SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

中日ドラゴンズ

1: 名無しさん@恐縮です 2022/12/12(月) 19:02:22.64 ID:XOzGvytK9
アニメソングの帝王として数々の名曲を歌い、中日ドラゴンズの応援歌「燃えよドラゴンズ!」の歌唱で親しまれた水木一郎さんが、肺がんのため、12月6日に74歳で死去した。公式サイトが12日に発表した。
 
中日の立浪和義監督(53)は同日、球団を通じて「長きにわたりドラゴンズを応援していただき、ドラゴンズファンなら誰もが知っている『燃えよドラゴンズ』を歌っていただいていたので、とても残念です。あの力強い歌声にプレーをする選手は力をいただいていました。来年こそは水木さんに良い報告ができるように戦っていきたいです。心からご冥福をお祈りいたします」と追悼のコメントを発表した。

https://www.chunichi.co.jp/article/599517

【「来年こそは水木さんに良い報告ができるように」中日・立浪監督〝燃えよドラゴンズ!〟を歌った水木一郎さんを追悼】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/06(木) 19:53:43.12 ID:CAP_USER9
「ドラゴンズが好きでドラゴンズで引退したいと今でも思っているが、まだ体も動く。今、辞める時ではないと思った。(球団に)盛大なセレモニーはできないと言われたことも『最後の理由』になったかなと思います」

 10月4日、涙ながらに退団会見に臨んだのは中日ドラゴンズの平田良介外野手だ。
平田選手は、2005年、大阪桐蔭高校からドラフト1位で中日入り。以降は主軸打者として活躍してきた。

「この2年はスタメンを外れることが多く、9月17日のヤクルト戦後、立浪監督から戦力外通告を受けていました。とはいえ、通算1046安打、105本塁打は、“功労者”と言ってもさしつかえない成績です」(スポーツ紙記者)

 そんな平田に球団側は、任意引退を選んだ場合の引退セレモニーとして「1打席だけ試合に出る、ファンへの挨拶をし、家族から花束をもらってグラウンドを1周する」という“演出”を提案したが、平田は「少し考えさせてください」と返事を保留。翌々日に、平田が球団に伝えた答えは「自由契約となっても現役を続行する」というものだった。
球団側が提示した引退セレモニーの何が不満だったのか。冒頭の退団会見で平田は「最後の理由」の詳細を明かした。

「引退する時は、(記念の)Tシャツやタオルがあったり、映像が流れて僕がマウンド付近まで行って。それが自分の中での最後かなと思っていたが(球団から)『セレモニーはするけど、盛大には出来ないよ』と言われた。セレモニーでお話しさせていただける予定だったが、思い出に残るものと形に残る物、両方欲しかった。そうじゃないのであれば、自分の終わり方としては中途半端だった」
と語った。こうした一連のやり取りが報道されるや、ドラゴンズファンはすぐさま呼応。

《盛大なセレモニーは出来ないって冷たいなぁ》
《自分がこんなこと言われたらどんな気持ちになるか考えんのか?》
《そんな理由でチームの功労者を追い出すのはあんまりだよ》
《ドラゴンズは応援したいけど、中日(球団)は応援できない》

 などと批判の声が噴出した。世論が味方する平田に対し、疑義を呈するのは、中日OBの平野謙氏だ。
「セレモニーの内容に引っかかること自体が、僕にとっては不思議で仕方ない。そんなことは野球を続けることと、全然関係ないからね。純粋にまだ野球がやりたいというのであれば、別にドラゴンズで花道つくってもらう必要もないじゃない。球団から、言葉では伝えられないようなニュアンスがあったのか」
18年間の現役生活で、中日、西武、ロッテの3球団を渡り歩き、2012年~2013年のあいだは、中日でコーチを務め平田を指導した経験もある。しかし、2度の球団移籍時はおろか、ロッテで現役を引退するときですら「何もしなかった」という。
「そういうセレモニーをやってもらいたい人もいるだろうけど、俺はまったくこだわりがないから(笑)。やったことといえば、テレホンカードを自分で発注して、お世話になった人たちに配ったぐらい。ファンに対するお別れの場や挨拶は何もなし。ロッテの終盤は2軍にいたから『最後のゲーム、1軍上がるか』と聞かれたけど、そんなのやる必要ないよと言いました。
まして俺の場合は、ロッテでそんなに働いてない自覚もあったから、もし何かやってもらっても球団の人に悪いなと思ったんだよ。家族がご苦労様と言ってくれれば、俺はそれでよかったからさ」

https://news.yahoo.co.jp/articles/4d57405451e49645d759d0da609432fdf24241cf
10/6(木) SmartFLASH
続き>>2

【平田良介「引退セレモニーに不満」発言にドラゴンズOB平野謙氏が喝「中日は冷たくない」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/05(水) 22:37:32.58 ID:CAP_USER9
 プロ野球・中日ドラゴンズファンとして知られるお笑いコンビ「ダイノジ」の大谷ノブ彦さんが2022年10月4日、平田良介外野手の退団騒動をめぐり、ツイッターで「ゲロ吐きそう」「リスペクトがない」などと球団の対応を批判した。ツイートは削除された。

■「平田選手に対するリスペクトがない」

 平田選手はこの日球団から戦力外通告を受け、引退はせず自由契約で現役続行を目指すと報じられた。中日を退団する理由の一つとして、球団から「盛大なセレモニーはできない」と言われたことを挙げたという。

 大谷さんはこうした退団の経緯を伝えるまとめサイトの記事を引用し、「ゲロ吐きそう 平田選手に対するリスペクトがない 昨日の高津監督との言葉の差を感じる」とツイート。ヤクルトの高津臣吾監督は3日の最終戦セレモニーで、引退する3選手に愛あるスピーチを送り、感動を呼んでいた。

 大谷さんの投稿は中日ファンの間で物議を醸し、大谷さんはこの日のうちにツイートを削除。その理由として、他のユーザーから寄せられた「実際に平田選手のコメントを見て聞いておられるのですか?」「端的に書かれた記事、悪意を持った記事等をよく調べもせず拡散するのはどうかと思いますが」などとするDMを紹介し、「こういうのいただいて この方の気持ちがよくわかるので消しますね」としている。

JCASTニュース

https://news.yahoo.co.jp/articles/8ddbdde053b14431eddffab927715eda3286ebfd

【中日・平田退団で「盛大なセレモニーできない」に「ゲロ吐きそう」 ダイノジ大谷の球団批判が物議...投稿削除】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/04(火) 13:33:58.70 ID:CAP_USER9
SmartFLASH 10/3(月) 17:27

 10月2日の最終戦に勝利したものの、6年ぶりの最下位となった中日ドラゴンズ。今季から就任した立浪和義監督(53)のシーズン2年めに向けて、早くも動き出した。

「中日スポーツ」が10月3日に、一軍打撃コーチ・波留敏夫氏(52)の退団が決まったと報じている。

 波留氏は2013年まで横浜DeNAベイスターズのコーチを務めたあと、2014年から中日のコーチに就任した。

「現役時代からの血気盛んな性格そのままに“熱い指導”で知られていました。今季は二軍打撃コーチでスタートしましたが、5月23日に一軍打撃コーチに配置転換されました。その直後に起きた“炎上騒ぎ”が、今回の退団に影響したのではないでしょうか」(スポーツライター)

 事件が起きたのは、6月12日の札幌ドームでおこなわれた日本ハムファイターズとの一戦。5連敗中で臨んだこの試合、0-1と1点ビハインドの5回表に、中日はベンチ前で円陣を組んだ。

 その際、波留氏がマスクを外した状態で「いつまで甘えてやってんねん。その気でやらんか、アホォ!」と、野手陣を大声で一喝したのだ。

 この様子はテレビ中継でも放送され、これを見ていた視聴者からネット上で、波留氏の指導法に批判の声が上がっていた。

《波留コーチの円陣での恫喝、時代遅れだよな…》

《えぇ…なにこれぇ…。中日の円陣?での波留コーチの檄?みたいだけど…。》

「5月末に打撃陣を好調に導いていた中村紀洋コーチ(49)を“降格”させてまで波留氏を抜擢したにもかかわらず、その後チームの打撃が低迷したことで、波留氏の手腕を疑問視する声がありました」(同前)

 今季チーム本塁打数が62本と、12球団最低に終わった中日。いくら広いバンテリンドームナゴヤが本拠地とはいえ、東京ヤクルトスワローズ・村上宗隆(22)一人の本塁打数に“肉薄”されてしまった。

 スポーツ紙の担当記者はこう語る。

「波留氏にコーチ交代以降の打撃陣の変化は、データ上でも表われているんです。中村氏との交代は5月23日でしたが、3、4月のチーム本塁打数は17本、5月は15本でしたが、6月は6本、7月は12本、8月は6本、9月は6本と月単位の本塁打数が激減しているんです。

 今季後半の中日戦の中継では、球団OBで野球解説者の宇野勝氏(64)から『今のドラゴンズは(右打者が)右打ちしないといけない、という意識が強すぎる。もっとプロ野球らしい打撃を見せてほしい』と、指摘する場面が何度もありました」

 後任には、2015年に中日を引退した和田一浩氏(50)が就任すると報じられている。通算319本塁打の打撃理論で本塁打を増加させ、明るいチーム作りを目指してほしい。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e37abf883f8ef79a50ca1564c45e3e736f28472c

【「アホォ!」マスクなしで激怒の中日・波留敏夫コーチが退団…中村紀洋氏と交代後に“本塁打激減”データも】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/19(金) 15:18:07.07 ID:A+00YGgC0
【コーチ異動のお知らせ(8/19)】
▼中日ドラゴンズ
二軍内野守備走塁コーチ 85 渡邉 博幸(一軍内野守備走塁コーチより異動)
二軍育成野手コーチ 89 英智(一軍育成野手コーチより異動)

【中日コーチ異動キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/03(水) 23:17:38.03 ID:CAP_USER9
 2021年7月6日、トレーニング中に倒れ、その約1カ月後の8月3日に、27歳の若さで亡くなった中日ドラゴンズ・木下雄介投手。木下選手の妻・茜さんが「 週刊文春 」の取材に応じ、「倒れた時に球団が適切な対応をしてくれていれば、雄介は助かっていた。後遺症はあっても、今頃はこの家で、娘や息子と一緒に過ごしていた……」と、辛い胸の内を明かした。木下選手の急死後、茜さんがメディアに応じるのは初めて。

『搬送が早ければ…』死の直接の原因

 中日で将来を期待された右腕だった木下選手の死は、世間に大きな衝撃を与えた。現役選手だったことに加え、倒れたのが、新型コロナのワクチン接種から僅か8日後のことだったためだ。

 あれから1年。茜さんは5歳の長女と3歳の長男を育てながら、懸命に前を向いている。だが片時も頭から離れない思いがある。“夫は、なぜ死んだのか”だ。茜さんが語る。

「主治医の先生からは、こう説明されました。『倒れた原因の一つは、新型コロナのワクチン接種。だけど、亡くなった原因は別にある』と」

 病理解剖の結果、木下選手は劇症型心筋炎を発症していたことがわかった。彼は倒れる8日前の6月28日、新型コロナワクチンを打っていた。主治医によれば、ワクチンで心筋炎を起こしていたところに激しいトレーニングをしたことで、不整脈の一種である心室細動を発症し、心肺停止になったと考えられるという。ただ死の直接の原因は別だった。

「搬送の遅れです。実は雄介が倒れてから、周囲が救急車を要請するまでに、6分もかかっていたことが分かったのです。それを主治医の先生に伝えると『搬送が早ければ助かった』と言われました」(同前)

スタッフがAEDを探しに行ったのは、搬送要請の後
 渋る球団側から、木下選手が倒れた際の時系列が記された資料を受け取ったのは、昨年10月のこと。そこにはこう記されていた。

〈11時07分頃:ナゴヤ球場屋内練習場内、トレーニングルームにてS&Cのスタッフが木下選手の異変に気が付く〉(注:S&Cは「プロ野球ストレングス&コンディショニング研究会」)

〈11時13分(発信履歴):トレーナーが119番へTEL、救急搬送の要請〉

 6分間のタイムラグ。さらに救急隊が到着したのは11時17分と、倒れてから10分が経過していた。救命の現場では、心拍再開が1分遅れるごとに、救命率が10%下がると言われている。だがスタッフがAEDを探しに行ったのは、搬送要請の後だった。

続きはソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/91090759a470f953db8e2bc2ee07617390226a33?page=2

【「球団が適切な対応をしていれば…」ワクチン接種から8日後に急死した中日・木下雄介投手の妻が涙の告発】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/27(水) 22:49:42.66 ID:CAP_USER9
 7月27日、中日ドラゴンズは育成のペドロ・レビーラ内野手(23)、ギジェルモ・ガルシア外野手(22)と支配下契約を結び、バンテリンドーム内で会見を行った。

 レビーラはキューバナショナルリーグで74試合に出場し、26本のホームランを打ち本塁打王を獲得。広いバンテリンドームでもホームランを期待できる右の強打者。

 会見で憧れの選手を聞かれると「大谷翔平選手」と話し、「将来的には日本でも本塁打王を目指したい」と意気込みを語った。

 左打者のガルシアは、チームを代表する左打者の大島選手と福留選手を目標に掲げ、「後半戦に向けて、チームに貢献できるよう全力でプレーしたい」と抱負を語った。

 共にキューバ出身で今季中日に育成選手として入団したばかりだが、立浪和義監督からは「日本に来てまだ日が浅いが、チームのいい刺激になってほしい。レビーラ選手はボールを遠くへ飛ばす力がある。ガルシア選手は広角に打てる。とにかく若いし将来的に期待しているので支配下登録した」と低迷する打線の起爆剤として期待を寄せた。

◆ペドロ・レビーラ 1999年3月23日生まれ、キューバ共和国出身。175センチ、100キロ。右投げ右打ち。背番号は「94」。

◆ギジェルモ・ガルシア 2000年7月1日生まれ、キューバ共和国出身。182センチ、106キロ。右投げ左打ち。背番号は「95」。
https://news.yahoo.co.jp/articles/e09a4002c8b2e937a1a4fa9332ebef21b71a9b83
7/27(水) 20:59 東海テレビ

【中日、キューバ出身の育成選手レビーラと(23)ガルシア(22)を支配下登録 立浪監督「とにかく若いし期待しているので」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/13(水) 22:53:55.39 ID:CAP_USER9
プロ野球・中日ドラゴンズは13日、阿部寿樹選手の新型コロナウイルス陽性判定となったことを発表しました。

今季79試合に出場し、打線の主軸として活躍。打率.275、6本塁打、打点はチームトップの35打点を記録していました。

阿部選手は近親者が陽性判定を受け、12日に濃厚接触者となり登録を抹消。自主隔離となっていました。

https://news.yahoo.co.jp/articles/bdc4a744c1c227735f3861e3947adf61444ba5e9

【“チーム打点王”阿部寿樹が新型コロナ陽性判定 中日打線に大きな痛手】の続きを読む

このページのトップヘ