1: 名無しさん@恐縮です 2023/10/26(木) 17:53:08.78 ID:bm3CqdCI9
<プロ野球ドラフト会議>◇26日

明大の上田希由翔(きゅうと)内野手(4年=愛知産大三河)は、3度競合し、くじを外したロッテが1位指名し交渉権を獲得した。

明大では、10年の荒木郁也(阪神5位)から、同一チームで史上最長の14年連続でのドラフト指名となった。

上田希は、名前とは正反対の“キュート”ではない打力が持ち味。東京6大学野球で1年秋から4番に座り、ケガをしない強靱(きょうじん)なフィジカルを武器に4年間で83試合に出場。安打を量産し現役最多の96安打。コロナ禍でリーグ戦がポイント制になるなど、例年よりも試合数が減った時期も経験している中で通算74打点も現役最多で、歴代単独4位の数字を誇る。3年時には春秋連覇、4年春までのリーグ3連覇も成し遂げた。

本来は、あまり言葉を多く発しないタイプの性格だったが、主将に就任してからは前向きに取り組んだ。試合で守備のミスがあると、グラウンドで居残り練習をし、翌朝も午前5時からノックを受けるなど背中でもチームを引っ張った。愛知産大三河時代から注目されていた強打者が、ついにプロの世界へ羽ばたく。

愛知県出身、183センチ、96キロ、右投げ左打ち。

日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202310240001525.html
2023年10月26日17時42分

【3度くじを外したロッテは明大・上田希由翔を1位指名 明治からは14年連続指名】の続きを読む