SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

中上貴晶

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/13(火) 17:33:02.58 ID:CAP_USER9
ホンダ・レーシング(HRC)は、MotoGPにLCRホンダから参戦している中上貴晶と2023年以降の契約に合意したことを発表した。

MOTOGP ニュース 2022/09/13 16:25

 中上は2012年にMoto2クラスに初参戦。2014年からはIDEMITSU Honda Team Asiaに所属し、2018年にMotoGPクラス昇格を果たした。

 以降、LCR Honda IDEMITSUからの参戦を続けている中上は、2021年アラゴンGPで日本人ライダー最多となるグランプリ通算200戦出走を達成した。今季はホンダ勢が苦戦していることもあって、ランキング16番手となっている。

 ホンダは来季に向けてライダーラインアップを大きく変更。撤退するスズキからジョアン・ミルをレプソル・ホンダに、アレックス・リンスをLCRホンダに迎え入れている。

 中上は、手術を経て復帰したばかりのマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)と共に、2023年バイクの開発を引っ張る立場となるだろう。


 契約更新の発表に際し、中上とHRCの代表取締役社長である渡辺康治氏は次のようにコメントを発表した。

■LCR Honda IDEMITSU 中上貴晶

「『LCR Honda IDEMITSU』から、2023年以降も引き続きMotoGPに参戦でき、とても嬉しく思っています。日頃から活動を支えてくださる出光興産株式会社様、ならびにHonda様にはとても感謝しております。また、いつもあたたかく応援してくださるファンの皆様へも感謝を伝えたいです。今シーズンは自分自身納得がいく結果を残せてないですが、来シーズンに向けて一日でも早く満足のいくレースをして、皆さまの期待に応えていきたいと思います。日本GPは3年振りに開催されます。日本のファンの皆様の前で走れることがとても楽しみです。皆様、ご声援よろしくお願いいたします」

※続きはリンク先で
https://jp.motorsport.com/motogp/news/nakagami-extend-contract-2023-onwards/10368632/
https://i.imgur.com/kwBVjTs.jpg

【中上貴晶、MotoGP日本GPを前に2023年以降の契約更新に合意!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/06(月) 05:45:29.64 ID:CAP_USER9
6/5(日) 22:58配信motorsport.com 日本版
https://news.yahoo.co.jp/articles/15c037bb4bc65e313e5c3356028c5da07b0a3e25

 MotoGP第9戦カタルニアGPの決勝レースで転倒した、LCRホンダの中上貴晶。怪我が心配されたが、深刻な負傷はないとチームが明かした。

 中上は決勝レースを12番手からスタート。良い蹴り出しを見せて、ターン1に向けてポジションを上げてきていた。

 しかしターン1で中上はフロントタイヤをロックさせて転倒してしまう。ここで彼は前を走るフランチェスコ・バニャイヤ(ドゥカティ)のリヤタイヤに頭部が接触してしまい、バイザーが弾き飛ばされる様子がカメラに捉えられた。

 結局この転倒では、バニャイヤとアレックス・リンス(スズキ)が巻き込まれる形で共にリタイアしている。

 中上は転倒後、メディカルセンターへと移送され、病院でさらに検査を受けることになった。なお頭部をぶつけていた様子から怪我が心配されたが、チームは深刻な損傷はないと発表。ただ中上は右肩に痛みを感じていると報告している。

「中上貴晶はカタルニアGP序盤のクラッシュに関して、さらなるメディカルチェックを受けることになる。サーキットのメディカルセンターで検査を受け、現在カタルニア総合病院へ向かっている」

「頭部に深刻な負傷は見つかっていない。彼は右肩に痛みを感じているが、鎖骨に問題は見られていない」

 なお転倒の巻き添えとなったリンスは、当初はピットへ戻っていたものの、左手首に痛みを訴えて自らメディカルセンターへと向かった。そして彼もその後、バルセロナ市内の病院へ向かっている。

https://youtu.be/CpLJwVgXKsY

【MotoGPカタルニアGP 転倒の中上貴晶、深刻な怪我は無し。巻き添えクラッシュのリンス共々さらなる検査で病院へ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/01(金) 06:00:25.24 ID:CAP_USER9
投稿日: 2022.03.31 21:35
更新日: 2022.03.31 21:52
https://www.as-web.jp/bike/799351?all
https://cdn-image.as-web.jp/2022/03/31213422/asimg_wg220320001_MotoGP_015H_3e62459fce5c411-764x510.jpg

 3月31日、LCRホンダは中上貴晶が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性となったことから、4月1~3日にアウトドローモ・テルマス・デ・リオ・オンドで開催されるMotoGP第3戦アルゼンチンGPを欠場すると発表した。

 中上は、アルゼンチンに向かう前の28日にPCR検査で陽性となり、確認のためさらに2度目の検査を行ったがそれも陽性の反応を示した。そのため、第3戦アルゼンチンGPに出場できなくなった。

「残念ながら、今週末のアルゼンチンでのレースは欠場することになりました。テルマスに飛ぶ直前にPCR検査で陽性反応が出てしまいました。チーム、スポンサー、ファンの皆さんには本当に申し訳なく思っています。自覚症状もなく、体調もいいです。ただ、とても残念で悲しいです。オースティンで開催されるアメリカズGPでは、また調子を取り戻したいと思っています」と中上はコメントしており、次週の第4戦アメリカズGPでの復帰を望んでいる。

 ホンダ勢としては、レプソル・ホンダ・チームのマルク・マルケスが複視が原因で欠場することからステファン・ブラドルを起用し、ポル・エスパルガロとともに参戦。LCRホンダは、アレックス・マルケスのみが出場することになる。

【中上貴晶、新型コロナ陽性でMotoGP第3戦アルゼンチンGPを欠場】の続きを読む

このページのトップヘ