1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/28(月) 13:35:30.17 ID:CAP_USER9
フィギュアスケートのロシア杯が27日に行われ、エテリ・トゥトベリーゼ・コーチが指導する14歳以下の選手たちが表彰台を独占した。

北京五輪にロシア・オリンピック委員会(ROC)として出場した選手たちは欠場したものの、ロシア国内で最高峰とされる大会にトップスケーターが集結。そこで脚光を浴びたのはトゥトベリーゼ一門の天才少女たちだった。

ロシアメディア「ガゼッタ」は「4回転ジャンプの戦い! トゥトベリーゼの教え子たちがロシア杯で表彰台を独占した」と報道。ソフィア・アカチエワ(14)が金メダル、アデリア・ペトロシアン(14)が銀メダル、アリサ・ドボエグラゾワ(13)が銅メダルを獲得した。

五輪金メダリストで〝皇帝〟の異名を取るエフゲニー・プルシェンコ氏が指導者としても注目を集めたが「プルシェンコの教え子はトップ3外にとどまった」と同メディア。トゥトベリーゼ軍団の分厚い壁の前に完敗に終わった。

トゥトベリーゼ氏は、2026年ミラノ・コルティナ五輪に向けて今回の〝天才トリオ〟の才能にほれ込んでおり、重点的に育成する方針。ドーピング問題に揺れるカミラ・ワリエワ(15)は次回五輪は19歳でトゥトベリーゼ流の育成方針ではピークを過ぎていると判断されそう。

鉄の女〟は早くもポスト・ワリエワに熱を上げており、本家はこのまま見捨てられてしまうのだろうか。

東京スポーツ2022年02月28日 13時08分
https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/figure-skating/4028927/

【フィギュア・ロシア杯 トゥトベリーゼ一門が表彰台独占 今後は14歳以下の〝ポストワリエワ〟に注力か】の続きを読む