SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

マイアミ・ヒート

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/30(月) 21:28:12.19 ID:CAP_USER9
https://basketballking.jp/news/world/nba/20220530/375441.html?cx_top=newarrival
https://basketballking.jp/wp-content/uploads/2022/05/GettyImages-1400000522-768x576.jpeg

 5月30日(現地時間29日)、NBAプレーオフのイースタン・カンファレンス・ファイナルが行われ、第2シードのボストン・セルティックスは、第1シードのマイアミ・ヒートとの第7戦に臨んだ。

 ホームでの第6戦に敗れたセルティックスは、試合開始からジェイソン・テイタムとジェイレン・ブラウンの得点でリードを奪う。さらに、セルティックスは3ポイントが立て続けに決まると、グラント・ウィリアムズも得点を伸ばし、32-17で第1クォーターを終えた。

 しかし、続く第2クォーターではヒートのジミー・バトラーを止められず、18得点と躍動されてしまう。セルティックスはブラウンが得点力を発揮するも、55-49と大きく点差を詰められて試合を折り返した。

 迎えた第3クォーター序盤に2点差まで詰め寄られるも、マーカス・スマートとテイタムの得点でヒートを2ケタ点差に突き放す。しかし、バム・アデバヨやバトラーの得点で再び点差を詰められると、終盤にはカイル・ラウリーにも活躍され、82-75で最終クォーターへ。

 勝負の第4クォーター、開始直後に3点差まで詰められるも、テイタムらの得点でセルティックスが再びリードを2ケタに拡大。しかし、終盤でも驚異的な粘りを見せるヒートに11-0のランを作られ、試合残り50秒で2点差とされる。

 得点が滞るセルティックスは残り16秒、バトラーにフリーで3ポイントを打たれてしまう。しかし、これが外れ、セルティックスがリバウンドを死守。ファウルゲームとなるも、スマートが2本のフリースローをしっかりと沈め、最後は100-96でセルティックスが接戦を制した。

 2010年以来となるファイナル進出を決めたセルティックスは、テイタムが26得点10リバウンド6アシスト、スマートが24得点9リバウンド5アシスト、ブラウンが24得点6リバウンド6アシストをマーク。

 今シーズンから新設されたイースタン・カンファレンス・ファイナルMVPにはテイタムが選出され、ラリー・バード・トロフィーが授与された。

 一方のヒートは、フル出場のバトラーが35得点9リバウンドと獅子奮迅の活躍。さらに、アデバヨが25得点11リバウンド、ラウリーが15得点7リバウンドを挙げるも、ホームで惜敗し、今シーズンを終えた。

■試合結果
マイアミ・ヒート 96-100 ボストン・セルティックス
MIA|17|32|26|21|=96
BOS|32|23|27|18|=100

【NBAプレーオフ東地区決勝・第7戦 粘るヒートを敵地で退け、セルティックスが12年ぶりのファイナルへ】の続きを読む

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/28(土) 13:16:25.07 ID:CAP_USER9
2022年05月28日 13:01 バスケット
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2022/05/28/kiji/20220528s00011061244000c.html
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2022/05/28/jpeg/20220528s00011061240000p_view.jpg

 東地区決勝の第6戦が27日にボストン(マサチューセッツ州)で行われ、第1シードのヒート(53勝29敗)が第2シードで地元のセルティクス(51勝31敗)を111―103(前半48―40)で下して3勝3敗。西地区ではすでにウォリアーズ(53勝29敗)がファイナル進出を決めているが、東地区の決着は29日に行われる最終第7戦にもつれ込んだ。

 ヒートではジミー・バトラー(32)が46分の出場で今ポストシーズン自己最多の47得点をマーク。第3戦から第5戦までの3試合では計27得点と精彩を欠いていたが、第6戦では底力を発揮した。負けたら終わりという状況の試合(エリミネーション・ゲーム)でのヒートの従来の最多得点は、2010年6月7日の東地区決勝第6戦でレブロン・ジェームズ(現レイカーズ)が、同じボストンでセルティクスを相手にマークした45得点。バトラーはジェームズのチーム記録を12年ぶりに書き換えた。また9リバウンド、8アシスト、4スティール、1ブロックショットも稼ぐなど攻守両面での活躍が光った。

 ここ2試合ともに精彩を欠いていたカイル・ラウリー(36)とマックス・ストルース(26)の先発ガード2人は第4Q終盤にそれぞれ6反則で退場となったものの、18得点と13得点。ヒートは第4Q残り1分25秒にP・J・タッカー(37)が1本目を外すまでフリースローを19本連続で成功(試合全体では25本中24本)させ、大腿部の付け根を痛めているタイラー・ヒーロ(22)を3試合連続で欠きながらも接戦をものにした。

 セルティクスはこのシリーズのホーム最終戦に勝てば12年ぶり22回目のファイナル進出が決まっていたが無念の黒星。第3Q終盤で最大13点差をつけられながら第4Qの残り4分43秒にいったん勝ち越したが、同点3回、リードチェンジ3回となったこのあとのシーソーゲームを制することはできなかった。

 今季のオールNBAファーストチームに選出されたジェイソン・テータム(24)は30得点と9リバウンドをマークしたものの、ターンオーバーは第4Qの4回を含めて7回。ベンチから出たデリック・ホワイト(27)が第4Q(28―29)の11得点を含む22得点、ジェイレン・ブラウン(25)も20得点を記録したが、ヒートのバトラーを最後まで抑え込むことができなかった。

 なおNBAの今ポストシーズンのシリーズで第7戦を迎えるのは今回が3回目。セルティクスは準決勝(対バックス)に続いて2シリーズ連続で最終戦を経験することになった。

 <東地区決勝の日程>
 ▼第1戦=〇ヒート118―107●セルティクス
 ▼第2戦=〇セルティクス127―102●ヒート
 ▼第3戦=〇ヒート109―103●セルティクス(ボストン)
 ▼第4戦=〇セルティクス102―82●ヒート
 ▼第5戦=〇セルティクス93―80●ヒート
 ▼第6戦=〇ヒート―〇セルティクス111―103●セルティクス
 ▼第7戦=29日(マイアミ)
 *日付は現地時間。

【NBAプレーオフ東地区決勝・第6戦 ヒートがセルティクスに勝利 ジミー・バトラーが47得点 3勝3敗で勝負は最終第7戦へ!】の続きを読む

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/24(火) 18:34:37.21 ID:CAP_USER9
https://basketballking.jp/news/world/nba/20220524/374487.html?cx_top=newarrival
https://basketballking.jp/wp-content/uploads/2022/05/GettyImages-1398911683-768x576.jpeg

 5月24日(現地時間23日、日付は以下同)、NBAプレーオフのイースタンカンファレンス・ファイナルの第4戦が行われ、ボストン・セルティックスがホームにマイアミ・ヒートを迎えた。

 第3戦を終えて1勝2敗とビハインドを背負ったセルティックス。この試合ではティップオフ直後から攻防にわたって主導権を握り、ヒートを開始8分でわずか1得点に抑えることに成功する。その間にデリック・ホワイトやジェイソン・テイタムが着実に得点を重ね、29-11で第1クォーターが終了。

 続く第2クォーターはヒートの反撃に遭いビクター・オラディポやジミー・バトラーに加点されるが、セルティックスもテイタムを中心に負けじと得点。57-33とリードを広げて試合を折り返した。

 前半終了時点で24点と大量リードを奪ったセルティックス。第3クォーターは互いに19得点を挙げるにとどまる低調な展開となったものの、最終クォーターでは得点の奪い合いとなる。セルティックスはペイトン・プリチャード、ヒートはダンカン・ロビンソンがポイントを重ねるも、セルティックスの優位は変わらず102-82で試合終了。シリーズは2勝2敗のタイとなった。

 勝利したセルティックスは、テイタムが両チーム最多の31得点を挙げたほか、プリチャードらその他4選手が2ケタ得点をマーク。ヒートはオラディポが23得点、ロビンソンが14得点を挙げたが、スタメン5選手合計でわずか18得点と不発に終わった。

■試合結果
ボストン・セルティックス 102-82 マイアミ・ヒート
BOS|29|28|19|26|=102
MIA|11|22|19|30|=82

【NBAプレーオフ東地区決勝・第4戦 セルティックスが20点差快勝でシリーズをタイに…テイタムが両軍最多31得点】の続きを読む

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/20(金) 19:29:51.12 ID:CAP_USER9
https://basketballking.jp/news/world/nba/20220520/373743.html?cx_top=newarrival
https://basketballking.jp/wp-content/uploads/2022/05/GettyImages-1398218425-768x576.jpeg

 5月20日(現地時間19日)、NBAプレーオフのカンファレンスファイナルが行われ、イースタン・カンファレンス第2シードのボストン・セルティックスは、同第1シードのマイアミ・ヒートとの第2戦に臨んだ。

 第1戦に敗れたセルティックスは、試合開始からヒートに次々と3ポイントを決められ、第1クォーター中盤には10点のビハインドを背負うことに。しかし、その後はジェイレン・ブラウンやグラント・ウィリアムズらの長距離砲が立て続けに決まり、35-24とセルティックスが逆転に成功した。

 続く第2クォーターでは序盤からジェイソン・テイタムが得点力を発揮し、チームをけん引。エースがこの12分間で17得点を挙げると、70-45とセルティックスが大量リードを奪って試合を折り返した。

 迎えた第3クォーターではヒートのジミー・バトラーに16得点を奪われる。それでも、マーカス・スマートがバスケットカウントや3ポイントなどで得点を重ね、96-71とセルティックスがリードを保った。

 第4クォーターでも、序盤からスマートやアル・ホーフォード、ブラウンが確率良くアウトサイドシュートを沈め、リードをさらに拡大。中盤以降は主力を互いに下げ、セルティックスが127-102で快勝した。

 チーム全体で20本の3ポイントを決めたセルティックスは、シリーズ初戦を欠場したスマートが、5本の3ポイントを含む24得点9リバウンド12アシスト3スティールとオールラウンドに活躍。さらに、テイタムが27得点5リバウンド5アシスト、ブラウンが24得点8リバウンド、ウィリアムズが19得点をマークした。

 一方のヒートは、バトラーが29得点6リバウンド、ゲイブ・ビンセントとビクター・オラディポが14得点を挙げるも、前半のビハインドを埋められず、ホームで大敗を喫した。

■試合結果
マイアミ・ヒート 102-127 ボストン・セルティックス
MIA|24|21|26|31|=102
BOS|35|35|26|31|=127

【NBAプレーオフ東地区決勝・第2戦 セルティックスが敵地でヒートに快勝…前半に25点差をつけてシリーズをタイに】の続きを読む

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/08(火) 19:11:08.11 ID:CAP_USER9
https://basketballking.jp/news/world/nba/20220208/358069.html?cx_top=topix
https://basketballking.jp/wp-content/uploads/2022/02/GettyImages-1369238610-768x512.jpg

 2月8日(現地時間7日)、八村塁所属のワシントン・ウィザーズがホームのキャピタル・ワン・アリーナでマイアミ・ヒートと対戦した。

 八村は第1クォーター残り4分11秒から途中出場し、同22秒にラウル・ネトのアシストから3ポイントシュートを沈めた。第2クォーター開始早々にはカイル・クーズマのパスを受け、レイアップで得点を記録。チームは53-60と点差を縮め、試合を折り返した。

 後半は85-115で迎えた第4クォーター残り3分54秒に速攻から“3点プレー”を成功。直後に2本目の3ポイントを決め、試合を通じて26分37秒の出場で11得点3リバウンド1アシスト1スティールを記録した。

 試合は100-121で大敗。日本時間では8日に24歳の誕生日を迎えた八村だが、バースデーゲームを勝利で飾ることができなかった。

【ウィザーズ ・八村塁、2本の3Pを含む11得点 チームはヒートに大敗、バースデーゲームを勝利で飾れず】の続きを読む

このページのトップヘ