SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

中国代表

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/29(木) 08:33:55.86 ID:CAP_USER9
9/28(水) 22:42配信

TBS NEWS DIG Powered by JNN

■世界バレー 1次ラウンド 日本ー中国(日本時間28日・オランダ)

バレーボールの世界ナンバー1を決める、世界バレー女子大会。開幕から2連勝の世界ランキング7位・女子日本代表は、同4位の中国と対戦し、セットカウント0ー3(26-28、17-25、27-29)、ストレートで敗れ初黒星となった。日本は第3セットの途中にエースでキャプテンの古賀紗理那(26)が負傷し、試合を退いた。

【写真を見る】眞鍋ジャパン初黒星 古賀紗理那負傷で退く 中国にストレート負け 【世界バレー】

スタメンはサーブ順に井上愛里沙(27)、横田真未(24)、林琴奈(22)、古賀、島村春世(30)、関菜々巳(23)、リベロ・福留慧美(24)。

勝てば2次ラウンド進出が決まる両チームは、第1セットから一進一退の攻防となった。序盤、2本のサービスエースなどで中国に5連続得点を許す厳しい状況も、日本は林のブロックや古賀の粘りのレシーブで同点。その後デュースに持ち込んだが、中国のサウスポーエース、リ・エイエイにこのセット7本のスパイクを決められ、26-28で第1セットを奪われた。

流れを引き寄せたい日本だが、平均身長191.4cmと日本の177.2cmを約15cm上回る中国に高い打点から次々と決められ、またも追いかける展開。日本は途中、今大会初出場となる東京五輪代表のセッター・籾井あき(21)を投入するなどしたがリズムに乗れず。最大10点差を付けられ17-25で連取された。

あとが無くなった第3セット。絶対的エース古賀がブロックされるなどしたが、山田二千華(22)、横田のミドル陣が奮闘した。ところが11-13とした場面で古賀がプレー中直地に失敗し、相手コートに倒れ込むアクシデント。右足首を抑えた古賀はスタッフに抱えられながらコートを退いた。キャプテン不在に奮起した林と井上がスパイクを中国のコートに叩き込み逆転に成功。デュースに持ち込む接戦となるも五輪で3度の金メダルを誇る中国にストレート負け。その後、古賀が出場することは無く、日本は今大会初黒星を喫した。
古賀は東京五輪の初戦、ケニア戦でもジャンプの着地で右足首を捻挫している。

日本は次戦、30日に世界ランキング2位のブラジルと対戦する。※世界ランキングは試合前時点

https://news.yahoo.co.jp/articles/a6782dd793b9dcbf5cf13d80d5163427e0d411e0

https://newsdig.ismcdn.jp/mwimgs/3/0/680w/img_30e40deb8b7181c1c3c210ea97f4d38d493288.jpg

【世界バレー・1次ラウンド 眞鍋ジャパン初黒星 古賀紗理那負傷で退く 中国にストレート負け】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/24(日) 21:12:51.41 ID:CAP_USER9
日刊スポーツ2022年7月24日21時10分
https://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/202207240001324.html

<東アジアE-1選手権:日本0-0中国>◇24日◇豊田ス

サッカー日本代表「森保ジャパン」が中国とスコアレスドローに終わり、初戦の香港戦(6-0)に続く連勝とはならなかった。27日に豊田スタジアムで行われる最終戦で韓国(2勝)と優勝を懸けて戦う。

4-2-3-1の先発布陣は.度重なる手術を乗り越え10年ぶりに日本代表に復帰した宮市亮(横浜F・マリノス)が右の2列目で初先発した。また、DF荒木隼人(25=サンフレッチェ広島)がセンターバック、DF小池龍太(横浜F・マリノス)が右サイドバック、MF野津田岳人(サンフレッチェ広島)がボランチ、FW細谷真大(柏レイソル)が1トップにそれぞれ入り、国際Aマッチデビュー。さらに後半途中からMF満田誠(サンフレッチェ広島)も投入され、この日5人がデビューを果たした。

立ち上がりから終始ボールを保持し、中国ゴールを攻め立てた日本。右サイドの宮市のスピードを生かした攻撃が目立ったが、ゴール前に人数をかけて激しく守る中国を崩せず前半を0-0で終えた。

後半に入ると、日本はさらに攻勢をかけた。8分にはFW細谷が、MF脇坂泰斗(川崎フロンターレ)のパスからゴール前で絶好の得点機を迎えたが、右足シュートはゴール枠を外れた。細谷は12分にもドリブルから鋭く右足シュートを放ったがGKにセーブされた。

その後、香港戦で得点を挙げている西村拓真(横浜F・マリノス)、町野修斗(湘南ベルマーレ)、相馬勇紀(名古屋グランパス)を投入し、一方的に攻め立てたが、最後までゴールが遠かった。

11月21日開幕のワールドカップ(W杯)カタール大会まで残り4カ月。東アジア4か国の対抗戦の東アジアE-1選手権はJリーグ所属の国内組で臨んでおり、W杯登録26人枠への生き残りをかけたサバイバルマッチの意味合いが強い。欧州で活動する選手が大半を占めることが予想される中、数少ないアピールの場となっている。そんな中、この日は宮市のスピードや、野津田の左足のキック、小池の運動量、荒木の高さといった個性は光った。

ただし無得点で消化不良に終わった中国戦。ド派手なパリ・サンジェルマンの日本ツアーのここ2試合が常に6万人超を集める中、注目度の低さは否めない。森保ジャパンには、次の韓国戦ではゴールと優勝という結果が求められる。

【東アジアE-1選手権 森保ジャパン、中国と0-0ドロー 初先発宮市がスピード生かして攻撃も崩し切れず】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/24(日) 18:31:37.87 ID:CAP_USER9
 日本代表は7月24日、E-1選手権の第2戦で中国代表と対戦。試合に先立ち、スターティングメンバーが発表された。

 香港との初戦は6-0で完勝した森保ジャパン。連勝がかかる中国戦は、宮市、野津田、脇坂らが先発に名を連ねた。

 日本のスターティングメンバーは以下のとおり。
 
GK
大迫敬介(サンフレッチェ広島)

DF
小池龍太(横浜F・マリノス)
中谷進之介(名古屋グランパス)
荒木隼人(サンフレッチェ広島)
佐々木翔(サンフレッチェ広島)

MF/FW
野津田岳人(サンフレッチェ広島)
森島 司(サンフレッチェ広島)
脇坂泰斗(川崎フロンターレ)
橋本拳人(ウエスカ)
宮市 亮(横浜F・マリノス)
細谷真大(柏レイソル)

 試合は豊田スタジアムで行なわれ、19時20分にキックオフ予定だ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9410baf6bba378acd4ccb8c49db10eaebf5c95df

【E-1選手権・第2戦 森保ジャパン、中国戦のスタメンを発表! 宮市、野津田、脇坂らが先発】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/07(月) 22:36:10.91 ID:CAP_USER9
2/7(月) 20:43配信
東スポWeb

団体戦女子フリーで演技後、号泣する朱(ロイター)

 北京五輪フィギュアスケート女子中国代表の朱易(19)に対するバッシングが止まらない。6日に行われた団体戦女子ショートプログラム(SP)で転倒や失敗が続き最下位。中国ネット上で「朱易が転んだ」が約2億回閲覧され、大バッシングを浴びた。7日のフリーでもジャンプで転倒続き。またも最下位に沈み、演技後に手で顔を覆って涙。中国は5位だった。

 SP後には、朱に対する批判に中国政府の検閲が入ったと言われたが、フリー後にもネット上では「朱易が泣いた」が再びホットワードに。「朱易はまた転んでまた泣いた」(文匯報)「五輪最大の後悔 連続ミスに涙に転倒 陳虹伊は受け入れ難いだろう」(鳳凰網)などと批判的に報道した。

 朱は米国生まれで2018年に国籍を変更した。それまでは、中国で美女選手として人気の高かった陳虹伊が北京五輪代表の最右翼だったが、選ばれたのは朱。トライアルを経たものの、ネット上では「なんで陳ではなく、朱が選ばれたのか分からない」と疑問の声が噴出。中国語が流暢ではないことへの批判や、なかには「朱の父親が高名な科学者だから選ばれた」と、米・ハーバード大学を出た高名な科学者で、人工知能分野で大成功を収めていると言われる父のコネや忖度といった選出疑惑まで叫ばれていた。

 想像以上の重圧のなか、演技していた朱。「中国フィギュアスケート連盟は謝罪しろ」「フィギュア女子の実力は発展しなかったが、これで中国の人工知能分野は発展するのか」などとネット上での批判の一方、「頑張れ」「応援しようよ」などと温かい声もある。個人戦までにメンタルを立て直せるか。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220207-03981479-tospoweb-000-6-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/b0c7a33a1c8f22bb44ddeff0fa99f72bf6cb311b

【「父親のコネ選出」「謝罪しろ」「また泣いた」中国フィギュア女子選手・朱易 再び失敗でバッシング止まらず…】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/07(月) 12:11:24.02 ID:CAP_USER9
北京(CNN) 北京冬季オリンピックで女子フィギュアスケート中国代表としてデビューした米国生まれの朱易(ジュ・イー)選手(19)が、6日に行われた団体・女子ショートプログラムで転倒して最下位になり、中国のSNSで激しい非難の的になった。

【映像】転倒の朱易選手に非難殺到 北京五輪

中国大手SNSウェイボー(微博)では、「朱易が転倒」のハッシュタグのアクセス数がわずか数時間で2億を超えた。米国生まれの朱選手がなぜ、中国生まれの選手を差し置いて中国代表に選ばれたのかと疑問をぶつける投稿が多数を占め、「あまりにも恥さらし」というコメントは1万1000の支持を集めた。

6日夕までに、このハッシュタグは検閲の対象になったようだ。理由は不明。

朱選手はこの日最初に出場し、観客の大声援を浴びてリンクに登場した。

しかし冒頭のコンビネーションでジャンプに失敗して転倒し、壁に衝突。後半のジャンプも失敗して、得点はこの種目で最も低かった。

これで中国は3位から5位に後退したが、決勝への進出は果たした。

朱選手は試合後のインタビューで涙ながらに「大きなプレッシャーを感じていました。女子シングルスのこの選考に中国のみんながとても驚いたことを知っていたので。だからただ、自分ができることをみんなに見せたいと本当に思ったけれど、残念ながらできませんでした」と語った。

中国政府がオリンピックのメダル獲得数を国家の強さの証として誇示する中で、中国選手は結果を出すことに対して多大なプレッシャーにさらされる。

米ロサンゼルスで中国系移民の一家に生まれた朱選手は、2018年に米国籍を捨てて中国代表となることを決意。名前もビバリー・ジュからジュ・イーへと改名した。

しかし中国では、中国語が流ちょうに話せないことで批判にさらされていた。

CNN 2/7(月) 10:52
https://news.yahoo.co.jp/articles/c694e121463776a6ff5ad93a87d5b0e264474654

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220207-35183158-cnn-000-1-view.jpg?pri=l&w=640&h=360&exp=10800

【米国生まれの女子フィギュア・朱易選手 中国代表としてオリンピックデビュー 転倒で激しい非難の的に】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/28(金) 07:59:41.14 ID:CAP_USER9
木曜日に開催されたカタール・ワールドカップ・アジア最終予選で、日本代表は中国代表に2-0で快勝。13分に大迫のPKで先制すると、その後は中国にチャンスらしいチャンスを与えず、61分に伊東のヘディングで追加点を挙げた。

【W杯アジア最終予選PHOTO】日本2-0中国|大迫!伊東!中国から2点を奪い、2022年初戦を勝利で飾る!


 90分を通してみれば、決して褒められたチームパフォーマンスではなかったが、きっちり3ポイントを上積みした森保ジャパン。ショックを隠せないのは、これでワールドカップ行きの可能性がほぼ消滅した中国代表だ。リ・シャオペン新政権の初戦として大きな期待を背負って臨んだが、終わってみれば0-2というスコア以上の差を見せつけられた。グループBで2位以内に食い込む可能性はゼロとなり、プレーオフに回る3位の座も現実的には厳しい。残り3試合で3位オーストラリアとの勝点差は9だが、得失点差は15も開いてしまっている。

 中国メディアで絶大な支持を得る大物コメンテイター、ファン・ジャンシャン氏も嘆き節だ。公式ウェイボーを更新し、独特の言い回しで次のように中国サッカーの行く末を憂いた。

「まるで日清戦争の北洋艦隊のように、今日、東京(正しくは埼玉)で選手やコーチたちは敗北を喫しただけではない。中国代表チームは日本に、言うなれば完膚なきまでに叩きのめされたのだ。少しでも目の肥えた者ならば理解できただろう。今後20~30年間、あるいはもっと長く、中国は日本に負け続けるだろう。その1ページ目を刻んだのである。それを思い知らされたからこそ、悲嘆に暮れているのだ」
 

 なんとも大袈裟な表現だが、攻撃の糸口をまったく掴めず、枠内シュートがゼロに終わったとあっては致し方ないか。

 とはいえ、中国サッカー協会がリ・シャオペン監督に厳命しているのは、地元開催となる2023年アジアカップでの躍進だ。これからの1年半で強化を進め、どれだけ進化を遂げられるか。ここからの巻き返しが注目される。

【「今後30年、中国は日本に負け続ける!」ファン・ジャンシャン氏が日本に完敗の母国代表チームをバッサリ!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/27(木) 21:55:39.57 ID:CAP_USER9
中国代表は1月27日、カタール・ワールドカップのアジア最終予選で日本代表と対戦し、0-2の敗戦。試合後、リ・シャオペン監督が取材に応じ、ゲームを振り返った。

 中国は立ち上がりから引いて守備ブロックを敷き、カウンターから得点を狙った。しかし13分にPKを与えて失点すると、後半も追加点を奪われ、最後までビハインドをはね返すことはできなかった。指揮官は「失点の時間が悪かった」と反省の弁を述べた。

「今回の試合で我々のメンバーは全力を尽くしました。ただ、2つの失点の時間帯が、中国側のリズムを崩してしまった。今回の負けに責任を感じています」
 
 また日本の弱点についても言及。「最初に私たちが研究、分析した結果、日本の弱点はサイドだと思っていました」と狙いを説明し、そのうえで「相手の強いプレッシャーもあって、サイドから攻撃する機会がなかった」と肩を落とした。

 第7節を終え1勝2分5敗で5位の中国は、W杯出場権が与えられる2位以上の可能性が消滅。リ・シャオペン監督は残りの3試合へ向け、「すべての試合に全力で臨む200パーセントの準備と努力で望みます」とプレーオフへ進出できる3位入りへと力をこめた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/16c0ef64d30cfb504da08285af99d537dd8c0eaf

写真 
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220127-00104551-sdigestw-000-3-view.jpg?pri=l&w=640&h=426&exp=10800

【中国代表リ・シャオペン監督「最初に私たちが研究、分析した結果、日本の弱点はサイドだと思っていました」 [Egg★]】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/26(水) 21:17:04.84 ID:CAP_USER9
中国代表のリー・シャオペン監督が、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の日本代表戦を前に記者会見に臨んだ。

中国は現在グループ5位。勝ち点5の状況となっており、日本戦に敗れれば2位以内に入る可能性は消滅。わずかに残る3位を目指し、プレーオフを経てW杯を目指すこととなる。

11月の予選で窮地にたった中国は、12月にリー・ティエ監督を解任し、リー・シャオペン監督を招へい。大量に選手を招集し、合宿を行って今回の2連戦に向けて準備をしてきた。

試合に先立って公式会見に臨んだリー・シャオペン監督は、「明日はアウェイでアジアNo.1の日本と対戦することになる。メンバーには落ち着いて、全身全霊を投じて欲しいと思う」とコメント。「戦術の面では我々のレベル全てを発揮して、中国代表らしい試合になって欲しいと思っている」と、中国の良さを出して戦いたいと意気込んだ。

今回の中国代表にも帰化選手が含まれているが、クラブの経営破綻などの影響もあり中国にはいない状況。ブラジルなどから合流したがコンディションについては「海外組もすごくコンディションが良く、フィジカルの面でもメンタルの面でも良い状態になっている」と、問題はないことを強調した。

日本戦に向けては「サッカーに関して言えば、それぞれの力、チーム全体の実力にかかっているので、私としてはベストを尽くして、やってきたことを選手全員に教え込んで、素晴らしい試合になることを期待している」と語り、「結果はどうであれ、それぞれの選手のその時の力の発揮することにかかっているので、明日はベストを尽くして戦いたい」と、選手のパフォーマンスが重要であると語った。

また、今回敗れれば2位以内が消滅する中国。日本戦の位置付けについては「中国にとってはまだ希望がある。一縷の希望があるので、希望を捨てずに明日の試合に全力を尽くす」と語った。
 
超ワールドサッカー 1/26(水) 20:43
https://news.yahoo.co.jp/articles/dafc17d60d38fbc756733e29e401ed8f68cbb69c

写真https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220126-00412126-usoccer-000-1-view.jpg?pri=l&w=640&h=410&exp=10800

【サッカー】<日本代表の森保監督>「チーム一丸となって戦って、日本の総合力で勝利を掴み取りたい」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1643186241/

【サッカー中国代表のリー・シャオペン監督「明日はアウェイでアジアNo.1の日本と対戦することになる。ベストを尽くす」】の続きを読む

このページのトップヘ