SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

リーグワン

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/29(日) 16:53:20.90 ID:CAP_USER9
<ラグビー・リーグワン1部:埼玉18-12東京SG>◇プレーオフ決勝◇29日◇東京・国立競技場
埼玉パナソニックワイルドナイツ(埼玉、リーグ2位)が初代王者に輝いた。

昨季のトップリーグ(前身)決勝で勝利した東京サントリーサンゴリアス(東京SG、リーグ1位)を、2年連続で退けた。
今季はチーム内に新型コロナウイルス陽性者が出た影響で開幕から2試合は不戦敗。以降はプレーオフを含めて
16連勝で、その力を示した。

約5カ月前、不戦敗で戦うことすらできなかったリーグワン開幕戦の会場で、埼玉の強さを見せつけた。
普段通り-。簡単そうで難しい姿勢を、貫く強さがあった。リーグトップに1本差の10トライを挙げ、日本代表候補入りし
たWTB竹山晃暉(25)が言った。

「(決勝を控えても)思っている以上に普通です。いい積み重ねができてきたんだと思います。『決勝だからご飯を
たくさん食べよう』とか『ストレッチをたくさんしよう』とかじゃなく、リーグ戦、準決勝を戦ってきたような過ごし方。
何も恐れることがなく、やることがシンプルだからこそ『いつも通り』です」

シーズンの出だしは2試合連続の不戦敗。リーグ規則で相手に勝ち点5が与えられ、第2節終了時点で勝ち点0から
スタートだった。W杯2大会連続出場中のプロップ稲垣啓太(31)は、正直な思いを明かした。

「もどかしさはもちろんありました。ただ、それでチームがシーズンを終えるわけじゃない。身近にコロナが迫っている
実感がなかった。ただ、気づいてみた時には『すでに遅し』。コロナを身近に実感したからこそ『ただラグビーを
やっているだけでは、今季は戦い抜けない』と思った」

後ろは向かなかった。細部を突き詰め、意思疎通を密にし、毎週の試合で出た課題の修正を繰り返した。
W杯3大会連続出場中のフッカー堀江翔太(36)は、成長した部分を分析する。

「去年より発言する選手が多くなってきた。チームワークがいい。平均的にそこそこの選手が集まって、選手同士で
会話をしながら、作り上げていく。ゲーム中に会話しながら、僕中心じゃなく、リーダー陣中心にできていると思います」
決勝前日の28日。最終調整後の記者会見でも、フッカー坂手淳史主将(28)の発言はぶれなかった。「自慢の防御を
出すためには」という質問にこう答えた。

「重要になってくるのはしゃべること。全員でしゃべって、つながって、そこから、攻撃につなげたい」
ピッチ上でも、その外でも-。埼玉は意思疎通を続け、役割を遂行し、最後に頂点に立った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7d5a8608f49e25b651427ad47673895459b77d32

【ラグビーリーグワンPO決勝 埼玉パナソニックワイルドナイツが18-12で東京サントリーサンゴリアスを下し、初代リーグワン王者に】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/22(日) 16:06:10.48 ID:CAP_USER9
5/22(日) 16:02配信 デイリースポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/484e883fcc3285a12bd55198521f43b5bc9ea788

 「ラグビー・リーグワン・プレーオフ準決勝、埼玉24-10東京ベイ」(22日、秩父宮ラグビー場)

 埼玉(2位)が7日の最終節でも戦い、勝利していた東京ベイを相手にプレーオフ準決勝でも快勝した。レギュラーシーズンから15連勝で決勝戦へ駒を進めた。

 開幕2試合を新型コロナウイルスの陽性者がチーム内に判明したため不戦敗となる試練から埼玉の新リーグは始まった。それでも、主将のフッカー坂手淳史は「チームとしても自分としても考えを見つめる時間を取れた」と前向きに乗り越え、その後14連勝でレギュラーシーズンを終えていた。

 SO松田力也が負傷により不在のため、10番には日本代表候補の山沢拓也が先発。前半5分にPGこそ外したが、同7分には先制トライを決めた。

 同38分には相手の猛攻を受け自陣インゴール手前まで迫られるピンチを迎えたが、日本代表候補に入ったWTB竹山晃暉が狙いすましたインターセプトから独走。相手のインゴールまで走り切り、笑顔でトライを決めた。

 代表候補2人の得点で14-3とリードで前半を折り返した。後半14分には2019年W杯日本代表のフッカー堀江翔太が投入された。同25分にはラインアウトから最後はその堀江がトライを奪い突き放した。

 今季最多1万5353人の観衆の前で埼玉が24-10で勝利し、新リーグ初代王者に王手をかけた。決勝(29日、国立)は昨季の最後のTLと同じカードとなる埼玉-東京SG。3位決定戦(28日、秩父宮)はBL東京-東京ベイとなった。

【ラグビーリーグワンPO準決勝 埼玉が今季15連勝で決勝進出 初代王者へ東京SGと29日に国立で対戦 埼玉 24-10 東京ベイ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/17(木) 12:09:06.06 ID:CAP_USER9
今年1月に新リーグとして開幕したラグビーの「リーグワン」は、早くも1部から1チームが消えることになった。

NTTは16日、NTTコミュニケーションズシャイニングアークス東京ベイ浦安(浦安)と、NTTドコモレッドハリケーンズ大阪(大阪)の再編を発表。プロ契約選手らを含むチームの主要機能を浦安に集約させ、大阪は社員選手を中心にして規模を縮小するという。リーグ側によれば来季、大阪は3部となる。

ファン、選手の思いを無視した決断といえる。

今回のチーム再編は、1月にNTTドコモがNTTコミュニケーションズを子会社化したことで、親会社と子会社の両方がチームを持つ状態を見直したことを理由としている。

新リーグ開幕に向け、1~3部のデビジョンごとの振り分けが決まったのは昨年の7月だった。審査委員会は競技力と事業性、社会性も踏まえて入念に調査をしたはず。企業の子会社化は急に決まるはずもなく、この時点で「NTT」の2チームを1部に入れる判断は正しかったのか疑問が残る。

リーグの東海林一専務理事は会見で、企業側からは「昨年の後半から相談を頂いていた」と明かした。新リーグが開幕する前から、事実上の“撤退”の意思表示があったのだとしたら、ファンを裏切ることにはならないか。

大阪はこの春、大卒の新加入3選手を獲得した。彼らは日本のトップレベルでのプレーを望んで入団するにも関わらず、7月にはチームが再編されるというのである。関係者は「今後、ラグビーが続けられるのかどうかも含め不安を抱いている。あまりにも無責任な獲得ではないか」と憤る。

矛盾するのは大阪を3部に残す点にもある。混乱を招く2チーム再編を断行しながら、東海林専務理事は「リーグとしては排除するものではない」とし、大阪は最速2年で1部に復帰する可能性を残した。

まだシーズン真っただ中。現在11位の大阪は、19日にNECグリーンロケッツ東葛戦(ヤンマー)、27日にクボタスピアーズ船橋・東京ベイ戦(新潟)と続く。入れ替え戦もなくなり、選手たちは何を目標に試合に臨むのか。ファンは何を楽しみに、会場に向かえばいいのだろうか。

1部は関東8チーム、関西は神戸(旧神戸製鋼)と大阪の2チーム、それに加え静岡とトヨタの計12チームで構成されている。大阪の降格で、より地域性の偏りが出てくる。

昨年にはコカ・コーラが廃部となり、3部の宗像サニックスブルースは今季限りで活動休止にする方向。

2019年のW杯日本大会の成功から、日本のリーグは何を学んだのか。

このままではファンが離れていく

日刊スポーツ 3/17(木) 4:45
https://news.yahoo.co.jp/articles/28d661bd207ae3eaf95da37a31234bf207785b4b

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220317-33161296-nksports-000-3-view.jpg?pri=l&w=640&h=438&exp=10800

【ラグビー・リーグワン開幕前にNTTから“撤退”の意思 ファン、選手の思いを無視した再編!このままではファンが離れていく】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/14(月) 18:56:07.66 ID:CAP_USER9
ラグビーの国内最高峰、リーグワン1部に所属するNTTコミュニケーションズシャイニングアークス東京ベイ浦安(浦安)と、NTTドコモレッドハリケーンズ大阪(大阪)の2チームの再編が検討されていることが13日、関係者への取材で分かった。来季から浦安に強化を集中する。大阪は規模を縮小して活動を続ける見通しで、下部での活動などが検討されている。

 NTTドコモが1月にNTTコミュニケーションズを子会社化したことを受けて2チームの在り方を見直す。親会社と子会社を母体とするチームの対戦が、競技の公平性を損なうとの見方にも配慮したという。


https://news.yahoo.co.jp/articles/5a34c5101a0989387c16f3c678e927d53464ce49

【NTTコミュニケーションズシャイニングアークス東京ベイ浦安とNTTドコモレッドハリケーンズ大阪 2チームの再編検討】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/28(月) 20:01:19.20 ID:CAP_USER9
ジャパンラグビーリーグワン・ディビジョン1のNECグリーンロケッツ東葛に加入したものの、違法薬物所持で逮捕された13人制ラグビー元オーストラリア代表のブレイク・ファーガソン被告が、日本での1か月にわたった勾留生活について「立ち上がれない」ほどだったと話した。

 ファーガソン被告はグリーンロケッツでの15人制デビューに備えていた昨年12月に暴行事件を起こし、麻薬および向精神薬取締法違反で逮捕された。そして留置施設に送られた後、チームからも契約を解除され、150万豪ドル(約1億2500万円)と伝えられる年俸もふいにした。現在は勾留されていないが、日本にとどまり3月の出廷を待っている。

 ファーガソンは豪紙デーリー・テレグラフに対して「有罪を認めるつもりだし、寛大な判決が下されればうれしい。重要なのは責任を受け入れることだ」と話し、「自分で招いた状況だし、他の誰の責任でもない」と続けた。

 留置施設では携帯電話を没収され、家族と連絡も取れず「孤独で退屈」だったという。3人の子どもがいるファーガソンは「いるのは自分と、英語を話せない日本の人たちだけ。本を何冊か読んだがそれだけだった。食事はいたって平凡で、腰がとても痛くなった」と明かした。

「マットレスは本当に1センチの厚みしかなかった。何日間か立ち上がれないほどだった。もう絶対に戻りたくない」
  
2022年2月28日 15時47分
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/21750787/

写真
https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/d/f/df424_1351_8e79eaa2_922e6410.jpg

【日本で逮捕された元豪州代表「ファーガソン被告」勾留生活のつらさ明かす「立ち上がれない」「もう絶対に戻りたくない」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/18(金) 18:19:57.90 ID:CAP_USER9
[2022年2月18日17時40分]

ラグビー「リーグワン」の主催者は18日、第6節のトヨタヴェルブリッツ-コベルコ神戸スティーラーズ戦(19日)を中止にすることを発表した。

神戸側にメンバー登録後の18日に新型コロナウイルスの陽性者1人が出たことが判明。他の選手への感染、濃厚接触の疑いがあるため、主催者側は「試合登録に必要な選手がそろわないことが確定した」という。

トヨタ側が不戦勝で勝ち点5を獲得し、不戦敗の神戸は勝ち点0となる。

https://www.nikkansports.com/sports/news/202202180000647.html

【リーグワン神戸にコロナ陽性者が出てトヨタ戦中止 トヨタ不戦勝で勝ち点5、神戸は勝ち点0】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/29(土) 13:38:26.83 ID:CAP_USER9
1/29(土) 13:26配信
日刊スポーツ

ラグビーの新リーグ「リーグワン」は29日、30日に開催予定だった第4節の横浜キヤノンイーグルス-NTTコミュニケーションズシャイニングアークス東京ベイ浦安戦(ニッパツ)を中止にすることを発表した。

19日から23日までに浦安側に新型コロナウイルスの陽性者が5人確認され、24日に一度は全員の陰性を確認した上で練習を再開。26、27日のPCR検査でも陰性の確認がされたものの、「感染状況に対して不明な部分が存在するため、両チームの選手の安全を第一に考え、(浦安側が)試合の中止をリーグに申し入れた」としている。

これにより、横浜が不戦勝で勝ち点5、浦安が不戦敗で勝ち点0となる。

1月に開幕したリーグワン1部では、第3節までに18試合のうち8試合が中止。特に第3節(1月22、23日)は、6試合のうち行われたのは2試合だけ。代替試合は行われず、不戦勝、不戦敗が相次いでいる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9f9f117b6d79ba87809c3ad168d6bbf3b5f95d4a

【ラグビー・リーグワン 横浜-浦安戦が中止 第3節までに8試合が中止】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/20(木) 11:32:56.25 ID:CAP_USER9
1/20(木) 11:02
スポニチアネックス

リーグワン BR東京に新型コロナ陽性者8人、第3節BL東京戦は中止が決定

 ラグビー「リーグワン」の主催者は20日、第3節として22日に開催を予定していたBL東京―BR東京戦(味スタ)を中止にすると発表した。12日から16日にかけてBR東京側に新型コロナウイルス陽性者が8人確認され、その後の検査で19日に複数の選手が濃厚接触者と認定。当該試合キックオフ予定時間の48時間前までに試合登録に必要な選手がそろわないため、中止が決まった。

 当該試合の再試合は行わない。勝ち点の扱いはリーグワンの公式戦実施要項に基づき、改めて決定される。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220120-00000136-spnannex-000-4-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/dba816b5e48d3436ffa6c8414215a585af7324bb

【ラグビー「リーグワン」 BR東京に新型コロナ陽性者8人、第3節BL東京戦は中止が決定】の続きを読む

このページのトップヘ