SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

ロス五輪

1: 名無しさん@恐縮です 2023/11/04(土) 08:36:26.27 ID:ugP/bA/d9
11/4(土) 7:26配信 共同通信
https://news.yahoo.co.jp/articles/dde21a9cf897069f465f36b19e4fa2a972edb382

 米プロフットボールNFL、チーフスのQBマホームズが3日、2028年ロサンゼルス五輪で追加競技として実施されるフラッグフットボールの出場に意欲を示した。AP通信によると「絶対に出たい。出られるように努力する」と話した。

 28歳のマホームズはチーフスを2度のスーパーボウル制覇に導いた名QB。フラッグフットボールはアメリカンフットボール同様にパスやランでボールを進めるが、タックルの代わりに腰のフラッグを取ることで攻撃が止まる。(共同)

【チーフスQBマホームズ、ロス五輪へ意欲 追加競技のフラッグフットボール「絶対に出たい。出られるように努力する」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/11/03(金) 20:32:19.52 ID:mQ9P92sJ9
次の五輪(2024年・パリ)のチリ、あ、パリか。そこで野球はありませんが、次のロサンゼルス五輪(28年)では開催されるので、そこでもっと野球をメジャーにできるように頑張りたいです。東京五輪で金メダルを獲得した大野雄大さんから、『次はお前の番だ』と言われました。3月のWBCで世界一に貢献できて、1つ先輩に恩返しできたのかなと感じます。

※続きは以下ソースをご確認下さい

10/31(火) 12:00
週刊ベースボールONLINE

https://news.yahoo.co.jp/articles/1c60303969b5248d519b3e4aebfd81d8e6ff3f80

【中日・高橋宏斗「パリ五輪で野球はありませんが、ロサンゼルス五輪(28年)ではもっと野球をメジャーにできるように頑張りたいです」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/10/25(水) 14:47:16.56 ID:Znc4aTZs9
16日に行われた国際オリンピック委員会(IOC)第141回総会において、『SASUKE』を基に考案された障害物レースを新たに加えた近代五種が2028年ロサンゼルス五輪の実施競技として採用された。IOCによる協議を経て、TBSの人気番組『SASUKE』の海外版である『Ninja Warrior』を基に考案された障害物レースが、馬術に代わる新しい種目として採用されることもあわせて決定した。

 近代五種は水泳、フェンシング、馬術、レーザーラン(射撃とランニング)の5種目で争う競技。このうち馬術については、国によって競技環境整備の問題や安全面が課題となっており、国際近代五種連合(UIPM)は2028年のロサンゼルス大会までに、馬術に代わる別の種目に変更することを検討してきた。

 障害物レースについては、昨年テスト大会が4度実施された。TBSから『Ninja Warrior』の撮影セットを貸し出し、大会によっては雲梯(うんてい)に似た器具や、反り返った壁などが障害物としてコース設定され、タイムを競う形式で行われた。この新しい種目を取り入れたことにより、近代五種はオリンピック競技の中で最もエキサイティングで親しみやすく、人気のある競技のひとつとなる可能性を秘めている。

■国際近代五種連合(UIPM) 専務理事 Shiny Fangコメント
テレビにおける『Ninja Warrior』現象のパイオニアであり、そのオリジナル番組『SASUKE』の発明者であるTBSからの継続的なインスピレーションは、UIPMがNinja (Warrior)スタイルの障害物レースを、広く認知されたスポーツとして、より発展させるための大きな力になると信じています。我々は『Ninja Warrior』以上の興奮とダイナミズムを五輪競技レベルで再現し、他の近代五種種目とシームレスに融合させることを望みつつ、2028ロサンゼルス五輪でのデビューを期待しています。

■TBSホールディングス代表取締役社長 佐々木卓コメント
SASUKEというテレビコンテンツがベースとなった種目が五輪に正式採用されたのは画期的なことだと思います。TBSとして大変光栄で喜ばしい事だと感じております。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d0500bb0d81c548d9b9c20f52f7d4fe52cb609bf

【『SASUKE』が五輪競技に決定 2028年ロス大会の近代五種に「障害物レース」採用】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/10/16(月) 17:17:18.53 ID:IMfP33oD9
2023年10月16日16時43分

野球の「ドリームチーム」が、再び五輪の金メダルへ-

国際オリンピック委員会(IOC)は16日、インドのムンバイで総会を行い、2028年ロサンゼルス五輪の追加競技として野球・ソフトボールが2大会ぶりに採用されることが正式に決まった。

世界野球ソフトボール連盟(WBSC)のフラッカリ会長は13日に同地で取材に応じた際に、ロサンゼルス五輪の追加競技に野球が採用された場合、米大リーグ側からトップ選手の参加を確約する文書を受け取ったことを明かしていた。選手会も合意しているといい、五輪史上初めて大リーグの一流選手が集う公算が大きくなっている。

夏に開催される五輪では、これまで大リーグのシーズンを中断できないなどの理由でトップ選手の参加は実現しなかった。21年の東京五輪もマイナー選手を中心にチームを編成したが、正式に決まればエンゼルス大谷翔平投手(29)ら日本人メジャーリーガーの五輪出場も可能になる。28年7月には大谷は34歳となっている。オリックス山本由伸投手(25)、ヤクルト村上宗隆内野手(23)ら、世界一に輝いた3月のWBCのような「ドリームチーム」を五輪の舞台で見られる可能性が出てくる。



■侍ジャパンの今後の国際大会

◆11月16~19日 アジアプロ野球チャンピオンシップ(出場資格は24歳以下、または入団3年目以内の選手。オーバーエイジ枠は3選手)

◆24年11月 プレミア12(世界ランキング上位12チームが出場。日本、台湾などで開催)

◆26年3月 第6回WBC

◆28年7月 ロサンゼルス五輪

https://www.nikkansports.com/baseball/news/202310160000188.html

【【28年ロス五輪】野球・ソフトボールが復活、IOCが正式決定 大谷翔平らMLB選手も集結か】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/10/10(火) 07:30:46.28 ID:XIKjY3FG9
10/10(火) 7:22配信
時事通信

 【ロサンゼルス時事】2028年ロサンゼルス五輪・パラリンピック組織委員会は9日、追加競技として野球・ソフトボール、クリケット、フラッグフットボール、ラクロス、スカッシュの5競技を国際オリンピック委員会(IOC)に提案したと発表した。

 IOCの理事会と総会は12日からインドのムンバイで開かれ、追加競技が承認されるかは16日に決まる見込み。

 地元紙ロサンゼルス・タイムズ(電子版)は「この夏にIOCと組織委員会で議論を重ねてきた。全5競技が承認されるだろう」と伝えた。東京、パリ大会でも組織委の提案はそのまま認められている。

 野球・ソフトボールは来年のパリ五輪で実施されないため、採用されれば2大会ぶりの復帰。世界野球ソフトボール連盟(WBSC)は「リストに含まれ、大変喜ばしく思う。両競技は米国だけでなく、世界中のファンを魅了すると確信している」と声明を出した。野球では大リーグの選手が出場できるか、シーズンを中断するかなど、今後に注目が集まる。

 フラッグフットボールは米国で人気の高いアメリカンフットボールから接触プレーをなくした競技で、スカッシュとともに初めて。クリケットは1900年、ラクロスは1908年以来となる。

ソース https://news.yahoo.co.jp/articles/6bc54c9855f8fad96cbb30388ac5f250d5ef6d20

【ロス五輪組織委、野球・ソフトの復帰提案 地元紙「承認される」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/10/10(火) 05:47:35.34 ID:b70K1+Wy9
読売新聞
https://www.yomiuri.co.jp/sports/etc/20231010-OYT1T50000/
2023/10/10 04:20

 【ロサンゼルス=帯津智昭】2028年ロサンゼルス五輪の大会組織委員会は9日(日本時間10日)、開催都市が国際オリンピック委員会(IOC)に提案できる追加競技を発表し、野球・ソフトボール、フラッグフットボール、クリケット、ラクロス、スカッシュが入った。正式に採用が決まれば、野球・ソフトボールは21年の東京大会以来の2大会ぶりの実施となる。

 IOC理事会での協議を経て、15~17日にインドのムンバイで開催されるIOC総会に提案される見込みという。

 IOCは開催都市に対し、大会全体の選手総数約1万500人の範囲内で、実施競技の追加を提案することを認めている。21年の東京大会では5競技、来年に行われるパリ大会では4競技が追加された。

【28年ロス五輪で野球・ソフトなど5競技実施を提案へ IOCで正式決定されれば東京大会以来】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/09/09(土) 06:59:37.71 ID:MsqAywa79
IOC(国際オリンピック委員会)は8日、理事会を開いたが、2028年のロサンゼルスオリンピックの追加競技決定は見送られた。

理事会では当初、2028年にアメリカ・ロサンゼルスのオリンピックの追加競技が決まる予定だったが、IOCは、大会組織委員会との協議が続いているとして、議題を見送った。

ロサンゼルスオリンピックでは、東京大会以来の開催の期待がかかる野球・ソフトボールと空手、2024年のパリ大会で初めて採用されるブレイキンのほか、フラッグフットボール、キックボクシング、ラクロス、スカッシュ、モータースポーツ、クリケットの9つの競技が追加競技の候補に挙がっている。

IOCは今後開く理事会で、追加競技について議論するとしている。

FNN2023年9月9日 土曜 午前6:00
https://www.fnn.jp/articles/-/583749

【2028年ロス五輪の追加競技の決定 IOC見送り】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/09/01(金) 09:23:49.84 ID:nGfGF4G29
2023年9月1日 6時19分 掲載
https://www.sakigake.jp/news/article/20230901CO0014/

 【ジュネーブ共同】国際オリンピック委員会(IOC)が9月8日に理事会を開き、2028年ロサンゼルス五輪の追加競技を決めると8月31日、ロイター通信が関係者の話として報じた。

 候補は来夏のパリ五輪で初採用されるブレイキン(ブレイクダンス)や野球・ソフトボール、空手、ラクロス、モータースポーツ、フラッグフットボール、スカッシュ、クリケット、キックボクシングの9競技。10月のIOC総会(インド・ムンバイ)で正式に承認される見通しだ。

 IOCは昨年2月にロス五輪の実施競技として東京五輪で初めて行われたスケートボード、スポーツクライミング、サーフィンを含む28競技を選出していた。

【IOC、8日に追加競技を決定へ 28年ロサンゼルス五輪】の続きを読む

このページのトップヘ