SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

ロジャー・フェデラー

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/20(月) 19:11:47.54 ID:CAP_USER9
フェデラーが68位から96位とトップ100陥落目前に

6月20日、ATPは世界ランキングを更新。西岡良仁(ミキハウス)は1つ上げて 101位とトップ100が目前に。錦織圭(ユニクロ)は12落として116位、ダニエル太郎(エイブル)は4つ上げて123位となった。また昨年のウィンブルドンを最後にプレーしていないロジャー・フェデラー(スイス)は96位となり、1991年10月11日から守ってきたトップ100から陥落目前となった。

ATP500「シンチ選手権」(イギリス・ロンドン)では、マッテオ・ベレッティーニ(イタリア)が連覇を達成したものの、1つ落として11位に。ATP500「テラ・ウォルトマン・オープン」(ドイツ・ハレ)で優勝したフベルト・フルカチュ(ポーランド)が2つ順位を上げて10位とトップ10に返り咲いている。

また「シンチ選手権」で準優勝となったフィリップ・クライノビッチ(セルビア)は、ポジションを17上げて31位となったほか、「テラ・ウォルトマン・オープン」で3週連続4強入りを果たしたニック・キリオス(オーストラリア)が45位にジャンプアップ。昨年3月8日以来となるトップ50となっている。

ウィンブルドン前週となる今週は、ATP250「マヨルカ選手権」(スペイン・マヨルカ)、ATP250「ロスシー国際」(イギリス・イーストボーン)で開催。ウィンブルドンではポイントが得られないこともあってか、トップ選手も多く出場している。マヨルカ選手権で予選を突破したダニエルをはじめ、多くの選手の戦いに注目したい。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9f0cba2da7729ac1f9bbcef58a44e60173c3d4b5

【フェデラーが約22年9ヵ月守ってきたトップ100陥落目前。西岡良仁101位、錦織圭116位、ダニエル太郎123位に】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/13(月) 16:37:10.25 ID:CAP_USER9
【AFP=時事】男子テニスのロジャー・フェデラー(Roger Federer、スイス)が12日、来シーズンには膝の手術から復帰し、ツアーに戻りたいと明かした。

 四大大会(グランドスラム)通算20勝を挙げている元世界ランキング1位のフェデラーは、12日付のスイスのドイツ語新聞「ターゲスアンツァイガー(Tagesanzeiger)」のインタビューで、「方法や理由、具体的に何をすればいいかは分からないが、そう(2023年の復帰を)考えている」と話した。

 8月に41歳になるフェデラーは、約1年前のウィンブルドン選手権(The Championships Wimbledon 2021)準々決勝を最後に試合から遠ざかり、大会後には3回目となる膝の手術に踏み切った。キャリア通算でツアー103勝を誇るが、2020年はわずか6試合、昨年も13試合しか完了できず、世界ランキングも大きく下げている。

 それでもフェデラーは「自分自身は、その後どうなるかにも興味がある」とした上で、「しかし希望は持っているし、すでに長い道のりを歩んできたから、あとはそう遠くない。ここからの3、4か月が極めて重要になる」とコメントした。

 11日にはスイスの公共放送SRFに対して、「今は肉体のコンディションに照準を合わせているので、負荷をかけすぎていることはない。(ジムには)一週間で5、6回行く」と話している。現在は9月23日から25日にかけて行われる欧州チームとワールドチームの対抗戦、レーバー・カップ(Laver Cup 2022)と、10月24日から30日にかけて母国で開催されるスイス・インドア(Swiss Indoors Basel 2022)の出場を目指している。【翻訳編集】 AFPBB News

https://news.yahoo.co.jp/articles/0b906556bbd6679ab3bf056c1898bb3bf3978f98

【フェデラー、2023年も現役続行を希望】の続きを読む

このページのトップヘ