SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

ボルシアMG

1: 名無しさん@恐縮です 2023/02/19(日) 02:05:38.18 ID:qSgHE6p09
ブンデスリーガは18日に第21節が各地で行われた。

板倉滉が先発したボルシアMGは、ホームで首位バイエルン・ミュンヘンと対戦。7分にセットプレーから飛び込んだ板倉が頭で合わせるなど、大歓声を浴びながらボルシアMGが攻勢。すると8分、自陣からのカウンターに飛び出したプレアがボックス前でウパメカノに倒される。このプレーでウパメカノが退場となり、ボルシアMGは早々に数的優位を手にする。そして13分、FKのサインプレーからシュティンドルが合わせて先制点を奪った。

勢いに乗るボルシアMGは、24分にもシュティンドルに決定機。しかし決めきれずにいると、35分にデイヴィスのアシストからシュポ=モティンに同点弾を奪われた。それでも55分、プレアのお膳立てからホフマンが勝ち越しゴールを叩き込む。84分にはテュラムが3点目を決め、終盤に2失点目を喫したが、3-2で王者を撃破している。

遠藤航、伊藤洋輝、原口元気が先発したシュトゥットガルトは、ケルンに3-0と快勝。開始9分、分厚い攻撃で敵ボックス内まで侵入すると、原口の落としを受けたディアスがダイレクトで先制ゴールを突き刺す。1月に加入した原口にとって、これが加入後初にして今季初アシストになった。59分にはソサがFKを直接叩き込み、74分には遠藤のパスを受けたクリバリがダメ押しの3点目を奪っている。

浅野拓磨、堂安律の両日本代表が先発したボーフム対フライブルクは、2-0でフライブルクに軍配。39分、グリフォのCKからファーサイドに飛び込んだグレゴリッチュがゴールを奪い、フライブルクが先制する。さらに52分にヘーラーが追加点を奪った。63分にはボーフムが退場者を出したこともあり、このままリードを保って勝利を飾った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f954280b41e7a77d1241ab1dd6e80168e380414e

【原口元気&遠藤航アシストでシュトゥットガルトが快勝!板倉滉は先発でバイエルン撃破に貢献】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/27(木) 18:22:47.82 ID:DqMj4XiI9
 高校年代の「半端ない」ストライカーが、ドイツ挑戦を決めた。神村学園高(鹿児島)は27日、FW福田師王(3年)が22-23年シーズンからドイツ・ブンデスリーガ優勝5度の歴史を持つボルシアMGに新加入することを発表。ユース年代最注目のストライカーは、Jリーグクラブではなく、今季のブンデスリーガで現在9位、また日本代表DF板倉滉の所属する強豪クラブを進路に選んだ。

【写真】弟の応援に駆けつけた女優の松井愛莉

 福田は鹿児島県出身。神村学園中時代に全国大会を経験し、3年時の20年1月にU-17日本代表へ初選出された。神村学園高では1年時からレギュラー。2年時のインターハイで得点王を獲得し、チームの8強入りに貢献している。

 高校1、2年時の選手権でも活躍し、2年連続で日本高校選抜に選出。昨年はU-18日本代表候補、今年はU-19日本代表候補に選ばれるなど、年上の世代の代表候補チームにも加わり、ゴールを連発してきた。

“誰よりもシュートを打ってきた”ことで身につけた得点能力の高さは、高校年代でずば抜けている。抜群のバネを活かしたヘッド、鋭く力強い抜け出し、左右両足から打ち込む強烈なシュート……と得点パターンも多彩。相手DFを弾き飛ばすような強さと浮き球を胸で収めて前を向く上手さ、そして人一倍の向上心も兼ね備えている逸材だ。

 1年時から複数のJ1クラブが注目。盟友・MF大迫塁(神村学園高3年)が今年3月にC大阪加入を決めた一方、福田は国内外のクラブへ練習参加し、熟考を重ねてきた。その結果、“少しでも早く世界のサッカーを知りたい”と海外挑戦を決断。ボルシアMG公式サイトによると、福田は来年1月から新天地へ加わる模様だ。FW大迫勇也(現神戸)と同じ鹿児島県出身、偉大なストライカーを超える可能性も秘める福田がドイツから飛躍を果たす。

https://news.yahoo.co.jp/articles/fc78b0a9b76453f7d42e3ebca8c2659a0ed06a5f

【神村学園の高校最強FW福田師王がドイツ挑戦!ボルシアMG新加入が内定!!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/13(火) 06:23:25.74 ID:CAP_USER9
ボルシア・メンヒェングラートバッハは、日本代表DF板倉滉が靭帯部分断裂の重傷を負ったことを発表した。

今夏の移籍市場で、マンチェスター・シティからボルシアMGに加入した板倉。移籍以降、ダニエル・ファルケ監督の信頼を勝ち取り、
ブンデスリーガ開幕戦からフル出場するなどここまで公式戦6試合でピッチに立っている。

スコアレスドローに終わったフライブルク戦を出場停止により欠場した板倉だが、12日のトレーニングには参加している。しかし、ここで左膝を負傷してしまったようだ。

ボルシアMGは12日、声明の中で「コウ・イタクラは月曜日のトレーニングで左膝の内側側副靭帯の部分断裂を負った。
手術の必要はなく、保存的な治療を受けることになる。ワールドカップブレイクまでボルシアの公式戦でプレーできない見込みだ」と伝えた。

またボルシアMGは、フライブルク戦で負傷したフロリアン・ノイハウスが右膝後十字靭帯の部分断裂を負ったことも併せて発表。同選手も手術の必要はないものの、
現在今後の治療法を検討するようだ。そのため離脱期間は定かではないが、数週間をベンチ外で過ごすことになると予想されている。

板倉の離脱はボルシアMGだけではなく、ワールドカップを控える日本代表にとっても大きな痛手。9月のインターナショナルブレイクを欠場することは確実で、
さらに11月23日に初戦を迎えるカタールでの大舞台に立てるかも現時点で不透明だ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/fe800918eb7fa2d2743048acc8aa81e707e860da

【日本代表&ボルシアMGに大打撃!板倉滉が左膝靭帯損傷でワールドカップ出場へ黄信号…】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/28(日) 17:46:26.03 ID:0Qq945CAr

【ボルシアMG・板倉滉 連日のスーパーブロックがヤバいと大反響】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/20(土) 10:56:50.96 ID:CAP_USER9
 【メンヘングラッドバッハ(ドイツ)14日=了戒 美子】サッカーのドイツブンデスリーガは19日、1試合が行われ、日本代表DF板倉滉のボルシアMGはヘルタ・ベルリンを1―0で下した。板倉はフル出場し、今季3戦目にして2度目のマンオブザマッチに選ばれた。

*  *  *

 板倉は定位置となりつつある4バックの右CBでフル出場。ヘルタ相手にチャンスらしいチャンスを作らせず、クリーンシートに貢献した。相手は枠内5本、枠外13本のシュートを放ち積極的にゴールを狙ってきたが「まあ結局決まってないので。最後しっかりゼロに抑えて勝ち切れたっていうところが良かった」と胸を張り「僕たちが壁となって。後ろには良いキーパーがいるので」と笑顔を見せた。

 さほどプレスの激しくないヘルタ相手とあって、ポゼッション率も6割と高く、板倉も安定したボールさばきを見せた。ただ本人は、「後ろからしっかり繋いでいきたいし、もっと縦パスとかくさびのパス、難しいパスを通せたらチャンスになることもたくさんあると思う。修正しながらやっていければ」とストロングポイントであるだけに課題を感じているようだった。

 次節は早くもバイエルンと対戦する。「楽しみですね。今はすごくいい流れできている。リスペクトし過ぎるのはよくないし、うちはどのチーム相手にも自分たちのサッカーを貫くやり方をする。その中でどれだけできるか。勝ちにいきたい」と話した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f03a6b9d54fe29c73816fd970dde7316a5f5427a

【ボルシアMG板倉滉が今季2度目のマンオブザマッチで勝利貢献!次節強豪バイエルン戦「楽しみです」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/07(日) 01:00:08.82 ID:CAP_USER9
ブンデスリーガ第1節が6日に行われ、堂安律や板倉滉といった日本人選手たちが各地で先発のチャンスを得た。

プレシーズンからゴールを挙げるなど好調を維持するフライブルクの新戦力・堂安律。アウクスブルクとの第1節では右サイドハーフで先発した。前半をスコアレスで折り返すと、後半開始直後にフライブルクが攻勢に出る。
46分、ミヒャエル・グレゴリチュがヘディングシュートを決めて先制。さらにその1分後、グリフォがゴール右からのやや距離があるFKをファーサイドに決めてみせ、
あっという間にリードを2点に広げる。61分にはセットプレーからマティアス・ギンターにもゴールが生まれて0-3に。

すると、堂安にもついにゴールが生まれる。78分、ゴール前の混戦で受けた堂安が得意の左足でゴール右に決め、4点目を奪った。
堂安はDFBポカール1回戦から公式戦2試合連続得点となっている。堂安はこのゴール直後に交代となったが、フライブルクは4-0と快勝を収めた。

板倉滉がCBで先発したボルシアMGはホッフェンハイムと対戦。前半19分にホッフェンハイムDFが退場処分を受けて数的優位となったボルシアMGだが、25分に失点。
右サイドからクロスを受けたアンドレイ・クラマリッチが横に流すと、ロベルト・スコフが左足で叩き込んだ。

しかし、42分にボルシアMGが反撃。ヨナス・ホフマンのコーナーキックをファーサイドで板倉が折り返す。これをラミー・ベンセバイニがバイシクルシュートでゴール右隅に決め、ボルシアMGが同点に追いついた。

後半はアルザーヌ・プレアがゴールを脅かすなど攻勢に出るボルシアMG。板倉も高いポジションを取って攻撃に加わっていく。すると71分、プレアのスルーパスにマルキュス・テュラムが抜け出して左足でフィニッシュ。
逆転弾を挙げ、一歩前へ出る。78分にはショートコーナーから最後はニコ・エルベディが決めてダメ押し。ボルシアMGが開幕戦を3-1と勝利で飾った。
https://news.yahoo.co.jp/articles/640edc320a0c207030a5201094850ad301d2e2e1

【ブンデスリーガ第1節 堂安律もゴールのフライブルクが快勝発進。板倉アシストのボルシアMGは逆転勝利】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/24(日) 00:37:27.57 ID:CAP_USER9
スペイン1部・Rソシエダードに加入した日本代表MF久保建英(21)が23日、同DF板倉滉(25)が加入したドイツ1部・ボルシアMGとのプレシーズンマッチで新天地デビューを果たした。
19日に加入したばかりの久保はベンチスタート、板倉は右センターバックで先発。久保はボルシアMGに1点リードを許して迎えた後半開始から出場した。

元スペイン代表MFダビド・シルバと交代でトップ下に入った久保。同13分には左サイドに流れてボールを受けると、板倉のチェックをかいくぐってチャンスを広げるパスを供給した。
Rソシエダードが同点に追いついた後半途中には、板倉が中盤にポジションを移して久保とマッチアップする場面も増加した。

後半33分、Rソシエダードは右サイドでつくったチャンスから久保が抜け出し、GKと1対1に。しかしボルシアMGのスイス代表GKゾマーをかわせず、
シュートすら打てずにチャンスを逸し、久保は頭を抱えた。試合は1対1で終了し、板倉はフル出場、久保はデビュー戦で結果を残してアピールとはならなかった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2f6cbfea176723a6a552825df09fa63ae6628cd5

【MF久保建英がRソシエダードデビュー! GKとの1対1決めきれず頭抱えるシーンも】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/03(日) 09:14:14.41 ID:CAP_USER9
サッカーのドイツ1部ボルシアMGは2日(日本時間3日)、日本代表DF板倉滉(25)を、イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティーから完全移籍で獲得したと発表した。2026年6月末までの4年契約で背番号は3。独大衆紙「ビルト」(電子版)などによると、移籍金は500万ユーロ(約7億円)という。3日からチームに合流し、4日に記者会見を行う。

 神奈川県出身の板倉は2015年にJ1川崎のトップチームに昇格。仙台(現J2)への期限付き移籍を経て、19年1月にマンチェスターCへ完全移籍した。英国の労働許可証が取得できないため、オランダ1部フローニンゲンに期限付き移籍し、昨季はドイツ2部シャルケに期限付きで加入した。センターバックや守備的MFの主力としてリーグ戦31試合に出場し、4得点を記録するなど2部優勝と1部昇格に貢献した。双方が残留を希望していたが、シャルケは5月31日に板倉の買い取りオプション行使を断念し、退団が決まったと発表していた。

 ボルシアMGは1900年創設でメンヘングラッドバッハに本拠地を置く。ドイツ1部優勝5回の古豪で、過去には大津祐樹(現磐田)が在籍していた。昨季は10位に終わり、今季からドイツ人のダニエル・ファルケ氏を新監督に迎える。

 ローランド・ビルクスSD(スポーツ・ダイレクター)は「滉ははとても強い走力と戦術的規律を持った選手で、『6』(守備的MF)を含む様々な守備的ポジションでプレーできる。彼には移籍先として魅力的な選択肢がいくつもあった。彼は我々の計画にとって重要な構成要素で、彼が我々の道筋について確信を持っていることは喜ばしいことだ」とコメントした。


https://news.yahoo.co.jp/articles/1a790366fc994965eb76df5e4bb9b984bf112ac4

【日本代表DF板倉滉がマンCからボルシアMGに完全移籍 移籍金7億円の4年契約】の続きを読む

このページのトップヘ