SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

ヤンキース

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/24(木) 13:09:07.23 ID:QE+QRfpg9
https://pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20221124-00000072-dal-000-6-view.jpg
 千賀滉大(左)とアーロン・ジャッジ

ジャイアンツ、千賀とジャッジ両獲り可能性 9年ぶり覇権奪回へ400億円補強か
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20221124-00000072-dal-spo

 米大リーグ、ジャイアンツがソフトバンクから海外FA権を行使してメジャー移籍を目指す千賀滉大投手(29)と、ヤンキースからFAになった今季62本塁打のアーロン・ジャッジ外野手(30)の両獲りに動く可能性が出てきた。

 千賀は東海岸のニューヨークを本拠とするメッツと西海岸サンディエゴのパドレスと面談したと伝えられており、大リーグ公式サイトによると、パドレスと同じ西海岸のサンフランシスコを拠点にするジャイアンツとも面談した模様。本拠地オラクルパークの場内大型スクリーンに千賀と背番号41の映像が存在したことが明らかになるなど、日本球界最強右腕を迎える準備を進めている様子を伝えている。

 千賀を巡っては先の3チームのほか、レッドソックス、ドジャース、カブス、マリナーズ、ブルージェイズ、エンゼルスなど、10球団前後による争奪戦になると予想。一部では4年8000万ドル(約112億円)以上の条件が提示されると言われている。

 今オフもっとも注目されている野手の一人、今季MVPのジャッジについてはMLBネットワークのジョン・モロシ記者が自身のツイッターでジャッジがジャイアンツのオーナーと面談したと報告。開幕前に古巣ヤンキースから提示された7年2億1350万ドル(約299億円)とドジャースの2億1400万ドル(約300億円)オファーを拒否したと報じられるなか、同外野手の生まれ故郷に近いジャイアンツも300億円超えの超大型契約を出す可能性は十分にある。

 ジャイアンツが所属するナ・リーグ西地区にはドジャースとパドレスの強豪球団がいる。14年にワールドシリーズを制した後、昨季までの8シーズンで地区優勝1回、プレーオフ進出2回と苦しんでいる。9年ぶり覇権奪回に向けて自千賀とジャッジ、2人合わせて400億円超えの大補強に注目が集まる。

関連記事
千賀滉大 ESPNが「マリナーズと5年100億円で契約」と予想
https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/246029

【ジャイアンツ、千賀とジャッジ両獲り可能性 9年ぶり覇権奪回へ400億円補強か】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/10(木) 10:48:46.48 ID:cjvYYEAv9
 米メディア『デイリー・エバーグリーン』が、2022シーズンのア・リーグMVPに関するアンケートを実施し、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手とニューヨーク・ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手のどちらが受賞に相応しいか調査した。

大谷は昨季に続き二刀流として躍動。ア・リーグ4位の34本塁打を放ちながら、投手として15勝を飾り、ア・リーグ西地区3位に終わったエンゼルスで一際存在感を放った。一方でジャッジは、62本塁打を放って1961年にロジャー・マリス氏が樹立したア・リーグのシーズン最多本塁打記録を塗り替え、本塁打王と打点王の二冠も達成している。

 同メディアによると、ワシントン州立大学と太平洋岸北西地区の学生の53人を対象にした調査では、21人が大谷を、32人がジャッジをMVPに推すと答えたという。また、複数のソーシャルメディアを通じて200人の野球ファンに質問したところ、78人が大谷を、122人がジャッジをMVPに選んだようだ。

 ジャッジの受賞に期待する声が多い結果に終わったが、甲乙つけがたいとして、同メディアは「この二人の同時受賞が一番理にかなっている」と結論づけた。続けて「ジャッジが受賞する可能性は高いが、最も価値のある選手は、過去、現在、そして今後10年間において大谷翔平である。昨季に匹敵するシーズンを送り、打者と投手の大半でチームを牽引した彼は、最も価値ある選手と言える」と伝えている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/44b76954917b5fa68e53f7fc1a58a40493d4f057

【大谷翔平は最も価値ある選手だが…MVPはジャッジ推し多数。米メディアが見解「同時受賞が一番理にかなっている」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/10(木) 12:19:26.94 ID:wp2h9WVL9
11/10(木) 8:30配信
Full-Count

ナ・リーグはカージナルスのゴールドシュミットが受賞

【MLB】大谷翔平、2年連続でハンク・アーロン賞ならず 日本人初の期待も…ジャッジ受賞

 大リーグ機構は9日(日本時間10日)、卓越した打者をファン投票などで選出するハンク・アーロン賞の受賞者を発表し、エンゼルスの大谷翔平投手は2年連続で受賞を逃した。ア・リーグではシーズン記録を塗り替える62本塁打を放ったヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手が選ばれた。

 大谷は今季も二刀流として開幕から躍動。34本塁打、95打点と昨季に及ばなかったものの、メジャー自己最多の157試合に出場して打率.273をマークした。1試合8打点を記する試合もあり、15勝を挙げた投手としてだけでなく、打者としての存在感も際立った。OPS.875、長打率.519はいずれもリーグ5位だった。

 受賞したジャッジは、今季リーグ記録を61年ぶりに塗り替える62本塁打を放ち、131打点とともにリーグ2冠に輝いた。ナ・リーグでは、カージナルスのポール・ゴールドシュミット内野手が受賞。151試合に出場し、リーグトップのOPS.982をマーク。115打点は同2位、打率.317は同3位、35本塁打は同5位だった。

 ア・リーグでは大谷やジャッジに加え、同僚のマイク・トラウト外野手ら8人が最終候補入りしていた。大谷は2年連続で最終候補に入ったが、日本人初の受賞とはならなかった。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20221110-01305530-fullcount-000-14-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/35959b03ac996fa438938574c26317a09cbf6df9

【エンゼルス・大谷翔平、2年連続でハンク・アーロン賞ならず 日本人初の期待も…ジャッジ受賞】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/05(土) 10:29:16.17 ID:OgT+JCxW9
11/5(土) 10:16配信
東スポWEB

大谷翔平は2年連続選手間MVPならず ジャッジが2冠達成
大谷翔平の2年連続受賞はならなかった
 大リーグ選手間投票で決定する「2022プレイヤーズ・チョイス・アワーズ」の年間最優秀選手賞「プレイヤー・オブ・ザ・イヤー」とア・リーグの最優秀野手賞「アウトスタンディング・プレーヤー」が4日(日本時間5日)に発表され、2年連続受賞が期待されたエンゼルス大谷翔平投手(28)は惜しくも受賞を逃した。ヤンキースのアーロン・ジャッジ内野手(30)が2冠を果たした。

 大谷は投手として28試合に先発登板し15勝9敗、防御率2・33、打者として34本塁打95打点、打率2割7分3厘をマーク。大リーグ史上初の投打ダブル規定到達やベーブ・ルース以来となる「2桁勝利&2桁本塁打」などを達成するなど、両賞に選ばれた昨季を上回る活躍だった。しかし、ア・リーグのシーズン最多記録である62本塁打、打率3割1分1厘、打点131でチームをプレーオフまで導いたライバルに軍配が上がった。

 このほか、ア・リーグでは新人王フリオ・ロドリゲス(マリナーズ)、最優秀投手とカムバック賞にジャスティン・バーランダー(アストロズ)、ナ・リーグの最優秀野手賞にはポール・ゴールドシュミット(カージナルス)、最優秀投手賞にサンディ・アルカンタラ(マーリンズ)、新人王にスペンサー・ストライダー(ブレーブス)、カムバック賞にはロベルト・アクーニャ(ブレーブス)がそれぞれ選ばれた。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20221105-00244030-tospoweb-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/c766756cf96d5245844ce0b42a9cf8443c7e308d

【エンゼルス・大谷翔平は2年連続選手間MVPならず…ヤンキース・ジャッジが2冠達成】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/27(木) 07:38:54.89 ID:1mAOv4sk9
今オフFAのヤンキース・ジャッジ獲得へ ジャイアンツ本腰


今オフFAとなるヤンキースのジャッジについて、ジャイアンツが獲得に本腰を入れていると米メディアが報じた。

さらに、NBCスポーツ(電子版)はブックメーカーのオッズを紹介し、ヤ軍退団の場合の移籍候補のオッズでもジャイアンツがトップと報道。
すでにドジャースも獲得への動きを強めていると名前が挙がっており、激しい争奪戦の行方に注目が高まっている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9158abf8042f375f06183b87e06586b7c1676c4e

【今オフFAのヤンキース・ジャッジ獲得へ ジャイアンツ本腰】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/19(水) 08:53:19.87 ID:V3Eu2LnB9
■ヤンキース 5ー1 ガーディアンズ(地区シリーズ・日本時間19日・クリーブランド)

【動画】193センチの大谷翔平が「小さく見える」 ヤ軍ジャッジ&スタントンと並ぶシーン

 ヤンキースは18日(日本時間19日)、本拠地でのガーディアンズとの地区シリーズ第5戦に5-1で快勝し、リーグ優勝決定シリーズに進出した。

 初回にスタントンの3ランで先制。続く2回には、ジャッジが第3戦以来の一発となるソロでリードを広げた。ア・リーグ記録を塗り替えるシーズン62本塁打を放った主砲にとっては、“64号”となった。5回にはリゾのタイムリーでダメを押した。

 19日(同20日)からのリーグ優勝決定シリーズでは、アストロズと激突。13年ぶりとなるワールドシリーズ進出をかける。
Full-Count編集部

https://news.yahoo.co.jp/articles/d5c4259b48ded12410120bcb4c28206d178a5b83

【ア・リーグ地区シリーズ第5戦 ヤンキース、リーグ優勝決定Sに進出 ジャッジ“64号”でガーディアンズに快勝】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/14(金) 11:03:19.83 ID:CAP_USER9
ベースボールチャンネル 10/14(金) 10:53

 米国の野球専門誌『ベースボール・ダイジェスト』が13日(日本時間14日)に2022シーズンの年間最優秀選手を発表し、ニューヨーク・ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手を選出。ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手の2連覇は実現しなかった。

 昨季、投手としてもプレーしながら46本塁打を放った大谷が、同誌の年間最優秀選手に選ばれていた。今季は34本塁打を放ちながら、投手として200を超える奪三振や15勝9敗という成績を残しているが、今回は年間最優秀選手に選ばれなかった。

 投票は元選手や監督含む22人の記者によって行われる。ジャッジは18票を獲得し、二刀流で活躍した大谷は4票という結果だった。ジャッジは今季、62本塁打を放ってロジャー・マリス氏が1961年に樹立したア・リーグのシーズン最多本塁打記録を更新している。

ベースボールチャンネル編集部
https://news.yahoo.co.jp/articles/945a2a4ff3f033e82487cddae42abd3697bb3f39

【エンゼルス・大谷翔平、米専門誌による年間最優秀選手で2連覇ならず。MVP争う62本塁打のジャッジが受賞】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/13(木) 12:35:52.34 ID:CAP_USER9
ア・リーグの地区シリーズ第1戦がニューヨーク・ヤンキースの本拠地ヤンキースタジアムで行われ、2009年以来のワールドシリーズ制覇を目指すヤンキースが、クリーブランド・ガーディアンズを4-1で下した。

試合はヤンキース先発ゲリット・コールが6回1/3を4安打1失点に抑える好投を見せると、打線もハリソン・ベイダー、アンソニー・リゾに本塁打が飛び出すなど着実に加点。「1番中堅」で出場したアーロン・ジャッジに一発は出なかったものの、投打がガッチリかみ合ったチームは白星発進した。

<略>

■ビール飲む代わりに投球練習
マウンドで力投したコールだが、前日に発したコメントが物議を呼んでいる。米スポーツサイト『The Athletic』や『CLUTCH POINTS』が伝えるところによると、登板前日に取材を受けたコールは「生まれ故郷(カリフォルニア州ニューポートビーチ)でマイク・トラウトやショウヘイ・オオタニと一緒にプレーし、遊んで暮らせるなんてとても素敵なことだっただろうね。今日はハンバーガーを焼き、ビールを飲んで、フットボールの試合で賭け事をやっていたことだろう。でも、現在の私はその代わりにヤンキースタジアムにいて、朝10時40分からブルペンで投げている。そして地区シリーズ開幕を控え、興奮しているよ」とコメントしたという。

■記事は編成部門の無能さ嘆く
コールは2019年12月にヒューストン・アストロズからヤンキースへ移籍。このときの争奪戦にはロサンゼルス・エンゼルスも加わっていたが、故郷に近い球団からのラブコールを袖にし、東へ向かう決断をした。あれから3年が経ち、自身の判断の正当性を口にした形だが、大谷やトラウトに対する皮肉にも聞こえ、『CLUTCH POINTS』などは“暴言”と記した。

それでも同サイトは「コールからの言葉は少し厳しいが、残念ながら彼の言う通りだ。エンゼルスは過去10シーズンで1度だけポストシーズンに進出し、2014年の地区シリーズでカンザスシティ・ロイヤルズにスイープされただけだ」と指摘。その上で「エンゼルスは才能に欠けていたわけではない。エンゼルスには文句なしに最高の選手であるトラウトと、二刀流の天才、オオタニがいる。彼ら(編成部門)のロースター構築の無能さは許しがたいものがある」とし、コール以上に厳しい言葉で嘆いていた。

https://spread-sports.jp/archives/160375

【大谷翔平、トラウトに暴言!? 地区S先勝ヤ軍エースのゲリット・コール「遊んで暮らせるなんて素敵」が物議】の続きを読む

このページのトップヘ