SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

世界選手権

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/10(月) 06:13:25.02 ID:CAP_USER9
10/10(月) 0:34配信

時事通信
 【ロッテルダム(オランダ)時事】バレーボール女子の世界選手権は9日、オランダのロッテルダムなどで2次リーグ最終戦が行われ、5大会連続の8強入りが決まっていたE組の日本はオランダを3―0で下し、成績が持ち越される1次リーグから通算7勝2敗で同組3位となった。

 
 他チームの結果により、E組4位以内が確定していた日本は第1セット、要所でブロックが決まって先取。第2セットも接戦を制し、第3セットは25―21で奪った。

 11日の準々決勝で、日本はE組2位のブラジルと対戦する。 

https://news.yahoo.co.jp/articles/be44d28fd551eb94b2e81af4a58f0e7a42723383

【世界バレー・2次リーグ最終戦 日本、5大会連続8強入り オランダに快勝】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/23(金) 18:57:29.62 ID:CAP_USER9
9/23(金) 14:19配信

バレーボールマガジン
男子に続き優勝を狙うイタリアのOPエゴヌ。決勝でセルビアのOPボスコビッチとの対決なるか?

女子の世界選手権が現地時間9月23日に開幕する。オランダ、ポーランドでの共同開催となるが、まず始めにオランダのアーネム市に出場する全24カ国が集まり試合をするという、華々しい開幕となる。先に行われた男子の世界選手権とは大会システムが異なる。男子は優勝まで7試合だったが、女子は11試合と長丁場になる。

■グループで1次、2次ラウンドと進んで行く
鋭いスパイクを放つコロンビアのOHアナ・カリーナ。

1次ラウンド:24カ国を各6チーム、4つの組に分け、総当たりで対戦する。
A組 オランダ、イタリア、ベルギー、プエルトリコ、カメルーン、ケニア
B組 ポーランド、トルコ、ドミニカ、韓国、タイ、クロアチア
C組 アメリカ、セルビア、ドイツ、ブルガリア、カナダ、カザフスタン
D組 ブラジル、中国、日本、コロンビア、アルゼンチン、チェコ

2次ラウンド:1次ラウンドの各組の上位4チームが2次ラウンドに進む。1次の成績は持ちこされる。8チームのうち、1次で対戦しなかったチームと4試合行う。
E組 A組とD組の各上位4チーム
F組 B組とC組の各上位4チーム

1次、 2次を合わせた成績でE、F各組の上位4チームが準々決勝へ進む。
準々決勝の組み合わせは、
①E組1位対E組4位、②E組2位対E組3位、③F組1位対F組4位、④F組2位対F組3位
準決勝は、①対②、③対④、そして決勝、3位決定戦となる。

■少々残念な組み合わせ
こんな事を今さら言っても抽選の結果なので仕方ないのだが、最初の4組の組分けで、南米3カ国、アフリカ2カ国が同組にかたまってしまったのは残念だ。また、準々決勝、準決勝の組み合わせが、E、Fと同じ組の中で行われるので、既に対戦したチームとまた当たることになる。開催国が2カ国で移動の問題などもあると思うが、ここは五輪の様にE組1位対F組4位の様にそれまでとは別の組と対戦する方が、見る側の楽しみが増えたと思う。

■日本は初戦のコロンビアに注意。ブラジルはベテランが復帰。
セッターがうまく振り、ブロックを1枚にしたMB島村春世の移動攻撃。

日本は何といっても初戦のコロンビアが要注意だ。コロンビアは昨年、世界選手権初出場を決めた南米選手権では2位だったものの、東京五輪メンバー9人を揃えたブラジルを3-1で破っている。2017年にブラジル人のアントニオ・リゾラ氏が監督に就任してから、確実に力をつけてきたチームだ。国内に大学バレーを基盤としたスーパーリーグを新設したり、選手がブラジルや欧州のクラブチームへ入団したり、代表チーム外でも選手の育成に力を入れている。日本とは前哨戦のパリ五輪プレ大会で対戦し、日本が3-0で勝利しているが、ブロックでリードを奪われる場面もあった。7月のチャレンジャーカップのコロンビア対フランスでは、コロンビアがフルセットで勝ち、ブロック本数は16本だった。日本はスピード感あるバレーに加え、常に複数の攻撃に入れる態勢を作り、相手にブロックの的を絞らせないようにもっていきたい。
ブラジルはネーションズリーグのメンバーからOHベーグマンがアメリカの大学の新学期に戻り、OHアナ・クリスチーナが心身の休養のため代表を辞退した。196cm、192cmの二人を欠くのは大きな痛手だが、東京五輪にも出場したベテラン41歳、MBカロル・ガタッスがチームに戻った。安定したブロックや移動攻撃だけではなく、精神的にもチームを引っ張る存在となるだろう。日本は日本を出発してから3週間、前哨戦の試合数も多かったので疲労が出ていないか、また14人のメンバー決定が直前になったため、選手がアピールする場であった前哨戦にピークがきていないか、多少心配だ。古賀主将やベテランが若手や世界選手権初出場の選手をうまくリードしていってほしい。

■日本の1次ラウンドの対戦相手(日付は現地時間)
日本チームのスタッフと選手たち。勝利後のこの笑顔を何度も見たい。

9月25日 コロンビア
9月26日 チェコ
9月28日 中国
9月30日 ブラジル
10月2日 アルゼンチン

https://news.yahoo.co.jp/articles/8d6e1cb7517678459c8758fa7b041ade3984a26b

https://news-pctr.c.yimg.jp/uUzvQ3lML_bkIqyakc1vFhNrRI0RUQxg5aFkrX0xDg1_T0wXrbEJjtNGtrf1o9y3LRedQ70WcqCaTQEsh3EEGEcMLafelaFDiGWcUXP8dWuercZdBjujoC7iX13nUcx3wGZMak5GwMXB5Rvmp-IxR91QYZR-q7xYSY3Uo43rIYLsUaaofXl3doeT2pkrStG6

【女子バレー世界選手権 いよいよ開幕 全24カ国がオランダに集結】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/24(水) 21:02:05.87 ID:CAP_USER9
2022-08-24 14:32:07 バレーボールマガジン

紅白戦姫路大会にて

 公益財団法人日本バレーボール協会は24日、9月23日からオランダとポーランドで開催される女子世界選手権に向けての日本代表の合宿参加選手16人を発表した。8月13・14日と20・21日に行われた紅白戦のメンバー19人から山岸あかね、松井珠己、麻野七奈未が外れた。この16人の中から14人が世界選手権に出場する。なお、眞鍋政義監督と16人の選手たちは24日、リモートで記者会見を行う予定。

フォト 古賀紗理那、石川真佑、井上愛里沙、籾井あき、宮部愛芽世、佐藤淑乃ら 日本代表紅白戦 岡山

 合宿参加選手16人は、以下の通り。

2 内瀬戸真実 OH 埼玉上尾メディックス
3 古賀紗理那 OH NECレッドロケッツ
4 石川真佑 OH 東レアローズ
5 島村春世 MB NECレッドロケッツ
9 小島満菜美 L NECレッドロケッツ
10 井上愛里沙 OH 久光スプリングス
12 籾井あき  S JTマーヴェラス
15 林琴奈 OH JTマーヴェラス
19 山田二千華 MB NECレッドロケッツ
22 福留慧美 L デンソーエアリービーズ
23 横田真未 MB デンソーエアリービーズ
25 小川愛里奈 MB 東レアローズ
26 宮部藍梨 OH ヴィクトリーナ姫路
30 関菜々巳 S 東レアローズ
37 宮部愛芽世 OH 東海大3年
38 佐藤淑乃 OH 筑波大3年

https://jp.sunnews.site/sports/2022/08/24/881432.html

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20220824-00010003-vbm-000-1-view.jpg

【バレー女子日本代表 世界選手権に向けた合宿参加選手を発表。古賀紗理那主将、石川真佑、関菜々巳ら16名】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/24(水) 22:46:36.98 ID:CAP_USER9
日刊スポーツ8/24(水) 20:55配信
https://www.nikkansports.com/sports/news/202208240001157.html

<バドミントン:世界選手権>◇24日◇東京体育館◇男子シングルス2回戦

世界ランキング2位の桃田賢斗(27=NTT東日本)が2回戦で敗退した。同18位のプラノイ(インド)に17-21、16-21のストレートで敗れた。

元世界王者は「1つ1つのショットに対してラケットを振り切れなかった。ミスを恐れて縮こまってしまったことが敗因」と肩を落とした。

多くのファンが詰めかけた“ホーム”の会場にため息が漏れた。過去7戦全勝と相性がよいはずの相手になかなかリズムをつかめない。序盤から相手にペースを握られ、第1ゲームを奪われた。第2ゲーム序盤は先行したがすぐに追い付かれ、再び後手に回った。

1回戦快勝後に桃田はプラノイ戦について、「ラリーも長くなり、我慢比べになる」と口にしていた。準備して臨んだはずだったが、苦しい展開を強いられ、跳ね返せなかった。

体調自体は問題ない。この日の状態についても「アップから体が動いていた」と振り返る。練習もしっかり積んできたが、「本番の緊張感の中で、練習通りにする難しさを感じた」。

19年シーズンはギネス記録の年間11勝を挙げたが、翌20年1月にマレーシアで交通事故に巻き込まれた。全身打撲、右眼窩(がんか)底骨折で手術もした。1年延期になった東京オリンピック(五輪)に向けて懸命に調整もまさかの1次リーグ敗退。その後の国際大会でも初戦敗退を重ねた。21年12月には3年以上、121週維持した世界ランキング1位からも陥落。本調子から遠い、苦しい状況が続いていた。

「うまくいっている時は、何をしてもうまくいった。うまくいかないときにどう打開するかが難しい」。トンネルの出口はなかなか見えてこない。

史上初の国内開催となった世界選手権で2大会ぶり3度目の頂点を目指して臨んだが、またしても早々に姿を消した。【奥岡幹浩】

【バドミントン世界選手権 桃田賢斗2回戦敗退 過去7戦全勝のプラノイに完敗「ミスを恐れてしまった」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/24(水) 20:10:32.12 ID:CAP_USER9
バドミントンの世界選手権第3日は24日、東京体育館で各種目の2回戦が行われ、混合ダブルスで前回2位の渡辺勇大、東野有紗組(BIPROGY)がスコットランドのペアにストレート勝ちし、3回戦に進んだ。

※以下会員記事

毎日新聞 2022/8/24 20:04
https://mainichi.jp/articles/20220824/k00/00m/050/237000c

【バドミントン世界選手権 渡辺勇大、東野有紗組が3回戦へ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/21(火) 17:19:12.95 ID:CAP_USER9
<水泳アーティスティックスイミング(AS):世界選手権>◇20日◇ブダペスト◇フリーコンビネーション決勝

“マーメイドジャパン”が銀メダルを獲得した。
決勝で日本(藤井、比嘉、細川、川瀬、木島、鈴木、柳沢、安永、吉田萌、吉田理)は93・5667点をマーク。
「お化け屋敷」をテーマとしたメロディーに乗って、ダークな世界を格好良く演技。リフトの高さも十分で、2大会ぶりのメダルを手にした。

日本は予選を92・8333点の2位で通過していた。

予選1位通過のウクライナが95・0333点で金メダルを獲得。イタリアが銅メダルだった。

日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/sports/news/202206210000009.html

【世界水泳・フリーコンビネーション決勝 “マーメイドジャパン”が銀メダル獲得! 金メダルはウクライナ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/07(火) 17:07:39.14 ID:CAP_USER9
 国際スケート連盟(ISU)は7日、タイ・プーケットで開催している総会で、フィギュアスケートの五輪や世界選手権など参加の年齢制限について、次回26年ミラノ・コルティナダンペッツォ五輪までに現在の15歳から段階的に17歳まで引き上げる案を可決した。

 総会ではロシアフィギュアスケート連盟の代表であるセルゲイ・スピリドフから「フィギュアの選手寿命を延ばすことは非常に重要であるが、女子のシングル選手が五輪で勝利を収めるとすぐに(競技を去る)という説は真実ではない。いくつかの例外を除いてすべての分野で五輪後に辞める選手がいる。なぜか?それは商業的な問題で、選手は競技会よりもショーで稼ぐ場合が多い。彼らをスポーツに止まらせるには
経済的なモチベーションが必要で、年齢制限を引き上げることで、問題は解決しない」と反対意見を述べたが、その後の投票では100票が賛成、反対が16票で、賛成多数で可決された。

 来季22-23年シーズンはシーズンが始まる7月1日時点で15歳の達しているという従来の条件を維持。23-24年シーズンは16歳、24-25年は17歳へと引き上げる。日本女子で4回転ジャンプを成功させたことで注目される島田麻央(13)=木下アカデミー=は五輪シーズン開始の25年7月1日時点で16歳のため26年五輪は出場できなくなった。

2022.06.07
全文はソースでご確認ください。
https://www.daily.co.jp/general/2022/06/07/0015367197.shtml

【フィギュアスケート年齢制限引き上げ決定 ミラノ五輪は17歳から、島田麻央は出場不可に】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/26(土) 22:56:44.34 ID:CAP_USER9
宇野昌磨が羽生以来5年ぶりの日本男子金メダル 鍵山は銀 【フィギュア世界選手権男子シングル】

3/26(土) 22:53
配信
TBS系(JNN)

フィギュアスケートの世界選手権が26日、フランス・モンペリエで行われ、男子シングル・フリーに登場した宇野昌磨(24)が初優勝。2017年の羽生結弦(27)以来5年ぶりに日本男子が頂点に立った。
2位には北京五輪銀メダルの鍵山優真(18)が入り、日本は金銀メダルを獲得した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/efd3704f718dddaa7c1a00597cb1088124f535e8

【世界フィギュア選手権 宇野昌磨が羽生以来5年ぶりの日本男子金メダル!】の続きを読む

このページのトップヘ