SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

ボストン・セルティックス

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/17(金) 18:11:30.33 ID:CAP_USER9
バスケットボールキング編集部
https://basketballking.jp/news/world/nba/20220617/378425.html?cx_top=newarrival
https://basketballking.jp/wp-content/uploads/2022/06/GettyImages-1403368489.jpg

 6月17日(現地時間16日)にTDガーデンでNBAファイナル2022の第6戦が行われ、ボストン・セルティックスとゴールデンステイト・ウォリアーズが対戦した。

 2勝3敗で追い込まれたセルティックスはマーカス・スマート、ジェイレン・ブラウン、ジェイソン・テイタム、アル・ホーフォード、ロバート・ウィリアムズ三世が先発出場。4年ぶりのNBA制覇に王手をかけるウォリアーズはステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、アンドリュー・ウィギンズ、ドレイモンド・グリーン、オットー・ポーターJr.がスターティングファイブに名を連ねた。

 第1クォーターはホームのセルティックスがいいスタートを切り、ホーフォードのフリースロー2本、ブラウンとテイタムの3ポイントシュートなどで開始3分57秒に14-2とリードを奪った。その後、ウォリアーズはウィギンズ、トンプソン、グリーン、カリーの3ポイントで追い上げることに成功。ギャリー・ペイトン二世が4得点、ジョーダン・プールが5得点とベンチメンバーも機能し、22-27と逆転して最初の12分間を終えた。

 シュートがなかなか決まらないセルティックスに対し、ウォリアーズがリードを広げる展開。プールの3ポイント、ウィギンズのリバースレイアップとダンクで第1クォーターから続いて0-21のランで抜け出した。第2クォーター残り2分9秒にはトンプソンの3ポイントでリードを21点にまで拡大。ターンオーバーが目立った相手を上回り、39-54でハーフタイムに突入した。

 第3クォーターは崖っぷちのセルティックスが猛追。立ち上がりからグリーン、カリー、ポーターJr.に3ポイントを許したものの、しっかりと食らいつくと、残り2分38秒からブラウン、ホーフォードの連続得点で追い上げ、66-76と10点差まで詰め寄った。

 勝負の第4クォーターは残り5分35秒の時点で78-86と8点差。それでも、ウォリアーズがセルティックスの反撃をかわし、90-103で勝利を収め、2018年以来4年ぶり、BAA時代を含め通算7度目の優勝を飾った。

■試合結果
ボストン・セルティックス 90-103 ゴールデンステイト・ウォリアーズ(@TDガーデン)
BOS |22|17|27|24|=90
GSW|27|27|22|27|=103

4年ぶりの優勝を飾ったウォリアーズ…ファイナルMVPはステフィン・カリーが満票で選出
https://basketballking.jp/news/world/nba/20220617/378477.html?cx_top=newarrival

【NBAファイナル・第6戦 ウォリアーズが王座奪還! セルティックスを撃破、4勝2敗で4年ぶり通算7度目の優勝】の続きを読む

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/14(火) 18:19:22.98 ID:CAP_USER9
https://basketballking.jp/news/world/nba/20220614/377921.html?cx_top=newarrival
https://basketballking.jp/wp-content/uploads/2022/06/GettyImages-1402770189-768x576.jpg

 6月14日(現地時間13日)にチェイス・センターでNBAファイナル2022の第5戦が行われ、ゴールデンステイト・ウォリアーズとボストン・セルティックスが対戦した。

 ウォリアーズはステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、アンドリュー・ウィギンズ、ドレイモンド・グリーン、オットー・ポーターJr.、一方のセルティックスはマーカス・スマート、ジェイレン・ブラウン、ジェイソン・テイタム、アル・ホーフォード、ロバート・ウィリアムズ三世が先発出場。ともに2勝2敗で第5戦を迎えた。

 第1クォーターはウォリアーズのペース。開始5分16秒の時点で、グリーンやウィギンズなどの得点で14-4と抜け出すと、その後もリードを保ったまま27-16で最初の12分間を終えた。

 第2クォーターは両チームともにシュートミスが目立つ中、残り4分34秒にテイタムが3ポイントシュートを射抜くと、ホーフォード、スマートも続き、セルティックスが43-35と肉薄。それでも、残り1分間でウィギンズ、カリーが得点を重ね、ウォリアーズが51-39とわずかにリードを広げた。

 セルティックスが第3クォーター序盤からブラウンのフリースロー4本、テイタムの3ポイント2本で0-10のラン。さらに、スマート、ホーフォードの3ポイントもあり、開始5分32秒に55-58と逆転に成功した。

 シーソーゲームの展開になる中、カリーのショットが不発だったウォリアーズは、トンプソンが2本の3ポイントを決めれば、ジョーダン・プールが同クォーター終了間際にブザービーター3ポイント。74-75と1点差で勝負の第4クォーターに突入した。

 勢いに乗ったウォリアーズが、第4クォーター開始から10-0のランで点差を2ケタに拡大した。グリーンがファウルアウトするアクシデントもあったが、ウィギンズの豪快ダンク、トンプソンの3ポイント、ギャリー・ペイトン二世のプットバックなどで加点。104-94で3勝目を挙げ、2018年以来、4年ぶりのNBA制覇に王手をかけた。

■試合結果
ゴールデンステイト・ウォリアーズ 104-94 ボストン・セルティックス(@チェイス・センター)
GSW|27|24|24|29|=104
BOS|16|23|35|20|=94

【NBAファイナル・第5戦 ウォリアーズが4年ぶりの制覇に王手…勝負の第4Qにセルティックスを突き放して3勝目】の続きを読む

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/09(木) 18:11:31.75 ID:CAP_USER9
https://basketballking.jp/news/world/nba/20220609/377054.html?cx_top=newarrival
https://basketballking.jp/wp-content/uploads/2022/06/GettyImages-1401844042-768x576.jpg

 6月9日(現地時間8日)にTDガーデンでNBAファイナル2022の第3戦が行われ、ボストン・セルティックスとゴールデンステイト・ウォリアーズが対戦した。

 ホームに戻ったセルティックスはマーカス・スマート、ジェイレン・ブラウン、ジェイソン・テイタム、アル・ホーフォード、ロバート・ウィリアムズ三世が先発出場。ウォリアーズはステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、アンドリュー・ウィギンズ、ドレイモンド・グリーン、ケボン・ルーニーがスターティングファイブを務めた。

 第1クォーターはセルティックスのペース。開始約3分で12-4と好発進に成功すると、ブラウンを中心に得点を重ねていき、33-22とリードを11点に広げた。

 ウォリアーズは第1クォーターでカリーが2つのファウルを数えた中、第2クォーター残り5分8秒からトンプソン、ウィギンズ、カリーの連続得点で0-10のラン。両チームが点を取り合って、68-56で前半を折り返した。

 カリーに加えてグリーンのファウルもかさんだが、カリー、トンプソン、オットー・ポーターJr.が3ポイントシュートを炸裂。ウォリアーズが第3クォーター残り3分45秒に試合をひっくり返した。それでも、セルティックスは直後にスマートの3ポイントでリードを奪い返すと、同49秒にグラント・ウィリアムズが3ポイントを成功。93-89で勝負の第4クォーターを迎えた。

 第4クォーターはターンオーバーが増え、グリーンがファウルアウトしたウォリアーズに対し、セルティックスはウィリアムズ三世がゴール下で存在感を見せれば、エースのテイタムが勝負強さを発揮。試合終了残り2分19秒に114-100と点差を14点にまで広げ、最終スコア116-100でシリーズ2勝目を挙げた。

 セルティックスはテイタムが26得点6リバウンド9アシスト、ブラウンが27得点9リバウンド5アシスト、スマートが24得点7リバウンド5アシストの大活躍を見せた。

■試合結果
ボストン・セルティックス 116-100 ゴールデンステイト・ウォリアーズ(@TDガーデン)
BOS |33|35|25|23|=116
GSW|22|34|33|11|=100

【NBAファイナル・第3戦 ホームに戻ったセルティックス、ウォリアーズを下して2勝目…第4Qを11失点に抑える】の続きを読む

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/06(月) 18:30:26.32 ID:CAP_USER9
https://basketballking.jp/news/world/nba/20220606/376579.html?cx_top=newarrival
https://basketballking.jp/wp-content/uploads/2022/06/GettyImages-1401258184-768x576.jpeg

 6月6日(現地時間5日)、NBAファイナルが行われ、ゴールデンステイト・ウォリアーズはボストン・セルティックスとの第2戦に臨んだ。

 第1戦で108-120と逆転負けを喫したウォリアーズは、第1クォーターにジェイレン・ブラウンとジェイソン・テイタムにそれぞれ13得点を奪われ、序盤からセルティックスにリードを許す。それでも、終盤にはステフィン・カリー、ゲイリー・ペイトン2世、ジョーダン・プールが3連続で3ポイントをヒット。終了間際にはカリーの得点で逆転し、31-30で最初の12分間を終えた。

 続く第2クォーター、テイタムとデリック・ホワイトに活躍され、リードチェンジを繰り返す一進一退の攻防に。中盤以降はアンドリュー・ウィギンズが得点を伸ばすと、最後は52-50とウォリアーズがリードして試合を折り返した。

 迎えた後半、クレイ・トンプソンとカリーの3ポイントが決まり、ウォリアーズがリードを2ケタに拡大する。一時は点差を詰められるも、第3クォーター残り4分17秒にオット・ポーターJr.の長距離砲が決まると、カリーとプールもそれぞれ2本の3ポイントを沈め、19-2のランでセルティックスを圧倒。87-64と大きく点差を広げて最終クォーターへ。

 第4クォーター開始からウォリアーズのベンチメンバーが得点を伸ばし、29点差に広げると、セルティックスはスターター陣を交代。その後は両チームがセカンドユニット主体で戦い、最後は107-88でウォリアーズが勝利を飾った。

 第1戦のリベンジを果たし、シリーズをタイとしたウォリアーズは、カリーが5本の3ポイントを含む29得点6リバウンド3スティール、プールが5本の3ポイントを含む17得点、さらにケボン・ルーニーとトンプソン、ウィギンズが2ケタ得点をマークした。

 一方のセルティックスは、テイタムが6本の3ポイントを含む28得点6リバウンド、ブラウンが17得点6リバウンド、ホワイトが12得点を挙げるも、敵地で2連勝とはいかなかった。

■試合結果
ゴールデンステイト・ウォリアーズ 107-88 ボストン・セルティックス
GSW|31|21|35|20|=107
BOS |30|20|14|24|=88

【NBAファイナル・第2戦 ウォリアーズが3Q終盤にセルティックスを突き放し快勝!カリー29得点】の続きを読む

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/03(金) 18:37:51.54 ID:CAP_USER9
https://basketballking.jp/news/world/nba/20220603/376037.html?cx_top=newarrival
https://basketballking.jp/wp-content/uploads/2022/06/GettyImages-1400728448-768x576.jpg

 6月3日(現地時間2日)にチェイス・センターでNBAファイナル2022が行われ、ゴールデンステイト・ウォリアーズとボストン・セルティックスが対戦した。

 ウェスタン・カンファレンスを制したホームのウォリアーズはステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、アンドリュー・ウィギンズ、ドレイモンド・グリーン、ケボン・ルーニーが先発出場。イースタン・カンファレンス王者のセルティックスはマーカス・スマート、ジェイレン・ブラウン、ジェイソン・テイタム、アル・ホーフォード、ロバート・ウィリアムズ三世がスターティングファイブを務めた。

 第1クォーターはカリーの独壇場。試合の幕開けを告げる3ポイントシュートを突き刺すと、この12分間だけで8本中6本の長距離砲を沈めるなど21得点を挙げ、ウォリアーズが32-28とリードを奪った。

 ウォリアーズが開始2分45秒から8-0のランでリードを10点に広げた第2クォーターだが、セルティックスがブラウン、ウィリアムズ三世、スマートの連続得点で反撃。終盤には逆転に成功し、54-56でハーフタイムに突入した。

 ホームで負けられないウォリアーズは、第3クォーターにウィギンズ、カリー、オットー・ポーターJr.、ジョーダン・プール、アンドレ・イグダーラがアウトサイドからシュートを決めれば、ルーニーがリバウンド、ブロックとインサイドで活躍。38-24と圧倒し、92-80とリードを奪い返した。

 第4クォーターはセルティックスが開始から0-9のランに成功すると、試合終了残り5分10秒にホーフォードの3ポイントで103-106と試合をひっくり返した。ウォリアーズの得点が止まる中、ホーフォード、スマートの連続得点でリードを14点に拡大。セルティックスが最終スコア108-120で勝利を収め、敵地で貴重な1勝目を手にした。

■試合結果
ゴールデンステイト・ウォリアーズ 108-120 ボストン・セルティックス
GSW|32|22|38|16|=108
BOS|28|28|24|40|=120

【王者を決めるNBAファイナルが幕開け!第4Qに逆転したセルティックスが敵地で先勝】の続きを読む

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/30(月) 21:28:12.19 ID:CAP_USER9
https://basketballking.jp/news/world/nba/20220530/375441.html?cx_top=newarrival
https://basketballking.jp/wp-content/uploads/2022/05/GettyImages-1400000522-768x576.jpeg

 5月30日(現地時間29日)、NBAプレーオフのイースタン・カンファレンス・ファイナルが行われ、第2シードのボストン・セルティックスは、第1シードのマイアミ・ヒートとの第7戦に臨んだ。

 ホームでの第6戦に敗れたセルティックスは、試合開始からジェイソン・テイタムとジェイレン・ブラウンの得点でリードを奪う。さらに、セルティックスは3ポイントが立て続けに決まると、グラント・ウィリアムズも得点を伸ばし、32-17で第1クォーターを終えた。

 しかし、続く第2クォーターではヒートのジミー・バトラーを止められず、18得点と躍動されてしまう。セルティックスはブラウンが得点力を発揮するも、55-49と大きく点差を詰められて試合を折り返した。

 迎えた第3クォーター序盤に2点差まで詰め寄られるも、マーカス・スマートとテイタムの得点でヒートを2ケタ点差に突き放す。しかし、バム・アデバヨやバトラーの得点で再び点差を詰められると、終盤にはカイル・ラウリーにも活躍され、82-75で最終クォーターへ。

 勝負の第4クォーター、開始直後に3点差まで詰められるも、テイタムらの得点でセルティックスが再びリードを2ケタに拡大。しかし、終盤でも驚異的な粘りを見せるヒートに11-0のランを作られ、試合残り50秒で2点差とされる。

 得点が滞るセルティックスは残り16秒、バトラーにフリーで3ポイントを打たれてしまう。しかし、これが外れ、セルティックスがリバウンドを死守。ファウルゲームとなるも、スマートが2本のフリースローをしっかりと沈め、最後は100-96でセルティックスが接戦を制した。

 2010年以来となるファイナル進出を決めたセルティックスは、テイタムが26得点10リバウンド6アシスト、スマートが24得点9リバウンド5アシスト、ブラウンが24得点6リバウンド6アシストをマーク。

 今シーズンから新設されたイースタン・カンファレンス・ファイナルMVPにはテイタムが選出され、ラリー・バード・トロフィーが授与された。

 一方のヒートは、フル出場のバトラーが35得点9リバウンドと獅子奮迅の活躍。さらに、アデバヨが25得点11リバウンド、ラウリーが15得点7リバウンドを挙げるも、ホームで惜敗し、今シーズンを終えた。

■試合結果
マイアミ・ヒート 96-100 ボストン・セルティックス
MIA|17|32|26|21|=96
BOS|32|23|27|18|=100

【NBAプレーオフ東地区決勝・第7戦 粘るヒートを敵地で退け、セルティックスが12年ぶりのファイナルへ】の続きを読む

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/24(火) 18:34:37.21 ID:CAP_USER9
https://basketballking.jp/news/world/nba/20220524/374487.html?cx_top=newarrival
https://basketballking.jp/wp-content/uploads/2022/05/GettyImages-1398911683-768x576.jpeg

 5月24日(現地時間23日、日付は以下同)、NBAプレーオフのイースタンカンファレンス・ファイナルの第4戦が行われ、ボストン・セルティックスがホームにマイアミ・ヒートを迎えた。

 第3戦を終えて1勝2敗とビハインドを背負ったセルティックス。この試合ではティップオフ直後から攻防にわたって主導権を握り、ヒートを開始8分でわずか1得点に抑えることに成功する。その間にデリック・ホワイトやジェイソン・テイタムが着実に得点を重ね、29-11で第1クォーターが終了。

 続く第2クォーターはヒートの反撃に遭いビクター・オラディポやジミー・バトラーに加点されるが、セルティックスもテイタムを中心に負けじと得点。57-33とリードを広げて試合を折り返した。

 前半終了時点で24点と大量リードを奪ったセルティックス。第3クォーターは互いに19得点を挙げるにとどまる低調な展開となったものの、最終クォーターでは得点の奪い合いとなる。セルティックスはペイトン・プリチャード、ヒートはダンカン・ロビンソンがポイントを重ねるも、セルティックスの優位は変わらず102-82で試合終了。シリーズは2勝2敗のタイとなった。

 勝利したセルティックスは、テイタムが両チーム最多の31得点を挙げたほか、プリチャードらその他4選手が2ケタ得点をマーク。ヒートはオラディポが23得点、ロビンソンが14得点を挙げたが、スタメン5選手合計でわずか18得点と不発に終わった。

■試合結果
ボストン・セルティックス 102-82 マイアミ・ヒート
BOS|29|28|19|26|=102
MIA|11|22|19|30|=82

【NBAプレーオフ東地区決勝・第4戦 セルティックスが20点差快勝でシリーズをタイに…テイタムが両軍最多31得点】の続きを読む

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/20(金) 19:29:51.12 ID:CAP_USER9
https://basketballking.jp/news/world/nba/20220520/373743.html?cx_top=newarrival
https://basketballking.jp/wp-content/uploads/2022/05/GettyImages-1398218425-768x576.jpeg

 5月20日(現地時間19日)、NBAプレーオフのカンファレンスファイナルが行われ、イースタン・カンファレンス第2シードのボストン・セルティックスは、同第1シードのマイアミ・ヒートとの第2戦に臨んだ。

 第1戦に敗れたセルティックスは、試合開始からヒートに次々と3ポイントを決められ、第1クォーター中盤には10点のビハインドを背負うことに。しかし、その後はジェイレン・ブラウンやグラント・ウィリアムズらの長距離砲が立て続けに決まり、35-24とセルティックスが逆転に成功した。

 続く第2クォーターでは序盤からジェイソン・テイタムが得点力を発揮し、チームをけん引。エースがこの12分間で17得点を挙げると、70-45とセルティックスが大量リードを奪って試合を折り返した。

 迎えた第3クォーターではヒートのジミー・バトラーに16得点を奪われる。それでも、マーカス・スマートがバスケットカウントや3ポイントなどで得点を重ね、96-71とセルティックスがリードを保った。

 第4クォーターでも、序盤からスマートやアル・ホーフォード、ブラウンが確率良くアウトサイドシュートを沈め、リードをさらに拡大。中盤以降は主力を互いに下げ、セルティックスが127-102で快勝した。

 チーム全体で20本の3ポイントを決めたセルティックスは、シリーズ初戦を欠場したスマートが、5本の3ポイントを含む24得点9リバウンド12アシスト3スティールとオールラウンドに活躍。さらに、テイタムが27得点5リバウンド5アシスト、ブラウンが24得点8リバウンド、ウィリアムズが19得点をマークした。

 一方のヒートは、バトラーが29得点6リバウンド、ゲイブ・ビンセントとビクター・オラディポが14得点を挙げるも、前半のビハインドを埋められず、ホームで大敗を喫した。

■試合結果
マイアミ・ヒート 102-127 ボストン・セルティックス
MIA|24|21|26|31|=102
BOS|35|35|26|31|=127

【NBAプレーオフ東地区決勝・第2戦 セルティックスが敵地でヒートに快勝…前半に25点差をつけてシリーズをタイに】の続きを読む

このページのトップヘ