SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

レアル・ソシエダ

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/20(木) 06:40:02.76 ID:yoTaE+6m9
ソシエダはCKからメリーノが先制ゴール

現地時間10月19日に開催されたラ・リーガ第10節で、久保建英が所属する5位のレアル・ソシエダは12位のマジョルカとホームで対戦した。

2019-2020シーズンと昨シーズンにレアル・マドリーからのレンタルでプレーした古巣との一戦で、久保はリーガでは6試合連続でスタメン出場。いつも通り2トップの一角に入った。

 ここまで公式戦7連勝、リーガでは4連勝中のソシエダは開始4分に幸先よく先制する。久保のパスからメンデスが放ったシュートでCKを獲得すると、そのメンデスのキックにメリーノがドンピシャのヘッドで合わせてネットを揺らした。

2分にシルバの見事なパスに合わせてヘディングシュートを放った久保は、11分にも左サイドから切れ込んで右足でシュートを放つも、ミートできない。

 13分にはダニ・ロドリゲスの浮き球のパスからアンヘルのボレーで狙われるも、シュートはバーに当たり、難を逃れる。

 25分には、シルバのパスを受けた久保が裏に抜けてビッグチャンスを迎えるもGKライコビッチにセーブされる。33分には、自陣のペナルティエリア付近からドリブルで一気に持ち込んだ久保のパスからメンデスが際どいシュート放つが、敵DFに当たって枠を外れた。

後半に入って58分、ソシエダはチャンスの場面からカウンターを受け、アマトにシュートを決められるも、オンフィールドレビューの結果、その前のプレーでファウルがあったとして失点を免れる。

 65分にシルバが交代し、トップ下に回った久保はその直後、セルロトからパスを受けて正面からシュートを放つも、枠に収められない。14番はその2分後にも好機を迎えるも、再びGKライコビッチに阻まれる。

 パフォーマンス自体は上々だったものの、3度の決定機を決めきれなかった久保は75分にベンチに下がった。

苦戦を強いられながらも、ソシエダがこのまま1―0で勝利。クラブ新記録となる公式戦8連勝を達成した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=118931

【久保建英、古巣マジョルカ戦で躍動も3度の決定機を逃す 4分弾で勝利のソシエダはクラブ新記録の公式戦8連勝!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/16(日) 23:20:14.40 ID:CAP_USER9
ラ・リーガ第9節が16日に行われ、日本代表MF久保建英が所属するレアル・ソシエダは敵地でセルタと対戦した。

 ヨーロッパリーグのシェリフ戦(○3-0)から中2日のレアル・ソシエダは、同試合からスタメンを6人変更。シェリフ戦でベンチスタートだった久保は先発し、2トップの一角でプレーした。

 序盤から激しい肉弾戦が繰り広げられ、選手の治療でたびたび試合が中断。一進一退の攻防が続くなか、30分にレアル・ソシエダが先制する。ペナルティエリア手前でこぼれ球を回収したアシエル・イジャラメンディは、左足を振り抜き強烈なミドルシュートを放つ。これがゴール右下隅に吸い込まれた。

39分、レアル・ソシエダがイージーミスで追いつかれる。自陣でマルティン・スビメンディの横パスをイアゴ・アスパスに奪われ、そのままセルタのエースに同点ゴールを許した。

 1-1で折り返すと、55分にレアル・ソシエダが勝ち越す。右コーナーキックからブライス・メンデスがインスイングのボールをゴール前に供給。うまく相手のマークを外したイゴール・スベルディアが頭で合わせて押し込んだ。

久保は75分までプレー。大味のゲーム展開のなかでボールに絡む場面は多く作れず、対峙した相手DFジョセフ・エイドゥーにスピードやフィジカルで抑えられたこともあり、持ち味を発揮することはできなかった。

 試合はこのまま終了し、レアル・ソシエダが接戦を制した。セルタは2連敗、レアル・ソシエダは公式戦7連勝となった。次節は19日に行われ、セルタはバジャドリード、レアル・ソシエダは久保の古巣マジョルカと対戦する。

【スコア】
セルタ 1-2 レアル・ソシエダ

【得点者】
0-1 30分 アシエル・イジャラメンディ(レアル・ソシエダ)
1-1 39分 イアゴ・アスパス(セルタ)
1-2 54分 イゴール・スベルディア(レアル・ソシエダ)

https://news.yahoo.co.jp/articles/d9290c2f1d8e87ef05b8ccb497b55bcc81d3b047

【レアル・ソシエダが公式戦7連勝! 久保建英は75分までプレーも見せ場作れず】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/14(金) 14:13:36.59 ID:CAP_USER9
SOCCER KING 10/14(金) 13:10

 ヨーロッパリーグ(EL)のシェリフ戦で1アシストを決めたレアル・ソシエダの日本代表MF久保建英は、スペイン現地でも高い評価を得ているようだ。

 勝ち点1以上を奪えばグループステージ突破が決まる状況のなか、レアル・ソシエダはグループE第4節でシェリフ(モルドバ)と対戦。ホームのソシエダは前半に先制すると、62分には先制弾のアレクサンダー・セルロートを下げて久保をピッチへ。すると1点を追加した81分、左サイドからのクロスを久保が頭で折り返すと、最後はロベルト・ナバーロが3点目を奪った。久保のアシストもあり、ソシエダは3-0で快勝して決勝トーナメント進出を決めた。

 この一戦について各選手の評価を下したスペインの地方紙『noticias de Gipuzkoa』は、途中出場から結果を残した久保について、「彼が目立たないのは想像できない。ピッチに出ると、そのままCKを蹴りに行った。右サイドのナイフだ。ヘディングでナバーロのゴールをアシストしてみせた」と高評価。これで公式戦6連勝となったソシエダを支える存在として、評価を確立しているようだ。

SOCCER KING
https://news.yahoo.co.jp/articles/ddd746d02b112d7249a973bf19f5e25c8cd168d8

【「右サイドのナイフだ」アシストの久保を現地紙も高評価「目立たないのは想像できない」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/10(月) 03:58:17.90 ID:CAP_USER9
33分にショートコーナーの流れから先制点

現地時間10月9日に行なわれたラ・リーガ第8節で、久保建英が所属する7位のレアル・ソシエダが、1ポイント差で8位のビジャレアルと対戦した。

 3日前に開催されたヨーロッパリーグ(EL)のシェリフ戦で移籍後初のフル出場を果たした久保は、2020-21シーズンの前半戦にプレーした古巣との一戦で、2トップの一角で公式戦4試合連続のスタメン出場を果たした。

序盤から圧倒的にボールを支配したソシエダは23分、メンデスが決定機を迎えるが、相手GKルジにセーブされる。31分には、エリア内でシルバからパスを受けた久保が振り向き様に左足でシュート。これはDFにブロックされる。

その2分後には、ショートコーナーの流れから、メリーノの浮き球のパスを受けたメンデスが、ルジの股を抜くシュートで先制ゴールを奪う。好調のスペイン代表MFはこれが今シーズン5点目となった。

後半から左サイドに張るようになった久保は51分、競り合いに勝ってボールを収めると、一枚をドリブルで抜いて駆け上がり、絶妙のクロス。しかし、ニアに飛び込んだシルバ、ファーのセルロトとも、わずかに合わない。

55分にはピンチ。モラレスに際どいシュートを浴びるも、枠を外れる。その4分後、シルバのスルーパスを受けたセルロトがルジと1対1になるも決めきれなかった。

65分には、久保が仕掛けてファウルを得て、敵CBアルビオルのイエローカードを誘発。このFKを自ら蹴るも壁に当ててしまう。このシーンを含め、日本代表MFはチーム最多の5つのファウルを受けた。

 追加点は奪えなかったものの、ソシエダがこのまま逃げ切って1-0で勝利。リーガでは3連勝、ELを含めると5連勝を飾っている。

なお、87分にナバーロと交代となった久保は、拍手喝采を浴びてベンチに下がっている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=118432
https://soccerdigestweb.thedigestweb.com/v=1665339826/files/topics/118432_ext_04_0.jpg

【ラ・リーガ第8節 久保建英、ファウル連発の古巣ビジャレアルを翻弄!拍手喝采を浴びて87分に交代。ソシエダは1-0勝利で公式戦5連勝】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/07(金) 09:20:00.61 ID:CAP_USER9
SOCCER DIGEST Web 10/7(金) 4:10

3試合連続のスタメン出場
シェリフ戦でフル出場を果たした久保。

 久保建英が所属するレアル・ソシエダは、現地10月6日に行なわれたヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ第3節で、モルドバ王者のシェリフとアウェーで対戦した。

 久保は公式3試合連続のスタメン出場。2トップの一角に入る。

 試合はソシエダがボールを握り、シェリフがカウンターを狙う展開。17分にはシルバがFKを狙うも枠を外れる。

 33分には決定機が到来。右サイドでシルバからパスを受けた久保が右足でクロス。これが敵DFに当たり、こぼれ球をメンデスが狙うも、枠を捉えられない。

 試合が動いたのは 53分だった。久保も絡んだパスワークから、最後はセルロトのパスを受けたシルバが強烈なシュートを叩き込み、先制ゴールを挙げる。

 61分にはシェリフのMFキャボウが2枚目のイエローカードで退場。そのファウルで得たメンデスのFKからエルストンドがヘッドで決めて、62分に追加点を奪う。

 試合はこのまま2―0でソシエダが勝利し、EL3連勝。随所に持ち味を発揮した久保は移籍後初のフル出場を果たしている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
https://news.yahoo.co.jp/articles/aeb6977e7c1244eb06ced59e4df80fef892603c0

【ソシエダ・久保建英が移籍後初のフル出場で持ち味を発揮!モルドバ王者に2ー0勝利でEL3連勝】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/03(月) 03:28:21.29 ID:CAP_USER9
 現地時間10月2日に開催されたラ・リーガの第7節で、久保建英が所属するレアル・ソシエダが昇格組のジローナとアウェーで対戦した

 日本代表のドイツ遠征帰りの久保は、リーガでは3試合連続のスタメン入り。主戦場となっている2トップの一角に入った。

 試合はいきなり動く。開始8分、左サイドでシルバのスルーパスを受けた久保が、ダイレクトでグラウンダーの絶妙なクロス。相棒のセルロトが右足でネットを揺らし、先制点を挙げる。日本代表MFは、ヨーロッパリーグのオモニア・ニコシア戦、前節のエスパニョール戦に続き、これが公式戦3試合連続のアシストとなった。

 幸先よくリードを奪ったソシエダだが、23分にリケルメに強烈なミドルシュートを決められると、その4分後にも、セットプレーの流れからアルナウ・マルティネスにヘッドを叩き込まれ、逆転を許す。

しかし42分、左サイドの久保→メリーノ→スビメンディと渡り、浮き球のパス。これをセルロトが胸トラップから左足のボレーでゴールに突き刺し、振り出しに戻す。


 後半開始早々の48分、アウェーチームはカウンターから敵のFWカステジャノスに持ち込まれ、ミドルシュートで再び勝ち越し点を献上する。

 直後の50分、久保がドリブルでエリア内に切れ込み、左足でシュート。しかし、惜しくも枠を外れる。59分にもシルバのパスを受け、左サイドを抉ってクロスを送り込むも、中で合わせることができない。

 迎えた66分、メンデスが送り込んだFKがそのままネットを揺らし、同点に追いつく。

 さらに71分、久保も絡んだ左サイドのパスワークから、最後はシルバのクロスをメリーノが落としたボールをスビメンディが詰めて、逆転ゴールを奪う。

 80分には、前線で久保が競り合い、こぼれ球を拾ったセルロトがフリーでシュートを放つも、ポストに当ててしまう。

 迎えた85分、カウンターからセルロトのパスをエリア内左サイドで受けた久保が左足を一閃。強烈なシュートを逆サイドに突き刺し、今季2点目を奪う。

 88分で交代した久保の1ゴール・1アシストの活躍で、ソシエダが5-3の勝利を飾っている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ce5509522b25980898bf0f51bdb59a719615e896

【ソシエダ・久保建英が1ゴール、1アシストと躍動!強烈左足弾で今季2点目、計8発の乱打戦勝利をもたらす】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/19(月) 03:27:55.89 ID:CAP_USER9
 ラ・リーガ第6節が18日に行われ、レアル・ソシエダとエスパニョールが対戦した。

 今シーズンここまで5試合を消化したレアル・ソシエダは、2勝1分2敗と順調に勝ち点を積み重ねているとは言い難いスタートに。それでも、ヨーロッパリーグ(EL)では2連勝を記録している。ラ・リーガに限定するとここまでの2勝はすべてアウェイ戦で、本拠地『エスタディオ・アノエタ』では未勝利。ホームゲームでは3連勝中と相性の良いエスパニョール戦で初白星を目指す。一方、エスパニョールは1勝1分3敗となっており、特に失点数が「10」と目立ってしまっている。得点数は「6」と低すぎるわけではないため、攻守のバランスを整理することで順位を上げていきたい。

 レアル・ソシエダはミッドウィーク開催のELからスターティングメンバー7名を変更。守護神のアレックス・レミロを筆頭に、アリツ・エルストンド、ミケル・メリーノ、ブライス・メンデスが連勤となっている。久保建英も先発に名を連ねた。一方、エスパニョールはエドゥ・エスポジト、ホセル、マルティン・ブライトバイテらがスタメン入りしている。

 試合は序盤からレアル・ソシエダが試合の主導権を握る。15分にはボックス手前でルーズボールに反応した久保が迷わずに左足を振り抜くも、シュートはGKの正面へ。続く17分には久保が再び決定機に絡む。エスパニョールのバックパスに反応すると、GKアルバロ・フェルナンデスのトラップが長くなった隙を見逃さず。猛然とプレスをかけてボールをつつくと、走り込んできたアレクサンダー・セルロートが無人のゴールに押し込んだ。

 直後の19分にはエスパニョールも反撃へ。右コーナーキックを獲得すると、キッカーを務めたセルジ・ダルデルがショートコーナーからの折り返しを受け、ダイレクトでマイナスへ送る。フリーとなっていたエスポジトが右足で狙い、相手DFに当たってネットを揺らした。

 試合は振り出しに戻ったものの、29分にはソシエダが再び勝ち越しに成功。敵陣で相手のパスをインターセプトしたメリーノがそのままボールを持ち運び相手選手4名の視線を集めて右に送る。後ろから走り込んだB・メンデスがワントラップから左足で流し込み、レアル・ソシエダがリードを奪った。その後もホームチームがボールを保持したものの、追加点は生まれず。このままハーフタイムに突入した。

 後半は1点を追うエスパニョールが前に出る時間帯が増えるも、レアル・ソシエダも失点を許さない。反対に74分にはチャンスが。久保がペナルティエリア手前で相手選手を引きつけてセルロートに送る。ダイレクトでの落としをメリーノが左に繋ぐと、ダビド・シルバがフリーでシュート。強烈なシュートはわずかにゴール右に外れた。79分にはボックス手前から久保が左足でシュートを狙うも、シュートはGKの正面へ。

 このまま時間は経過し、レアル・ソシエダの1点リードでタイムアップ。ラ・リーガ3試合ぶりの白星となり、今季ホーム初勝利を挙げた。久保は83分にベニャト・トゥリエンテスとの交代でピッチを後にしている。一方、エスパニョールは連敗となった。

 次節は10月2日に行われ、レアル・ソシエダは敵地でジローナと対戦する。一方、エスパニョールはホームにバレンシアを迎える予定だ。

【スコア】
レアル・ソシエダ 2-1 エスパニョール

【得点者】
1-0 17分 アレクサンダー・セルロート(レアル・ソシエダ)
1-1 19分 エドゥ・エスポジト(エスパニョール)
2-1 29分 ブライス・メンデス(レアル・ソシエダ)

【スターティングメンバー】
レアル・ソシエダ(4-4-2)
GK:レミロ
DF:ゴロサベル、エルストンド、パチェコ、ムニョス
MF:スビメンディ、メリーノ、B・メンデス(88分 スベルディア)、D・シルバ(84分 アリ・チョー)
FW:久保(82分 トゥリエンテス)、セルロート

https://news.yahoo.co.jp/articles/d8d7b1c06e81c2545d1048079819d8171781c9d3

【久保建英、猛プレスで先制弾をアシスト ソシエダはラ・リーガ3試合ぶりの白星に】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/04(日) 06:17:06.21 ID:CAP_USER9
久保建英が所属するレアル・ソシエダは、現地9月3日に開催されたラ・リーガ第4節でアトレティコ・マドリーとホームで対戦した。

 久保は開幕4試合目で初めてベンチスタート。2トップは、復帰したばかりのセルロトとチョが起用された。

そのソシエダは開始5分、カラスコの鋭いCKがニアポストに当たった跳ね返りをモラタに決められ、先制を許す。

 11分にはチョのクロスに、シルバがハーフボレーで狙うも、GKオブラクの正面を突く。その4分後にもチョのクロスにメリーノが合わせるも、ポストを叩く。

30分には再びモラタにネットを揺らされるも、VAR検証の末に直前にジョアン・フェリックスのハンドがあったとしてゴールは取り消される。
その2分後、敵CBのヒメネスにミドルシュートを浴びるも、GKレミロがセーブしたボールがポストに当たり、失点を免れる。

ソシエダは後半頭からセルロトに代えて、こちらもアルメリアから9月1日に加入したばかりのサディクを前線に投入。この采配が的中する。

 55分、再びチョが左サイドから上げたクロスを、サディクがヘッド。これが肩付近に当たってネットを揺らす。

アトレティコ戦での相性がよい久保に出番がやってきたのは71分。3枚替えでシルバと代わって移籍後初めてトップ下に入る。

 積極的にボールに絡んだ久保は76分、ダブルタッチから右足でスル―パスを送り、サディクがループ気味のシュートを決めるも、
オフサイドでアシストとはならない。89分にはCKから直接ゴールを狙うも、惜しくも枠を外れる。

試合はこのまま1-1のドローで終わっている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=116316

【今季初スタメン落ちのソシエダ・久保建英、71分からトップ下出場で存在感! 超絶アシストは幻に…サディク弾でアトレティコとドロー】の続きを読む

このページのトップヘ