SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

レアル・マドリー

1: 名無しさん@恐縮です 2023/05/03(水) 06:58:30.41 ID:S3HOxcyH9
2日のラ・リーガ第33節、レアレ・アレーナでのレアル・ソシエダ対レアル・マドリーは2-0でレアル・ソシエダの勝利に終わった。レアル・ソシエダMF久保建英は古巣相手に先発出場を果たし、先制点を記録している。

チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得を目指しているレアル・ソシエダと、週末のコパ・デル・レイ決勝オサスナ戦やCLのためにラ・リーガを調整試合として扱うレアル・マドリーの対戦。ヴィニシウス、ベンゼマを招集外としたマドリーはその影響を受けてゲームをうまくつくれず、ホームのソシエダは前半から牙を剥いている。

久保を右サイドに配置するレアパラブーツ・ソシエダは、16分に同選手のCKからスビメンディがシュートを放ったが、これはクロスバーを直撃。また24分にシルバが放ったシュートは、GKクルトワにセーブされている。対するレアル・マドリーは24分、クロースのCKにミリトンが頭で合わせたものの、こちらは枠を外れた。前半はスコアレスで終了する。

迎えた後半、スコアを動かしたのは、昨季レアル・マドリーに所属し、久保だった。47分、スルロットのハイプレスを受けたミリトンがクルトワにバックパスを送ったが、このパスの精度が大きく狂った。クルトワの横を通り過ぎたボールに抜け目なく、一気に詰めてきた久保が、左足で無人のゴールに押し込んでいる。

久保はこれが今季ラ・リーガ8点目。同リーグの1シーズンにおける日本人最多得点記録を更新中だ。

ソシエダはその後、62分にアイエンに打撃を加えたカルバハルが2枚目のイエローカードを提示され、スコアだけでなく数的にも優位に立つ。同チームのイマノル監督は74分に3~4枚目の交代カードを切り、スルロットと久保をカルロス・フェルナンデスとバレネチェアに代えた。日本人MFは、スタンディングオベーションを受けながらベンチへと下がっている。

そして85分、ソシエダが10人のレアル・マドリー相手にこの試合2点目を記録。ペナルティーエリア内左でボールを持ったバレネチェアが、落ち着き払った右足のシュートでクルトワを破っている。ソシエダは2点のリードを最後まで維持したまま試合終了のホイッスルを聞いた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1d30578943df6693400489db7503ff966db84ce6

【久保建英が古巣レアル・マドリー相手にゴール!レアル・ソシエダの金星獲得に貢献】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/02/12(日) 09:46:29.37 ID:mk9gTvCe9
 [2.11 クラブW杯決勝 レアル・マドリー 5-3 アルヒラル ラバト]

 FIFAクラブワールドカップ2022決勝が11日に行われ、欧州代表のレアル・マドリー(スペイン)がアジア代表のアルヒラル(サウジアラビア)を5-3で撃破した。4大会ぶりの出場で史上最多5度目の優勝。決勝での5ゴールも歴代最多となった。

【写真】中国女子サッカー“No.1美女”にファン興奮「彼女に蹴られたい」

 準決勝から参戦したレアルは8日のアルアハリ(エジプト)戦で4-1の快勝。決勝では負傷明けのFWカリム・ベンゼマがスタメンで戦列復帰を果たした。対するアルヒラルは準々決勝でウィダード・カサブランカ(モロッコ)、準決勝でフラメンゴ(ブラジル)に勝利。アジア勢初の大会制覇を目指して欧州王者に挑んだ。

 均衡が破れたのは前半13分だった。左サイドに降りたベンゼマがFWフェデリコ・バルベルデとワンツーを行い、ペナルティエリア内左へスルーパス。走り込んだFWビニシウス・ジュニオールが右足で決めた。

 前半18分にはMFルカ・モドリッチが右サイドからクロスを供給。GKに弾かれたボールをDFにクリアされるが、落下地点に入ったバルベルデがボックス内の右から右足でボレーシュートを放つ。DFの股を抜いてネットを揺らし、2-0とした。

 アルヒラルは前半26分、MFモハメド・カンノのスルーパスから抜け出したFWムサ・マレガが右足で蹴り込み、1点を返す。そのまま前半はレアルが2-1とリードして終了となった。

 後半はさらに激しく打ち合う展開となる。開始9分にビニシウスがペナルティエリア左脇から右足のアウトでカーブをかけたクロスを入れると、ベンゼマが右足で合わせて追加点をゲット。後半13分にはバルベルデが右サイドのDFダニエル・カルバハルとのパス交換からペナルティエリア内右へランニングし、リターンを右足のチップキックで押し込んだ。

 後半18分にはアルヒラルのDFサウド・アブドゥルハミドが絶妙なスルーパスを通し、抜け出したMFルシアーノ・ビエットがGKアンドリー・ルニンとの1対1に。右足で落ち着いて決め、2-4とした。

 それでも後半24分、左サイドでビニシウスが仕掛け、こぼれ球を拾ったMFダニ・セバージョスが鋭い切り返しでマークを外すと、流れたボールをビニシウスが右足で蹴り込む。

 後半34分に自陣でのボールロストからビエットに決められたレアルだったが、5-3のままタイムアップ。乱打戦を制し、世界王者に輝いた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2163e341b5df11255060436760caae4993b1b015

【レアル・マドリーが史上最多5度目のクラブW杯優勝!決勝最多5ゴールでアルヒラルを撃破】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/18(火) 09:35:22.70 ID:dNvo1LF59
 フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』が創設した世界年間最優秀選手に贈られる賞『バロンドール』の表彰式が17日にパリで開催され、レアル・マドリーのフランス代表FWカリム・ベンゼマが34歳で初受賞を果たした。

 レアルの選手としては2018年のクロアチア代表MFルカ・モドリッチ以来8人目、フランス人としては1998年のジネディーヌ・ジダン氏以来5人目となる。また、2位は今夏にリバプールからバイエルンに移籍したセネガル代表FWサディオ・マネ、3位はマンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネだった。

 史上最多7度のFWリオネル・メッシ(パリSG)に次ぐ5度の受賞を誇るFWクリスティアーノ・ロナウド(マンチェスター・U)がレアルに在籍していた頃は引き立て役に回ることも多かったベンゼマだが、近年は攻撃の絶対的中心として君臨。昨季はラ・リーガとUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)で得点王に輝く活躍を見せて両方の優勝に貢献し、2022年のバロンドール受賞が有力視されていた。

 クラブ公式サイトによると、ベンゼマは表彰式で「この賞を受賞できたことは誇りであり、小さな頃からの夢だった」と喜びを語り、レアル、代表チーム、古巣リヨンのチームメイトやスタッフ、そして家族に対して感謝のコメント。その上で「これは個人賞だが、チームのための賞でもある。僕にとってこれはみんなのため、そして全てのファンのためのバロンドールだ」と述べた。

 なお、レアルではベルギー代表GKティボー・クルトワも最優秀GKに贈られるヤシン・トロフィーを受賞。21歳以下の最優秀選手に贈られる“若手版バロンドール”のコパ・トロフィーにはバルセロナのスペイン代表MFガビ、ゲルト・ミュラー賞には今季バイエルンからバルセロナに移籍したポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキ、クラブ・オブ・ザ・イヤーにはシティが選出された。

https://news.yahoo.co.jp/articles/35438dc4d53b420a474a2d18db3dcd767ef14e0d

【34歳ベンゼマがバロンドール初受賞!「小さな頃からの夢」「全てのファンのためのバロンドールだ」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/26(月) 08:04:07.58 ID:CAP_USER9
9/26(月) 4:15配信

SOCCER DIGEST Web
チームはバダホスに勝利で3連勝
バダホス戦で今シーズン初出場を果たした中井。(C)Mutsu FOTOGRAFIA

 レアル・マドリーのカスティージャ(Bチーム)に所属する中井卓大が、ついにスペイン3部デビューを飾った。

【PHOTO】レアル・マドリーBでついに公式戦デビュー! 超逸材・中井卓大の雄姿を厳選フォトでチェック

 先日、トップチームへのトレーニング参加が話題を呼んだ18歳のMFは、故障もあって開幕に間に合わず、ここまで出場がなかった。

 9月25日に開催されたスペイン3部(グループ1)の第5節、バダホスとのホームゲームで出番が回ってきたのは、3-0とリードでして迎えた86分。ハビエル・ビジャ―ルと代わり、ピッチに入った。
 
 出場時間が短く見せ場は作れなかったものの、公式戦では初めて、ユースではないプロチームとの対戦を経験した。

 カスティージャは90分に1点を返されたものの、3-1で勝利。3連勝(3勝1分け1敗)を飾っている。

 このBチームで結果を残せば、トップデビューも現実味を帯びるだけに、今後の活躍から目が離せない。

https://news.yahoo.co.jp/articles/39c7e71ddb2143259bbc445c755baaee53e564b4

https://soccerdigestweb.thedigestweb.com/v=1664140125/files/topics/117673_ext_01_1.jpg

【レアル・マドリーBの中井卓大がついに公式戦デビュー! 途中投入でスペイン3部初出場を飾る】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/11(木) 03:59:30.64 ID:CAP_USER9
https://pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20220811-00114858-sdigestw-000-6-view.jpg
CL王者マドリーに挑む鎌田(左)と長谷部(右)。(C)Getty Images

フランクフルト鎌田大地、CL王者マドリーとの欧州スーパー杯でスタメンに復帰! 長谷部誠はベンチスタート
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20220811-00114858-sdigestw-socc

ブンデス開幕戦ではまさかの出番なし

 昨シーズンのヨーロッパリーグを制したフランクフルトは現地8月10日、ヘルシンキで開催される欧州スーパーカップで、チャンピオンズ・リーグ(CL)王者レアル・マドリーと対戦する。

 この大一番に先駆け、フランクフルトのスタメンが発表され、鎌田大地が先発入り。長谷部誠はマリオ・ゲッツェらとともにベンチスタートとなった。

 フランクフルトの今季初戦となった1日のDFBポカール1回戦(マクデブルクに4―0と勝利)で、本職ではないボランチで先発した鎌田は、いきなり2ゴールを挙げた。

 だが、その4日後に行なわれたバイエルンとのブンデスリーガ開幕戦(1-6で敗戦)ではまさかの出番なし。オリバー・グラスナー監督の采配が物議を醸していた。

 迎えたこのタイトルマッチでスタメンに復帰した日本代表MFは、入ると予想される得意の2列目で、CL王者を相手にどんなパフォーマンスを見せるのか。長谷部の出番とともに注目だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【フランクフルト・鎌田大地、CL王者マドリーとの欧州スーパー杯でスタメンに復帰!長谷部誠はベンチスタート】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/09(土) 17:15:05.81 ID:CAP_USER9
「クボは手放さないでほしい」

マジョルカでの二度目のローンを終えた久保建英は、保有元のレアル・マドリーに一時的にレンタルバックされた。

 ただ、マドリーにはEU圏外選手枠に空きがないこともあって復帰は叶わず、再レンタルが確実視されている。

そんななか、7月8日に始動したマドリーのプレシーズントレーニングに、久保の姿があった。ベルギー代表GKティボー・クルトワや元ドイツ代表トニ・クロースらの選手たちとともに練習に参加している。

マドリーの公式SNSでは、選手たちが練習場に到着した時の様子や、メディカルチェック、トレーニングの模様を動画で紹介。
久々にマドリーのトレーニングウェアを着用した日本代表MFの姿に、日本やスペインのファンから次のような声があがった。

「TAKE!」
「クボだ!」
「クボが戻ってきて嬉しい」
「子供みたいだな」
「ゴツくなってる」
「クボは手放さないでほしい」
「学校の初登校みたい」
「クボにチャンスを与えてほしいな」

今夏にレアル・ソシエダ、オサスナ、バジャドリー、そして古巣のマジョルカなどからの関心が伝えられてきた久保。注目の新天地が決めるまではもう少し時間がかかりそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=112736

【「クボが戻ってきて嬉しい」“復帰”の久保建英、マドリー始動日の練習参加が反響!「ゴツくなってる」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/27(金) 10:59:26.04 ID:CAP_USER9
レアル・マドリーのルカ・モドリッチは、今年9月9日で37歳になる。28日にはUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)決勝に臨むクロアチア代表MFは、FW三浦知良(55)の名前を挙げ、現役続行に意欲を垣間見せた。英『BTスポーツ』が伝えている。

【動画】モドリッチ「目指すのはミウラ」

 欧州CLではリバプールと決勝で争うR・マドリー。24日には練習場でUEFAオープンメディアデーを開き、選手たちにインタビューする場が設けられた。『BTスポーツ』からは、R・マドリーとリバプールでプレー経験を持つ元イングランド代表のスティーブ・マクマナマン氏がコメンテーターとして訪問した。

 モドリッチはインタビューの場でマクマナマン氏の姿を確認すると、思わずニヤリ。リラックスした表情で2人は会話を始めた。そこで名前が挙がったのが、日本の“キング・カズ”だ。

 マクマナマン氏は、すでにベテランの域に達しながらも衰えを見せないクロアチア代表MFに「きみは一体いつまでプレーするつもりだ?」と質問する。すると、モドリッチは三浦カズの名前を出しながら、目標の年齢を口にした。

「正確には決めていないよ。50歳かな。日本のサッカー選手、ミウラのようになりたいね」

 今年で55歳となった三浦カズは、JFL所属の鈴鹿ポイントゲッターズへ。そのサッカーに対する意欲はいまだ衰えを見せていない。

https://news.yahoo.co.jp/articles/390b63d9d21aeb72453257359632ea0a4fd28471

【「ミウラのように、僕はなりたいんだ」モドリッチは50歳まで現役意欲 目標に掲げた名は“キング・カズ”】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/21(土) 22:31:51.35 ID:CAP_USER9
 契約延長をして残留するのか。相思相愛とされてきたレアル・マドリーに移籍するのか。パリ・サンジェルマンのフランス代表FWキリアン・エムバペが決断を下したようだ。

 5月21日、移籍市場に精通したジャンルカ・ディ・マルツィオ氏のサイトが、次のように報じた。
 
「キリアン・エムバペはパリSGに残る。今夜のメスとの試合後、彼は自らそれを発表する」

 これまでパリSGからの契約延長のオファーを拒否し、契約切れとなる今シーズン限りで退団→マドリー移籍が既定路線と見られてきたが、急転直下で翻意したのか。23歳の“怪物ストライカー”の動向に注目だ。
 

https://news.yahoo.co.jp/articles/2fbfe1315ee442afc7e69ef2b4748110303f33aa

【急転直下!“怪物”エムバペがパリSG残留を決断、今夜正式発表と現地報道!マドリー移籍は破談か】の続きを読む

このページのトップヘ