SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

レンジャーズ

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/25(水) 11:38:55.44 ID:CAP_USER9
5/25(水) 11:25
デイリースポーツ

大谷翔平、第2打席で死球受け本拠地大ブーイング

 「エンゼルス-レンジャーズ」(24日、アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手(27)は「1番・指名打者」で出場。三回の第2打席で死球を受け、本拠地は大ブーイングに包まれた。

 三回、2死走者なしで迎えた第2打席。レンジャースの先発右腕ダニングの投じたボールは、大谷の右足つま先付近に直撃した。今季初死球。一瞬痛そうな表情こそ浮かべたが、飛び跳ねながら痛みをこらえて一塁方向へ。その後も足を気にするそぶりを見せた。

 ダニングとは過去12打数1安打で打率0・83。初回の第1打席は空振り三振と、苦手としている。

 大谷はこの試合まで投打同時出場7試合を含む42試合に出場し、打率・259、9本塁打、28打点、6盗塁をマーク。前戦22日のアスレチックス戦では初回に先頭打者で6戦ぶり9号を放ち、日米通算150号を達成し、八回には内野安打で2戦連続マルチ安打を記録した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a9f5bef897329cf2787e9a650ae68d74f6314399

【エンゼルス・大谷翔平、第2打席で死球受け本拠地大ブーイング】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/19(木) 18:16:45.45 ID:CAP_USER9
2022年05月19日 12:34 野球
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/05/19/kiji/20220519s00001007293000c.html
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/04/30/jpeg/20220501s00001007146000p_view.jpg

 【ア・リーグ エンゼルス5―6レンジャーズ ( 2022年5月18日 アーリントン )】 エンゼルスの大谷翔平投手(27)は18日(日本時間19日)、敵地グローブライフ・フィールドで行われたレンジャーズ戦に「3番・投手」で今季7度目の投打同時出場。今季最速100・8マイル(約162・2キロ)をマークするなどし6回6安打2失点に抑えたが、“天敵”ハイムに2適時打されて4勝目はならず。打っては4打数無安打だった。エ軍は9回に2点差を追いついたものの延長10回の末に5―6でサヨナラ負けを喫して今季初の3連敗となった。

 大谷は立ち上がりの初回、制球が定まらず安打と四球で1死一、二塁としたが、ガルシアを遊飛、Kカルフーンには100・5マイル(約161・7キロ)の直球を投げ込むなどして空振り三振に仕留めて無失点で切り抜けた。1点の援護をもらった直後の2回も無失点、3回は2三振を奪うなど3者凡退に抑えた。リードが2点に広がった4回は1死一、二塁から前回の対戦で満塁本塁打を打たれたハイムに左前適時打されて1点差に迫られたが、5回は2死から安打を許したが無失点に抑えた。しかし、6回1死三塁から、またもハイムに左翼線適時二塁打されて同点とされ、この回で降板した。これでハイムとは11打数5安打で打率・455、1本塁打、7打点、今季に限れば5打数5安打7打点となった。

 打っては、初回1死一塁の第1打席はレ軍先発右腕ダニングのチェンジアップを引っかけて一ゴロ併殺打、3回無死の第2打席は空振り三振、6回1死一塁の第3打席はニゴロ、左腕キングと対戦した8回2死の第4打席は三ゴロ、右腕サンタナと対戦した延長10回無死一、二塁の第5打席は空振り三振に倒れた。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

【エンゼルス・大谷翔平 今季最速162キロ!6回2失点も“天敵”に痛打を浴び4勝目ならず 打は5の0 チームはサヨナラ負けで今季初3連敗】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/19(木) 06:56:44.17 ID:CAP_USER9
フランクフルト 1-1 レンジャーズ
PK戦      5-4
[得点者]
ジョー・アリボ(後半12分)レンジャーズ
サントス・ボレ(後半24分)フランクフルト

※鎌田大地は先発フル出場
長谷部誠は後半13分から出場

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20160536

【UEFA-EL・決勝 フランクフルト×レンジャーズ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/18(水) 19:16:32.45 ID:CAP_USER9
大荒れ必至か――。欧州リーグ(EL)決勝(18日=日本時間19日、スペイン・セビリア)でレンジャーズ(スコットランド)と対戦するMF長谷部誠(38)と日本代表MF鎌田大地(25)が所属するEフランクフルト(ドイツ)のオリバー・グラスナー監督(47)が記者会見し「誰もが決勝戦に集中している」と抱負を語った。

42年ぶりに欧州タイトルを狙うEフランクフルトは熱狂的なサポーターが多く、各チームのチケットの割り当てが1万枚の中で、警察当局は約10万人のファンが現地入りすると予想。中には過激なサポーターも含まれており、スタジアムや街中で大暴れすることが懸念されているという。

スペイン紙「アス」は「国家警察を含む5500人以上がスタジアム(約4万5000人収容)の安全を保証する」と混乱防止に取り組む。その上で「セビリア市内の重要なエリアで特別な注意を払う活動を行う」と報じ、空港や地下鉄、英国およびドイツ領事館などを重点警護する方針と伝えており、厳戒態勢を敷く構えだ。

https://www.tokyo-sports.co.jp/soccer/world/4198823/
https://img.tokyo-sports.co.jp/wp-content/uploads/2022/05/d5c5ff65dbd707acbe83b93b20fd45c4-450x299.jpg

【EL決勝は大荒れ必至 独Eフランクフルトのサポーター10万人現地入り】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/18(水) 14:19:19.07 ID:CAP_USER9
5/18(水) 13:51配信
東スポWeb

男には耐えられない痛みだ(ロイター)

 エンゼルスの大谷翔平投手(27)は17日(日本時間18日)に敵地アーリントンでのレンジャーズ戦に「3番・DH」で出場し、9回に5試合連続となる安打を右前に放ち、5打数1安打、2三振だった。打率2割5分5厘。チームは4―11で逆転負けして、手痛い連敗となった。

 最後に安打が出た。4―10の9回一死無走者でマウンドは5番手の右腕スボールズ。2ボールからの3球目、内角高めのカーブを詰まりながら右前に落とした。これで5試合連続安打だ。

 相手先発は左腕ハーン。初回一死二塁はカウント2―1から外角低めの95・8マイル(約154キロ)の直球を逆方向へ。打球速度105・7マイル(約170キロ)のライナーは左翼手の正面だった。3回無死一塁はフルカウントからの6球目を左翼へ強打。打球速度109・2マイル(約176キロ)の光速ライナーはまたしても左直だった。

 5回無死一塁は2番手の左腕ムーアと対戦。2020年はソフトバンクに在籍、6勝を挙げ日本一に貢献している。2ストライクからの4球目、外角低めの93・9マイル(約151キロ)の直球に見逃し三振。トラウトの勝ち越し弾で4―3となった直後の7回無死無走者は3番手の左腕マーティンに空振り三振。カウント1―1からの3球目の自打球が股間に当たり、ピョンピョン跳ぶなど苦悶の表情を浮かべる場面もあった。

 18日(同19日)は今季7度目の先発登板の予定だ。今回の遠征でアスレチックス戦は3勝1敗と勝ち越したが、レンジャーズ戦は2試合連続逆転負け。連敗ストップと遠征の勝ち越しがかかる大事なマウンド。絶対に負けるわけにはいかない。あと1に迫っている日米通算150本塁打を達成し、同時に今季4勝目をマークできれば最高だ。

https://i.imgur.com/haI7X7A.gif
https://news.yahoo.co.jp/articles/7eb1621b967901c0a06236db53d214d5323da5a9

【イテテテ…大谷翔平 自打球が股間直撃で〝ピョンピョン跳び〟悶絶】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/17(火) 18:29:55.66 ID:CAP_USER9
2022年05月17日 12時27分
https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/mlb/4196825/
https://img.tokyo-sports.co.jp/wp-content/uploads/2022/05/67b292cd455e950d543761e277079589-310x450.jpg

 エンゼルスの大谷翔平投手(27)は16日(日本時間17日)に敵地アーリントンでのレンジャーズ戦に「3番・DH」で先発出場し、初回に中堅フェンス直撃に先制適時二塁打を放ち、4打数1安打1打点、3三振1得点だった。打率2割5分7厘。チームは4―7で逆転負けした。

 相手先発は右腕グレイ。ロッキーズに所属していた2016年から4年連続で2桁勝利をマーク。18年8月27日の対戦で左中間に逆転3ランを放っている。1打席目は初回無死一、三塁・3ボールからの4球目、内角低めの96・1マイル(約155キロ)の直球を振り抜くと116・5マイル(約187キロ)の光速ライナーは中堅後方へ一直線。そのままフェンスを直撃し、三走が生還1点を先制した。飛距離410フィート(約125メートル)の特大二塁打。もう一伸びだった。二死後、マーシュが左前へ適時二塁打を放ち、3―0とリードを広げた。

 しかし、今季3勝1敗、防御率2・45と安定していた先発シンダーガードが大乱調。1回を投げ終えることができずに2/3回を4安打6失点(自責点2)でKOされ3―6と逆転を許した。

 3回一死無走者はフルカウントから外角高めのバックドアのスライダーを自信を持って見送るも判定は「ストライク」。4―6の5回一死無走者はカウント2―2から外角低めの95・6マイル(約154キロ)の直球を空振り三振。7回に二死無走者は2番手の左腕バークに3球三振。外角低めの96・7マイル(約156キロ)の直球に手が出なかった。1試合3三振は今季4度目。ここ3試合三振はなかったが、2打席目の微妙な判定が影響したかもしれない。ただ、1打席目の中越え二塁打を見る限り、好調は維持している。出直しだ。

【エンゼルス・大谷翔平はセンターフェンス直撃の先制二塁打放ち4打数1安打1打点】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/18(月) 07:23:07.51 ID:CAP_USER9
2022年04月18日 07:02 野球
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/04/18/kiji/20220418s00001007174000c.html
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/04/17/jpeg/20220418s00001007167000p_view.jpg

 【ア・リーグ エンゼルス8―3レンジャーズ ( 2022年4月17日 アーリントン )】 エンゼルスの大谷翔平投手(27)は17日(日本時間18日)、敵地グローブライフフィールドでのレンジャーズ戦に「1番・DH」で先発出場。先制点につながる7試合連続安打となる内野安打&好走塁を見せて5打数1安打1打点で勝利に貢献した。エ軍は3連勝で今季最多の貯金2とした。

 初回無死の第1打席、大谷はレ軍の先発左腕ペレスから三塁内野安打し、10日(同)のアストロズ戦から続く連続試合安打を「7」に伸ばした。続くトラウトの右飛で、右翼手の捕球体勢が良くないと見ると、判断よくタッチアップして二進する好走塁。ウォードの中前打で三進後、相手暴投で先制の生還を果たした。

 3回1死二塁の第2打席は見逃し三振、4回2死一塁の第3打席は空振り三振で、左腕バークと対戦した6回2死の第4打席は三飛失。8回無死満塁の第5打席は左腕マーティンと対戦し、ニゴロで1打点を挙げた。

 前日16日(同17日)の同カードでは、2点リードの8回に2試合連続本塁打となる右中間2ランを放つなど5打数2安打3打点で今季初の三盗にも成功。この試合までの打席成績は8試合で39打数9安打で打率・231、6打点、3本塁打、2盗塁となっていた。

【エンゼルス・大谷翔平 7試合連続安打&好走塁で3連勝に貢献!右飛タッチアップで二進し生還】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/17(日) 10:58:27.64 ID:CAP_USER9
4/17(日) 10:51配信
デイリースポーツ

 エンゼルス・大谷(提供・共同通信社)

 「レンジャーズ-エンゼルス」(16日、アーリントン)

 エンゼルスの大谷翔平投手(27)が「1番・指名打者」で出場し、八回の第5打席で、レンジャーズ5番手のホランドから2試合連続、今季3号となる2ランを放った。この日、初の右腕との対戦。初球のスライダーをとらえ、低い弾道で右翼へたたき込んだ。打球時速は174キロ、飛距離は117メートル。

 初回の第1打席はレンジャーズ先発左腕のハーンを相手に見逃し三振、三回の第2打席は二ゴロで2試合連続打点となる打点1を記録していた。四回の第3打席は代わったばかりの2番手左腕のマーティンを相手に、一塁手の失策で出塁した。七回の第4打席は4番手左腕のムーアから三塁線への内野安打を放った。相手は“大谷シフト”を敷いていたため、三塁線には誰もおらず。意地の一打で6試合連続安打とした。

 大谷は前日15日の第1打席で初球をいきなり今季1号となるソロ本塁打を放っていた。開幕8戦31打席目での初本塁打は、メジャー5年目で最も遅かったが、同五回の第3打席には、この日2本目となる2号2ランを放ち、昨年7月2日のオリオールズ戦以来、自身7度目のマルチ本塁打をマークしていた。打撃面ではいよいよエンジンが掛かってきた。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220417-00000044-dal-000-6-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/43cee0e02c863be386f8cb8d921ee5ee906f6d74

【エンゼルス・大谷翔平、量産モード突入!2試合連続の3号2ラン! 低弾道117M弾 打球時速174キロ】の続きを読む

このページのトップヘ