SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

ロコ・ソラーレ

1: 名無しさん@恐縮です 2024/02/02(金) 19:23:40.32 ID:7CIaa8nf9
 ◇カーリング全農日本選手権第6日(2024年2月2日 札幌市・どうぎんカーリングスタジアム)

 女子で18年平昌五輪銅メダル、22年北京五輪銀メダルのロコ・ソラーレが3連覇を逃す波乱が起きた。

 2次リーグでフォルティウスとの試合中、他の試合で中部電力と北海道銀行が勝利したため、準決勝に進めないことが確定した。優勝チームが得られる世界選手権(3月、カナダ)の切符も逃した。

 1次リーグは4戦全勝だったが、前日(1日)の2次リーグでSC軽井沢ク、中部電力に連敗。スキップ藤沢五月が「私たちの強みは崖っ縁からはい上がることなので、どうなろうとも全員で戦い切ることが一番の目標」と気合を入れ、フォルティウス戦に臨んでいた。

 ロコは有利な後攻の第2エンド(E)に2点スチールを許す苦しい立ち上がり。第3Eに2点取り返して同点としたが、第4Eにまた2点取られ、3―4で前半を折り返した。

 “もぐもぐタイム”で栄養補給して迎えた第6Eに1点スチールして同点に。第7Eも1点スチールして5―4と逆転に成功した。第8、9Eに連続スチールされて5―6で迎えた最終第10エンド中に、他の2試合が終わった。この試合は逆転で勝ち切った。

 フォルティウスに勝利して中部電力、SC軽井沢クと3勝2敗で並んでも、当該チーム間の勝敗が0勝2敗のため、敗退が決まった。藤沢は「結果的に2次リーグを突破できず悔しい。もっと試合をしたかったけど、それ以上に課題をもらえた。多くのチームが切磋琢磨して日本全体のレベルが上がっていると実感した。まだまだ私たちも頑張らないといけない。いろんな思いもある充実した大会だった」と振り返った。
https://news.yahoo.co.jp/articles/414a64d9e2f490368494e6b1f9411d37c8fac589
スポニチアネックス

【日本カーリング選手権 無念…ロコ・ソラーレ、勝っても2次リーグ敗退 3連覇ならず 藤沢五月「日本全体のレベルが上がっている」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/01/31(水) 17:39:50.64 ID:xy2w/dv/9
スポニチ 2024年1月31日 16:38
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2024/01/31/kiji/20240131s00039000367000c.html

カーリング全農日本選手権第4日 ( 2024年1月31日 札幌市・どうぎんカーリングスタジアム )

女子1次リーグの最終戦が行われ、3連覇を狙う北京五輪銀メダルのロコ・ソラーレは北海道銀行に6―5で競り勝ち、4戦全勝のB組首位で通過した。

第1エンドに2点スチールを許すなど不安な立ち上がりだったが、終盤に強さを発揮して勝利。スキップ藤沢五月は「昨日の試合もそうだけど前半で苦しい展開になった。そこで我慢して、後半に集中して自分たちでチャンスを作れたのが良かった」と振り切った。

劣勢に追い込まれながらも勝ち切るロコ・ソラーレの強さについて藤沢は「ここで気を抜いたら負けてしまうというのを何度も経験してきて口癖のように我慢スタイルと言ってきた。後半に強くなる。逆に言えばもっと前半頑張れよということだけど」と苦笑しながら解説してみせた。

B組を首位通過して2次リーグに臨む。藤沢は「後半戦はアイスのコンディションも変わってくる。石の噛みがなくなるし、観客がたくさん入るので、皆さんの熱気がアイスに影響する。アイスの変化にしっかり対応したい」と前を向いた。

大会は26年ミラノ・コルティナダンペッツォ五輪の選考レース初戦。男女とも優勝チームは世界選手権代表となる。女子の世界選手権は3月16日からカナダ・ノバスコシアで開催される。

【日本カーリング選手権 ロコ・ソラーレ全勝突破も反省 藤沢五月「もっと前半頑張れよ」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/01/27(土) 16:02:06.45 ID:LR+h9G219
カーリングの日本選手権が28日、札幌・どうぎんカーリングスタジアムで開幕する。27日は男女とも10チームのスキップによる合同記者会見を実施。
28日からの1次予選リーグ開始を前に、男女計20人が意気込みを語った。

大会3連覇を狙う女子のロコ・ソラーレは、藤沢五月(32)が出席。「能登半島地震、航空機事故など悲しい事故が多い中で、この大会が無事に開催できることをうれしく思う」と、話した上で「たくさん食べて、たくさん寝て、たくさん動いて、今週末まで頑張りたい」と意気込んだ。

ロコ・ソラーレは、日本代表として出場した昨年11月のパンコンチネンタル選手権(カナダ・ケロウナ)決勝で韓国に敗れ、大会2連覇こそ逃したが、準優勝で世界選手権(3月16日から、カナダ・ノバスコシア)の出場枠(5位まで)を獲得。今大会の優勝チームが、日本代表としてこの出場枠を使うだけに、絶対に負けられない。

男子は、同じパンコンチネンタル選手権でSC軽井沢クがベスト4で世界選手権(3月30日から、スイス・シャフハウゼン)出場枠を獲得。この枠を巡って、SC軽井沢ク、コンサドーレ、北見協会などが火花を散らす。

https://www.nikkansports.com/sports/news/202401270000544.html

https://www.nikkansports.com/sports/news/img/202401270000544-w500_1.jpg
https://www.nikkansports.com/sports/news/img/202401270000544-w500_0.jpg
スキップ合同会見に臨むロコ・ソラーレの藤沢(撮影・佐藤翔太)

【女子3連覇を狙うロコ・ソラーレの藤沢五月「たくさん食べて、寝て、動いて、今週末まで頑張りたい」 28日から日本カーリング選手権】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/07/23(日) 23:13:56.51 ID:pmrwS0N/9
藤沢五月 ボディメイク挑戦理由語る「職業柄トレーニング大好きで」エンタメ性にも関心「チームに若干無理を。“出ていい?”って」/スポーツ/デイリースポーツ
https://www.daily.co.jp/general/2023/07/23/0016619483.shtml

2023.07.23

カーリング女子で五輪2大会連続メダルを獲得したロコ・ソラーレのスキップ、藤沢五月が22日、茨城県水戸市で開催されたボディメイクコンテスト「MOLA CUP」に出場。氷上での姿とは一変した、全身ムキムキのビキニ姿で大会にサプライズ参戦し、大きな話題を呼んだ。同大会のハイライトが23日、主催のFWJの公式YouTubeチャンネルで公開された。

 大会直前のインタビューでは「藤沢五月です。よろしくお願いしま~す。」と、登場。インタビュアーからは「我々も驚きを隠せないんですが、あの藤沢五月さんです」と紹介された。

 挑戦の理由を問われると「もともとスポーツやってて、YouTubeを見ることがすごく多くて、ボディビル系の方のYouTubeを見るのが好きで。もともと職業柄トレーニングするのが大好きでっていうのもあって、YouTubeで色んな方のボディメイクをみて、いつか出てみたいっていう思いがあった」と明かした。

 ロコ・ソラーレのチームメートにも相談したそうで「正直、カーリングの方も現役でやらせていただいてる関係で、オフの期間じゃないとできない。今回、カーリングのチームの方にも、若干無理を言って、“出ていい?”っていって、挑戦っていう形でさせていただきました」と、明かした。

 また、“魅せる”という部分にも関心があったようで「カーリングとは違う部分がたくさんあるんですけど、この大会に出たいと思ったのは、ボディメイクもそうですし、スポーツの中でもエンターテイメント性がすごく高くて、もちろんカーリングもそういったところをどんどんやっていかないといけないですし。海外のカーリングだと結構エンターテイメント性があるんですけど、そういう部分もすごくいいなと思って」と、語った。

 カーリングとは違った緊張感もあったようで「私はど緊張系なので。ど緊張もありますし、なかなか普段ヒールを履くことがないので、こけるんじゃないかと。こけたらすいません」。この大会に向けた減量もあったため、カーリングの記者会見の際の姿に“激ヤセ”を心配する声もSNSなどであがっていたが、「元気です」と、笑顔をみせた。


※関連スレ
【カーリング】藤沢五月 激やせの理由はボディメイクコンテスト挑戦だった 衝撃のムキムキ姿でビキニクラスに参戦★6 [フォーエバー★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1690101682/

【藤沢五月 ボディメイク挑戦理由語る「職業柄トレーニング大好きで」エンタメ性にも関心「チームに若干無理を。“出ていい?”って」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/07/23(日) 08:01:30.15 ID:5IBR6kAk9
7/22(土) 23:10配信

日刊スポーツ
FWJの公式ツイッターから

 カーリング女子ロコ・ソラーレの藤沢五月(32)が22日、茨城・水戸市で行われたボディメークコンテスト「MOLA CUP」ビキニクラスに初参戦し、銀メダルと銅メダルを獲得した。

【写真】銀と銅の表彰盾を抱えてポージングする藤沢五月

 FITNESS WORLD JAPAN(FWJ)の公式ツイッターによると、カーリング女子の日本代表として18年平昌オリンピック(五輪)銅メダル、22年北京五輪銀メダルのスキップ藤沢が、初めてボディメークコンテストに挑戦。夜になり、新たな写真とともに成績も投稿された。

 「Women's Bikini-Novice 3位 Women's Bikini-Open 2位」

 女子ビキニクラスのノービスで3位、オープンで2位の好成績を初出場で残したといい、銀と銅の表彰盾を抱えてポージングする姿も公開された。

 最近、ファンの間で「激やせ」が心配されていた理由は、ムキムキ、バキバキに肉体を鍛え抜いていたためだった。注目度急増のFWJは、笑顔でインタビューに応じる写真も掲載し「初出場で素晴らしい成績を残されました またの参戦をお待ちしてます」とツイートした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/86582d8a7e26de598f55f82d3f8b7af4fd2705b7

https://www.nikkansports.com/sports/news/img/202307220001967-w1300_3.jpg

【激やせ…いや、ムキムキだったロコ・藤沢五月が初参戦ビキニクラスで銀、銅の表彰盾】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/03/25(土) 21:54:02.87 ID:uSsE5czX9
3/25(土) 21:05配信

日刊スポーツ
世界選手権に出場する、左からカーリング女子日本代表のロコ・ソラーレ吉田夕、鈴木、吉田知、藤沢(C)WCF/Stephen Fisher

<カーリング・世界選手権:日本代表ロコ・ソラーレ4-6カナダ>◇25日◇スウェーデン・サンドビーケン◇プレーオフ(PO)

【写真】1次リーグカナダ戦、大きな声を張り上げて指示を出す日本代表ロコ・ソラーレ吉田知

 女子日本代表のロコ・ソラーレ(1次リーグ6位)が強豪カナダ(同3位)とのプレーオフに臨み、エキストラエンドの末4-6で敗れた。

 銀メダルを獲得した16年以来、7年ぶり2度目の世界選手権で奮闘したが、悲願の世界一には届かなかった。

 序盤はお互いが好機を生かしきれず、前半を2-2で折り返した。有利な後攻の第6E(エンド)では複数点のチャンスを形成。しかし、スキップ藤沢五月(31)がラストショットを決めきれず、1点のスチールを許した。その後も流れを引き寄せられなかった。

 ロコ・ソラーレは今大会中盤に3連敗を喫し、1次リーグ突破に暗雲が垂れこめたが、徐々にアイスに対応。土壇場から4連勝を飾り、プレーオフに進出した。

 大会前に藤沢が「7年間をどう過ごし、どう成長したのかを発揮する舞台」と位置づけた通り、持ち前の粘り強さを見せ続けたが、プレーオフで力尽きた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a6e9779016c041c9609d1c845e43fbd5cd5ef74c

https://www.nikkansports.com/sports/news/img/202303250000276-w1300_1.jpg

【カーリング女子世界選手権 日本代表ロコ・ソラーレ敗退 カナダとのプレーオフ、エキストラエンドの末敗れる】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/03/25(土) 09:34:40.23 ID:uSsE5czX9
3/25(土) 0:49配信

日刊スポーツ
世界選手権に出場する、左からカーリング女子日本代表のロコ・ソラーレ吉田夕、鈴木、吉田知、藤沢(C)WCF/Stephen Fisher

<カーリング:世界選手権>◇24日◇スウェーデン・サンドビーケン◇1次リーグ

 女子日本代表のロコ・ソラーレ(6勝5敗)が11連敗中のニュージーランド(NZ)との1次リーグ(L)最終戦に7-5で勝利し、決勝トーナメント(T)進出を決めた。

【写真】1次リーグで勝利しハイタッチを交わす、手前左から日本代表ロコ・ソラーレの藤沢と鈴木、奥の左から吉田知、吉田夕(C)WCF/Stephen Fisher

 崖っぷちの状況から4連勝を飾り、1次L6位以内を確定させた。スキップ藤沢五月(31)も決勝T進出を安堵(あんど)の表情で喜んだ。

 ショットの正確性で上回り、着実に得点を重ねた。先攻の第1エンド(E)で1点スチールに成功。その後はお互いが点を取り合い、3-3で前半を折り返した。

 第6Eでは相手にNO・1を握られる中、藤沢にラストロックが巡ってきた。手前のセンターガードに当たらないようにドローショットを投じ、相手のNO・1をタップ。このエンドで大量4点を奪取し、NZを突き放した。

 サードの吉田知那美(31)と藤沢は声をからすほど、1投1投に力を込めてきた。吉田知は「私とさっちゃんの声は失われてきているんですけど、スウェーデンに声は置いて帰ろうと思っているので、最後まで頑張りたいです」といつも通りのポジティブな言葉でかみしめた。

 藤沢も「予選前半は苦しんだ部分があったんですけど、後半に向けて(状態を)上げることができたので、自分たちとしてはやりきったなという気持ちでいます」と充実感を漂わせた。決勝Tへ向けては「新たな気持ちで、どの対戦相手が来ようとも、自分たちやアイスに集中して臨みたい」と締まった口調で見据えた。

 ロコ・ソラーレは大会中盤で3連敗を喫し、一時は3勝5敗と追い込まれたものの、そこから持ち前の粘り強さで奮起。4連勝で7勝5敗へと巻き返し、決勝T進出を決めた。

 銀メダルを獲得した16年以来、7年ぶりの世界選手権。世界一へ向け、チーム一丸で第1関門を突破した。

 ◆決勝Tの日程(全て日本時間)

 <25日午後6時>

 (1)1次L3位-同6位

 (2)1次L4位-同5位

 <26日午前0時>

 (1)1次L1位-(1次L4位-同5位の勝者)

 (2)1次L2位-(1次L3位-同6位の勝者)

 <26日午後6時>

 3位決定戦

 <26日午後11時>

 決勝

https://news.yahoo.co.jp/articles/8ce4df6d094e7230ca3e61fc1169f3e64b1e7ac5

https://news-pctr.c.yimg.jp/uUzvQ3lML_bkIqyakc1vFhNrRI0RUQxg5aFkrX0xDg1_T0wXrbEJjtNGtrf1o9y3TC5kxXrsJm3ey0IVCyWsM36WzJCrsgvAY-qtBbFIrtm_Aam7pS-5D3ONc-TARLcg1OzLhSA8znOIOJ97NzJkoTvWfxv-ZSxYy_UOzDV_tem1U-3AXh_kAB_4Sf1XuN83QuZBbNh-kfuYWi6xmBE8tA==

【カーリング女子世界選手権・1次L最終戦 日本代表ロコ・ソラーレ決勝T進出、崖っぷちから4連勝!藤沢五月「やりきった」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/03/23(木) 21:15:35.39 ID:wnZlnx5U9
3/23(木) 20:48配信

日刊スポーツ
<カーリング:世界選手権>◇23日◇スウェーデン・サンドビーケン◇1次リーグ

 女子日本代表のロコ・ソラーレ(3勝5敗)が韓国(4勝4敗)との1次リーグ(L)第9戦に臨み、7-4で勝利した。連敗を「3」でストップ。決勝トーナメント進出へ望みをつなぐ1勝となった。

 3連敗中と苦しんでいた日本が、中盤以降に突き放した。

 1-1で迎えた後攻の第5エンド(E)でフロントエンドからチャンスを整えると、ダブルテークアウトを狙った相手の第8投がスルー。すかさずスキップ藤沢五月(31)がドローショットを決め、3点を奪った。

 序盤は表情がこわばるシーンもあったが、後半からは笑顔も増え始めた。4-2の第7Eでも2点を追加。サード吉田知那美(31)がダブルテークアウトを3つ成功させるなど、相手に大量得点のチャンスを与えなかった。

 吉田は「4勝目を挙げるまでに長い時間がかかってしまったので、この1勝がとてつもなくうれしいです」と破顔した。

 今大会6日目にして9試合を消化。声をからすほど、1投1投に思いを込めている。「7年前(の世界選手権)でもさっちゃんが声をからしてしまったように、いろんなスキップやバイススキップが声を失っております」と笑い飛ばした。

 4勝5敗とした日本は、日本時間23日午後10時からカナダ(6勝3敗)との次戦に臨む。吉田は「エネルギーを持って氷に上がることだけに集中したい。どんな時も自信を手放さず、自分たちのパフォーマンスを出せば、必ずいい結果が出ると思う。気持ちの準備をしっかりして、次の試合に臨みたい」と誓った。

 出場13カ国による1次Lは全チーム総当たり方式で行われ、上位6チームが25日(日本時間)以降の決勝トーナメントへ進出する。

 すでに5敗を喫している日本は、負けられない戦いが続く。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c090f4c73acaee0934266285b3b8595271ebe2e8

https://follow-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20230321-00000423-spnannex-000-4-view.jpg?up=0

【カーリング女子世界選手権・第9戦 日本代表のロコ・ソラーレが韓国に勝利、4勝5敗で決勝Tへ望みつなぐ】の続きを読む

このページのトップヘ