SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

モナコ

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/10(水) 07:26:31.23 ID:CAP_USER9
UEFAチャンピオンズリーグ予選3回戦第2戦が9日行われ、FW南野拓実が所属するモナコ(フランス)がPSV(オランダ)のホームに乗り込んだ。

2日の第1戦で先発出場した南野は、6日のリーグアン第1節ストラスブール戦を筋肉疲労のために欠場。しかし、第2戦で先発復帰して4-4-2の右サイドハーフの位置に入った。

 ホームでの第1戦を1-1のドローで終えたモナコは、前半21分にMFヨエイ・フェールマンに決められてPSVに先制を許してしまう。しかし、後半13分にDFギジェルモ・マリパン、同25分にFWウィサム・ベン・イェデルがネットを揺らして逆転に成功する。

だが、試合終了間際の後半44分にMFエリック・グティエレスにゴールを許して2-2の同点に。さらに2試合合計3-3で迎えた延長後半4分にFWルーク・デ・ヨングに決勝点を奪われ、3-4で敗れてプレーオフ進出を逃した。なお、南野は後半23分までプレーしている。

DF町田浩樹が所属するロイヤル・ユニオン・サンジロワーズ(ベルギー)はレンジャーズ(スコットランド)と敵地で対戦。ホームの第1戦で2-0の完封勝利を収めていたが、第2戦は0-3の完敗で大逆転を許して予選3回戦で敗退となった。町田はメンバー外だった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b4e18282cb107985619109a9bc7ca8c9a32ea135

【南野先発復帰のモナコ、延長戦の末にPSVに屈してCL予選敗退 町田所属のユニオンもレンジャーズに“逆転負け”】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/03(水) 19:50:03.86 ID:CAP_USER9
現地時間8月2日に開催されたチャンピオンズ・リーグ(CL)予選3回戦・第1レグで、南野拓実が加入したリーグ・アンのモナコが、オランダの強豪PSVとホームで対戦。1-1のドローに終わった。

スタメン出場を果たし、新天地での公式戦デビューを飾った南野は4-4-2の右サイドハーフでプレー。38分に先制点を奪われた直後の40分に、左サイドからのクロスに飛び込むも、右足で合わせるのが精一杯でシュートはGKに阻まれる。

49分には絶好機が到来。ロングフィードに反応し、最終ラインの裏に抜け出るも、左足のシュートは枠を捉えられない。結局、67分に最初の選手交代でベンチに下がった。

フランス紙『Le Figaro』は、日本代表FWのパフォーマンスを「ミナミノは目立たなすぎる」「見えない男」といきなり酷評。次のように綴った。

「モナコの新戦力は今夜、高い評価を得られなかった。日本人はほとんど目立たず、モナコ側で最初に交代となった。最初の失敗と言える」

 決して動き自体は悪くなかったが、リバプールから移籍してきた27歳への期待は大きいだけに、厳しい評価となったようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=114344
https://soccerdigestweb.thedigestweb.com/v=1659479827/files/topics/114344_ext_04_0.jpg

【「ミナミノは目立たなすぎる」公式戦デビューのモナコ・南野拓実にフランス紙が辛辣評価「最初の失敗」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/09(土) 17:06:42.50 ID:CAP_USER9
「ファッションショーいつか出るんちゃうか」

現地時間7月8日、リーグ・アンのモナコが公式ツイッターを更新。リバプールから加入した日本代表FW南野拓実のクールな一枚を公開した。

フランス語で「Demain est un nouveau jour(明日は新しい日)」と題してアップされたのは、モナコのエンブレムが入ったウェアを着用し、フードを被った南野が凛々しい表情を見せるショットだ。

この投稿にフォロワーからは「相変わらずイケメン過ぎる」「惚れた」「ファッションショーいつか出るんちゃうか」「モデルかよ」「控えめにいってかっこよすぎだろ」「そら女性サポ増えるわ」「やっぱ情熱の赤似合うなぁ」「かっけぇ…」といった声が上がった。

2015年にセレッソ大阪からオーストリアのザルツブルクに移籍し、以後はリバプールやサウサンプトンで活躍して、欧州9シーズン目はフランスリーグに新天地を求めた。日本代表の10番を背負う27歳は、新たな環境でどんな活躍を見せるか楽しみだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=112725
https://i.imgur.com/FpvdP9o.jpg

【「控えめにいってかっこよすぎ」モナコ南野拓実のモデル顔負けイケメンショットにファン歓喜!「そら女性サポ増えるわ」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/29(水) 22:54:12.21 ID:CAP_USER9
イングランド・プレミアリーグのリバプールからフランス1部モナコに移籍することが28日に発表された日本代表FW南野拓実(27)について、リバプールのユルゲン・クロップ監督(54)が惜別のメッセージを寄せた。

クラブ公式サイトで「タキ(南野)は素晴らしいプロフェッショナルで、スーパーな才能の持ち主。人として温かさに満ちていて、すべての人を前向きな気持ちにさせてくれる。監督にとって夢のような選手」と絶賛した。

リバプールでプレーした2年で公式戦55試合に出場して14得点。マネ、サラー、フィルミノらスターぞろいの攻撃陣で定位置をつかめなかった。それでもドイツ人指揮官は「リバプールでうまくいかなかったと言う人がいるかもしれないが、それは間違っている。
彼の貢献度は、出場チャンスを大幅に上回るほど高かった。出場した試合だけでなく、試合前におけるすべてのトレーニングセッションで我々を向上させてくれた。いつも完璧な姿勢で臨んでくれたし、
勝者のメンタリティを持っていた。また、彼のパフォーマンスとゴールがあったからこそ、我々は優勝を重ねることができた。彼の功績は時を越えて伝えられていく」と称えた。

さらに「タキがモナコで大成功するのは分かっている。我々は祝福と嫉妬という複雑な気持ちに駆られながら、彼の成功と繁栄を見守ることだろう。感謝と最高の願いを送りたい。ありがとう、タキ」と感謝の言葉とエールを送った。

https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2022/06/29/kiji/20220629s00002021525000c.html
https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2022/06/29/jpeg/20220629s00002027523000p_view.webp

【リバプールのクロップ監督がモナコ移籍の南野に惜別メッセージ「監督にとって夢のような選手」と絶賛】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/29(水) 00:47:53.19 ID:CAP_USER9
6/29(水) 0:31
配信
theWORLD(ザ・ワールドWeb)

リーグ・アンのモナコが日本代表FW南野拓実をリヴァプールから獲得したことを発表した。すでに各紙で報じられていたが、公式HPにて正式に発表されている。

来季からモナコへの加入が決定した南野。公式発表によると、2026年までの4年契約とのこと。モナコは今季のリーグ・アンで20勝9分9敗とパリ・サンジェルマン、マルセイユに次ぐ3位でシーズンを終えた。

今季の南野は出場機会が少ないながら、チャンスで結果を残してきた。プレミアリーグでは、11試合に出場して3得点に終わったが、カラバオカップでは5試合4得点1アシストを記録。FAカップでも4試合で3ゴールを決め、トップクラスのFWがひしめくリヴァプールで公式戦2桁得点を達成した。

来季はシーズン途中にFIFAワールドカップが開催されるという変則的なシーズンとなるが、モナコで出場機会を得て主力となり、W杯を戦う日本代表にも生かすことができるだろうか。モナコの南野にも注目だ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0b6e0ce5902d21c24871651ad7e97cb381482049

【日本代表FW南野拓実、新天地はモナコに決定! 2026年までの4年契約でリヴァプールから移籍】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/22(水) 07:41:20.88 ID:CAP_USER9
個人条件やメディカルチェック待つのみ

フランス、リーグ・アンのモナコがリヴァプールFW南野拓実の獲得へ向け、合意に至った。『GOAL』の取材により、明らかとなっている。

2020年冬にザルツブルクからリヴァプールに加入した南野。前線にワールドクラスの選手を揃えるチームの中で限られた出場機会しか得られず、
半年間のローン移籍を経験した同選手だが、昨シーズンは公式戦10ゴールを挙げる活躍を見せて、国内カップ戦2冠に貢献した。

その南野にはリーズ・ユナイテッドやサウサンプトン、アタランタなどが興味を示していたが、争奪戦はモナコが制した模様。
移籍金1800万ユーロ(約25億9000万円)で合意に至り、個人的な条件をまとめ、メディカルチェックを待つのみとなった。

移籍金に関しては、今週行われた交渉の結果、1500万ユーロ+300万ユーロのパフォーマンス関連のボーナスで合意。
リヴァプールの当初の希望額よりやや低いが、2020年1月の加入時に支払った移籍金のほぼ倍額となったことから、好条件とみられている。

南野は日本代表での取材対応時に去就に関して「試合に出場して最高のコンディションでワールドカップを迎えたいと思っています。かつレベルアップしないといけないと感じました。
それらを踏まえて色々決断できたら」と話していた。2022-23シーズンはフランスのリーグ・アンでその牙を磨くこととなりそうだ。

なお、モナコはフランス代表FWウィサム・ベン・イェデル、ドイツ代表FWケヴィン・フォラントらを擁し、2021-22シーズンはリーグ・アン3位でフィニッシュ。
新シーズンはチャンピオンズリーグプレーオフから出場し、本戦を目指すこととなる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b6f20db01b1d63244dc9654a2fd4a95287647e1c

【ASモナコ、南野拓実獲得へリヴァプールと合意!移籍金25億円で争奪戦制す】の続きを読む

このページのトップヘ