SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

ロシア

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/16(水) 13:32:48.00 ID:CAP_USER9
3/16(水) 11:10
東スポWeb

メドベージェフらに「反プーチン」の踏み絵 ウィンブルドン出場条件を英政府が検討

 男子テニスの世界ランキング1位ダニエル・メドベージェフ(26)らロシア勢にウィンブルドン選手権へ出場するため〝踏み絵〟が課せられたと、スペイン紙「マルカ」が報じている。

 ロシアのウクライナ侵攻を受けて国際テニス連盟(ITF)などは同国勢の出場を禁止し、個人でのツアー参戦を認めている中、メドベージェフはインスタグラムからロシア国旗を削除。中立の選手として大会に出場している中、BNPパリバ・オープン3回戦で敗退し、21日付のランキングで1位から陥落することになった。

 そんな中、同紙は「メドベージェフは、英政府と(4大大会のウィンブルドン選手権を主催する)オールイングランドクラブが(ロシア大統領)ウラジミール・プーチンへの拒否を示さない場合、ロシアとベラルーシのプレーヤーを出場禁止にするため交渉中とあってウィンブルドン選手権を逃す可能性がある」と伝えている。

 同紙によると、ウィンブルドン選手権の開催国となる英国のスポーツ大臣ナイジェル・ハドルストン氏は「ロシアの旗の下では誰もプレーできないはずです」とし「私たちは確実性を持たなければならない。彼らはウラジミール・プーチンの支持者ではないと、その保証を得るのにどんな要件が必要かを検討している」と語ったという。

 男子の世界ランキング上位30位以内にはメドベージェフら4人、女子も30位以内に5人のロシア、ベラルーシ勢がランクインしている。ハドルストン氏は「プーチンと彼の政権への支持があれば、人々が受け入れるとは思わない」と話したとし、明確に「反プーチン」を宣言することがウィンブルドン出場の条件になりそうだ。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220316-04064777-tospoweb-000-2-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/a2fc42f2139541ef26de45f6a4eab1af0b993522

【メドベージェフらロシア勢に「反プーチン」の踏み絵 ウィンブルドン出場条件を英政府が検討】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/16(水) 13:29:44.81 ID:CAP_USER9
3/16(水) 12:30
東スポWeb

〝皇帝〟プルシェンコ氏が妻と亡命を否定「ロシア人であることに誇り」

 フィギュアスケート男子で〝皇帝〟と称されるエフゲニー・プルシェンコ氏(39)が亡命の可能性を否定し、再び愛国心を強調した。

 ロシアによるウクライナ侵攻を受けて、ウクライナ人歌手のマックス・バルスキフが、プルシェンコ氏の妻でタレントのヤナ・ルドコフスカヤを始めロシア人スターを批判して物議を醸している。

 ロシアメディア「プレーメーカー24」などによると、バルスキフはルドコフスカヤがロシアを離れる可能性を指摘したが、本人は完全否定。その上でプルシェンコ氏が妻を援護射撃した。

 自身のSNSで「私たちはどこにも行ったことがなく(ロシアを)去るつもりもない。私たちは(経営するスクールの)スケートリンクを手放すつもりはない。毎日ここで本格的な指導を行っている。私たちは働くんだ。海外に行くつもりはない」とアスリートの間で動きが出ている国籍変更や亡命の可能性を繰り返し否定した。

 そして「確実に私は私の国、ロシアの人々を誇りに思っている。そして私がロシア人であることを誇りに思っている」と愛国心を強調した。

 プルシェンコ氏は常々ロシアやプーチン大統領への忠誠を誓っている。亡命は念頭にないように思われるが果たして…。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220316-04064951-tospoweb-000-2-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/9ddb5c5664575bb003490dc07b301d215d839bb6

【〝皇帝〟プルシェンコ氏が妻と亡命を否定「ロシア人であることに誇りに思っている」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/16(水) 04:08:03.14 ID:CAP_USER9
露、W杯欧州予選プレーオフ出場不可に…CASが訴え退ける
https://www.yomiuri.co.jp/sports/soccer/20220316-OYT1T50084/

2022/03/16 01:44

【ロンドン=岡田浩幸】スポーツ仲裁裁判所(CAS)は15日、ロシアの全ての代表とクラブチームの国際大会出場を禁じた国際サッカー連盟(FIFA)と欧州サッカー連盟(UEFA)の決定を不服としたロシアサッカー連合の申し立てについて、決定の執行の延期を求めたUEFAへの訴えを退けると発表した。

(略)

CASは、FIFAに対する訴えなどについて、引き続き審理を行うとしている。

※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。


※関連リンク
https://www.tas-cas.org/en/general-information/news-detail/article/the-cas-denies-the-football-union-of-russias-request-to-stay-the-execution-of-the-uefa-executive-co/

【ロシア、W杯欧州予選プレーオフ出場不可に…CASが訴え退ける(3/15)】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/14(月) 23:26:34.22 ID:CAP_USER9
>>2022/3/14 22:43

 大相撲の幕内栃ノ心(34)の故郷ジョージアは、ロシアと国境を接し、ウクライナと同じく黒海を望む。大阪で開催されている春場所2日目のオンライン取材で、栃ノ心はウクライナの戦禍について思いを語った。

 ロシアの軍事侵攻により犠牲者が増え続けている状況を報道で見聞きし、「ウクライナはぼっろぼろにされた。子どもたちも死んでるし、本当に悲しいですよね。戦争って本当に最悪なんです」と言った。

 母国のジョージアも2008年、ロシアとの間で紛争が起きている。

 「僕の国も何回も戦争している国なんで。戦争はやっぱり、良いことないんですよね。早く終わればいいと思いますけどね。平和が一番良いんですよ」

 その言葉には、実感がこもっていた。

 栃ノ心には、ウクライナ、ロシアの双方に友人がいるという。「普通の人はやっぱり戦争はしたくないんですよね、どっちも」とやりきれなさがにじんだ。

続きは↓
朝日新聞デジタル: 栃ノ心「戦争は最悪」 隣国の侵攻に心境吐露 母国は過去に紛争経験.
https://www.asahi.com/articles/ASQ3G6GWGQ3GUTQP01J.html

【栃ノ心「戦争は最悪」 隣国の侵攻に心境吐露 母国は過去に紛争経験】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/14(月) 05:59:49.83 ID:CAP_USER9
リュージュ男子で世界選手権を3度制覇しているロシアのロマン・レピロフ(26)が、ウクライナ侵攻を受けてスポーツ界で加速するロシア制裁に猛反論を展開した。

 ロシアメディア「チャンピオナット」は、レピロフのスポーツ界の現状に対するコメントを報道。「『連帯で世界全体が喜んでいる』『インスタグラムが禁止された』『ロシア恐怖症が最大になった』『ロシア人は悪い』。口だけ達者な人間は、スポーツも人生も下手で、ロシアの助けなしには何も成し遂げられないだろう」とスポーツ界全体の動きに猛烈に反発した。

 その上でレピロフは、ロシア人アスリートに向けて連帯を呼びかけ。「道は暗くても、我々は自分を良くするための場所を見つけることができる。一方、彼ら(世界のスポーツ界)は最高の状況でも我々には近づくことすらできないだろう。すべての政治的な出来事に耐え、乗り越えなければならないとしても、誰が何と言おうと我々はベストを尽くす。それが我々の本質だ。みんなが望むならできるはずだ。それを知っていることが、我々のロシア人たる所以だ!」と熱弁をふるった。

 ついにロシアの一流アスリートからも、スポーツ界の制裁を激しく非難する声が上がった。

【ロシアのリュージュ現役世界王者・レピロフ スポーツ界全体の動きに猛烈に反発!“制裁” に怒り「ロシアの助けなしには何も成し遂げられない」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/12(土) 05:41:56.98 ID:CAP_USER9
3/12(土) 5:15配信
東スポWeb

ワリエワ(左)とトルソワも自国大会に出場予定だ(東スポWeb)

 ロシアがウクライナへの軍事侵攻で国際スポーツ界から締め出される中、同国の閣僚が各競技の国内大会をすべて国際大会化する対抗策を披露。スポーツ界が真っ二つに割れる可能性が、いよいよ現実味を帯びてきた。

 ロシアのオレグ・マティシン・スポーツ大臣は同国のニュースチャンネル「ロシア24」で「ロシアで開催されるほぼすべての大会のフォーマットを変更することになった。(海外勢に)オープンにし、アスリートを招へいする予定だ。すでに(ロシアへの)制裁に加わらず、抑制的な姿勢を取る多くの国、多くの競技でわが国の選手と競いたいと思うに違いない」と宣言。各競技の国内大会に〝親ロシア諸国〟の選手を呼び、事実上の国際大会として開催するプランをブチ上げた。

 大舞台で活躍する場を失ったロシア選手にとっては、ありがたいプランだろう。一方で、参加国は偏りが生じ、国際スポーツ界が親ロシアか否かで二分されることになる。

 フィギュアスケートの名将アレクサンドル・ズーリン氏は、フィギュア界で参加が予想される国について言及。ロシアメディア「スポーツ」に対し「アラブ首長国連邦(UAE)、ベラルーシ、中国、カザフスタンなど、そう多くはないが、このアイデアは間違いなく良いものだ」と指摘した。さらに「強くなるかどうかはわからないが、見る人の関心は確実に高まる。未来への良いステップだ。欧米諸国は我々を滅ぼしたいと思っている。何とかしてそこから抜け出し、始めなければならない」とロシアへの制裁に加わった欧米諸国への対抗心をむき出しにした。

 スポーツ界も「東西冷戦時代」に逆戻りしそうな展開となってきた。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220312-04056128-tospoweb-000-6-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/5c609842878a1ea88e8696d5b910379f9b107e45

【スポーツ界も〝東西冷戦時代〟に逆戻りか…ロシアが仲良しグループ集めた国際大会ブチ上げ! フィギュア重鎮「未来へのステップだ」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/12(土) 17:22:40.59 ID:CAP_USER9
3/12(土) 15:22
東スポWeb

ロシアバスケット界の重鎮が制裁に猛反発「なぜ全世界から嫌われなければ…」現地メディア伝える

 ロシアバスケットボール界の重鎮が、ウクライナ侵攻に対するスポーツ界の制裁に猛反論を展開した。

 ロシアメディア「ビジネスオンライン」は、バスケットボール男子ロシア代表の元監督で現在は強豪クラブUNICSの会長顧問を務めるスタニスラフ・エレミン氏へのインタビューを掲載した。

 その中でエレミン氏は、スポーツ界で広がるロシアへの制裁について「孤立が長引くとは思わない。我々のクラブがなければバスケットボールはどうなるんだ? ロシア代表チームがいなければ、アイスホッケーはどうなるんだ? 我々のアスリートがいなければフィギュアスケートはどうなるんだ?」と有力選手を多く輩出する競技では、レベル維持のためロシア選手の排除はすぐに終わると独自の見解を示した。

 その上で「国際社会による誤った動きだ。これら(ウクライナ侵攻)の問題に連帯責任はない。政治に反対することはできるが、バスケットボール選手はそれと何の関係があるんだ? なぜロシアのような大国が突然全世界に嫌われなければならないのか。これが私には分からない」と国際スポーツ界が政治とスポーツを混同しているとして痛烈に批判した。

 あくまでもロシアのスポーツ界にウクライナ侵攻の責任はないというわけだが、強気な主張は物議を醸しそうだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/67711c8c08a9578ee1158f5d85d08fc5eef55f3d

【「なぜ大国ロシアが全世界から嫌われなければならないのか」ロシア・バスケット界の重鎮が制裁に猛反発】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/10(木) 10:49:37.88 ID:CAP_USER9
3/10(木) 10:41
東スポWeb

〝中傷騒動〟シャラポアさんがインスタで胸中を吐露 ウクライナへ支援を表明
反戦を訴えたシャラポワさん(東スポWeb)
 ロシアのウクライナ侵攻を受けて女子テニスの元世界ランキング1位、ロシア出身のマリア・シャラポアさん(34)が自身のインスタグラムを更新し、悲痛な心境を告白した。

 4大大会を5度制したシャラポアさんは2020年2月に現役引退を表明。同12月に英国人実業家との婚約を発表した。

 シャラポワさんをめぐっては、ロシアのウクライナ侵攻に沈黙を続けたことで、インスタのコメント欄に誹謗中傷が殺到していた。そんななか、シャラポワさんは9日夜にインスタを更新し、ウクライナ情勢に初言及。

 ぬいぐるみを手に持つ子どもの写真を掲載し「ウクライナのエスカレートする危機に見舞われた家族や子供たちの映像や記事で毎日ますます心を痛め、心の底から深く悲しんでいます」と投稿。

 その上で「私は食料、水、援助キットを提供するため精力的に活動している団体Seve the Children,s Crisisis Relief Fundに寄付しています」と、すでに支援に乗り出していることを明かした。

 シャラポワさんは「私と一緒に寄付をお願いします。平和を祈り、被災された全ての人に愛と支援を送ります」と、ウクライナへのさらなるサポートを訴えている。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220310-04052174-tospoweb-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/61069838116f4ec78e9abcf0e64eedf5fbfd78d5

【〝中傷騒動〟ロシア出身シャラポアさんがインスタで悲痛な心境を告白 ウクライナへ支援を表明】の続きを読む

このページのトップヘ