SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

ワールドカップ

1: 名無しさん@恐縮です 2023/01/25(水) 20:59:37.42 ID:1zDj1rAt9
 サイバーエージェントは1月25日、2023年9月期(22年10~12月)の決算を発表し、ABEMAの第1四半期の売り上げは、前年同期比34%増の334億円となり、四半期ベースで過去最高を更新した。サッカーワールドカップ(W杯)の全試合放送で視聴者が増え、ABEMAと周辺事業が増収増益となった。藤田晋社長は「メディアとして確立する道筋が見えた」と話した。

ABEMA自体は赤字のまま

 ABEMAを手掛けるメディア事業の営業損益は、W杯の放送に向けた放映権料など関連費用で93億円の赤字となり、四半期ベースでの事業赤字は続いている。広告やゲームなど他事業の業績でカバーし、サイバーエージェント全体としては12億円の赤字に収めた。

W杯放送、約半数がオンデマンド視聴 スマホ視聴が最多

 W杯放送の影響で、ABEMAアプリのダウンロード数は開局6年8カ月で9200万ダウンロードを記録した。22年11~12月のW杯期間中でダウンロード数が700万増加したという。

 ユーザー動向を見ると、インターネットを使ったサービスの特徴が出た。スポーツの場合、リアルタイムで視聴するスタイルが主流だが、ABEMAユーザーの44%が追っかけ再生やハイライト再生などオンデマンドで視聴(リアルタイム視聴は56%)していたことが分かった。藤田社長によると「広告主から『オンデマンドに広告を出せばよかった』という声も出た」といい「スポーツ中継の新しい形になったのではないか」との見解を示した。

 デバイス別の視聴割合では、スマートフォンが43%を占め、最多となった。テレビは、パソコンと同率の24%となり、2位タイだった。開催期間中、ユーザーからは「追っかけ再生が便利」「倍速再生がいい」などが挙がった。藤田社長はW杯放映権の主目的が「ABEMAの便利さとクオリティーの高さを示すことだった」と明かし「地上波デジタル放送並みの画質で放送でき、便利さも、ユーザーにやっと気付いてもらえた」とした。

他チャンネルも視聴数増 “W杯効果”が鮮明に

 決算資料からは、“W杯効果”がABEMA全体に広がっていることが分かる。1週間当たりの利用者数を示す「WAU」(Weekly Active Users)は、W杯期間中は過去最高となる3409万WAUを突破。W杯終了後も、1月のWAU値が前年比で1.4倍となった。

※続きは以下ソースをご確認下さい

1/25(水) 18:28
ITmedia ビジネスオンライン

https://news.yahoo.co.jp/articles/4b687936863b06cde688ac76fd0aca44fa7bc79f

【『ABEMA』売り上げが過去最高334億円 他チャンネルも視聴数増 “W杯効果”が鮮明に】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/01/01(日) 19:47:43.28 ID:vRQoYRW+9
ドイツ戦の歓喜を捉えた1枚が話題

早いものでスポーツ界も年末年始に突入。サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)はアルゼンチンの優勝で幕を閉じた一方、
森保一監督が率いる日本代表は16強進出を果たし、列島に感動を呼んだ。
年末年始で時間を持て余したスポーツファン向けに、日本代表の監督・選手らの話題になった名場面を回顧する。
グループリーグでは強豪ドイツに逆転勝利したが、歓喜の瞬間を捉えた1枚が「心霊現象起きてます!」と話題になっていた。

【画像】「川島永嗣の脇から手が」 W杯日本の大金星の裏で撮られていた「心霊現象」の実際の画像

2-1で試合終了のホイッスルが鳴った瞬間、ベンチメンバーはピッチに向かってダッシュし、歓喜した。DF長友佑都を先頭に入り乱れる選手たち。
その中で、注目を集めたのは“不自然な手”だった。
ライムグリーンのユニホームにオレンジのビブスを着ていたGK川島永嗣の左脇から、1本の手が出ている。
背後に人の気配はなく、左側に素足の選手もいるが、手の角度には多少の違和感がある。
日本サッカー協会公式インスタグラムがドイツ戦後に実際の画像を公開。
目の当たりにしたファンからは

「川島永嗣の脇から手が」「川島選手の脇に…誰の手?」「確かに変な手が写ってますね」「心霊現象起きてます!」と驚きの声が上がった。
さらに、「長友に久保が被ってるんですね」「久保選手の手ですね」と久保建英ではないかとの指摘や、
「指の数が6本あるように見えますね」「指が6本ある」と“不自然な手”のさらなる違和感に着目するコメントも寄せられていた。 (写真は日本サッカー協会公式インスタグラムより)
日本は続くコスタリカ戦で敗れたものの、スペイン戦でまたも金星。
川島が、シュミット・ダニエルとともに権田修一に猛ダッシュで駆け寄って作ったGK3人の輪も話題となった。
川島は大会後、自身のインスタグラムで「ここが一区切り。ここからはまた自分の挑戦にしていきたい」と今後の代表活動から退くことを示唆している。

2022/12/28(水) 11:33
https://news.yahoo.co.jp/articles/d426a3b94ac346fc8f4e4e7a43ae8f5a20b2966c

https://i.imgur.com/yDvLtrL.jpg
https://i.imgur.com/teBaWjD.jpg

【「川島選手の脇に…誰の手?」W杯日本の大金星の裏で撮られていた“心霊現象”に衝撃の声】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/01/01(日) 22:49:38.21 ID:nDEvxj9Y9
 中国のスポーツメディア『PP体育』が12月26日、中国国営中央テレビ(CCTV)が発表したカタール・ワールドカップの視聴率ランキングの結果を報じている。

 アルゼンチン対フランスの決勝を抑えてトップだったのは、なんとグループステージ初戦のドイツ対日本。中国では21時キックオフという見やすい時間帯だったのも影響したようだ。

 さらに、日本対コスタリカも7位にランクイン。トップ10は、決勝を除くと全て“アジア勢絡み”で、強豪国の試合よりも関心が高かったようだ。
 
 中国国営中央テレビ(CCTV)が発表した視聴率ランキングのトップ10は以下の通りとなっている。

1位:ドイツ対日本 5.5767%
2位:アルゼンチン対フランス 5.5287%
3位:ウルグアイ対韓国 5.4774%
4位:ポーランド対サウジアラビア 5.2184%
5位:アルゼンチン対サウジアラビア 5.1116%
6位:カタール対セネガル 5.0444%
7位:日本対コスタリカ 5.0007%
8位:韓国対ガーナ 4.9920%
9位:ウェールズ対イラン 4.8366%
10位:チュニジア VS オーストラリア 4.5618%

 このニュースに、中国では「いまだににわかファンが多すぎて、23時過ぎまで起きてられないんだ」「21時と23時のキックオフでは比較できないだろ」「40歳を過ぎたら夜更かしはできない」「本当は隣人がコテンパンにされるのを期待していたけど、私たちがピエロになるとは思わなかった」といった声があがっている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e8cd228ecba6ffdab33ddacc498aa7f4adbd146d

【中国のW杯視聴率ランキング、決勝を抑えて日本対ドイツがなんと1位に!「隣人がコテンパンにされるのを期待してたけど…」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/12/08(木) 14:59:13.08 ID:4ZZrgWn99
プロ野球・ヤクルトの村上宗隆選手が7日、自身のインスタグラムを更新し、W杯で初の2大会連続でベスト16に進出したサッカー日本代表へコメントしました。

サムライブルーのユニホームと共に「少し時間が経っての投稿ですが。お疲れ様でした!ほんとにその言葉だけです」と投稿。

これにファンは「次はWBCで村神様が日本を歓喜に染めなあかんすよ」「次日本を沸かせるのは野球の力です!!」「Wカップの悔しさを今度はWBCで返しましょう!!」とコメント。

来年3月には野球の国際大会WBCが開催予定。選手の最終選考はまだですが、史上最年少で三冠王に輝き、日本選手最多の56号を放った村上選手が、日本を歓喜に導く打撃を見せられるのか注目です。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d4486cf75807e8ed5540380cb81c1c38dd1c2eb3

【「お疲れ様でした!」ヤクルト・村上宗隆がサムライブルーへコメント ファンは「Wカップの悔しさを今度はWBCで返しましょう!!」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/12/23(金) 17:56:14.19 ID:qCRg2xfk9
オンライン署名サイトで活動

カタール・ワールドカップ(W杯)はアルゼンチン代表が36年ぶり3回目の優勝を果たして幕を閉じたが、
その決勝戦で敗れたフランス代表を支えてきたサポーターたちは納得がいかない模様だ。

フランスのオンライン署名サイト「MesOpinions」では、決勝戦の再試合を求める署名が約20万人から寄せられている。

決勝戦はポーランドのシモン・マルチニアク主審が担当したが、延長戦までの120分間で両チーム合計3回のPKが与えられた。
フランスの有力紙「レキップ」では、この試合のマルチニアク主審には採点で「2点」がつけられている。

特にフランスのサイドにとっては、前半にアルゼンチン代表FWアンヘル・ディ・マリアの突破をフランス代表FWウスマン・デンベレが倒してしまったシーンでのPK判定の是非、
後半にフランス代表FWマルクス・テュラムがペナルティーエリア内で倒れたところ、
シミュレーションと判定されたこと、
さらには延長後半にアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがゴールした場面で、
アルゼンチンのベンチメンバーがピッチ内に入っていたことが不服な要素となっているようだ。

この署名サイトでは国際サッカー連盟(FIFA)を署名の送り先としたいうえで、概要は
「審判団が完全に買収されていたため」と記載されている。
それでも、日本時間12月23日の午前11時ごろの時点ですでに20万人に近い数の署名が寄せられている。
実際にこの要求が成立するかは別の問題として、史上3か国目の連覇を目指したフランスはあと一歩で栄冠に届かなかった。
しかしPK戦から表彰式、それ以降でのアルゼンチン代表GKエミリアーノ・マルティネスの行動に対しての大きな批判も含め、フランスではこのゲームに対する怒りの感情が冷めやらない模様だ

12/23(金) 17:30
https://news.yahoo.co.jp/articles/0097ec9af7c731a28a35fbc65c6d9561e68926a8

https://i.imgur.com/eBczfwn.jpg

【フランスサポーターがW杯決勝“再試合”を要求! 20万人が署名「審判団が完全に買収されていた」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/12/20(火) 22:20:48.50 ID:UHKcsb1x9
 サッカーワールドカップ(W杯)カタール大会の決勝から一夜明けた19日、アルゼンチンに敗れたフランスで、現地で試合を観戦したマクロン仏大統領の振るまいが物議を醸している。敗北に落胆するエースFWエムバペ選手を慰める姿や試合後の選手の控室で話す姿が拡散し、「監督でもないのにやり過ぎだ」と批判されている。

 マクロン氏は試合終了から約3時間後、自らのツイッターに代表選手の控室を訪れた時の様子を投稿した。「もしかしたら試合を終えて後悔している人がいるかもしれない。決して後悔しないでほしい。みなさんはフランス国民に夢を与えてくれた」。選手たちが沈黙するなか、何度も手をたたいて励ましている。

 ところが、この動画や、試合直後にピッチで肩を落とすエムバペ選手を抱きしめて声をかける姿が「監督だと勘違いしている」「家父長主義的だ」と批判を招いた。SNSでは、ピッチに座り込んだエムバペ選手がマクロン氏の呼びかけに応じず、虚空を見つめる姿が拡散。野党からも「不適切だ」「ばかげている」といった声が上がった。
朝日新聞社

https://news.yahoo.co.jp/articles/b32f1afcdc8cbf8c044f95750327d133079937bf
カタールで2022年12月18日、サッカーのワールドカップ(W杯)の表彰式で、フランス代表のエムバペを抱きしめるマクロン大統領=ロイター
https://imgopt.asahi.com/ogp/AS20221220000033_comm.jpg

https://video.twimg.com/ext_tw_video/1604708379070304257/pu/vid/640x360/e4ipDy8nAJyyVMj7.mp4
https://video.twimg.com/amplify_video/1604580431508041730/vid/720x720/vU7ONajloVdRDLlr.mp4

【エムバペ慰める姿に反感…マクロン大統領、W杯決勝でのふるまいが物議】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/12/06(火) 21:33:07.25 ID:Al37lf2C9
 日本代表のMF鎌田大地(26=フランクフルト)がFIFAワールドカップ(W杯)カタール大会の決勝トーナメント1回戦のクロアチア戦の激闘から一夜明けた6日、囲み取材に応じた。

 1次リーグE組1位の日本は同F組2位のクロアチアと対戦。延長戦でも決着はつかず、試合の行方はPK戦へ。PK戦は1―3で日本は敗れて史上初となる8強入りに届かなかった。

 全4試合で先発し、今大会の攻守の要として奮闘した鎌田は「僕も今回が初めてのW杯。(今回の日本代表は)欧州の舞台でたくさんプレーしている部分で間違いなく成長していると思う。次のW杯は今回の選手がよりいい年齢で、いい状態で臨めると思うので、次が本当に勝負なのかなと思う」と話した。

 PK戦の末、惜敗したクロアチア戦に関しては「自分たちは、今までと違って前半を捨てずにトライしていたと思う。後半は運動量が落ちてセカンドボールを拾われたり、なかなか前にいけない状態が続いた。それは、クロアチアにはモドリッチやコバチッチという選手がいて、日本には彼らのようなクオリティーだったり、時間を使えたり、余裕を持たせられる選手がいなかったから。それが大きな差。これからの4年間、自分たち次第でそういうチームにもなれるのかなと思う」と4年後への課題を口にした。

 さらに鎌田は「(W杯を経験したことで)代表に対する思いは間違いなく増えたし、自分が代表を引っ張っていけるような存在になりたいと思っているし、この4年間は代表のためにもやりたい」とし、「(川島)永嗣さんは、今回試合には出ていないが、チームミーティングで彼が思いを伝えるときに涙を流したり、そういう姿を見ると、代表ってやっぱりすごいところだと思う。ああいう先輩が今までやってきてくれて、それが今につながっていると分かる。自分の感覚は変わったと思う」と、日本代表を支える自覚を口にした。

 そして同じ愛媛出身の長友には「(長友)佑都君といると、日本人同士という感じではなく、欧州の選手やラテンの選手と一緒にいる感覚になる。ピッチで言い合ったり、喧嘩も全然する。彼には自分をさらけ出したし、彼も受け止めてくれた。彼と一緒にやれたのは幸せな時間だったし、本当に偉大な人だったなと思う」と感謝した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/41799c2b7932f706ba4146148ade53f3cc7789c9

【日本代表MF鎌田大地「代表に対する思いは増えた、自分が代表を引っ張っていけるような存在になりたい」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/12/22(木) 07:58:42.53 ID:NIan0RUA9
「大半がヨーロッパ組で、日に日に経験を積んでいる」と評価

 日本代表はカタール・ワールドカップ(W杯)でドイツ代表とスペイン代表から金星を挙げ、2大会連続で決勝トーナメントに進出した。英紙「デイリー・メール」は森保ジャパンの戦いぶりに「B+」の評価を下している。

 同メディアはグループリーグを勝ち抜き、ベスト16に進出した16チームを上は「A+」、下は「D」までの評価で格付け。3度目の優勝を果たしたアルゼンチン代表、アフリカ勢初の4強と躍進したモロッコ代表に最高タイの「A+」。ベスト16入りしたオーストラリア代表と3位のクロアチア代表、そして準優勝のフランス代表がそれに次ぐ「A」評価が付けられた。

 そのなかで日本代表は唯一の「B+」が付けられている。クロアチアにPK戦で敗れてベスト16で敗退となったが、やはりドイツ代表とスペイン代表から白星を挙げた結果は好印象で、上から6番目という高評価になった。

「グループリーグでの素晴らしい戦いにもかかわらず敗退。日本は『もしも』の思いを抱いているだろう。前回大会ではベルギー代表に2点リードからノックアウトされ、今回も次のステップにはあと一歩及ばなかった。彼らは大半がヨーロッパ組で、日に日に経験を積んでいる。日本は技術的に優れたチーム作りが行われているが、この大会でさらに先のステージに進むためにはわずかに運が足りなかった」

 個々の技術の高さは英国メディアからもお墨付きをもらった日本。過去最高成績を更新するベスト8入りの夢は4年後に持ち越しとなったが、強烈なインパクトを残すことには成功したといえそうだ。

「デイリー・メール」によるベスト16の評価は以下の通り。

【A+】
アルゼンチン(優勝)、モロッコ(4位)

【A】
フランス(準優勝)、クロアチア(3位)、オーストラリア(ベスト16)

【B+】
日本(ベスト16)

【B】
オランダ(ベスト8)、韓国(ベスト16)

【B-】
アメリカ(ベスト16)

【C+】
ポルトガル(ベスト8)、イングランド(ベスト8)、セネガル(ベスト16)

【C】
ポーランド(ベスト16)

【C-】
スペイン(ベスト16)、スイス(ベスト16)

【D】
ブラジル(ベスト8)

FOOTBALL ZONE編集部2022.12.22
https://www.football-zone.net/archives/424768

【英紙がW杯ベスト16を“格付け” 森保ジャパンの評価は?「わずかに運が足りなかった」】の続きを読む

このページのトップヘ