SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

中日

1: 名無しさん@恐縮です 2023/02/07(火) 12:50:29.52 ID:6ZANwm6A9
週間ベースボール 2/7(火) 12:02

大島洋平
 完全に射程圏に捉えてている。残り115本。今季でプロ14年目を迎える大島洋平が2000安打達成に向けて順調にオフを過ごし、キャンプに突入した。

「トレーニングの種類や数は格段に増えてますね」。年明けは例年どおり、かつて在籍していた日本生命の施設(大阪府貝塚市)で後輩の高橋周平らと始動。

 昨年1月に150キロのバーベルで実施していたスクワットが年末の段階で、すでに170キロ×10回をクリア。今回の自主トレでは180キロまで達した。動体視力や体の反応が早くなるためのトレーニングも合わせて敢行。30代後半となった分、いろいろな工夫をしながら一年間戦う体をつくっている。

 今季は前半戦は86試合が組まれている。「なるべく早く決めてすっきりしたい。オールスター前には決めたいですね」。

 球団最多タイとなる186安打を放った2014年には82試合で117本をマーク。「かなりハイペースですけどね」と簡単でないことは分かっているが、決して無理な数字ではない。今季チームは外野手のアキーノ、アルモンテを獲得。昨季最多安打を獲得した4年目の岡林勇希も伸び盛り。2年目の長距離砲・鵜飼航丞もその一角を狙っている。

 大島自身も打ち続けなければ、自らの地位が脅かされる可能性もあるだけにロケットスタートは欠かせない。

 大学社会人を経ての2000安打達成は、過去に古田敦也、宮本慎也、和田一浩の3人だけで、最速は古田の1884試合。大島はこれまで1681試合で1885安打を放っており、大幅な記録更新にも期待がかかる。

週刊ベースボール
https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/3d0d86122df9d095f902db5f653259c5b5b47c54&preview=auto

【中日・大島洋平、前半戦で2000安打をクリア!/記録への挑戦】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/02/04(土) 23:36:37.04 ID:SMjs4udn9
 3月に行われるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場する野球日本代表「侍ジャパン」に選出されている中日・高橋宏斗投手(20)が4日、アグレスタジアム北谷のブルペンで約50球を投じた。
日々最善の投球フォームを模索する右腕はこの日、球団のトラックマンで152キロをマークした。

 快速球が次々とミットに突き刺さる。「感覚は悪くない。順調です」。
言葉の裏付けは数値だ。この日の最速は152キロをマークし、昨季まで1秒間に2100回転だったカーブは2500回転以上になった。
オフにオリックス・山本と自主トレをともにして、成長のヒントを得た。今は首脳陣ともコミュニケーションを図りながら、最善の形の投球フォームをつくり上げていく段階だ。

 ブルペンで投球を見守った立浪監督は「いろいろ試しながら、自分に合う合わないがあるので、その辺の選択肢を考えてやっている段階。そんなに心配はしていません」と話した。

中日スポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/c6d238aaa2f005f4107729232164da994223d094

【“侍ジャパン”中日・高橋宏斗、フォーム模索中 立浪監督「いろいろ試しながら、考えてやってる段階。そんなに心配していません」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/02/04(土) 13:16:51.81 ID:SMjs4udn9
 中日・立浪和義監督(53)が3日、WBC日本代表に選出されている高橋宏斗投手(20)の“由伸流”新フォームに苦言を呈した。
沖縄・北谷で、春季キャンプ2度目のブルペン投球を見届け「やっぱり彼(オリックス・山本)の良いところと、高橋の良いところがある。全部が全部、一緒にしようとすると、おかしくなるんでそういう話はしました」と明かした。

 昨季6勝を挙げた高橋宏は、昨年12月から2か月間、オリックス・山本と合同自主トレを行ってきた。キャンプ中も朝5時には起床し、早朝からジャベリックスロー(やり投げの動作につながる動きで羽根付きの投てき物を投げる)などを入念に行う、まさに“師匠”と同じ動作を導入。左足をほとんど上げないクイックのような投球フォームも、うり二つとなっていたが、これもより高みを目指す向上心の表れだった。

 この日は北谷のブルペンで約40球を投げ込んだが、投球中に立浪監督と深刻な表情で話し込む場面もあり、投球フォームの変更を促されたもよう。
高橋宏は練習後に予定されていた取材に応じることなく、失意のまま宿舎へ帰った。

 「ちょっと自主トレを山本投手と行って、帰ってから明らかにフォームが変わっているんでね」と立浪監督は指摘した。史上最年少の20歳でWBCメンバーに選ばれた高橋宏は昨年以上に早期調整に迫られており、今からの大幅なフォーム変更は致命的なロスになりかねない。
キャンプイン前日の1月31日には「いつでも投げられる準備はできている」と順調な仕上がりを口にしていたが、“突貫工事”の行方は侍ジャパンの戦いにも影響を及ぼしそうだ。

(長尾 隆広)

報知新聞社

https://news.yahoo.co.jp/articles/c5758278939178747dff68adffb2ca5c182f388c

【中日・立浪監督、高橋宏斗の“由伸流”新フォームに苦言 高橋宏は練習後の取材拒否して失意のまま宿舎へ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/02/03(金) 17:17:39.03 ID:UZGGK7Ek9
スポニチannex 2/3(金) 17:00

落合博満氏
 現役時代に3冠王を3度獲得し、監督としては中日を4度のリーグ優勝に導いた落合博満氏(69)が3日、自身のYouTube「落合博満のオレ流チャンネル」を更新。07年に中村紀洋を獲得した経緯を明かした。

 メジャー挑戦から帰国してオリックス入団も死球によるケガなど不運も続き、07年1月に自由契約選手となった中村は、他球団の戦力補強時期を逃して宙に浮いた状態となっていた。

 「梨田から電話かかってきて、獲ってくれないかって」

 梨田昌孝氏は中村にとって近鉄時代の恩師。梨田氏は監督時代からかわいがってきた大砲のため、同い年で気心の知れた落合氏に頭を下げたようだ。「3回断ってんだよ。ウチには三塁手、森野(将彦)がいるから、かぶるんでいらないって」。梨田氏は諦めなかった。4回目、中日の春季キャンプが始まっても「何とかならないか」と電話してきた。

 「ちょうど球場に(西川順之助)社長がいたから相談して、育成で(年俸)400万円でやるならいいよ」とオファー。オリックスは単年8000万円といわれる契約を提示してもつれたが、元本塁打王の中村は育成契約を飲んで中日入団を決めた。

 背番号205。「5」は近鉄時代の番号で、落合氏が愛弟子のために動いた梨田氏の熱意に敬意を表して、その数字を入れたのかもしれない。

https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/2a80df72d12ac5db2f2cd83618c4637e982e56fd&preview=auto

【落合博満氏 07年の中村紀洋獲得の真相「3回断ったが梨田が獲ってくれって」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/02/03(金) 07:42:46.91 ID:w7pJ7g6m9
2/3(金) 6:03配信

 2月1日キャンプイン目前、「選手生活には一片の悔いもなし!」未知の世界に飛び込んだ、元ドラ1たちが「期待と不安」第2の人生を初告白!

「人生は簡単ではないですね」

 絞り出したその言葉には、無念さが漂う。入団6年めに開幕スタメンの座を掴むと、プロ通算17年で、1046安打を積み重ねた。昨年、そんな平田良介に下された戦力外通告。NPB球団への復帰を願うも、オファーは届かず、昨年末に現役引退を表明した。

 2006年、大阪桐蔭高校から中日にドラフト1位指名で入団。2015年にはベストナインに選出され、2018年にはゴールデングラブ賞を受賞した功労者だ。

「妻や息子、娘と話し、納得してくれました。家族4人で、平田家の新しい人生をスタートさせようと決めました」

 辛い日々を過ごした平田だが、つい先日、転職先が決まったという。

「大阪の飲食サービス会社・エースファクトリーの社員になり、そこの軟式野球部でプレーします。元ソフトバンクの甲藤啓介らがいて、プロの二軍並みにハイレベルです。すでに3試合に出場し、7打数1安打。軟式にはまだ慣れません(苦笑)。また、同社が、ベースボール事業部を立ち上げる予定でして、野球に関する事業を企画・実施していきます。

 今、取得を目指している『学生野球資格』も今後生かせると思いますし、チームのYouTubeのチャンネルで、野球人の皆さんに役立つ情報を配信できたらと考えています。また、プロ野球の解説やテレビ出演も、オファーをいただければやってみたいですね」

写真・木村哲夫、桑原 靖、永谷正樹
取材&文・高津和正

週刊FLASH 2023年2月14日号
https://news.yahoo.co.jp/articles/32b07210abddcaabbc4697416970c67ee31438e2

【ドラ1がクビから3カ月…平田良介は飲食業の社員に 家族4人で決めた「第二の人生」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/02/01(水) 11:09:54.41 ID:9sx04umz9
「中日にセレモニーを要求」と報道されて…平田良介がいま明かす“あの退団会見”の真相 34歳の引退決断は「家族を養っていくことを考えたら…」
2/1(水) 11:02配信 Number Web

昨年末に現役引退を発表した元中日・平田良介。現役時代に突如襲われた原因不明の病気との闘い、そして退団会見での“あの騒動”について、Number Webのインタビューで語ってもらった。(全2回の#2/#1へ)

 2021年4月上旬、深夜。

 中日の平田良介はベッドから飛び上がるように目が覚めた。胸が苦しい。動悸が激しく、まともに呼吸ができない。家族がすぐに救急車を呼び、病院へ搬送されている車中で血圧を測ると、130未満が正常とされる数値が188まで上昇していた。

2年前、突如襲った病気

「これ、死ぬんちゃうん?」

 恐怖心が襲う。幸いにも病院で応急処置を受けると症状が治まったため、入院せずに済んだ。ところが、3週間後にまた動悸と呼吸困難で苦しみ、再び救急医療へと向かった。

 異型狭心症。

 医師から告げられたのは、聞き馴染みのない病名だった。心臓の血管が極度に縮むことによって発症する病気なのだというが、不摂生どころかアスリートとして人一倍、体に気を配っていた平田からすれば、「なんで?」という疑念しか浮かばなかった。

「トレーニングだってサボっていたわけじゃないし、食事だって嫁が気を使ってくれていたり体調管理しているのに、急に病気になりました――すぐには納得できないですよね」

 4月の下旬に一軍登録を抹消された平田は、まともに野球ができなくなった。それどころか、病は日常生活に支障を来していく。

「体調管理できてないから、とか書かれたり」

 まず、運転ができない。ハンドルを握り、アクセルを踏むと、まるでジェットコースターが急降下したような感覚に襲われる。「やばい!」。危険を察知して路肩に車を停める。正常なら自宅から15分程度で着く球場まで、40分ほどかけ安全運転で向かう日もあった。

 本当ならばゆっくり体を休められるはずの夜も、平田にとっては苦痛だった。胸が苦しくなると、寝返りを打つのも辛い。動悸や息切れの症状が気になり、眠ることすらままならなくなっていった。そんな状況ではあるが、敏感なアスリートはふと冷静にもなる。

「あ、筋肉がしぼんでる」

 9月の下旬に実戦復帰こそできたが、肉体の衰えは平田を落胆させた。ウエートトレーニングでスクワットをする。180キロのバーベルを持ち上げられた肉体は、80キロで悲鳴を上げた。正確には踏ん張ろうと息を止めると、胸が苦しくなり動きが止まるのだ。

「『もっと重いの担げんのに、こっち(心臓)がアカン、アカン! 』って、追い込んでトレーニングできなかったんで。『どうしよう……』っていう気持ちが続いてましたね」

 新型コロナウイルスによるパンデミックで、日本中が混乱した前年の20年。プロ野球も開幕が延期となり、平田自身も体調不良や下半身の故障などで本来のパフォーマンスを発揮できず、55試合の出場に留まった。打率2割4分、3ホームラン、17打点。レギュラーとなった11年以降ではワーストの成績だっただけに、21年は捲土重来を期していた。それが、突然の病気によってさらにパフォーマンスを落としてしまったのである。

 平田の目線が少し落ちる。

「しんどさはありましたね。『体調管理できてないから、そんな病気になったんや』とか、そんなことをどっかに書かれたり。人になかなか分かってもらえるものじゃないから」

続きはソースをご覧ください
https://news.yahoo.co.jp/articles/e6c005bf6f622c545d49d3004f8de1cd576d3c76

【「中日にセレモニーを要求」と報道されて…平田良介がいま明かす“あの退団会見”の真相】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/01/22(日) 18:58:21.65 ID:uBliTwXk9
1/22(日) 16:53配信 スポニチアネックス

  中日の小笠原慎之介投手(25)が22日、梅津晃大投手(26)と「エディオン公式チャンネル」でオンライントークショーを開催。今季8年目の右腕が今オフ、多くのメディアに出演した理由を明かした。

 小笠原は「ドラゴンズって、何かちょっと、いまいち暗いイメージがあると思うんです。それを払拭したい」と明かした。本来のチームは全然イメージと違うと否定。「ドラゴンズにも明るい選手いっぱいいるんだよ、もっと面白い選手いるんだよというのを伝えられたら」と続けた。

 注目してほしい選手に小笠原は土田龍空内野手(20)の名前をを挙げ、「龍空が率先して声を出して野手陣を引っ張ってほしい。(若い選手が)それをできる環境に僕らがしてやりたい」と話した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/25f87e184fddff8328febd8999a9e6bea12265dc

【中日・小笠原がメディアに出まくった理由「ドラゴンズって暗いイメージがある」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/01/10(火) 18:43:58.90 ID:WbMxfM1F9
大阪桐蔭高時代には投手、野手の両方で非凡な才能を発揮し、甲子園の春夏連覇に貢献した中日・根尾昂。
いずれの能力もスカウトから高く評価をされていたが、中日入団後は遊撃手としてのプレーを決断した。

だが、プロ入り4年目となった昨季までにレギュラー確保には至らず。
シーズン途中の6月21日から投手登録となり、今季はプロ入り後初めて投手としての春季キャンプ、シーズン開幕を控えている。
「右投げ左打ち、走攻守3拍子揃ったスタイルなので、立浪2世と期待されていました。
監督も自身と似たタイプだったからこそ、適性を素早く見極められたのではないか。(投手転向となったことについて)根尾本人も迷いがなくなって良かったはず」(中日関係者)
野球解説者の宮本慎也氏もYouTubeチャンネル「野球いっかん!」で「外野を今やらせてるけど、もし、うまくいかなかったら投手が良いんじゃないかなと思ってる」というキャンプでの立浪監督の言葉を紹介。

チームの将来を担う野手として期待されていたものの、指揮官は投手として本格的に起用することを早い段階で視野に入れていたという。
「外野手としても6個の補殺を記録した肩は非常に強い。
陸上、スキーなど他競技の経験者でもあり、全身の筋力がバランスよく発達している。本格的な練習をすれば素晴らしい投手になるはず」(在京球団編成担当者)
中学3年時には最速146キロを投げて「スーパー中学生」として取り上げられた。

高校時代も最速150キロを記録し、遠投115mとも言われる強肩が武器だ。
また「他競技でも世界レベルのアスリートになれた」といわれるほど身体能力は高く、投手としても素晴らしい潜在能力を秘めている。
「身長177cmと大きくないが、身体能力の高さは折り紙つき。向上心が高く、考えて行動できるのも強み。配球の組み立てや状況判断が常に必要とされる投手向きでもある」(高校時代から知るスポーツライター)
昨シーズンは投手に転向して以降、25試合(うち1試合は先発)に登板して1ホールド、防御率3.41という成績を残して早くも対応力は見せたが、
やはりプロでは投手としての経験が少ないのは気になるところだ。
「今は実戦経験を積むことが大事。アマチュア時代も含め、マウンド上にいた時間は他の投手と比較にならないほど少ない。

二軍であっても登板機会を増やすことが重要。考えながら登板できる選手なので成長も早いはず」(高校時代から知るスポーツライター)

https://i.imgur.com/Hl4J2GE.jpg

1/10(火) 18:00配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/f216968c22fdd4a78448f9f146e402c2dc526896
続きはソースにてお願いします

【中日・根尾昂は「投手」として大成できるか 今季期待したい“役割”は】の続きを読む

このページのトップヘ