SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

マーリンズ

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/07(木) 12:11:37.89 ID:CAP_USER9
<マーリンズ2-5エンゼルス>◇6日(日本時間7日)◇ローンデポパーク

 エンゼルスの大谷翔平投手が、7回を2安打、3四球、10三振、1失点(自責点0)の好投で8勝目をマーク。打者としても決勝の2点タイムリーで自らを援護するなど4打数1安打、2打点、1盗塁と投打の二刀流で勝利に貢献した。

【写真】適時打も放ち、ファンキーにポーズを決める大谷

 MLB公式サイトのサラ・ラングス氏によると、連続する4試合の先発で自責点ゼロかつ40奪三振以上を達成したのは、自責点が公式記録となった1913年以降では史上9回目。

 また米ESPNは、投手として10奪三振、打者として2打点1盗塁を1試合で記録したのは、打点が公式記録となった1920年以降では史上初だと伝えた。

日刊スポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/efec5fc6b39a884eabb717b20e7a26289279b776

【エンゼルス・大谷翔平8勝目“二刀流”でまた快記録 10奪三振&2打点&1盗塁は史上初】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/07(土) 14:17:38.08 ID:CAP_USER9
2022年05月07日 14:02 野球 
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/05/07/kiji/20220507s00001007290000c.html
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/05/07/jpeg/20220507s00001007214000p_view.jpg

 【ナ・リーグ パドレスーマーリンズ ( 2022年5月6日 サンディエゴ )】 パドレスのダルビッシュ有投手(35)が6日(日本時間7日)、本拠地でのマーリンズ戦に先発。今季最長の7回を投げ、5安打2失点で3勝目を手にした。チームは1点差を守り切って、連勝とした。

 初回を11球で3者凡退で終えると、2回は2死からの連打で一、三塁としたが、8番・ロハスを遊ゴロに打ち取ってピンチを脱出。3-0の6回、2番・アギラに2点弾を許しても、乱れることはなかった。今季6試合目で4試合連続5度目のクオリティースタートを記録。奪三振は3だったが、制球力を生かして打たせて取る投球に終始し、抜群の安定感を見せつけた。

 前回登板の4月29日(日本時間30日)のパイレーツ戦では5回1死一塁の場面で、打球が右上腕に当たるアクシデントがあったが、続投を志願し2勝目。翌30日に自身のツイッターを更新し「昨日打球が当たった場所ですが内出血はあるものの痛みはなく、投球に支障はなさそうです。また次の試合も勝てるようにしっかり調整します」とつづっていた。

【パドレス・ダルビッシュ 安定感抜群の3勝目! 4試合連続QSの7回2失点】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/13(水) 11:51:03.80 ID:CAP_USER9
◇12日(日本時間13日)MLBエンゼルス4―3マーリンズ(アナハイム)

 エンゼルスが9回、サヨナラで連勝した。四球、盗塁、暴投で1死三塁としたところでスタッシが遊ゴロ。本塁への送球がそれ、代走のウェードがサヨナラのホームを踏んだ。

 大谷翔平選手(27)は「1番指名打者」で出場。1回は低めの変化球に空振り三振、3回は見逃しで3球三振。6回も空振り三振。3―3で迎えた8回1死の第4打席で右腕サルサーから今季4本目の安打となる右前打でチャンスメークし、その後、二塁を狙ったが、けん制球に誘い出される形で盗塁死。ビデオ検証でも判定は覆らなかった。

 大谷は、ここまで開幕から25打席連続ノーアーチが続いている。(写真はAP)
中日スポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/dca1139f2c3d4329465d7a5d9382d9b132e7bc97

【エンゼルス・大谷翔平、今季4本目の安打も25打席ノーアーチ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/13(水) 10:22:04.40 ID:CAP_USER9
4/13(水) 10:06配信
デイリースポーツ

 「米大リーグ、エンゼルス-マーリンズ」(12日、アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手(27)が「1番・指名打者」で出場。6回までの3打席で3連続三振を記録した。

 相手の先発・ルサルドは、アスレチックス所属時の昨年6月15日の対戦で、98・1マイル(157・8キロ)直球を敵地右中間席へ本塁打にしていたが、この日は2三振。6回からはスコットに継投したが、空振り三振に終わった。

 開幕5試合の打率・143(21打数3安打)はメジャー5年目で自己ワースト。開幕から21打席本塁打なしは19年の26打席に次いで遅い。

 大谷はこれで開幕から24打席連続で本塁打なし。エンゼルス打線は五回まで左の剛腕ルサルドを前に12三振を喫していた。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220413-00000045-dal-000-5-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/bdb366d68dd8ac1d43d893f08cae4c4f36e18535

【エンゼルス・大谷翔平が3打席連続三振 開幕24打席連続本塁打なし】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/13(水) 08:40:15.03 ID:CAP_USER9
4/13(水) 8:28配信
スポーツ報知

◆米大リーグ エンゼルス―マーリンズ(12日、アナハイム・エンゼルスタジアム)

 エンゼルス・大谷翔平投手(27)が12日(日本時間13日)、本拠地・マーリンズ戦に「1番・指名打者」でスタメン出場。両軍無得点、初回先頭の1打席目は空振り三振に倒れた。

 MLB公式サイトでは、大谷の“新たな才能”に注目している。11日(日本時間12日)のマーリンズ戦の試合中に、ベンチで笑顔を見せながらバットに心臓マッサージなど心肺蘇生をしているような動きをしていたことを紹介。11日の時点で打率1割4分3厘とあって「状況をよくするためにバットに新しい命を与える必要があるのかもしれない」と記した。

 昨季は46本塁打を放って本塁打王まで2本差に迫り、MVPに輝いた大谷。今季は11日までの5試合で本塁打、打点は0なし。バット頼み(?)なのかもしれない。

https://news.yahoo.co.jp/articles/350a70e17942774424c21267b4421caaa3736339
動画はこちら
https://video.twimg.com/ext_tw_video/1513721776194613248/pu/vid/960x720/17TQmZdFAlfHwBEG.mp4

【エンゼルス・大谷翔平がバットに心肺蘇生? MLB公式サイト紹介「新しい命を与える必要があるのかも」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/12(火) 16:01:08.46 ID:CAP_USER9
4/12(火) 13:22配信
デイリースポーツ

エンゼルス・大谷翔平

 「エンゼルス6-2マーリンズ」(11日、アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手(27)が「1番・指名打者」で出場し、4打数1安打。初回に2戦連続安打となる中前打で今季初盗塁を記録したが、開幕5試合の打率・143(21打数3安打)はメジャー5年目で自己最低。開幕から5試合ノーアーチは19年に並ぶ自己ワースト記録となった。

 見せ場は初回。フルカウントから8球目、右腕ヘルナンデスの外角高め145キロ直球を中前へはじき返した。時速101マイル(約163キロ)の高速打球がシフトを敷いて狭くなった二遊間を抜いた。

 バットの次は足だ。体調不良で欠場した主砲トラウトに代わって2番に入ったレンドンの打席。フルカウントから二塁を陥れて今季初盗塁をマークし、5番マーシュの先制3ランを呼び込んだ。

 前夜は自己最速となる119・1マイル(約192キロ)の超高速打球で二塁打を記録。今季1号に期待が高まったが、2打席目以降は精彩を欠いた。二回2死の打席はワンボールから148キロ直球を空振りした後、外角低めの137キロチェンジアップを高々と打ち上げ三飛。五回は先頭でワンボールから高めに浮いたスライダーをファウルにし、前打席と同じようにチェンジアップで崩されて三飛に倒れた。

 七回1死の第4打席は左腕スコットのスライダー攻めに苦戦。ワンボールから2球連続空振りし、思わず、顔をしかめて、自分のヘルメットをコツン。最後は4球連続で投じられた変化球を打たされ、三ゴロだった。

 チームは快勝し、戦績を2勝3敗とした。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220412-00000054-dal-000-4-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/6967e24792ad0c7e8e2edd6b824c01a6e7495c22

【エンゼルス・大谷翔平、今季初盗塁も自己最悪発進 開幕5戦打率・143&ノーアーチ】の続きを読む

このページのトップヘ