SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

三浦孝太

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/29(土) 07:08:41.85 ID:CAP_USER9
1/29(土) 5:15配信
東スポWeb

余すとこなく語った榊原CEO(東スポWeb)

 格闘技イベント「RIZIN」の榊原信行CEO(58)がインタビューに応じ、注目が集まる選手たちの今年の展望を語った。昨年大みそかに衝撃のデビューを飾ったサッカー元日本代表FW三浦知良(54)の次男・孝太(19)や何かとお騒がせの平本蓮(23)。さらに大相撲の元幕内貴源治こと貴賢神(24)のデビュー戦や、大みそかに明暗が分かれた朝倉未来(29)、海(28)の今後にも言及した。

 ――デビュー戦でYUSHIに1ラウンドKO勝ちした孝太の次戦は

 榊原CEO(以下、榊原) 本人とも話をしていて、春先に2戦目を予定しています。3回目か4回目の「TRIGGER」かなと思います。相手はできれば、大みそかに呼びたかったブラジル人選手と。コロナ次第になってしまいますが、入国できるならそのブラジルの選手もやる気でいてくれているので、なんとか実現させたい。

 ――今年の孝太の展望は

 榊原 3試合くらい、大みそかに向けてできれば。育成的なマッチメークとルールになる。彼がどうRIZINで成長してキングになっていくかを見届けていく物語になるといいと思います。そういう目線で見てもらえる選手を準備して。

 ――将来の主力に育て上げると

 榊原 大みそかに見てもらったように、ポテンシャルはハンパない。ずば抜けたスター性も、ファイティングスピリットも、期待感しかない。キラキラしたものを見せつけられる選手なので、ファンとともに一緒に育てたい。3〜5年先に三浦孝太が軸になって世界のトップアスリートを迎え撃つRIZINのGPが開催されることを夢見てます。そういう流れの中でしっかり育成していきたい。

 ――平本の次戦の相手は。本人は大みそかに萩原京平の名を挙げていた

 榊原 (大みそかの行動は)平本蓮の妄想なんで。もちろん(萩原)京平へのリベンジマッチっていうのもあると思うけど、3月頭にスケジュールを調整している「LANDMARK vol.2」では違う相手を用意したいと思います。

 ――2020年大みそかの敗戦からいきなりのリマッチはないと

 榊原 平本は1年以上試合をしていないので。実際にその期間でどれだけ成長しているか、効果測定できるような選手と試合をさせたい。その結果、平本蓮がとてつもない成長を見せていれば萩原京平とのリベンジマッチの光り方が変わってくるので。強豪の日本人選手? そのつもりです。

 ――同じく昨年大みそかのリングで参戦表明した貴賢神は

 榊原 これも本人サイドと調整をしてですけど、今年の早いタイミングで、本人の準備が整えばデビューさせたいと思っています。早ければ3月か4月かもしれない。ナンバーシリーズか「TRIGGER」にするかは、タイミングも合わせて考えたいです。

 ――大みそかのトーナメントで右拳を負傷した海の再起は

 榊原 本人にも焦りがあると思う。ただ、しっかりリカバーした後に復活に向けて積極的な戦いを見せてくれると思うので。全治は3か月くらいって言っていたけど、少しゆっくりした方がいいんじゃないか。復帰は夏前だと思います

 ――兄の未来は。先日ユーチューブで「あと2〜3年で引退する」と話したが

 榊原 1回未来とも、今年何をどう見せていくかをしっかり話したい。彼のスピード感に僕らもどうついていくか、なので。引退するのであれば、2〜3年の中で何を見せていくか考えたい。引退ロード? そういうこともできると思います。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220129-03958511-tospoweb-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/16ed7f1433a3dbd1def41ea8e5352a0ac9360e40

【RIZIN・榊原CEO激白! 三浦孝太育成法、朝倉兄弟の今後…平本蓮の次戦は萩原京平ではない】の続きを読む

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/11(火) 13:29:32.39 ID:CAP_USER9
 昨年大みそかの「RIZIN.33」でサッカー元日本代表FW三浦知良(54)の次男・三浦孝太(19)=BRAVE=に1回TKO負けしたYUSHI(33)が10日、自身のツイッターを更新。試合後にキングカズからサイン入りユニホームをサプライズプレゼントされたことを明かした。

 元ホストで地下格闘技の経験のあるYUSHIは、総合格闘技デビュー戦となった孝太に寝技で圧倒され、最後はサッカーボールキックを浴びて力尽きた。試合後には完敗を認め、リングサイドで観戦していたカズとも抱擁。「白いスーツを着ているのに、血だらけの僕とハグさせてもらって、おとこ気の格好よさを感じた。国民的スターの息子さんの気持ちの強さも感じたし、国民的スターになる人の格好よさを直々に感じさせてもらった」と話していた。

 この日のツイッターでは横浜FCの背番号11「KAZU」のネーム入りユニホームを着た自身の写真を投稿。「三浦カズさんが僕のためにサイン入りユニフォームを持ってきてくださりました!こうゆうことをサラッとできるって本当カッコいいと思うし僕も同じようなことして人に感謝されるような男になりたいと強く思いました。試合が終わってからのハグと今回のサプライズで完全にカズさんのファンになっている」(原文ママ)。キングカズの計らいに感激が止まらない様子を記した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/13ceec48b4d75378b865969e39f031115a94e35b

【RIZIN.33 カズ次男にKO負けのYUSHI、キングカズからサプライズでサイン入りユニをもらう 「本当カッコいい」】の続きを読む

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/03(月) 07:15:00.30 ID:CAP_USER9
RIZINを卒業した那須川天心(23)が2日にユーチューブの「那須川天心チャンネル」でお正月生配信を実施。大みそかの「RIZIN.33」で格闘家としてデビューを果たしたサッカー元日本代表FW三浦知良(54)の次男・三浦孝太(19)の戦いぶりを大絶賛した。

 天心は番組内で孝太が元ホストで地下格闘技出身のYUSHIと対戦したことについて聞かれると「孝太、良かったすね。まあ、その技術はとか、そういうのは関係なくキラキラしていた。僕がRIZINの一発目でやったような感じがしてね」と、かつての自身の戦いと孝太の持つ雰囲気を重ね合わせた。

 その上で「計量のときに声をかけた。彼はいろいろな方から否定もされたし、自分に自信をどう持てばいいのかわからない感じと思っていたんですけど、話したときには吹っ切れていたので、すげーやってくれんじゃないかって。だからボクは『冷静に、いつも通りに。飲まれないように頑張れよ』って言った」と振り返った。

 天心のアドバイスもあって孝太は初陣で勝利し「飲まれてなかった。会場を飲み込んでいた。すげー良かった。始まりから終わりまでパッケージがすべて良かった。彼の実力だと思うし、輝いていてうれしかった」と語り、今後のさらなる躍進を期待していた。

東京スポーツ 1/3(月) 6:15
https://news.yahoo.co.jp/articles/c8b7eca50e8a0b56a603b96ceebad0186ae47bf4

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220103-03904085-tospoweb-000-1-view.jpg?pri=l&w=478&h=640&exp=10800

【「実力だと思うし、輝いていてうれしかった」那須川天心、サッカー元日本代表FWカズの次男・三浦孝太の初陣勝利を大絶賛!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/12/30(木) 18:58:12.33 ID:CAP_USER9
写真 https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211230-42300725-nksports-000-2-view.jpg?pri=l&w=520&h=640&exp=10800 

Jリーグ横浜FCのFWカズ(三浦知良)の次男で総合格闘家の三浦孝太(19)が31日、さいたまスーパーアリーナで開催されるRIZIN33大会でデビューする。元ホストの格闘家YUSHI(33)との総合ルール66キロ契約体重3分3回に備え、30日に都内で計量に臨んだ。約2年前から三浦の打撃を指導しているボクシングジム「グローブス」代表の葛西裕一氏(52)が日刊スポーツの取材に応じ、初陣を控える三浦のパンチ技術に太鼓判を押した。

    ◇    ◇    ◇

得意分野は「打撃」と言い切る三浦は、2年以上前から「原石」として輝いていたという。19年7月から三浦の打撃を指導してきた葛西氏は「ボクシング目線で」と前置きしながら、その素質を高く評価した。「最初に見て(全日本)新人王を狙えると感じた。将来、日本王者を狙っていこうと言える素材だと思い教え始めた」と振り返る。

葛西氏はボクシングの名門・帝拳ジムのトレーナーとして西岡利晃、下田昭文、三浦隆司、五十嵐俊幸と世界王者4人を育成。キックの「神童」那須川天心のパンチ技術を指導してきたことでも有名だ。三浦に対し「上達のために自分はボクサーだと意識しよう」と助言し、指導するうちに同氏は「負けずにコツコツやれば日本王者に。日本王者にいければ世界にいけるかも…とのセンスを感じた。ミットを持つので彼にパンチ力があるのは分かる。動体視力も非常に良い」と高く評価している。

資質と同時に吸収力にも驚かされている。葛西氏は「最初は変な打撃の癖があったが、すぐに治った。のみ込みが早いし、頭も柔らかい」とべた褒め。高校までサッカーをやってきたことも「基本的に運動神経がいい。自分もサッカーをやっていましたが、スタミナ配分は似ているし無駄にならない」とプラス材料としてとらえている。

父のサポートを受け、三浦は9月から葛西氏の1時間以上のマンツーマンレッスンも始めているという。10~11月は、2試合(3分×6回)分を戦えるフィジカル強化に加え、同氏独自の体幹トレ、速さと持久力を兼ね備えた筋力作りを続けてきた。葛西氏は「新人王を取らせるような猛練習をしてきた。プロボクシングでも4回戦デビューできる。ずっと光るものを感じてきた。デビュー戦は攻めあるのみ」と熱いエールを送っていた。【藤中栄二】

◆葛西裕一(かさい・ゆういち)1969年(昭44)11月17日、横浜市生まれ。元アマボクサーの父の影響で中2で競技開始。横浜高3年で高校総体バンタム級優勝。専大を2年で中退し帝拳ジム入門。89年8月プロデビュー。92年に日本スーパーバンタム級王座、95年に東洋太平洋同級王座獲得。94年、96年、97年に3度世界挑戦。97年に引退し帝拳ジムでトレーナーに。17年に独立し、東京・用賀にボクシングジム「グローブス」を設立。現役時は身長174センチの右ボクサーファイター。 
 
日刊スポーツ 12/30(木) 18:52
https://news.yahoo.co.jp/articles/db13a1343a49dfd9e8193289f5fc9965f63018c5

【キングカズの次男三浦孝太 打撃指導の葛西裕一氏「負けずにコツコツやれば日本王者に」】の続きを読む

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2021/12/29(水) 22:38:48.55 ID:CAP_USER9
Yahoo!ニュース  12/29(水) 15:41
(取材・文:栗原正夫/撮影:ヤナガワゴーッ!/Yahoo!ニュース オリジナル 特集編集部)

大みそかに迫ったRIZIN.33の第一試合で、格闘家デビューする三浦孝太(19)。キングカズこと三浦知良・りさ子夫妻の次男として知られる。一挙手一投足すべてにどうしても「カズの息子」という色眼鏡もついて回るが、本人は至ってポジティブだ。師にも恵まれ、万全の準備で本番に臨む三浦。出自という「呪縛」に対峙しながら前を向きもがく、19歳の挑戦に密着した。

大学に行くという選択は逃げにしか思えなかった

「RIZIN出場が決まったとき、お父さんは『しっかりアマチュアで経験を積んでから出ないとオマエのためにならない』と反対していました。僕もその通りだと思ったし、最初に話をもらったときは断ったんです。ただ、こんなチャンスはそうないですし、最後は自分自身で考えて挑戦しようと決めました」

練習中に見せる険しい表情とは一転、まだあどけなさの残る19歳の三浦孝太(BRAVE所属)は、格闘技デビュー戦となる大晦日の「RIZIN.33」(埼玉・さいたまスーパーアリーナ)に臨む心境を素直にそう話す。

実戦経験ナシの十代の格闘家の第一歩が、いきなり総合格闘技の最高峰イベントであるRIZINになったことは驚きだが、それも無理はない。三浦は、サッカー元日本代表FW三浦知良“キング・カズ”とタレントの設楽りさ子の次男で、本人の意向とは別に周りが放っておくはずもないのだろう。

中学までは父の背中を追うように、サッカーボールと向き合った。だが、格闘家を目指す原点もまた父にある。


「お父さんがよく『あしたのジョー』やマイク・タイソン、モハメド・アリのビデオやDVDを見ていたこともあって、小さい頃からボクシングが好きでした。高校はボクシング部があればボクシング部に入りたかったんですが、なくて……。ちょうどその頃にたまたま遊び感覚で行ったのが総合格闘技ジムで、レスリングとか柔術、打撃など何でもアリで型がないのに惹かれたというか、面白いなと思ったんです」

格闘家として生きていくと心を決めたのは、高校を卒業するにあたってだった。周囲は大学受験の準備を進めるなか、自分の将来やりたいことがはっきりと見えた。

「お父さんも高校中退しながらサッカーで成功していたし、とりあえず大学に行かなきゃという考えはまったくなくて。やりたいことが決まっていたし、思い出作りのために行っている暇はないというか。お父さんの生き様をずっと見てきたので、仮にジャンルが違ってもいつか自分もスターになりたいという気持ちは小さい頃からありましたし、大学に行くという選択は逃げにしか思えなかったんです」

※続きはリンク先で
https://news.yahoo.co.jp/articles/c7267aa23faca353ad58a71b09b3401202b5a73b
RIZIN.33に挑む三浦孝太
https://i.imgur.com/VYyM4Gw.jpg
三浦(右)を指導する葛西
https://i.imgur.com/Mu7uyDe.jpg

【RIZIN.33 「カズの息子」という呪縛の先へ。親の力をプラスに換えて、三浦孝太19歳の挑戦】の続きを読む

このページのトップヘ