SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

マックス・フェルスタッペン

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/31(日) 23:47:04.63 ID:CAP_USER9
7/31(日) 23:44配信 motorsport.com 日本版
https://news.yahoo.co.jp/articles/c4942478feca371fa3d57eea8e8f34b7aaf56d5e

 F1第13戦ハンガリーGPの決勝レースが、ハンガロリンクで行なわれた。優勝したのは、10番グリッドからスタートしたマックス・フェルスタッペン(レッドブル)だった。

 雨が降りそうで降らないというコンディションの中、ポールシッターのジョージ・ラッセル(メルセデス)がレース序盤をリード。ラッセルは第2スティントでシャルル・ルクレール(フェラーリ)と激しいバトルを繰り広げたが、31周目にオーバーテイクを許した。

 ルクレールはミディアムタイヤでスタートし、ミディアム→ハードタイヤへと交換する2ストップ戦略でフィニッシュを目指したが、ハードタイヤでのペースが振るわなかったことが誤算だった。

 一方、10番グリッドからソフトタイヤでスタートし、ミディアム→ミディアムタイヤへと履き替え、追い上げていたフェルスタッペンがルクレールの背後に迫ると、あっという間にオーバーテイクを完了した。

 フェルスタッペンはルクレールを抜いた直後にスピンを喫したものの、再度ルクレールをコース上でオーバーテイク。レース終盤には雨がパラついたが、そのまま危なげなくトップチェッカーを受けた。今季8勝目を挙げ、最高の形で約1ヵ月のサマーブレイクに入った。

 2位はルイス・ハミルトン(メルセデス)。終盤ソフトタイヤでポジションを上げ、前戦に続いて今季ベストタイの結果だ。

 ラッセルは3位。コース上でハードタイヤに苦しむルクレールを抜き返して見せた。メルセデスは、2戦連続のダブル表彰台獲得となった。

 フェラーリはカルロス・サインツJr.が4位、ルクレールはハードタイヤを諦めて3度目のピットストップをしたことで6位に終わった。

 アルファタウリの角田裕毅は、16番手からスタートしたもののレースペースが苦しく、雨がポツポツと落ち始めているタイミングでのスピンもあって、19位でのフィニッシュとなった。

【F1第13戦ハンガリーGP・決勝 フェルスタッペン、10番手から逆転優勝。角田裕毅は苦戦19位】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/31(日) 17:02:02.01 ID:CAP_USER9
2022年7月31日 15:53
 発信地:シドニー/オーストラリア
https://www.afpbb.com/articles/-/3417023
https://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/0/d/810wm/img_0d26890dd138648cf88905515c8fa19d162180.jpg

【7月31日 AFP】フォーミュラワン(F1、F1世界選手権)でレースディレクターを務めたマイケル・マシ(Michael Masi)氏が、昨季最終戦で物議を醸す裁定を下した後、「卑劣な」中傷と殺害予告を受けたと明かした。

 昨季最終第22戦アブダビGP(Abu Dhabi Grand Prix 2021)では、レッドブル(Red Bull)のマックス・フェルスタッペン(Max Verstappen)が最終周にメルセデスAMG(Mercedes AMG)のルイス・ハミルトン(Lewis Hamilton)を抜き去り、F1史上最多となる8回目の総合優勝を阻止したが、44歳のマシ氏はその後にレースディレクター職を解任されていた。

 マシ氏は31日付の豪紙デーリー・テレグラフ(Daily Telegraph)で、アブダビGP以降では初めてとなる本格インタビューに応じ、レース後に身の危険を感じたと明かした。そして「かなり暗い日々だった」と話し、「間違いなく、自分が世界で最も憎まれている男だと感じていた。殺害予告を受け取ったし、私と家族をつけまわすと言っている人もいた」とコメントした。

 アブダビGPでは、マシ氏の決定で終盤にセーフティカーが導入され、その後にハミルトンとフェルスタッペンの間の周回遅れのドライバーがオーバーテークすることが認められた。これでレースは二人による残り1周の一騎打ちとなり、タイヤの新しいフェルスタッペンがその大きなアドバンテージを生かし、ハミルトンを抜いてタイトルを獲得した。

■「ショッキング」なメッセージの数々

 デーリー・テレグラフ紙は、国際自動車連盟(FIA)との秘密保持契約があるため、マシ氏はこのときの決定について話すことはできないと伝えている。しかし本人によれば、レース後の数か月は地獄だったという。

「何百件というメッセージに向き合った」というマシ氏は、「ショッキングなメッセージだった。人種差別や暴言、卑劣な言葉。罵詈(ばり)雑言の数々だった。殺害予告もあった」と明かし、「メッセージは今も来続けている。私のフェイスブック(Facebook)だけでなく、リンクトイン(LinkedIn)にもだ。こちらはビジネス用の仕事のプラットフォームのはずだが、同じタイプの暴言が来ていた」と話した。

 そうしたメッセージを無視しようとしたが、精神面に悪影響があったという。マシ氏は「専門医を受診して話すことはしなかった。今から振り返れば、行くべきだったのだろう」と話し、FIAも中傷のことは把握していたが、「彼らを含めた全員に対して、私はその影響を否定していたと思う」と続けた。

 2019年にチャーリー・ホワイティング(Charlie Whiting)氏が急逝してからの3年間、F1のレースディレクターと安全担当者を務めたマシ氏は、約2週間前にFIAを離れた。

 アブダビGP後のことについて、マシ氏は「すべてを消化するのには時間がかかった」と話しつつ、「しかし結局のところ、故郷へ戻って自分をサポートしてくれる人たちの近くで過ごすのが最善だと考えた」とコメントした。

 FIAはアブダビGPの後、レースディレクターのプレッシャーを和らげる方策について発表し、またコミュニケーションの取り方も変えていた。(c)AFP

【元F1ディレクターのマシ氏、昨季最終戦レース後に「人種差別や暴言、卑劣な言葉。罵詈雑言の数々だった。殺害予告もあった」と明かす】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/24(日) 23:37:46.07 ID:CAP_USER9
7/24(日) 23:34配信 motorsport.com 日本版
https://news.yahoo.co.jp/articles/640e6025bccb52061ba42fbf7ac50c77f9830418

 F1第12戦フランスGPの決勝レースが、ポール・リカール・サーキットで行なわれた。優勝したのは、レッドブルのマックス・フェルスタッペンだった。

 ポールポジションはフェラーリのシャルル・ルクレール。2番グリッドのフェルスタッペンからの追撃を抑え首位を走行していたルクレールだが、スロットルにトラブルが発生。クラッシュを喫してしまった。

 最大のライバルがリタイアし、首位に立ったフェルスタッペンは、後続とのギャップをコントロールしながらトップチェッカー。今季7勝目を挙げた。

 2位はハミルトン。予選では期待外れのパフォーマンスを嘆いたが、決勝では好ペースで周回。今季ベストリザルトを更新した。

 3位をめぐっては、セルジオ・ペレス(レッドブル)とジョージ・ラッセル(メルセデス)が激しく争ったが、バーチャルセーフティカー解除のタイミングでうまく前に出たラッセルが表彰台最後の一角を手にした。

 8番グリッドからスタートした角田裕毅(アルファタウリ)は、オープニングラップにエステバン・オコン(アルピーヌ)から接触を受け、最後尾に後退。マシンのダメージは大きく、リタイアとなった。

【F1第12戦フランスGP・決勝 フェルスタッペン、今季7勝目! ルクレール、角田裕毅はリタイア】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/20(月) 05:11:27.63 ID:CAP_USER9
6/20(月) 4:40配信 オートスポーツweb
https://news.yahoo.co.jp/articles/edbd3236bc62c8b5cecb3026f234b6a9b62e8bed

 2022年F1第9戦カナダGPの決勝が行われ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が優勝を飾った。2位にはカルロス・サインツ(フェラーリ)、3位にはルイス・ハミルトン(メルセデス)が続き、アルファタウリの角田裕毅はリタイアという結果になっている。

■2022年F1第9戦カナダGP決勝 暫定結果
Pos/No./Driver/Team/Time/Gap/Laps
1/1/M.フェルスタッペン/レッドブル/1h36’21.757/70
2/55/C.サインツ/フェラーリ/0’00.993/70
3/44/L.ハミルトン/メルセデス/0’07.006/70
4/63/G.ラッセル/メルセデス/0’12.313/70
5/16/C.ルクレール/フェラーリ/0’15.168/70
6/31/E.オコン/アルピーヌ/0’23.890/70
7/14/F.アロンソ/アルピーヌ/0’24.945/70
8/77/V.ボッタス/アルファロメオ/0’25.247/70
9/24/周冠宇/アルファロメオ/0’26.952/70
10/18/L.ストロール/アストンマーティン/0’38.222/70
11/3/D.リカルド/マクラーレン/0’43.047/70
12/5/S.ベッテル/アストンマーティン/0’44.245/70
13/23/A.アルボン/ウイリアムズ/0’44.893/70
14/10/P.ガスリー/アルファタウリ/0’45.183/70
15/4/L.ノリス/マクラーレン/0’52.145/70
16/6/N.ラティフィ/ウイリアムズ/0’59.978/70
17/20/K.マグヌッセン/ハース/1’08.180/70
NC/22/角田裕毅/アルファタウリ/DNF/47
NC/47/M.シューマッハー/ハース/DNF/18
NC/11/S.ペレス/レッドブル/DNF/7

【2022年F1第9戦カナダGP・決勝の結果】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/12(日) 21:44:39.85 ID:CAP_USER9
6/12(日) 21:39配信 motorsport.com 日本版
https://news.yahoo.co.jp/articles/05d42dbe8172385beb365512b120750ed64c6fe8

 F1第8戦アゼルバイジャンGPの決勝レースが、バクー市街地コースで行なわれた。優勝したのは、レッドブルのマックス・フェルスタッペンが優勝した。

 スタートでは、セルジオ・ペレス(レッドブル)がシャルル・ルクレール(フェラーリ)をパスし、ホールショット。ただ、カルロス・サインツJr.(フェラーリ)がマシントラブルでストップした際のバーチャルセーフティカーでピットに飛び込んだルクレールがアドバンテージを得て、レースをリードした。

 しかし、そのルクレールはまさかのエンジントラブル。白煙を吹きながらピットに戻り、レースを終えた。

 これで敵がいなくなったレッドブル勢は、楽々ワンツーフィニッシュ。フェルスタッペンが今季5勝目。2位ペレス、3位にジョージ・ラッセル(メルセデス)という表彰台の顔ぶれとなった。

 アルファタウリは、ピエール・ガスリーが5位獲得。角田裕毅はレース終盤まで6番手を走行していたものの、リヤウイングのフラップが真ん中で割れてしまうというトラブルが発生。オレンジボール旗によりピットインを強いられた。テープで補修を行なわれた後、レースを続行した角田だが13位フィニッシュ。無念のノーポイントに終わった。

■2022年F1第8戦アゼルバイジャンGP決勝 暫定結果

1/1/M.フェルスタッペン/レッドブル
2/11/S.ペレス/レッドブル
3/63/G.ラッセル/メルセデス
4/44/L.ハミルトン/メルセデス
5/10/P.ガスリー/アルファタウリ
6/5/S.ベッテル/アストンマーティン
7/14/F.アロンソ/アルピーヌ
8/3/D.リカルド/マクラーレン
9/4/L.ノリス/マクラーレン
10/31/E.オコン/アルピーヌ
11/77/V.ボッタス/アルファロメオ
12/23/A.アルボン/ウイリアムズ
13/22/角田裕毅/アルファタウリ
14/47/M.シューマッハー/ハース
15/6/N.ラティフィ/ウイリアムズ
16/18/L.ストロール/アストンマーティン
NC/20/K.マグヌッセン/ハース
NC/24/周冠宇/アルファロメオ
NC/16/C.ルクレール/フェラーリ
NC/55/C.サインツ/フェラーリ

https://news.yahoo.co.jp/articles/6ef1ca7bc5bcb1d84e28da2a9058e8a3f4d2bb76

【F1第8戦アゼルバイジャンGP・決勝 フェルスタッペン優勝、ペレス2位、角田裕毅はトラブルで無念の13位。フェラーリ全滅】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/22(日) 23:46:44.99 ID:CAP_USER9
5/22(日) 23:41配信 motorsport.com 日本版
https://news.yahoo.co.jp/articles/161b37f71432a686472cbbb92a1c901d3738841d

 F1第6戦スペインGPの決勝レースが行なわれ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が優勝した。

 ポールポジションはフェラーリのシャルル・ルクレール。首位を独走していたものの、トラブルでまさかのリタイアとなってしまった。

 2番手スタートのフェルスタッペンはスピンでポジションを落とし、DRSにトラブルを抱えながらも、ピット戦略でメルセデスのジョージ・ラッセルを攻略。セルジオ・ペレスも2位に入り、レッドブルがワンツーフィニッシュを飾った。

 13番グリッドからレースに臨んだ角田裕毅(アルファタウリ)は、スタートでポジションを上げると、コース上でライバルをパスするシーンもあり10位でポイントを獲得した。

【F1第6戦スペインGP・決勝 独走ルクレールまさかのリタイア。フェルスタッペン逆転優勝3連勝!角田10位】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/24(日) 23:39:06.90 ID:CAP_USER9
4/24(日) 23:36配信 motorsport.com 日本版
https://news.yahoo.co.jp/articles/7df59083178b56a5917a109c081ee52b7a0c1a20

 F1第4戦エミリア・ロマーニャGPの決勝レースは、レッドブルのマックス・フェルスタッペンがポール・トゥ・ウィンを飾った。

 決勝前に降った雨も止み、レースは徐々に乾いていく路面に臨機応変に対応しなければならないという難しい展開。それでも、うまくスタートを決めたレッドブル勢はワンツー体制を構築すると、完璧なレースを見せた。

 全く付け入るスキを与えなかったフェルスタッペンは、首位を譲らずトップチェッカー。スプリントも含めて、34ポイントを一気に稼いだ。

 2位はセルジオ・ペレス(レッドブル)、3位はランド・ノリス(マクラーレン)という表彰台の顔ぶれとなった。3番手を走っていたフェラーリのシャルル・ルクレールは、まさかのスピンを喫し後退。6位に終わった。

 アルファタウリの角田裕毅は、うまくタイヤをマネジメント。終盤にオーバーテイクを連発し、7位を獲得した。

【F1エミリア・ロマーニャGP決勝 フェルスタッペン完勝、ペレス2位 レッドブルがワンツー。角田裕毅は7位】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/28(月) 03:39:03.67 ID:CAP_USER9
 
3/28(月) 3:35配信 オートスポーツweb
https://news.yahoo.co.jp/articles/2c18ecf4f0df43ab4e0468cb7e26d0105829d878

 2022年F1第2戦サウジアラビアGPの決勝が行われ、レッドブルのマックス・フェルスタッペンが優勝した。2位はシャルル・ルクレール(フェラーリ)、3位はカルロス・サインツ(フェラーリ)となっている。アルファタウリの角田裕毅はトラブルにより決勝レースを走ることができなかった。

■2022年F1第2戦サウジアラビアGP決勝 暫定結果
Pos./No./Driver/Team
1/1/M.フェルスタッペン/レッドブル
2/16/C.ルクレール/フェラーリ
3/55/C.サインツ/フェラーリ
4/11/S.ペレス/レッドブル
5/63/G.ラッセル/メルセデス
6/31/E.オコン/アルピーヌ
7/4/L.ノリス/マクラーレン
8/10/P.ガスリー/アルファタウリ
9/20/Kマグヌッセン/ハース
10/44/L.ハミルトン/メルセデス
11/24/周冠宇/アルファロメオ
12/27/N.ヒュルケンベルグ/アストンマーティン
13/18/L.ストロール/アストンマーティン
NC/23/A.アルボン/ウイリアムズ
NC/77/V.ボッタス/アルファロメオ
NC/14/F.アロンソ/アルピーヌ
NC/3/D.リカルド/マクラーレン
NC/6/N.ラティフィ/ウイリアムズ

【F1第2戦サウジアラビアGP・決勝 順位結果】の続きを読む

このページのトップヘ