SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

レッズ

1: 名無しさん@恐縮です 2024/03/09(土) 12:46:02.73 ID:eoVrRDJc9
3/9(土) 12:17配信

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20240309-03091069-sph-000-1-view.jpg?pri=l

スポーツ報知

◆オープン戦 ドジャース―レッズ=雨天ノーゲーム=(8日・米アリゾナ州グレンデール=キャメルバックランチ)

 ドジャース・大谷翔平投手(29)が8日(日本時間9日)、オープン戦の本拠地・レッズ戦に「2番・指名打者」でスタメン出場した。2打席連続で左飛に倒れたが、5回表から雨が強くなり中断。そのままノーゲームとなった。ドジャースは7日のジャイアンツ戦も雨天中止になっている。

 大谷は第1打席、第2打席ともに、日本ハムとソフトバンクでプレーしたN・マルチネスの前に左飛に倒れた。第1打席では左翼フェンス前まで飛ばしたが、あとひと伸び足りなかった。第2打席で外角のチェンジアップをうまくとらえることができなかった。ノーゲームとなったため打率は5割8分3厘で変わらない。

 雨天中止決定後、ロバーツ監督は大谷の次戦について「翔平は明日(日本時間10日、対レンジャーズ)の試合には出ないが、日曜(同11日、対Dバックス)は出る。日曜は天気は大丈夫なはずなので、最低でも3打席は出す」と話した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ef1d584f2d7c4aa9e4c15edb6f33b6fbeb2a8745

【ドジャース・大谷翔平、2打席凡退もノーゲームで打率は5割8分3厘維持 次戦Dバックス戦では「最低でも3打席」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/08/24(木) 13:14:34.22 ID:DTb2yee/9
https://news.yahoo.co.jp/articles/53141ef654ca88853db6cf28fff88a113ebcef30

今季44号アーチ→緊急降板の大谷翔平に現地では心配の声が広がる 米識者は「球速が明らかに落ちていた」と指摘


 現地時間8月23日(日本時間24日)、エンゼルスの大谷翔平は本拠地で行われたレッズ戦のダブルヘッダー第1試合目に「2番・投手」として先発出場。初回に4試合ぶりとなる今季44号の本塁打を放ったが、直後の2回に緊急降板した。

 まさかのアクシデントに見舞われた二刀流スターの状態が心配される。初回は2奪三振を奪うなど三者凡退の投球を見せて上々の立ち上がりを披露。

 直後の初回裏には無死一塁の場面で1打席目が回ると、相手先発のアンドルー・アボットが初球に投じた真ん中付近の速球を完璧に捉え、打球を右中間スタンド中段まで運ぶ豪快な今季44号2ランを放った。

 打球速度は115・7マイル(時速約186・2キロ)、飛距離は442フィート(約134・7メートル)を計測。この一発でア・リーグ本塁打ランキング2位のルイス・ロベルト(ホワイトソックス)に11本差をつけ、トップを独走中だ。

 二刀流スターが放った豪快弾に、米データ分析会社『Codify Baseball』の公式X(旧Twitter)アカウントは「1年間で44本塁打は本当に素晴らしい。1年間で167人の打者から三振を奪うのも本当に素晴らしいことだ。1人の男が1年でその両方を達成するのは完全にばかげたことだ」と反応していた。

 しかし、自らのアーチで投手・大谷に2点を援護したが、直後の2回は1死を奪った際にネビン監督、水原一平通訳らをダグアウトからマウンドに呼び寄せ、そのまま緊急降板となった。

 球団は「腕の疲労」があったため降板したと発表。指名打者として名を残すこともなくダブルヘッダー1試合目を退いた。

 アクシデントに見舞われた大谷に現地では心配の声が広がっている。米メディア『The Athletic』の元記者ブレント・マグワイア氏は自身のXアカウントで大谷の球速データとともに「ショウヘイ・オオタニは打者5人と対戦して終了。全体的に彼の球速は明らかに落ちていた。それが意図的なものなのかどうか最初はわからなかったが、彼は明らかに腕の疲労とまだ付き合っているようだ」と投稿し、二刀流スターの状態を心配した。

 ダブルヘッダーの第2試合目に「2番・指名打者」で出場しており、大事には至っていないようだが、やはり疲労は心配される。今後の試合出場への影響が何事にもないことを願うばかりだ。

【エンゼルス・大谷翔平、今季44号アーチ→緊急降板 現地では心配の声が広がる 米識者は「球速が明らかに落ちていた」と指摘】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/05/12(金) 05:33:52.82 ID:XoYkTHdk9
2023年05月12日 04:04 野球
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2023/05/12/kiji/20230512s00001007119000c.html
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2023/05/11/jpeg/20230512s00001007115000p_view.jpg

 【ナ・リーグ メッツ0ー5レッズ ( 2023年5月11日 シンシナティ )】 メッツ・千賀滉大投手(30)が11日(日本時間12日)、敵地・シンシナティでのレッズ戦に先発。初回に相手打線につかまり、大量失点するなど5回8安打5失点で今季2敗目となった。チームは連勝ならず、今季7度目の零封負けで借金は最多タイの2となった。

 直球、変化球とも高めに浮いた球をキッチリと打ち返された。初回、先頭のインディアに二塁打を許し、いきなりのピンチ。2番・フリードルを遊飛、3番・スティアを96・9マイル(約155・9キロ)直球で見逃し三振に仕留めて2死までこぎ着けたが、3つ目のアウトが遠かった。4番・フレーリーに中前への先制打を浴びると5、6番打者にも連打を浴びて2点目を失う。これだけでは終わらない。四球を出して2死満塁とすると、8番・ニューマンに左前への2点打を許し、この回計5安打で4点を失った。

 2回は1番からの打線をいずれも「ゴーストフォーク」で3者連続の空振り三振。初回2死二、三塁の9番・カサーリから3回先頭の4番・フレーリーまで5連続三振を奪った。5回にソロ本塁打を被弾したものの、2回以降は安定感を取り戻しただけに、悔やみきれない初回となった。

 故障で出遅れたバーランダーが10日(同11日)の試合で移籍後初勝利を挙げ、シャーザーも粘着物質の不正使用による出場停止から復帰。戦う体制は整いつつあるが、チームは波に乗れず、直近10試合で3勝7敗と苦しむ。前回登板後、千賀は「このチームに負けは似合わない」と力を込めていた。シーズン中盤に向けての巻き返しに向け、千賀が全力で腕を振る。

【メッツ・千賀滉大 5回5失点で2敗目 5連続含む7奪三振も、初回まさかの大量4失点】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/04/29(土) 14:42:05.93 ID:vqndBcxw9
4/29(土) 12:58配信

■レッズ 11ー7 アスレチックス(日本時間29日・オークランド)

 アスレチックスの藤浪晋太郎投手が28日(日本時間29日)本拠地で行われたレッズ戦でリリーフ登板したものの3連続四球を出す大荒れ。1回2失点で降板し、防御率は13.00に悪化した。暴投もあり、制球難という課題を解消できないままだ。試合はアスレチックスが7-11で敗れ4連敗。5勝22敗の借金17となっている。

 登板は26日(同27日)のエンゼルス戦以来で、リリーフでは2試合目。5-8の8回、1死二塁の場面で3番手としてマウンドに上がると、先頭打者から三振を奪った。走者が三盗し、続くステファンソンの緩い投ゴロが内野安打となり三走が生還。ただ次打者を遊ゴロに打ち取りしのいだ。

 9回も続けてマウンドに上がったものの、先頭からの3連続四球で無死満塁。1死を奪ったところから暴投と右前適時打で計2点を失い降板した。

 計1イニングで2安打2失点、1奪三振3四球という成績。直球は最速98.5マイル(約158.5キロ)を記録した。

Full-Count編集部
https://news.yahoo.co.jp/articles/2029e0bb5333a9ce03145b2206218574338034c0

【アスレチックス・藤浪晋太郎が3連続四球の大荒れ 満塁のピンチで暴投…失点重ねて防御率は13.00に】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/06(木) 10:03:28.98 ID:CAP_USER9
スポーツ報知 10/6(木) 8:13配信

 ◆米大リーグ レッズ―カブス(5日・シンシナティ=グレートアメリカン・ボールパーク)

 カブスの鈴木誠也外野手が5日(日本時間6日)、今季最終戦となった敵地のレッズ戦に「2番・右翼」で先発も3打数無安打1四球でメジャー1年目を終えた。

 鈴木は1日本拠のレッズ戦の7回に20日ぶりの14号決勝アーチを放ち翌日も2安打したが、シンシナティ遠征3試合は12打席11打数無安打。この日は7回に代打を送られた。

 鈴木は昨年オフに、ポスティング制度を利用して、5年総額8500万ドルの大型契約でカブス入り。4月は2割7分9厘、4本塁打、14打点でナ・リーグの月間新人賞に輝いたものの、5月に二塁盗塁の際のスライディングで左薬指捻挫、9月に左手首への死球禍、そして第1子誕生で帰国するなど慌ただしい1年だった。

 111試合で打率2割6分2厘、14本塁打、46打点は本人も物足りなさを感じており、来季の飛躍が待たれる。

報知新聞社
https://news.yahoo.co.jp/articles/cf9a1e16f384f77f5de6d8755dafea562c1b809e

【カブス・鈴木誠也は3試合連続ノーヒットでシーズン終了 打率2割6分2厘、14本塁打、46打点】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/03(月) 06:24:33.88 ID:CAP_USER9
10/3(月) 6:14配信 TBS NEWS DIG Powered by JNN
https://news.yahoo.co.jp/articles/02eeba05f673172e15c33ed254c51342de10a241

■メジャーリーグ レッズ 1ー8 カブス(日本時間3日 リグリー・フィールド)

日本で第1子誕生を見届け復帰4戦目となったカブス・鈴木誠也(28)は本拠地最終戦となったレッズ戦に“3番・ライト”でスタメン出場。レッズの先発は8球団を渡り歩いているベテランのC.アンダーソン(34)1回第1打席、無死一・二塁のチャンス、復帰から3試合連続安打をマークしている鈴木はしっかりボールが見えていてカウント1-2と追い込まれても速いボールに食らいついてファールで粘った。アンダーソンに9球を投げさせ四球で出塁した。

2回第2打席はレッズ2人目F.クルス(32)と対戦、32歳にして今季初めてメジャーのマウンドに立った苦労人の1球目、95マイル(153キロ)のストレートを叩きレフト前へ復帰後4試合連続となるヒットをマークした。

好調の鈴木は4回第3打席、レッズ3人目J.クーネル(27)と対戦、カウント3-2からの6球目、96マイル(154キロ)のストレートをライト前へ弾き返し2打席連続ヒット、3試合ぶりのマルチヒットで今季25度目となった。6回の第4打席はライトフライ、第5打席は空振り三振に倒れた。鈴木の本拠地最終戦は4打数2安打1四球で打率.269、チームも本拠地最終戦で勝利し7連勝となった。

【カブス・鈴木誠也、本拠地最終戦 復帰後4試合連続安打&今季25度目のマルチ チームも勝利で7連勝】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/02(日) 10:50:05.72 ID:CAP_USER9
10/2(日) 10:35配信 ベースボールキング
https://news.yahoo.co.jp/articles/ac724846d35464d7752ae1cd85658c9cffb5e917

○ カブス 2 - 1 レッズ ●
<現地時間10月1日 リグリー・フィールド>

 カブスの鈴木誠也外野手(28)が1日(日本時間2日)、本拠地でのレッズ戦に「2番・右翼」で先発出場。7回の第4打席に決勝点となる14号ソロを放ち、チームを6連勝に導いた。

 レッズの先発左腕・ロドロの前に、5回の第3打席まで2打数無安打1四球だった鈴木。それでも1-1の同点で迎えた7回、二死無走者の場面で2番手右腕・ローの2球目ツーシームを捉えると、打球は左翼席へ飛び込む決勝ソロとなった。

 復帰後初アーチとなる14号は、打球初速103.8マイル(約167キロ)、飛距離382フィート(約116メートル)の一撃。この日は3打数1安打1打点、1四球1三振の結果で打率は.267、OPSは.785となった。

 カブスは接戦を制し6連勝。鈴木はこれで第1子(男児)誕生後、3試合連続安打で打率は.400(10打数4安打)となった。

【カブス・鈴木誠也、決勝14号ソロで6連勝に貢献 第1子誕生後は3戦連続安打&打率.400】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/09(金) 10:07:18.97 ID:CAP_USER9
日刊スポーツ 9/9(金) 7:31

本塁打を放ったカブス鈴木誠也(ロイター)
<カブス3-4レッズ>◇8日(日本時間9日)◇リグリーフィールド

 カブス鈴木誠也外野手(27)が「2番右翼」でスタメン出場し、12号ソロを含む4打数2安打1打点1三振と、マルチ安打をマークした。

 2-2の同点で迎えた8回1死走者なしの第4打席。救援右腕ディアズと対戦し、カウント1-1から時速88マイル(約142キロ)のスライダーを左中間スタンド、一時は勝ち越しとなるソロ本塁打を放った。

 6回の第3打席には、中堅へ二塁打を放ち、3番レイエスの適時打でホームを踏んだ。

 その他の打席は、見逃し三振、一邪飛。

 打率は2割6分4厘となった。

 試合は、カブスがリードを守れず、9回に逆転されて連敗した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8ac221451f1fcfe76820b6154dc3e5b19b408509

【カブス・鈴木誠也 一時は勝ち越しの12号ソロ含む4打数2安打の活躍 チームはレッズに逆転負け】の続きを読む

このページのトップヘ