SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

ロシア

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/09(水) 19:43:53.74 ID:AJ3ERra89
(CNN) 米女子プロバスケットボール(WNBA)のスター、ブリトニー・グライナー選手がロシアで拘束され、薬物密輸の罪で懲役刑を言い渡された問題で、同選手の代理人は9日、現在の居場所が確認できないと述べた。

弁護士らによれば、同選手はこの日、ロシア国内の流刑地へ移送されたとみられる。

弁護士らは「現時点での正確な居場所や最終目的地は分からない」とコメント。ロシア当局の標準的な手続きに沿って、本人が目的地に到着した時点で弁護士や米大使館には通知が送られるはずだと指摘した。通知は通常、郵便で送られ、届くまでに最大2週間かかるという。

代理人は声明で、本人の健康が一番の関心事だと強調し、広く支援を呼び掛けた。

グライナーさんは2月に薬物をロシアへ持ち込んだとして拘束された。8月に有罪判決を言い渡され、10月に上訴が棄却されていた。

ロシアの流刑地は衛生状態が悪く、医療も受けられないことで知られる。受刑者は肉体労働を強いられることが多い。

https://news.yahoo.co.jp/articles/eb68d765498fde95fd773ec1f47c876f03601f88

【ロシアで拘束の米バスケ選手、流刑地に移送開始 所在確認できず】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/22(土) 06:31:48.82 ID:debiGzyQ9
【ジュネーブ共同】2月の北京五輪でドーピング問題が発覚したフィギュアスケート女子のカミラ・ワリエワ(16)=ロシア=を巡り、処遇を判断する権限を持つロシア反ドーピング機関(RUSADA)は21日、処分の有無や聴聞会の日程などを「機密事項」として公表しないと発表した。

 当時15歳のワリエワは世界反ドーピング機関が規定する「要保護者」に該当。声明でワリエワを匿名で扱ったRUSADAは「国際基準に基づき、保護対象のフィギュア選手の利益を守る」と説明した。

 北京五輪でワリエワは団体で1位に貢献した後、禁止薬物問題が発覚。個人種目出場は認められたが4位に終わった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/73297ef9e56993c100b334aa90e62932d70ccd46

【フィギュアスケート・ワリエワの処分は公表せず ドーピング問題でロシア機関】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/18(火) 14:03:20.24 ID:jfqLHc+J9
 ロシアのサッカークラブで所属選手が大量に他国クラブへ移籍する動きが表面化し、激震が走っている。

 ロシアメディア「スポーツ24」は、同国強豪ゼニトで監督経験がある重鎮のブラスティミール・ペトルジェラ氏のインタビューを掲載。「ロシアでの部分動員の影響について語り、この冬に若手を中心にロシアのサッカー選手たちが中規模の欧州各国のクラブに大量に移籍する可能性があるという意見を発した」と報じた。

 ロシアではウクライナ侵攻の戦況が悪化する中でプーチン大統領が30万人規模の部分動員を発令。アスリートも例外ではなく続々と徴兵されている。

 そうした中、サッカー界で大きな動きが出てきたとペトルジェラ氏は指摘。「ロシアプレミアリーグのプレーヤーはみんな動員を恐れている。彼らは動員について表立って話さないだけなんだ。この冬の移籍市場では、若くて有望なロシアのサッカー選手たちが中規模の欧州各国のクラブに大量に移籍する可能性がある」と招集を恐れたサッカー選手たちが水面下で大量にロシア脱出を目論んでいることを明かした。

 ペトルジェラ氏は「彼らはロシアプレミアリーグを離れると、多くのお金を失うだろう。だが、彼らはサッカーに完全に集中することができる」と選手の立場を考えると大量退団の動きは責められないとした。

 ロシアのスポーツ界では総合格闘家などが大量招集に応じてきたが、大量に国外脱出の動きが出てくるのは初めて。サッカー界の動きが今後各方面に波及するのか注目が集まる。

https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/242184

【ロシアサッカー界に激震! プーチン動員令で露クラブ所属選手が今冬に大量退団へ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/12(水) 15:45:29.65 ID:CAP_USER9
青山学院大学の原晋監督が12日、TBS「ひるおび!」(月~金曜前10・25)に生出演。ロシアのウクライナ侵攻について語った。

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/10/12/kiji/20221012s00041000320000c.html

【「プーチンの生命、財産を守ってあげること」青学大・原晋監督、ロシアのウクライナ侵攻を止める“唯一の策”に言及】の続きを読む

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/07(金) 22:19:44.10 ID:CAP_USER9
ロシアの総合格闘家エメリヤーエンコ・アレキサンダー(41)が、プーチン大統領支持を表明した。

〝皇帝〟エメリヤーエンコ・ヒョードルの弟でもあるアレキサンダーは6日、ロシア「マッチTV」に対し母国への思いを吐露。
「ロシア嫌悪といつも向き合っている。自分でソーシャルメディアを運営しているが、ロシア国籍の人もそうでない人も、
ロシアの愛国者、祖国のために働こうとする人たちに対して、否定的な態度をとる人が多い」とウクライナ侵攻以降、
反ロシアの空気を感じることがあるという。

プーチン大統領による「部分動員令」についても言及。「一緒に戦場に行きたくないという同僚は、今まで一人もいない。
スポーツは政治とは関係ない。私はロシアの愛国者として、大統領を支持する。彼は正しい道を歩んでいる。私がすべきことは
すべてサポートする」と熱く語った。

自身に招集令状が届いた場合も「奉仕と義務を放棄しない。ロシア人であることは私にとって名誉なこと」と応じる姿勢だ。

9月に行われたビアチェスラク・ダトシクとのボクシング戦では、20秒足らずでKO負けを喫しているアレキサンダー。何かと
話題をふりまいている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/753cc54432a892b852d500124710c1d677263e1a

【〝皇帝〟ヒョードルの弟、アレキサンダーが「ロシアの愛国者として大統領を支持する」と宣言 プーチン大統領支持を表明】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/05(水) 09:52:58.43 ID:CAP_USER9
東スポWeb 10/4(火) 20:26

 ロシアのフィギュアスケート界で〝皇帝〟と称されるエフゲニー・プルシェンコ氏が、アスリートに向けて軍事訓練に参加するよう呼びかけている。

 プルシェンコ氏は、蜜月関係にあるプーチン大統領が発した部分動員令を再三にわたって支持する姿勢を表明しており、自身も招集令状が届いた際には「喜んで応じる」と語っている。

 そうした中、ロシアメディア「SMニュース」は「エフゲニー・プルシェンコが、アスリートは軍事訓練を受けるべきだと語った」と報じた。

 プルシェンコ氏は、普段鍛え上げているアスリートこそ積極的に軍の戦力になるべきだと主張。「我々やアスリートは軍事訓練をする必要があるなら、私たちは行かなければならない。これは、ある種の必要性があることを意味している。そこには、我々(社会)がまだ把握していないニーズ、前提条件がある」と持論を展開した。

 そして「大丈夫だ! 我々が本当に男なら、行かなければならない。訓練のために私は強調する。そして、彼ら(軍)は君たちに何をすべきかをちゃんと教えてくれるだろう」とプルシェンコ氏は熱弁を振るう。

 部分動員に関してはロシア国内でも賛否両論渦巻いており、プルシェンコ氏によるアスリートへの呼びかけは波紋を呼びそうだ。

東スポWeb
https://news.yahoo.co.jp/articles/d4c3828717c8065b164914329e361e16f67a6d73

【「男なら行かなければならない」“皇帝”プルシェンコ氏がアスリートに軍事訓練参加を呼びかけ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/30(金) 08:27:15.91 ID:CAP_USER9
9/30(金) 5:16配信
東スポWeb

皇帝プルシェンコ氏「私はどこにも逃げない」招集に応じる決意を明言=露メディア
フィギュアスケート界の皇帝プルシェンコ氏
 ロシアのプーチン大統領が発令した30万人の部分動員令により、トップアスリートにも招集令状が送られ波紋が広がっている。

 そんな中、同国フィギュアスケート界の皇帝エフゲニー・プルシェンコ氏(39)は強い決意で応じる姿勢を見せている。元五輪金メダリストで、プーチン大統領と親しい関係にあるプルシェンコ氏は、ロシア「スポーツ・エクスプレス」に対し、部分動員令に対する自身の考えを明かした。

「招集令状が来ても、すぐに前線に送られるという意味ではないんだ」と冷静に切り出した皇帝は、きっぱりと意思表明。「残念ながら、多くの人が去っていった。もし招集令状がきても、私はどこにも逃げない。喜んでトレーニングを受けたいと思う。私たちは、子供たちと未来を守らなければならない。これが私の立場です。みんなに聞いてもらいたい」と、令状が来た場合には逃げも隠れもせず応じると明言した。

 すでにサッカーの元ロシア代表FWディニヤール・ビリャレトディノフや総合格闘技家のウラジミール・ミネフ、フィギュアスケート男子の平昌五輪7位・ドミトリー・アリエフと2021年ロシア選手権2位のマカール・イグナトフに招集令状が届いている。

 元軍人のミネフは「私は逃げない。招集令状を受け取って、軍の登録・入隊事務所に行き、そこからは祖国が決めたことなら何でもするつもりだ」と、応じる姿勢を見せている。一方、ロシア・フィギュアスケート連盟は招集の延期を求めているという。

 これまでも愛国発言や愛国ショーを開き、プーチン大統領への強い忠誠を見せているプルシェンコ氏。どこまでも一蓮托生のようだ。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20220930-00240414-tospoweb-000-2-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/3b8c5c07ae7511a45b89e30a6e231272b9a7db48

【「私はどこにも逃げない」皇帝プルシェンコ氏、招集に応じる決意を明言】の続きを読む

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/22(月) 21:43:59.81 ID:CAP_USER9
8/22(月) 21:19配信 産経新聞
https://news.yahoo.co.jp/articles/061eb6cf995221943c763e38383b288e1aebf189

米NBCテレビは21日、米プロバスケットボールNBAの元スター選手、デニス・ロッドマン氏が今週にもロシアを訪れ、同国で麻薬密輸の罪で実刑判決を受けた米女子プロバスケのブリトニー・グライナー選手の解放交渉を行う計画だと報じた。

NBCによると、ロッドマン氏は「彼女を救うためロシアに行く許可を得た」として、週内の訪問を考えていると語った。これに対し米政府高官は、非公式の交渉は「(彼女を)救うより傷つける可能性が高い」と懸念を示したという。

グライナー選手は2月、露入国時に大麻オイルを所持していたとして同罪で起訴され、今月4日に懲役9年、罰金100万ルーブル(約220万円)の実刑判決を言い渡された。米側は同選手らと引き換えに、米国で服役する露の元軍人の釈放を露側に打診したと報じられている。(桑村朋)

【デニス・ロッドマン氏が訪露か 米女子選手の解放交渉】の続きを読む

このページのトップヘ