SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

ヴィッセル神戸

1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/25(木) 18:19:10.42 ID:g4DMyJ7U9
スポニチ
https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2024/04/25/kiji/20240425s00002179302000c.html
[ 2024年4月25日 12:24 ]

J1王者・神戸が「Jリーグワールドチャレンジ2024」としてトッテナム(イングランド)と親善試合を行うことが25日、発表された。7月27日で、会場は国立競技場となる。
 
トッテナムは07―08年のカラバオ杯を最後にタイトルからは遠ざかっているものの、8度のFA杯制覇や2度のUEFA杯(現欧州L)優勝など同国屈指の名門。代表チームとクラブチームが混合で戦う形式だった「キリン杯」で2度来日したことがあるが、93年のJ開幕以降は初めてとなる。23年6月からは元横浜指揮官のアンジェ・ポステコグルー監督が指揮。一時は首位に立ち、現在は5位と上位に付けている。

日韓エースストライカー対決にも注目が集まる。神戸には昨年J1得点王とMVPを獲得した大迫勇也(33)、トッテナムには韓国代表FW孫興民(31)が所属。大迫は今季2得点2アシストと存在感を発揮しており、20―21年シーズンにアジア人史上初となるプレミアリーグ得点王を獲得した孫興民もリーグ7位の15得点を挙げている。両者とも実力に陰りはない。

パリ五輪期間中だが、日本でも負けられない熱戦が繰り広げられる。

【J1王者・神戸、トッテナムとの親善試合が決定 7月27日に国立競技場で開催】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/03/03(日) 19:32:28.49 ID:Rf1w8ZkJ9
明治安田J1リーグの第2節終了時点で、開幕連勝したチームがないという19年ぶりの珍事が起きた。昨季の上位陣が敗れる番狂わせが相次ぎ、今季の混戦を予感させる序盤戦に。

昨季王者のヴィッセル神戸は2日、ホームで昨季17位の柏レイソルに0-1で敗れ、元日本代表DF酒井高徳は「研究してくる相手のその上をいかないといけない。ほんとに、つくづく難しいリーグだなと感じる」と実感を込めた。

神戸は前線からかけた強いプレスを柏にかわされ、FW大迫勇也にボールが収まらず歯車が狂うと、後半38分に速攻から先制点を許して敗れた。昨季2位の横浜F・マリノスも0-1でアビスパ福岡に敗れ、昨季6位の名古屋グランパスは0-1でJ1初昇格のFC町田ゼルビアに屈し、初勝利を献上。富士フイルム・スーパーカップを制した川崎フロンターレも4-5で2季ぶりJ1昇格のジュビロ磐田に屈した。

こうした春の珍事にも、百戦錬磨の男は動じていない。ドイツで8季プレーした後、神戸で6季目を迎えた酒井は、敗因について「(王者としての)慢心があったわけではない。相手が警戒し、研究してくる中で、ベースとなる去年以上のことをやらなきゃいけない。そこを怠ってしまった」と言う。さらに「やっぱり隙を見せ、90分を通して(自分たちの)サッカーができなかったらやられてしまうという、ほんとに拮抗(きっこう)したリーグになってきている」と分析する。

一方で「世界的に見ても(波乱は)当然のことのようにある。どの相手でも、そう簡単に自分たちの思い通りに勝たせてくれないということは、選手個人個人が心にしっかり持ってやらないといけない」と語った。
https://news.yahoo.co.jp/articles/56b6b2af8ba18d65f85261b2661a342391e73fbe

【J 1リーグで19年ぶり 開幕連勝チームなし!!昨季王者ヴィッセル神戸 DF酒井高徳「慢心なかった。ほんとに難しいリーグ」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/02/17(土) 15:27:38.62 ID:SnqQZ5kV9
FUJIFILM SUPER CUPのヴィッセル神戸vs川崎フロンターレが、17日に国立競技場で行われた。

ヴィッセル神戸 vs 川崎フロンターレ|結果・スタッツ・出場選手

明治安田生命J1リーグの開幕に先駆けて行われた毎年恒例のビッグマッチ。2024シーズンは昨季J1リーグ王者の神戸と、天皇杯覇者の川崎Fが激突した。神戸は大迫勇也やジェアン・パトリッキ、山口蛍ら、川崎Fはバフェティンビ・ゴミスやパトリッキ・ヴェロン、ファンウェルメスケルケン際らを先発起用している。

試合は開始から一進一退の攻防が繰り広げられる中で川崎Fがややチャンスを多く作っていく。17分にはボックス中央のゴミスが左足を振り抜いたがGK前川黛也に阻まれる。

21分には神戸にアクシデントが発生。井出遥也がプレー続行を断念し、2024年に川崎Fから神戸に完全移籍加入してきたばかりの宮代大聖を送り出す。その後も互いにチャンスを作りながらも決め切れないままスコアレスで試合を折り返した。

川崎Fは後半に向けて田邉秀斗に代えて三浦颯太を投入。48分、神戸陣内中央右サイドでの川崎FのFKからボックス内でワンバウンドするボールが蹴り込まれる。GK前川黛也に弾かれて中央の密集地帯を抜けてファーに流れたボールにファンウェルメスケルケンが右足でわずかに触れるとそのままゴールに吸い込まれ、川崎Fが先制する。

先制後も良いリズムでボールを動かしていく川崎F。68分にはヴェロンとの交代で途中出場直後のマルシーニョがドリブルで仕掛けてボックス手前中央でのFKを獲得する。しかし、瀬古樹が右足で直接狙ったシュートはバーに阻まれた。

ボールを持ちながらもなかなか反撃に出ることができない神戸。互いに交代カードを切っていく中で76分には宮代がボックス手前からシュートを浴びせたが枠を外れる。

そして、試合は川崎Fが1点のリードを保ったまま終了。天皇杯覇者の川崎FがJ1王者神戸を破り、2021年以来3年ぶり3度目のスーパー杯制覇を果たした。

■試合結果
ヴィッセル神戸 0-1 川崎フロンターレ

■得点者
神戸:なし
川崎F:ファンウェルメスケルケン際(48分)

https://news.yahoo.co.jp/articles/9f87e913fa9fa06ad8c179b2b1baf46416977b2e

【川崎Fが神戸破り3年ぶりスーパー杯制覇! 新加入ファンウェルメスケルケン際が決勝弾】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/11/29(水) 20:37:16.11 ID:FORpsQEz9
11/29(水) 15:04配信
神戸新聞NEXT

 神戸市は29日、サッカーJリーグ1部(J1)で初優勝を果たしたヴィッセル神戸の「優勝を祝う会」を、来月3日夜に同市中央区のメリケンパークで開催すると発表した。

 市や兵庫県、神戸新聞社などの実行委員会が主催。吉田孝行監督と全選手、スタッフらが参加し、優勝報告やシャーレ(優勝皿)のお披露目、花束贈呈などを行う。主催者側からは久元喜造市長や斎藤元彦知事らが出席を予定する。

 開催費は約1500万円を想定し、市と地元経済界で負担するという。

 実施が期待されたパレードについて、市スポーツ企画課は「選手が一堂に会する機会や準備期間を考えると難しい」としつつ、「市民に多くの勇気と感動を与えてくれた地域密着のクラブ。お祝いの場は持ちたい」と説明した。

 チームは今月25日、創設29年目にして悲願のJ1初優勝を成し遂げた。祝う会がある来月3日にはリーグ最終戦があり、午後2時からパナソニックスタジアム吹田(大阪府吹田市)でガンバ大阪と戦う。

 祝う会は、試合後の同日午後7時15分ごろから約30分間。参加無料で、事前申し込みは不要。荒天中止。入場開始は同6時15分ごろを見込んでいる。(井沢泰斗)

https://news.yahoo.co.jp/articles/dd9fe689eed86b7163dc2de722c2ccd2281362ee

【ヴィッセル神戸、12月3日夜にメリケンパークで「優勝祝う会」 全選手、スタッフ参加 入場は無料】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/11/27(月) 07:55:48.53 ID:3Y0SD9yU9
11/27(月) 7:00配信
神戸新聞NEXT

 クラブ創設から29年目にして、悲願のサッカーJリーグ1部(J1)初優勝を成し遂げたヴィッセル神戸。熱狂冷めやらぬサポーターにとって気になるのが「優勝パレードないの?」だ。神戸では今月、プロ野球阪神とオリックスの同日パレードが行われたばかりとあって、「ヴィッセルも」と熱烈な声が湧き上がる。ただ、日程的に厳しいなど実現へのハードルは高そうだ。(高田康夫、有島弘記、小野坂海斗)

 J1優勝チームのパレードは、2018年の川崎フロンターレが最後。その後は新型コロナウイルス禍もあり、地元での優勝報告会のみとなっている。また、この20年間に初優勝したのはヴィッセルを含めて7チームあるが、うちパレードの開催を確認できたのは浦和レッズ(06年)、サンフレッチェ広島(12年)、川崎フロンターレ(17年)の3チームだった。

 要因の一つが日程的な難しさ。11月23日の神戸、大阪同時パレードで計約100万人が詰めかけた阪神とオリックスの場合、リーグ優勝が決まったのは、阪神が9月14日、オリックスが同20日。パレードまで2カ月以上あった。一方、11月下旬から12月に優勝が決まるJ1では、年が明けると新チームが始動するため準備期間が短い。

 資金集めも課題とみられる。阪神とオリックスのパレードは、兵庫県や大阪府などでつくる実行委員会が広く事業費を集めるクラウドファンディングを実施したが、目標5億円の2割程度にとどまっており、残りは企業協賛金などで賄う。ヴィッセルが年内パレードを行うための十分な資金を得るには、時間が足りないのが現状だ。

 「現時点で具体的な予定はありません」。ヴィッセル優勝直前の24日、神戸市スポーツ企画課は取材に対し、そう答えた。担当者は「ホームタウンのチームなので、何らかの形でお祝いをしたいが、いろいろな人の意見を聞いて検討することになる。パレードだけがお祝いではない」と話す。ヴィッセルの関係者も「準備期間を考えると、パレードの実施を(自治体などに)お願いできない」としている。

 とはいえ、29年も待ち続けたサポーターからはパレードを望む声が相次ぐ。優勝を決めた25日、ノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区)に応援に駆けつけた小学5年生の男児(11)=兵庫県丹波市=は「パレードがあるなら、近くで大迫(勇也)選手を見たい」と期待する。

 神戸市須磨区出身で、「子どものころはスタジアムはガラガラだった」と振り返る福岡市の会社員男性(28)は「今は満員になるほど存在感が高まった。神戸での確固たる地位を築き上げるためにも、ぜひパレードを」。神戸市中央区の会社員男性(45)も「観客は阪神の10分の1でいい。関西を盛り上げるためにもしてほしい」と要望した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9e2e0a886174c599cbeed63cac73492ba500505f

【J1初優勝を成し遂げたヴィッセル神戸 で、パレードはあるん? 実現に高いハードルも、サポーター熱望「観客は阪神の10分の1でいい」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/11/27(月) 07:03:10.74 ID:DWysOIbc9
11/26(日) 21:11

J1初優勝を果たしたヴィッセル神戸、本拠地のノエビアスタジアム神戸近くにあるイオンモール神戸南店では優勝おめでとうセールが開催されています。

「優勝おめでとうセール」は11月28日まで

ヴィッセル神戸が初優勝を果たした翌日の11月26日からイオンモール神戸南店では「優勝おめでとうセール」が開催されています。店内にはセールのポスターが各店に貼られ、シャーレを描いたチャンピオンポスターも12番のサポーターユニフォームとともに飾られていました。

優勝セールに参加している店舗ごとにセールそれぞれ実施されています。
プロ野球が関西勢チームが優勝したのに続いて、Jリーグでもヴィッセル神戸が初優勝を果たし神戸ではプロ野球ファン、Jリーグファンともに盛り上がった年になりました。

https://news.yahoo.co.jp/expert/articles/077999927f51965a61deb8300c4ec1cefe16563e

【ヴィッセル神戸 優勝おめでとうセール開催中 イオンモール神戸南】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/11/26(日) 09:51:45.24 ID:BShSXowP9
<明治安田生命J1:神戸2-1名古屋>◇25日◇第33節◇ノエスタ

 ヴィッセル神戸が97年にJリーグ参入後、27年目で悲願のJ1優勝を果たした。関西クラブの優勝は、G大阪(05、14年)に続く2クラブ目。


 神戸は03年の経営破綻後、楽天の強力な支援を受けて再生を図り、Jリーグの風雲児となって頂点にたどり着いた。

 17年7月にドイツ代表だったFWポドルスキを獲得して、その火ぶたが切られた。

 18年5月にはスペイン代表だった英雄MFイニエスタを獲得し、その推定年俸は32億5000万円。Jリーグ史上最高額(22年から推定約20億円に減額)となり、神戸以外にはできない大胆な補強だった。

 19年7月にはベルギー代表だったDFフェルマーレンを推定年俸5億円で獲得。21年8月にはドイツから推定年俸4億円でFW大迫勇也を引き抜いた。これらの大型補強の連続が、今季初優勝につながった。

 トップチームの人件費は、17年度に約31億円で初めてJリーグで首位に立ち、以降は6年連続でトップを譲っていない。19年度にはピークの約69億円となり、近年は下降傾向ながら、22年度も約48億円を記録。この6年間は合計で約300億円という巨額投資を惜しまず、他クラブの追随を許していない。

 イニエスタ景気に引っ張られ、19年度はJリーグ史上で最高営業収益(売上高)となる114億4000万円を計上。前年18年度に初の首位に立っていたが、約97億円で大台には届いていなかった。入場料やスポンサー収入が大幅に増え、メディア露出も絶大な効果を生んだ。

 営業収益は20年度から首位を陥落しているものの、従来のJリーグの常識を破る経営方法が、新たな可能性を示した。

日刊スポーツ11/25(土) 15:58配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/b670ad1d41a22e231aa8d4080730e2e7af772006

【【神戸】悲願の初優勝に6年間で計300億円の巨額投資 6年連続トップで他クラブの追随許さず】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/11/26(日) 07:34:16.33 ID:gA7ERLUZ9
11/25(土) 23:49配信
サンケイスポーツ

明治安田J1第33節最終日(25日、神戸2─1名古屋、ノエスタ)創設29年目で初のリーグ優勝を達成したヴィッセル神戸が、神戸市内の会場で歓喜のビールかけを行った。

優勝を決めた試合で決勝点をマークしたFW武藤が「1回こっち来て」と仲間たちをステージの前に集合させ、「みなさんお疲れ様です。三木谷会長、武田(取締役副会長)さん、ボーナスアップお願いいたします。飲んでも飲まれるな。けど、きょうは飲んでいいぞ。乾杯!」と音頭を取った。

11月下旬の寒空の下、選手たちは勢いよく美酒をかけ合い、約2000本のビールがおよそ10分で空になった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ee1c39661a6c7ef220672e1f128adfc5cdab0369

【J1神戸が歓喜のビールかけ FW武藤が乾杯の音頭「飲んでも飲まれるな。けど、きょうは飲んでいいぞ!」】の続きを読む

このページのトップヘ