SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

マリナーズ

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/14(月) 23:25:05.33 ID:Efrp0E7G9
MLBネットワークのジョン・モロシ記者は13日(日本時間14日)、今オフ、ポスティング制度を利用して大リーグ移籍を目指す吉田正尚外野手(29)について、「マリナーズが念入りな調査活動を終え、今オフの獲得の目玉としている」とツイッターに投稿した。

 17年から6年連続で打率3割以上をマーク(17年は規定打席未到達)し、首位打者2度(20、21年)、最高出塁率2度(21、22年)などのタイトルを手にして21年東京五輪で金メダル獲得に貢献した吉田正には、早くも左打ちの外野手補強を目指すヤンキースが、興味を示していると米メディアに報じられた。また、すでに閉幕したGM会議(ラスベガス)では、吉田正の代理人を務めるスコット・ボラス代理人が、「多くの球団が必要とするだろう」とメジャー契約獲得に自信をみせる中、マリナーズも参戦準備を整えているようだ。

 2001年以来のポストシーズン進出を果たした今季のマリナーズの外野布陣からは、今オフ、主に右翼を守ったハニガーがFAとなっており、ロドリゲス、ウィンカーに加え、外野が補強ポイントになっている。マ軍にはこれまでイチロー、佐々木、長谷川、城島、岩隈、菊池ら多くの日本人が在籍してきた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/676d99ff4b4b87ccfed9880fa945c71f328028ea

【「今オフの獲得の目玉」オリックス・吉田正尚争奪戦にマリナーズも参戦へ ヤンキースも興味】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/20(火) 09:10:38.34 ID:CAP_USER9
TBS NEWS DIG Powered by JNN 9/20(火) 8:17

■メジャーリーグ マリナーズ 9-1 エンゼルス(日本時間20日 エンゼル・スタジアム)

エンゼルス・大谷翔平(28)はマリナーズ戦に“2番・DH”でスタメン出場。マリナーズ先発はL.ギルバート(25)、大谷は6月26日に対戦し約141ⅿ弾を放ったが8打数1安打4三振と苦手な相手、1回第1打席、いつものように球審、相手キャッチャー、マリナーズベンチに一礼して打席に入った大谷、2球目の98マイル(158キロ)を豪快なスイングで空振り、ここからギルバートと力勝負となった。3球目から4球連続でファール、1球ボールを挟むと8球目の98マイル(158キロ)をファール、さらにスライダー、チェンジアップとあらゆる球種に対応してファールを続けた。なかなかとらえきれなかったが12球目のスライダーに空振り三振に倒れた。

4回第2打席、1球目の79マイル(127キロ)のナックルカーブを空振り、さらに4球目の96マイル(154キロ)のストレートをヘルメットを飛ばしファール、緩急を付けられこの打席もなかなか捉えられない。最後は87マイル(140キロ)の外角へ落ちるスライダーで2打席連続三振に倒れた。

6回第3打席、ここまでギルバートをとらえきれてなかった大谷、1球目の98マイル(158キロ)を完璧にとらえ5試合連続ヒットとなるレフト線へツーベース、メジャー通算100二塁打もマークした。

8回第4打席はマリナーズ2人目M.ボイド(31)と対戦。2球目、92マイル(148キロ)のストレートをセンター前へ弾き返し今シーズン36度目、7試合ぶりのマルチヒットをマーク、自己最多を更新する141安打目となった。大谷は4打数2安打で打率.268、試合はエンゼルスは敗れ連勝は3で止まった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1fa014a2a45766c394164c70129b1b7a07f21fcf

【エンゼルス・大谷翔平 5試合連続安打でメジャー通算100二塁打&今季36度目のマルチで自己最多を更新する141安打】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/18(日) 13:03:25.64 ID:CAP_USER9
9/18(日) 12:55配信

デイリースポーツ
 エンゼルス・大谷翔平(提供・共同通信社)

 「エンゼルス2-1マリナーズ」(17日、アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手(28)が「3番・投手」で出場。投手としては7回107球3安打8奪三振無失点の好投で13勝目をマーク。打っては初回にレフトフェンス直撃の先制二塁打と投打で躍動した。

 前回10日のアストロズ戦では右手中指のマメのため、79球で降板。影響が心配されたが、序盤から力強い投球を披露。8つの三振を奪った。規定投球回数まで21イニングに迫っていたが、この日、7イニングを消化し、残りは14イニングに。残り3登板ですでに到達している規定打席と合わせた史上初のW規定達成を目指す。

 打っては初回の第1打席にレフトフェンス直撃の先制二塁打を放ち、3戦連続安打で昨季に並ぶ自己最多タイの138安打とした。この日は2打数1安打1打点だった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c8a927895a830e534c59f31f2833c5a7f2c5c097

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20220918-00000060-dal-000-2-view.jpg?pri=l

【エンゼルス・大谷翔平が13勝目&先制打 圧巻7回8奪三振無失点 打席&投球回史上初ダブル規定達成に大前進!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/14(水) 17:21:40.62 ID:CAP_USER9
[ 2022年9月14日 13:44 ]

インターリーグ パドレス2-0マリナーズ ( 2022年9月13日 シアトル )

マリナーズ戦に先発したダルビッシュ(AP)
Photo By AP
 パドレスのダルビッシュ有投手(36)は13日(日本時間14日)、敵地T-モバイル・パークでのマリナーズ戦に今季27度目の先発登板。8回を投げ、2安打無失点で今季14勝目を挙げた。
 初回2死からスアレスに左前打を許したが、4番のカルロス・サンタナを空振り三振に仕留めると、波に乗った。以降、6回まで打者16人連続アウト。低めの制球が冴え、マリナーズ打線から凡打の山を築いた。

 7回、先頭・フランスに中前打を許し、連続アウトは16人でストップ。それでも続くスアレスを空振り三振に仕留め、カルロス・サンタナは二ゴロ併殺。多彩な変化球を駆使し8回までスコアボードに0を並べ続けた。

 9回のマウンドにはヘイダーが上がり、レンジャーズ時代の14年にマーリンズ戦で記録して以来、8年ぶりの完封勝利とはならなかったが、被安打2、無四球と圧巻の投球を見せつけた。

 前回登板の7日(日本時間8日)は、7回途中3失点でメジャー2年目の13年以来9年ぶりの13勝目を挙げた。メジャー最多は1年目の12年にマークした16勝。

https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/09/14/kiji/20220914s00001007294000c.html

https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/09/14/jpeg/20220914s00001007248000p_view.jpg

【圧巻!ダルビッシュが8回無失点で14勝目 8年ぶりの完封勝利ならずも2安打無四球の好投】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/28(日) 12:23:47.37 ID:CAP_USER9
2022年08月28日 11:39 野球 
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/08/28/kiji/20220828s00001007306000c.html
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/08/28/jpeg/20220828s00001007315000p_view.jpg

 シアトルの本拠地Tモバイル・パークで27日(日本時間28日)、マリナーズの会長付特別補佐兼インストラクター、イチロー氏(48)のチーム殿堂入りセレモニーが行われた。

 午後18時30分からの式典には、ケン・グリフィー、エドガー・マルチネス、ジェイミー・モイヤー、ダン・ウィルソンといった他の殿堂入りメンバーも出席。イチロー氏のマリナーズ時代のトリビュートビデオなどが上映され、エンゼルスの大谷翔平、現役時代にライバルだった松坂大輔氏からもビデオメッセージが届くなど、盛り沢山の内容で満員のファンを沸かせた。

 セレモニーの最後に壇上に立ったイチロー氏はすべて英語でスピーチ。「ワッツアップ、シアトル!」というあいさつからスタートすると、ルー・ピネラ元監督から勝利後にキスをされてショックを受けた話など、イチロー氏らしい様々なジョークを交えながら、多くのチームメイト、関係者への感謝の言葉を述べた。

 最後に「シアトルの素晴らしいファンへ。新人だった21年前、私に大歓声を送ってくれて以降、その声援は決して止まりませんでした。マリナーズの一員としてあなたたちの前でプレーできたのは最大の名誉でした」と話して改めてファンの喝采を浴びたイチロー氏。グリフィー氏から受け取ったマリナーズの殿堂ブレザーに腕を通すと、観客席からの拍手はしばらく鳴り止まなかった。

https://youtu.be/5lW6m98u7CA

【「あなたたちの前でプレーできたのは最大の名誉」イチロー氏、マリナーズ殿堂入り式典でファンに感謝】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/18(木) 09:05:25.24 ID:CAP_USER9
<エンゼルス7-11マリナーズ>◇17日(日本時間18日)◇エンゼルスタジアム

 エンゼルス大谷翔平投手(27)が、4試合ぶりの27号2ランを放った。「2番DH」で出場。9回1死二塁の第5打席、右腕フェスタのスライダーを捉え、左中間へ運んだ。メジャー通算120号で、2年連続30本塁打まであと3本とした。

 1回は1死で、先発右腕のカービーと対戦。2球目のチェンジアップを引っ張り、一、二塁間を固めていたマ軍の内野陣の間を球足の速いゴロで抜いた。前日の試合から4打席連続安打。13日のツインズ戦から続いている安打は5試合連続となった。

 3回1死一塁の第2打席は見逃し三振に倒れたが、6点ビハインドの5回2死一、二塁、第3打席でカーブを中前にはじき返し適時打を放った。

 第4打席は7回無死一塁は右腕マーフィーと対戦し、右翼線へ運ぶ適時三塁打を放った。2試合連続の三塁打はメジャーで初めて。

 この日は5打数4安打4打点。メジャー通算4度目、19年6月13日にサイクル安打を達成して以来、3年ぶりの1試合4安打をマークし、打率を2割6分5厘まで上げた。しかしチームは投手陣が崩れ、3連敗を喫した。

日刊スポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/c50c30528b8887595bb145cc41d2d33be08680d1

【エンゼルス・大谷翔平27号2ランでメジャー通算120号 5打数4安打4打点と躍動!!な・・・】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/17(水) 14:08:48.27 ID:CAP_USER9
MLB.jp 8/17(水) 13:43

【マリナーズ8-2エンゼルス】@エンゼル・スタジアム
6回表一死までパーフェクトに抑えたホセ・スアレス(MLB Advanced Media)

 エンゼルスはルイス・レンヒーフォの活躍で3回までに2点を先制したが、5回までパーフェクト投球を続けていたホセ・スアレスが6回に捕まって逆転され、9回表には3番手のジェシー・チャベスが大量5失点。2対8で逆転負けを喫し、2連敗となった。マリナーズ先発のロビー・レイは6回6安打10奪三振2失点で9勝目(8敗)をマーク。5回まで完璧なピッチングを見せていたスアレスに5敗目(4勝)が記録された。

 初回にレンヒーフォの9号ソロで先制したエンゼルスは、3回表にレンヒーフォのタイムリーで1点を追加。先発のスアレスが5回まで打者15人をパーフェクトに封じるなど、試合前半はエンゼルス優勢の展開だった。ところが、スアレスが6回表一死から3連打で満塁のピンチを招き、タイ・フランスに同点の2点タイムリーを浴びたところで降板。2番手のジミー・ハーゲットが次打者ジェシー・ウィンカーに犠飛を許し、リードを奪われた。その後はなかなか1点差を追いつけず、3番手のチャベスが9回表に大量5失点。最終的には2対8の大差で敗れた。

 エンゼルスの大谷翔平は「2番・DH」でスタメン出場。初回の第1打席こそ空振り三振に倒れたが、3回裏の第2打席はライトへのヒット、5回裏の第3打席はレフトへの三塁打、7回裏の第4打席はセンターへのヒットと広角に打ち分けて4打数3安打の活躍を見せた。今季9度目の1試合3安打で4試合連続ヒットとなり、今季の打率は.259、OPSは.856となっている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/3c2ffa7b5ef5db685e71f8effab5758eb3329487

【エンゼルス・大谷翔平、三塁打を含む4打数3安打の活躍で打率.259、OPS.856 チームは逆転負けで2連敗】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/16(火) 14:24:24.61 ID:CAP_USER9
■マリナーズ 6ー2 エンゼルス(日本時間16日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、本拠地・マリナーズ戦に「2番・投手兼DH」で投打同時出場した。6回7安打2失点と好投したものの、今季11勝目はならなかった。打っては4打数1安打で打率.254。チームは9回に守備が乱れ、2-6で敗れた。

 粘りの投球となった。初回2死からウィンカーに右中間ソロを被弾。先制点を許した。1-1で迎えた3回2死一、二塁のピンチではクロフォードの中前適時打で勝ち越しされた。なかなかリズムに乗れなかったが、再び同点に追いついた5回は上位打線を3者凡退に。6回は2死二塁のピンチを招いたものの、無失点に封じた。6回97球(ストライク67球)を投げ、8奪三振1四球、7安打2失点。防御率2.69、最速99.8マイル(約160.6キロ)だった。

 投球回数は117回。メジャー初のシーズン規定投球回(162)到達へ45回とした。また、今季165奪三振とし、レイズのマクラナハンに並んでリーグ3位タイ(メジャー5位タイ)とした。また、26本塁打はリーグ5位タイ(メジャー10位タイ)だ。

 バットではレッズからトレード加入した右腕・カスティーヨと初めて対戦した。初回1死は二ゴロ、3回無死一塁は見逃し三振に倒れ、5回1死一塁は左飛だった。8回先頭では救援・ムニョスから捕手前へボテボテの当たり。これを足で内野安打とした。同2死一、三塁までチャンスを広げたが、勝ち越しはならなかった。

 チームは同点の9回に守備が続出した。捕手・スタッシーの2失策、挟殺プレーのミスで勝ち越しを許すなど一挙4失点。連勝は2でストップした。
Full-Count編集部

https://news.yahoo.co.jp/articles/78ba929ce17942a35f3d0ac3995b486176773de5

【エンゼルス・大谷翔平、165奪三振で3位タイ浮上 6回2失点の好投も11勝目ならず】の続きを読む

このページのトップヘ