長すぎ」とファン驚愕 小学6年生時の平本蓮&那須川天心の姿

 昨年6月19日に行われた「THE MATCH 2022」で武尊と“世紀の一戦”を戦い、5-0の判定勝ち。キックボクシング戦績、42勝無敗のままボクシングに転向した。4月8日のデビュー戦では日本バンタム級4位の与那覇勇気と6回戦を戦う。

 志朗はこれまで天心と2度対戦し、いずれも判定で敗れている。拳を交えた身として天心のボクシング転向をどう見ているのか。

「やっぱり挑戦ですよね。自分たちの場合は3、4Rくらいですが、ボクシングは日本タイトルマッチで10R、世界が12Rとかいくんですよ。ここがまず自分たちとは4倍くらい違います。ボクサーは長いRの戦い方がうまいですよね」とキックボクシングとボクシングの大きな違いを分かりやすく説明する。

 そうしながらも「スタミナ的にはそこまで差はないかもしれません」と推測した。

「キックの場合はクリンチがダメ。ボクシングはクリンチでスタミナやダメージを回復したりします。その上、そこを技術として捉えられますよね。天心くんみたいに頭の良い人たちは何だかんだで適応できるのはないかと思います」

 さらに天心の目の良さを上げ、ボクシング挑戦に期待を寄せた。

「今までと比べて頭からつっこんでくる人が多いと思うので、大変な道に進んだと思います。でも彼は目が良い。普通は相手の打撃を5割くらい見えていればいいのですが、彼は9割見えていると前に言っていました。その動体視力は持って生まれたものだと思いますが、それを生かせれば世界も全然狙えると思いますね」

□志朗(しろう)。1993年6月23日、埼玉県生まれ。キックボクシングでは2010年にデビュー。18年にRISE参戦。20年にRISE DEAD OR ALIVE 2020 -55kgトーナメント優勝。今月26日、東京・有明アリーナで行われる「Cygames presents RISE ELDORADO 2023」(ABEMAで完全無料生中継)で行われる「RISE世界バンタム級(55キロ)王座決定戦」でディーゼルレック・ウォーワンチャイ(タイ)と対戦。27勝(11KO)5敗。身長165センチ、55キロ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/36e238c9895b88c5c230ab49a86145b69e2a7264

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20230325-00431934-encount-000-2-view.jpg?pri=l

【「打撃の9割が見えている」2度対戦した志朗が証言、那須川天心の常人離れした動体視力】の続きを読む

このページのトップヘ