SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

万波中正

1: 名無しさん@恐縮です 2023/07/21(金) 08:39:44.86 ID:qi/kS8cm9
7/21(金) 7:30配信
サンケイスポーツ

マイナビオールスターゲーム第2戦(20日、全セ1-6全パ、全パ2勝、マツダ)全パが全セに6―1で勝ち、2021年の第2戦から5連勝。通算成績を90勝80敗11分けとした。全パ・万波中正外野手(23)=日本ハム=は四回、全セのトレバー・バウアー投手(32)=DeNA=から左中間へソロ本塁打を放った。オールスター初打席アーチを記録した第1戦に続く一発で、球宴初出場から2試合連続本塁打は史上初。六回には右中間二塁打で勝利に貢献し、最優秀選手賞(MVP)に選ばれた。

【写真】賞金ボードを掲げる選手たち。後列左から敢闘選手賞の山下、マルティネス、岡本和。前列はマイナビドリーム賞と最優秀選手賞に輝いた万波

異例の〝予告投球〟でざわつく観客の視線をかっさらった。四回、全パの4番・万波がサイ・ヤング賞(最優秀投手賞)右腕、バウアーのスライダーを捉え、左中間席中段に突き刺さるソロ本塁打。真夏の祭典で2試合連続となるアーチを描き、満面の笑みでダイヤモンドを一周した。

「本当に完璧な当たりでした。球種を教えてもらって打つなんて、慣れないことでしたけど、最高の結果になりました」

交流戦で一発を放っていたバウアーとの対戦。右打席に入ると球種を予告された。23歳の若き主砲は驚きのスタイルに触れ「一発で仕留めたい」。本塁打への強い思いから「変な力みが出た」と直球、スライダーと続けて空振り。2球で追い込まれて苦笑いした。

カウント1-2からの4球目、153キロの直球を打ち上げ、捕邪飛に倒れたかに思われたが、捕手の大城卓が落球し「ラッキー」。気持ちを整理し、7球目の〝予告スライダー〟を仕留めた。途中出場して球宴初打席で本塁打を放った第1戦に続く2試合連発。球種が分かっていても「なかなか簡単ではなかった」と胸を張った。

六回には右中間への二塁打をマークし、最優秀選手賞(賞金300万円)とマイナビドリーム賞(同100万円)を受賞。第1戦の敢闘選手賞(同100万円)と合わせ、2日で500万をゲットした。「(MVPを)取るつもり〝満々〟でした。大満喫しました」と笑った。昨年の球宴では初選出された同僚の清宮が第1戦でMVPを受賞しており、「〝清さん〟に続きたい気持ちがあった」とうなずいた。柳田に打撃論を聞くなど充実の2日間を過ごした。

最下位のチームは10連敗中。前半戦で自己最多だった昨季を1本上回るリーグ2位の15本塁打を放った伸び盛りのスラッガーは「なんとか打って、まずは連敗を止めたい」。祭典を盛り上げた〝お祭り男〟がチームを引っ張る。

ソース https://news.yahoo.co.jp/articles/b8411c44b482a249c712eeec4716289108a698bb

【「取るつもり〝満々〟でした」全パの日本ハム・万波中正がMVP弾 オールスター初出場から2戦連発は史上初】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/06/08(木) 13:35:31.52 ID:VMH4z0jn9
6/8(木) 13:25配信

 セ・パ両リーグは8日、5月度の「大樹生命月間MVP賞」受賞者を発表した。

 セ・リーグでは投手部門で阪神の大竹耕太郎投手、野手部門で中日の細川成也外野手と、ともに昨オフに実施された現役ドラフトで移籍した選手が選出された。

 パ・リーグは投手部門が日本ハムの加藤貴之投手、野手部門が同じく日本ハムの万波中正外野手。日本ハム勢の投打ダブル受賞は12年9月度の武田久投手と糸井嘉男外野手以来となる。

 4選手とも初受賞で、それぞれ両連盟から記念盾、大樹生命から賞金30万円とトロフィーが贈られる。

【受賞選手の5月度成績】

◆大竹 4試合 3勝0敗 投球回数27 自責点1 防御率0・33

◆細川 25試合 打率3割6分 5本塁打 17打点

◆加藤 4試合 3勝0敗 投球回数30 自責点1 防御率0・30

◆万波 25試合 打率2割6分7厘 7本塁打 15打点

報知新聞社
https://news.yahoo.co.jp/articles/8f61bcdf84878eb7b8ddbe1169774243b1477d37

【5月度月間MVP セは現役ドラフト組の阪神・大竹耕太郎と中日・細川成也 パは日本ハムの加藤貴之と万波中正】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/02/28(火) 13:23:16.15 ID:/i8Ddcyc9
2023.02.28

 野球日本代表「侍ジャパン」が3月3、4日に中日とバンテリンドームで戦う「カーネクスト侍ジャパンシリーズ 2023 名古屋」の出場メンバーが28日発表された。ロッテから岡大海外野手、藤原恭大外野手、日本ハムから万波中正外野手がサポートメンバーとして加わっている。

 すでに合流しているダルビッシュ有投手を含め、メジャーリーグの球団に所属するメンバーはこのシリーズには出場できない。

 日本代表からは、打線の中軸を担うと見られていた鈴木誠也外野手(カブス)がわき腹痛のため出場辞退することが決まり、代替選手に注目が集まっている。(Full-Count編集部)

https://full-count.jp/2023/02/28/post1343047/

【鈴木誠也離脱の侍J、サポートメンバーに藤原、万波ら3選手合流へ 中日と壮行試合】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/30(土) 23:13:25.16 ID:Mi8dOtpca
https://news.yahoo.co.jp/articles/38cbdd32c2892ae99898f620a857d149613159f2
日本ハムの新庄監督が非情になった。7回2死一塁。楽天・辰己の中前打を万波が送球を焦って後逸し、一塁走者の鈴木が一気にホームインした。適時失策で敗色濃厚となる5点目を失うと、ビッグボスは無表情のままベンチを飛び出し、万波に交代を命じた。

 「慌てる必要ないのに。ああいうプレーされたら投手のテンションに関わってくる。集中力を持って。あんなのしていたらレギュラーは取れない」。ビッグボスにしては珍しい懲罰交代。試合後は厳しい言葉で猛省を促した。

【「あんなのしていたらレギュラーは取れない」日本ハム・新庄監督、適時失策の万波を懲罰交代】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/30(木) 07:04:49.61 ID:CAP_USER9
https://news.yahoo.co.jp/articles/cc9f17cb71eceb05a62fd6709022bb1df369a9b9
 日本ハムの新庄剛志監督(50)が、万波中正外野手(22)のBOSS組(2軍)行きを示唆した。

 29日の西武戦で「8番・指名打者」で先発出場も3打数無安打。6月10日の中日戦を最後に29打席で無安打が続いており、
指揮官は「ちょっと1回BOSS組でがんがんランニングさせたり打席に立たせたり、そういうのもありかなって。ちょっと迷いがある。

迷いがある人はいらないから。
そんな選手は試合には出させたくない。

試合に出たくてうずうずしている選手はたくさんいると思うし」と、コメントした。

【日本ハム・新庄監督が万波の2軍行きを示唆「ちょっと迷いがある」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/17(日) 18:08:03.55 ID:CAP_USER9
◆パ・リーグ ロッテ0―1日本ハム(17日・ZOZOマリン)=延長10回=

 日本ハム・万波が0―0の10回無死、西野から中堅右に先制ソロを放った。これがこの日チーム29人目の打者で初安打。プロ野球史上6度目の継投ノーヒットノーランを喫する危機から値千金の一発となった。

 チームはこの1安打のみで完封勝ち。万波はヒーローインタビューで「テンション上がりすぎて言葉にならないっすね」と興奮気味に話し始めた。

 途中出場で自身も空振り三振を喫し、8回まで完全投球だった佐々木朗希については「やっべえなと思って。真っすぐはさされるしフォークはメッチャ落ちるし。本当にすごいピッチャーだなと思いました」と打席で感じたことを明かした。

 10回に西野から打った決勝弾については「ホームラン打ったら超おいしいなと思って打席に入っていました」とハイテンションで振り返った。

報知新聞社

https://news.yahoo.co.jp/articles/ff4a332cd45baa827a4ecffa8029d568b8117aea

【値千金の決勝弾!日ハム・万波中正「打ったら超おいしい」 8回完全の佐々木朗希は「やっべえなと思って」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/13(日) 00:18:18.38 ID:CAP_USER9
 日の出の勢いの若武者がまた打った。8回、日本ハムの万波中正外野手(21)は藤井のフォークを「反応で」ジャストミート。
高々と舞い上がった打球がバックスクリーン左に着弾した。「それまでの打撃内容が悪かった中、気持ちを切り替えて打てた」。
12球団単独トップに立つオープン戦5号の要因は、精神面での成長だと明かした。

 3打席目までは遊ゴロ、三振、三振。広島・森下に抑え込まれ「真っすぐもカーブもいい。日本を代表する投手はやっぱりすごい」と痛感させられた。
ただ、今の万波は少々の“挫折”ではへこたれない。ベンチでは監督代行を務めた近藤健介外野手(28)に「こういうときの4打席目が大事だ」と声を掛けられ、その第4打席に集中していた。

 万波にとって近藤は横浜高の先輩にもあたる。その近藤が悩み抜いて考えたスタメンの大きなこだわりが、長距離砲を先頭打者に据える「1番・万波」だった。
「万波を1番に置いて最初から点を取りたいという狙いがあった」と近藤。万波は「近藤さんにスタメンで使ってもらって、少しでも貢献できたのがうれしい」と笑った。

 これで直近7試合で5発、11打点と当たりが止まらない。就任後に「7人のスターをつくる」と公言した新庄剛志監督(50)もすでに万波をスター1号に認定した。
それでも万波は「他の人と争う余裕はまだない。自分と向き合っていく」。無心でバットを振り続けたその先で、まずはレギュラーの座を手に入れる。

中日スポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/96ed175173c018623a127cead2dd11054924418e

【日ハム・万波中正、ついに覚醒か!OP戦12球団単独トップ5号HR 「7人のスターを作る」新庄監督のスター第1号】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/09(水) 16:07:06.38 ID:CAP_USER9
3/9(水) 15:06
日刊スポーツ

日本ハム万波中正、止まらん3戦連発!OP戦12球団トップ4発&9打点 ビッグボスも拍手
日本ハム対ロッテ 5回裏日本ハム2死二、三塁、左中間に3点本塁打を放った万波はベンチに迎えられる(撮影・河野匠)
〈オープン戦:日本ハム-ロッテ〉◇9日◇鎌ケ谷

日本ハム万波中正外野手(21)のバットが止まらない。2点リードで迎えた5回1死二、三塁。ロッテ美馬の真ん中低めの速球を、体勢を崩されながらも、左手1本ですくい上げた。打球は風にも乗り、左翼席スタンドへ。リードを5点に広げる3ランに、新庄ビッグボスも、両手を頭上に上げて拍手を送った。

万波は、これで6日巨人戦から3戦連発。この時点でオープン戦トップの4本塁打となった。打点も9打点とし、こちらも12球団トップに躍り出た。

3回の右翼守備では、ゴロをはじく間に先制点を献上しており「自分のエラーで先制されていたので、なんとか取り返したいという気持ちでした。打ててよかったです」とコメントした。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220309-33090404-nksports-000-5-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/3f6e9cd86b3570bde519cc1499af039cac3b2832

【止まらん3戦連発!日本ハム・万波中正、OP戦12球団トップ4発&9打点 ビッグボスも拍手】の続きを読む

このページのトップヘ