SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

下関国際

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/23(火) 11:21:02.49 ID:CAP_USER9
日刊スポーツ 8/23(火) 10:37

<全国高校野球選手権:仙台育英8-1下関国際>◇22日◇決勝◇甲子園

 全国高校野球選手権の決勝、仙台育英(宮城)-下関国際(山口)が22日、NHKで生中継された。

 世帯平均視聴率は午後1時50分から80分間が12・3%(個人平均6・3%)、同3時12分から128分間が13・0%(同6・7%)だったことが23日、ビデオリサーチの調べで明らかになった。

 仙台育英が下関国際を下し、春夏通じて初優勝を果たした。東北勢としても春夏通じて13度目の挑戦で初優勝となり、悲願の「白河越え」を遂げた。

 0-0の4回1死三塁。4番の斎藤陽外野手(2年)が一、二塁間を強いゴロで破る右前適時打で先制。4-1と3点リードの7回1死満塁では、県大会でメンバー外だった岩崎生弥内野手(3年)が、今大会チーム初本塁打となる満塁本塁打を放ち、試合を決めた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/218c8e57022a0ea8a55d54cc3e0dd9596c78d242

【全国高校野球選手権・決勝 仙台育英が下関国際下し東北勢初V 視聴率は13・0%、悲願の「白河越え」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/22(月) 23:05:32.80 ID:CAP_USER9
<全国高校野球選手権:仙台育英8-1下関国際>◇22日◇決勝

下関国際(山口)を準優勝に導いた坂原秀尚監督(45)は、映画の主人公のような男だった。初めは手紙で同校への監督就任を志願。
当時は部員もそろわず、道具は散乱し、グラウンドも荒れていたが、熱血指導でチームを作り上げた。17年夏の初出場から春夏合わせて
5度目の挑戦で初めて決勝まで進出。優勝旗には届かなかったが、無名の弱小校を見事に変革させた。

 
物語は1通の手紙から始まった。「給料はいりませんから、野球の指導をさせてください」。それは下関国際の校長室にある日、突然届いた。
差出人は「坂原秀尚」。「こんな人がいるのか?」。当時校長で現理事長の武田種雄氏(73)は言った。前代未聞の展開で、下関国際野球部の
歴史は動いた。

坂原氏は広島国際学院高-広島国際学院大を経て、社会人ワイテックで5年間プレー。その後は下関市にある東亜大で教員免許の取得を
目指した。その東亜大の近くにある高校が下関国際だった。当時、グラウンドには雑草が繁茂して、道具も散乱していた。部員も数えるほどで、
まともな練習はしていなかった。不祥事で監督も不在。見かねた坂原氏が立て直しを志願した。

手紙を出した時、坂原氏はまだ教員免許がなかった。学校側も教員として採用はできない。それでも武田校長は熱意を買った。校務技師や
付属幼稚園のバスの運転手を頼み、“アルバイト”をしながら野球部の指導を依頼した。そして05年8月に正式に監督へ就任。拾ってくれた
武田校長に、坂原監督は何度も頭を下げた。

鬼軍曹となり、徹底的に部員を鍛えた。「弱者が強者に勝つ」。無名選手だった現役時代からの座右の銘を胸に、学校や武田校長への恩返しを
誓っていた。ある日、私立の強豪校から監督就任の依頼があった。待遇は当時の給料の2倍だった。何度も口説かれたが、武田校長の前で
ハッキリと断った。「武田先生や子供たちを甲子園に連れていく。だから行きません」。

だから苦難を乗り越えてきた。無名の弱小校と冷やかされる日々。お金もなかった。地域の餅つき大会に部員と参加してはお金を稼ぎ、遠征費や
スピードガンの購入にあてた。辞めていく部員には、朝迎えにいって引き留めた。「3年間やることの大切さを感じてほしい」。猛吹雪の中、一緒に
ランニングに付き合う冬を何度も過ごしてきた。武田理事長は「うそ偽りは1つもない。本当に映画のような物語なんです」と言う。

かつては部員1人、荒れたグラウンド、不祥事での大会出場辞退の時代もあった。坂原監督はその全てを作り変え、17年をかけて全国2位まで
育てた。敗戦後は、爽やかな表情でナインひとりひとりに声をかけた。「苦労人」という言葉だけで片づけられない。それが坂原秀尚という男だ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ff61271279e9194a28a4b7340108855cacdae59f

【「給料はいりませんから」下関国際・坂原秀尚監督の手紙から始まった物語、熱血指導で無名の弱小校を変革】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/22(月) 21:49:58.12 ID:CAP_USER9
 第104回全国高校野球選手権大会は最終日の22日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で決勝が行われ、下関国際(山口)は仙台育英(宮城)に1―8で敗れ、初優勝はならなかった。坂原秀尚監督の試合後の主なコメントは次の通り。

 ◇よくぞここまで戦ってくれた

 仙台育英さんは、我々の想像を絶する層の厚さだった。(相手先発の)斎藤蓉くんは、準決勝の登板がなく決勝戦に挑んでいる。初回から生きたボールが来ていた。連投していない中での決勝戦の登板が、これだけの違いとして出てくるんだなと痛感した。

 (下関国際の2番手の)仲井は今日は満身創痍(そうい)で投げてくれた。(先発の)古賀もそうだと思う。古賀は投球内容的にはこの5試合で一番よかった。それを打った仙台育英さんが上手だった。決勝戦でどれだけ体力が残っているのかということが、これから本校が優勝するための課題の一つだと痛感した。投手が我々は2枚。5枚を擁した仙台育英さん。しっかり勉強させていただいて、またこの決勝を戦えるチームを作って戻って来たい。

 (大阪桐蔭と滋賀・近江、今春センバツ2強を撃破)強豪校と戦う時の覚悟、「勇気をもって動かなければ絶対に勝てない」というのを学べた。勇気をもって動いてくれたのは選手だが、すごく勉強になった。

 (初の決勝進出)本当によくぞここまで戦ってくれた。子どもたちが本当に可愛くて、可愛い子どもたちが泣いている姿を見て泣いてしまった。

 (山下世虎主将から「ウイニングボールを渡します」と言われていた)いやもうウイニングボールどころか、それよりもっと大切なものを彼らからもらってますから、十分です。(それは)彼らと過ごした2年半です。

毎日新聞

https://news.yahoo.co.jp/articles/32387ca3ab8956c8f33f2964601ebc9aadac8e13

【夏の甲子園、準優勝の下関国際監督「ウイニングボールより大切なものもらった」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/22(月) 16:26:37.90 ID:CAP_USER9
仙台育英 (宮城) 8-1 下関国際 (山口)

下関国際 000001000-1
仙台育英 00012050X-8

【投手】
下関国際:古賀、仲井
仙台育英:斎藤蓉、高橋

【本塁打】
仙台育英:岩崎

※仙台育英が初優勝

https://baseball.yahoo.co.jp/hsb_summer/game/2021011319/score

【第104回全国高校野球選手権・決勝 仙台育英が8-1で下関国際を下し、春夏通じ初の甲子園優勝!東北勢、悲願の全国制覇!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/21(日) 19:31:36.53 ID:CAP_USER9
仙台育英が決勝で勝てば東北勢初Vの快挙はもちろん、もう1つの快挙を記録する可能性もある。
「ノーアーチ&ノー完投」での優勝なら史上初めてになる。相手の下関国際も同じ状況だが、両校は今大会4試合で本塁打がなく、全試合継投で勝ち上がった。

夏の大会で本塁打を打たずに優勝したのは、74年の金属バット採用後2校だけ。
92年西日本短大付と、木内幸男監督が率いた03年常総学院だけだ。近年は大阪桐蔭をはじめ、長打で勝つ学校が目立つ。
西日本短大付は森尾和貴が全5試合に完投。常総学院は磯部洋輝が1試合完投しており、本塁打も完投もないのは金属バット以前にさかのぼっても例がない。
仙台育英・須江監督の言葉を借りれば「身の丈に合った低い打球」を決勝で量産するのはどちらか。【織田健途】

https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/202208200001061.html

【史上初の快挙なるか 仙台育英、下関国際どちらも「ノーアーチ&ノー完投」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/20(土) 15:15:29.07 ID:CAP_USER9
下関国際 1 0 1  0 0 2  1 3 0|8 
近江   0 0 2  0 0 0  0 0 0|2 

【バッテリー】
(下)古賀、仲井 - 橋爪
(近)山田、星野 - 大橋

【本塁打】
(下)
(近)
   
https://baseball.yahoo.co.jp/hsb_summer/game/2021011318/

【第104回全国高校野球選手権・準決勝 下関国際 8-2 近江 下関国際が初の決勝進出!宇部商以来山口県勢37年ぶり 近江・山田7四球5失点】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/18(木) 19:29:26.50 ID:CAP_USER9
 今大会でも屈指の大熱戦となった大阪桐蔭と下関国際の激闘に、スタンドも大いに盛り上がった。

 とりわけ下関国際が1点を追う9回、1死二、三塁と一打逆転のチャンスをつくると、球場全体が大きな手拍子に包まれた。まるで全員が下関国際の応援をしているかのような雰囲気。そんな追い風に乗って4番・賀谷が逆転打を放つと、手拍子と割れんばかりの歓声が上がった。

 この異様な状況は、グラウンドでプレーしている選手にも微妙な影響があったようだ。大阪桐蔭・星子天真主将(3年)は「それだけの練習はやってきていたんですけど、のまれそうになるというか。2年生の前田が投げていたんですけど、その時に声をかけられなかったのが申し訳ないと思います」と後輩の左腕をかばった。

 一方、1点を追う形となった9回裏の大阪桐蔭の攻撃時にも、バッターを後押しするような手拍子が起きていた。

 この様子を多くのファンがツイッターに投稿。「全観衆の手拍子が共鳴して、マジで甲子園全体が下関の応援してるくらいだった」「球場全体の手拍子が下関国際の打線を生んだと言っても過言ではない」など、驚きの声が多く上がった。また、中には「大阪桐蔭完全アウェイ」「高校野球の応援ってもう少しモラルないのかな?9回表になって急に一塁側から下関を応援する手拍子。色々考えさせられました」「手のひら返したように観客が下関国際に手拍子するのなに?」など、大阪桐蔭に同情するファンも多かった。

スポニチ

https://news.yahoo.co.jp/articles/58d1b26037bbb46b79b5d1c3b46b83a6d011ed35

【甲子園全体が下関の応援!?大阪桐蔭主将も「のまれそうに」 9回の大手拍子にネット賛否】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/18(木) 16:56:02.40 ID:CAP_USER9
8/18(木):準々決勝

大阪桐蔭 (大阪) 4-5 下関国際 (山口)

下関国際 001011002-5
大阪桐蔭 20001100X-4

【投手】
下関国際:古賀、仲井
大阪桐蔭:別所、前田

https://baseball.yahoo.co.jp/hsb_summer/game/2021011315/score

【第104回全国高校野球選手権・準々決勝 下関国際5-4大阪桐蔭 下関国際が九回逆転で初の準決勝進出!大阪桐蔭、秋春夏連覇潰える!】の続きを読む

このページのトップヘ