SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

世界ランキング

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/20(月) 19:11:47.54 ID:CAP_USER9
フェデラーが68位から96位とトップ100陥落目前に

6月20日、ATPは世界ランキングを更新。西岡良仁(ミキハウス)は1つ上げて 101位とトップ100が目前に。錦織圭(ユニクロ)は12落として116位、ダニエル太郎(エイブル)は4つ上げて123位となった。また昨年のウィンブルドンを最後にプレーしていないロジャー・フェデラー(スイス)は96位となり、1991年10月11日から守ってきたトップ100から陥落目前となった。

ATP500「シンチ選手権」(イギリス・ロンドン)では、マッテオ・ベレッティーニ(イタリア)が連覇を達成したものの、1つ落として11位に。ATP500「テラ・ウォルトマン・オープン」(ドイツ・ハレ)で優勝したフベルト・フルカチュ(ポーランド)が2つ順位を上げて10位とトップ10に返り咲いている。

また「シンチ選手権」で準優勝となったフィリップ・クライノビッチ(セルビア)は、ポジションを17上げて31位となったほか、「テラ・ウォルトマン・オープン」で3週連続4強入りを果たしたニック・キリオス(オーストラリア)が45位にジャンプアップ。昨年3月8日以来となるトップ50となっている。

ウィンブルドン前週となる今週は、ATP250「マヨルカ選手権」(スペイン・マヨルカ)、ATP250「ロスシー国際」(イギリス・イーストボーン)で開催。ウィンブルドンではポイントが得られないこともあってか、トップ選手も多く出場している。マヨルカ選手権で予選を突破したダニエルをはじめ、多くの選手の戦いに注目したい。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9f0cba2da7729ac1f9bbcef58a44e60173c3d4b5

【フェデラーが約22年9ヵ月守ってきたトップ100陥落目前。西岡良仁101位、錦織圭116位、ダニエル太郎123位に】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/13(月) 13:23:30.70 ID:CAP_USER9
男子テニスの6月13日付ATP世界ランキングが更新され、錦織圭は前回から20下げて104位へ後退。錦織が世界ランキングで100位台になるのは2010年11月以来 約12年ぶり。

錦織は1月のシドニーテニスクラシック(オーストラリア/シドニー、ハード、ATP250)と全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)への出場を予定していたが、股関節の負傷のため欠場。その後、同月25日には同箇所の手術を受けたことを報告して、約6カ月間ツアーを離脱すると発表しており、復帰は7月から8月を予定している。

手術以降はリハビリを行う動画、その後オンコートでストロークやボレーを行う動画、直近ではウェイトトレーニングを行う動画を公開し、復帰に向けて準備を進めている様子を自身のSNSや公式アプリ「KEI NISHIKORI」で投稿している。

また、その他日本人では西岡良仁は変わらず102位で日本勢トップに。ダニエル太郎は18下げて127位となった。

6月13日付の日本勢の男子ATP世界ランキングは以下の通り。
※[]内は前回のランキングからの変動数、()内は前回のポイント

■102位[ - ]…西岡良仁
574ポイント(619ポイント)

■104位[ ↓20 ]…錦織圭
565ポイント(745ポイント)

■127位[ ↓18 ]…ダニエル太郎
492ポイント(562ポイント)

■224位[ ↑5 ]…綿貫陽介
248ポイント(248ポイント)

■246位[ ↑8 ]…守屋宏紀
212ポイント(220ポイント)

■252位[ ↑5 ]…内山靖崇
206ポイント(215ポイント)

■258位[ ↑9 ]…内田海智
201ポイント(205ポイント)

■272位[ ↑2 ]…杉田祐一
187ポイント(198ポイント)

■327位[ ↓30 ]…添田豪
142ポイント(169ポイント)

■401位[ ↑3 ]…望月慎太郎
104ポイント(105ポイント)

https://news.yahoo.co.jp/articles/b5295107069302f534146a6c3f8f3d82945820b3

【錦織圭 12年ぶりに100位台へ後退、6月13日付世界ランクで104位に】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/28(金) 12:26:36.38 ID:CAP_USER9
1/28(金) 12:21
日刊スポーツ

大坂なおみ、最新世界ランクで85位前後まで急降下 シード失い予選出場も

女子テニスで、4大大会4度の優勝を誇る大坂なおみ(24=フリー)が、絶対的なピンチに立たされる。

1月31日に発表予定の最新世界ランキングで、現在の14位から85位前後まで急降下する。大坂がトップ50から陥落するのは18年2月12日の週に51位になって以来。80位台は、16年8月29日の週に81位だった時以来で、1975日、5年4カ月27日ぶりの転落だ。

現在、大坂の世界ランキングの得点は2696点。31日には、昨年の全豪優勝で獲得した2000点が消滅し、今年の全豪3回戦進出で獲得した130点が加算される。31日の合計点は826点。土居美咲が31日の合計点で900点以上が確保されているので、大坂はランキング的に日本NO・2にも落ちる。

世界ランキングの合計点は、過去52週間に出場した大会の上位16大会を合計した点数となる。大坂の場合、昨年の全豪以降、出場した大会は7大会(点数対象にならない五輪を除く)しかない。そもそも合計する大会数が少ない。7大会の中で、最も得点を稼いだのは昨年3月のマイアミオープン8強の215点。もし、今年、この大会で早期敗退すると、トップ100陥落もあり得る大ピンチだ。

世界ランキングが落ちると、何が困るのか。まず、大会でシードがつかなくなり、1回戦から第1シードなど、強豪選手と対戦する可能性が増える。順当に考えれば、早期敗退が増えることが考えられるが、大坂は、全豪期間中に、この問いに「私がノーシードだと、逆に対戦相手が不安がるかも」と、意に介していないようだ。

また、世界ランキングが落ちると、大会によっては、本戦からの出場ではなく、予選に回ることも考えられる。昨年のマイアミオープンで、世界ランキングによる本戦入りの最低ラインは95位だ。これが、同じクラスのイタリア国際では、ドロー数が少ないので、最低ラインは50位。これだと、大坂が31日に落ちる80位台だと予選となる。

大坂クラスとなると、本戦から出場できる大会主催者推薦枠を獲得できる可能性は高い。大会にとって、ファンの関心を呼べる名前は、大きな魅力だ。それを利用すれば、厳しい予選を戦う必要はない。しかし、年間で推薦枠を利用できるのは6大会で、本戦は3大会までだ。

大坂は、世界ランキングの転落に「それほど意識していない。今のテニスをしていれば、また戻れる」と自信をのぞかせる。結局、どのような状況になっても、勝ち上がればいいだけのことだ。しかし、それが最も難しいことも、大坂はよく理解しているだろう。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5aab5eb511e9973a86c8fe48bbe8425b32e28e13

【女子テニスの大坂なおみ、最新世界ランクで85位前後まで急降下 シード失い予選出場も】の続きを読む

このページのトップヘ