1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/21(月) 17:22:10.93 ID:CAP_USER9
J1神戸は21日、ヤングプレイヤーデベロップメントコーチのリュイス・プラナグマ・ラモス氏(41)が監督に就任し、暫定的に指揮を執ることを発表した。また、元東京V監督の永井秀樹氏(51)がスポーツダイレクター(SD)に就任する。リーグ戦4分け3敗と開幕から7戦未勝利のチームは20日に三浦淳寛前監督(47)との契約解除を発表していた。

 スペイン・カタルーニャ出身のリュイス氏は1999年にスペイン1部エスパニョールのユースチームで指導者としてのキャリアをスタート。エスパニョールやグラナダなどのBチーム、同国3部チームなどの監督を経て、20年にJ3今治監督に就任。21年5月に契約解除となるまで指揮を執った。

 今季は神戸で新設の若手育成担当コーチに就任。主将のMFアンドレス・イニエスタ(37)を筆頭にスペイン選手とコミュニケーションを直接図れる点はプラス材料でもある。

 今季タイトル獲得を掲げてスタートしたチームは4分け3敗と開幕7戦未勝利で16位に沈む。ルイス監督、永井SDによる新体制で巻き返しを図る。

ディリースポーツ 3/21(月) 17:11
https://news.yahoo.co.jp/articles/e7dcc038d6722ce0a0f2033d513ef3009816505f

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220321-00000115-dal-000-5-view.jpg?pri=l&w=640&h=638&exp=10800

【ヴィッセル神戸・リュイス監督が就任!暫定的に指揮 永井秀樹SDとの新体制で再出発】の続きを読む