SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

中島翔哉

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/23(日) 12:22:11.02 ID:CAP_USER9
日本サッカー協会(JFA)は22日、ワールドカップ・アジア最終予選2試合を戦う日本代表メンバーを発表した。今回のメンバー選出のポイントは以下

▽GK 直前まで行われた国内組の候補合宿に呼ばれた谷晃生(湘南)が直前の負傷により辞退。今回も呼べなかった。川島は新型コロナウイルスに感染から回復間もない状況。

▽DF チームの絶対的存在である吉田主将の不在は痛い。国内組の候補合宿から谷口が入ったが、中谷進之介(名古屋)は選外。

▽MF 主に左サイドで主力となっていた古橋亨梧(セルティック)、三笘薫(サンジロワーズ)が相次いで負傷。森保ジャパン発足当初に10番を与え、絶対的存在だった中島翔哉(ポルティモネンセ)を候補としていることを明かしていた森保監督だが、招集なし。国内組の候補合宿で猛アピールした、東京オリンピックに出場した相馬勇紀(名古屋)も選外。

▽FW ビーレフェルトでドイツ・ブンデスリーガの日本人で初めて4戦連発を成し遂げるなど絶好調の奥川雅也の招集はなし。

日刊スポーツ 1/23(日) 8:18
https://news.yahoo.co.jp/articles/f0cccdecebfff95e8ac929825d1304e1ac359876

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220123-31230066-nksports-000-4-view.jpg?pri=l&w=419&h=640&exp=10800

【W杯アジア最終予選 今回の日本代表メンバー選出のポイント 中島翔哉は招集せず...絶好調の奥川雅也の招集はなし。】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/15(土) 18:32:37.73 ID:CAP_USER9
カタールW杯アジア最終予選の中国戦(27日)とサウジアラビア戦(2月1日)に臨む森保ジャパンが前10番のMF中島翔哉(27=ポルティモネンセ)を招集する可能性が出てきたん

 日本代表は攻撃的MFに負傷者が続出しており、昨年11月の予選で救世主的なパフォーマンスを見せたMF三笘薫(24=サンジロワーズ)が足首を負傷し、主力のMF堂安律(23=PSVアイントホーフェン)も眼窩骨折のため戦線離脱中と、予選への出場が危ぶまれている。

 そんな中、昨年2月に足首の脛骨骨折など大けがを負った中島が復活気配。13日のポルトガルカップ準々決勝でも華麗なゴールを決めた。Jクラブの強化担当者は「森保監督は中島みたいなタイプが好き。チーム立ち上げ当時は中島がけん引していたわけだし、当然、プレーできるようになれば呼ぶでしょう」と指摘し、代表復帰は確実という。

 中島が得意とする代表の左サイドは、MF南野拓実(リバプール)が代表では好パフォーマンスを発揮できず、今季好調のFW古橋亨梧(26=セルティック)も負傷を抱え、復帰のメドが立っていない。思うようなメンバーを集められない状況の中、中島が森保ジャパンのキーマンになりそうだ。

日刊スポーツ 1/15(土) 16:12ん
https://news.yahoo.co.jp/articles/7105e7b3d4f4ee3b90a5f19c607df477187267a3

写真https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220115-03929273-tospoweb-000-2-view.jpg?pri=l&w=462&h=640&exp=10800

【森保ジャパン、W杯アジア最終予選2連戦にMF中島翔哉を招集か? 主力の三笘薫や堂安律が負傷中】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/14(金) 12:11:56.36 ID:CAP_USER9
タッサ・デ・ポルトガル(国内カップ)準々決勝、ポルティモネンセ対マフラが現地時間13日に行われた。この試合では、日本代表MF中島翔哉が完璧なゴールを沈めている。

【動画】中島翔哉の完璧なゴールがこれだ!
https://www.footballchannel.jp/2022/01/14/post450982/2/

 ベスト4進出を目指したポルティモネンセだったが、この日は前半から大苦戦。4分、16分にゴールを与え、いきなり2点ビハインドを背負ってしまったのだ。

 そんな中、中島がチームに希望をもたらすパーフェクトな一発を叩き込んだ。

 31分、右サイドのフリーキックでキッカーを務めたカルリーニョスがボック内手前にいた中島へ横パス。日本人ドリブラーはこれを右足で完璧に合わせグラウンダーのシュートを放つと、ボールは密集していたDFの間をうまくすり抜けそのままゴールへ。GKも目の前のDFがブラインドになっていたのだろう、反応が少し遅れていた。

 しかし、中島の今季2ゴール目が勝利に結びつくことは残念ながらなかった。ポルティモネンセは1-2とした直後に1点を追加され、後半にも失点。アディショナルタイムに1点を返すも時間は足らず、2-4でベスト8敗退となった。 

フットボールチャンネル 1/14(金) 12:03
https://news.yahoo.co.jp/articles/d20e6a707520ed73013e6288604960a16a760340

写真 https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220114-00010008-footballc-000-1-view.jpg?exp=10800

【ポルティモネンセMF中島翔哉 文句なしのゴールをゲット! 密集地帯を切り裂くグラウンダーの一撃!】の続きを読む

このページのトップヘ