SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

中田翔

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/09(木) 11:17:53.00 ID:CAP_USER9
 日本野球機構は2022年6月8日、7月下旬に開催される球宴ファン投票の中間結果を発表し、セ・リーグ一塁手部門で巨人・中田翔がトップに浮上した。前日まで広島のマクブルームに次ぐ2位だったが、8日の発表で5万8094票を集め、248票差でトップに立った。

 中田は開幕スタメンを飾ったが打撃の状態が上がらず、41試合出場で打率.215、5本塁打、20打点。今月6日に今季2度目の登録抹消となり、ファームで汗を流している。成績だけを見れば、ファン投票のトップに立つのは不自然に感じる。なぜ、票を集めたのだろうか。

■「復活に向けて必死に取り組んでいる姿も好感を呼んだのでしょう」

 スポーツ紙記者は分析する。

「二塁はDeNA・牧秀悟、ヤクルト・山田哲人、三塁はヤクルト・村上宗隆、巨人・岡本和真とハイレベルな選手がそろう中、レギュラーに助っ人外国人が多い一塁は目立った成績を残している選手がいない。あとは中田の復活を期待して票を入れた野球ファンも多いのではないでしょうか。アンチも少なくないですが、中田は昔のパ・リーグの豪快な気質を継承した選手でファンの人気が根強い。昨オフは20キロ増量して肉体改造するなど、復活に向けて必死に取り組んでいる姿も好感を呼んだのでしょう」

 確かに、一塁を守る助っ人選手たちの調子が上がってこないことが、今回の中間発表に大きく影響している。ヤクルト・オスナは打率.230、5本塁打、22打点、 阪神・マルテは打率.197、1本塁打、3打点。日本で打撃タイトル獲得の実績があるビシエドは打率.271、7本塁打、26打点、DeNA・ソトも打率.253、4本塁打、19打点とインパクトのある成績を残していない。広島の新外国人・マクブルームは打率.272、6本塁打、31打点。豪快に振り回す長距離砲ではなく、選球眼にも優れた中距離打者の打撃スタイルなので派手さはない。

 球宴の出場対象選手は原則として5月末までに支配下登録されている選手で、打者は10試合以上、もしくは20打席以上出場とされているため、中田の球宴出場は支障がない。

「ファン投票で選ばれて出場辞退した場合は、いかなる理由でも後半戦最初の10試合は出場停止となる規定がある。中田本人はこの成績なので球宴出場に対して複雑な思いがあるかもしれませんが...」(スポーツ紙デスク)

 最終結果発表は7月6日。中田はこのままファン投票のトップで選出されるだろうか。(中町顕吾)

https://news.yahoo.co.jp/articles/c69b3ab1ddd0c97568e1b2712b60be3f7a30900c

【「目立った成績の選手いない」から? 巨人・中田翔、不振でも球宴ファン投票「セ一塁手部門1位」の理由】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/28(土) 06:45:40.75 ID:CAP_USER9
5/27(金) 21:01配信
デイリースポーツ

 「日本ハム3-2巨人」(27日、札幌ドーム)

 元巨人の清原和博氏が北海道の地元局UHBでこの試合を解説した。巨人の中田翔に熱いエールを送った。

 巨人で自身が背負っていた背番号5をつける中島についての話で「自分が5番をつけた後、ずっと外国人がつけていたんですよ。日本人で僕の次につけたのが中島選手なんです」と話した後、「だからこそ中島選手は気になる存在?」と問われると「でも中田翔選手が僕は好きで応援したいんですよ。だから複雑なんです」と、この日、出番のなかった大砲を思いやった。

 境遇が似ている?との問いには「やっぱりタイプも似たバッターだと思うし、そういうちょっと枠からはみ出るような(笑)。そういうところも大好きですからね。最近ちょっと野球選手もみんなスマートになってきていますから、ちょっとそういう選手は好きではありますけどね」と、熱く語った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d6f9b011fbec0c0ff53bfec8327e72f6eee6271b

【元巨人・清原和博氏、苦しむ中田翔にエール「僕は好き。枠からはみ出るような、そういうところも大好き」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/13(金) 20:12:14.38 ID:CAP_USER9
 巨人の中田翔内野手がプロ初の「送りバント」を成功させた。13日に東京ドームで行われた中日戦の4回、無死一、二塁の打席で初球をバントしに行きファウル。2球目を投前へ転がし成功させた。続く大城の二ゴロで三走が生還し、巨人は2-1と1点を勝ち越した。

 プロ15年目の中田は、12日まで日本ハム時代を含めて1軍公式戦で犠打を1つも記録しておらず、これが通算1521試合目、6245打席目で初の記録となる。まさかの光景にスタンドは騒然とした。この日は中日・大野雄の前に第1打席は見逃し三振に終わっていた。

 今季の中田は今季、オープン戦を打率.325と好調で終え、開幕後はおもに5番を務めてきた。ただ打率が2割を割る低空飛行で、4月22日に1軍登録を外れた。2軍では9試合に出場して4本塁打、8打点と格の違いを見せて5月10日に1軍復帰していた。
https://video.twimg.com/ext_tw_video/1525055504736694272/pu/vid/484x270/S17WLRrq3IM-yrdA.mp4
https://news.yahoo.co.jp/articles/b79898acab1cbc46ae40112095314fba2b599101

【読売巨人軍5番中田翔、送りバント成功!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/04(水) 22:48:45.76 ID:CAP_USER9
中日・根尾昴(22)に、プロ入り4年目で最大のチャンスが巡ってきた。

2軍で打率.233、本塁打0ながら、4月26日に行われたオリックス戦に遊撃手として出場すると三遊間への深い打球をたびたび好捕。28日の同戦ではマルチ安打を記録し、首脳陣に猛アピールしている(以下、成績は5月3日現在)。

【画像】中田翔がミニスカ美女と……

「根尾は4月21日に2軍降格となりしたが、1ヵ月限定です。立浪和義監督の意向ですよ。今季は当初、外野手として起用されていましたが、ルーキーの鵜飼航丞や3年目の岡林勇希らの台頭でレギュラーはほぼ固定。根尾には、つけ入るスキがありませんでした。

立浪監督は、根尾に『本職のショートで再チャレンジしろ』と提案。2軍で基本からやり直し、『1ヵ月で合格となれば1軍に呼び戻す』と話しています」(球団関係者)

根尾に追い風となっているのが、ショートの絶対的なレギュラー京田陽太の不調だ。打率は.159とリーグワーストで、守備の名手と言われながら失策はすでに3。このままでは、スタメン落ちの可能性が高いのだ。

「根尾は目の色を変えています。片岡篤史2軍監督も『スイングが良くなってきた。守備能力も格段に向上している』と高評価。大阪桐蔭で優勝経験のある『甲子園のスター』が、ようやく才能を開花させようとしています」(同前)

◆「3打席連続本塁打」で格の違い

屈辱の2軍落ちをバネに、ファームで大爆発しているのは巨人・中田翔(33)だ。

「昨季は日本ハムで暴行事件を起こし、シーズン途中の移籍で精神的に落ち着かず、首の状態も悪かったようです。打率154、3本塁打と低迷。今季も打率.188、2本塁打と、調子が上向く様子がありません。原辰徳監督もガマンして起用していましたが、『もう一回しきり直そう』と4月22日に降格となりました」(スポーツ紙担当記者)

だが、2軍では不振がウソのように打ちまくっている。4月30日の日ハム戦、初回に右中間最深部へ運ぶ豪快な1発。前日の試合は雨で途中ノーゲームになり記録に残らなかったものの、2打席連続アーチを放っており「3打席連続本塁打」と絶好調なのだ。

「首の状態が良くなったのでしょう。2軍では、格の違いを見せつけています。しかし原監督の評価は厳しい。速球への対応に課題があるとし、しばらくはファームで打席に立たせる方針です」(同前)

1軍昇格のキッカケすら掴めない選手もいる。楽天の7年目、オコエ瑠偉(24)だ。

「昨年末に受けた左ヒザの手術の影響で、今季は出遅れています。ただ、2軍での調整法には疑問符が出ている。オコエはメジャーへの憧れが強いので、外国人選手を模範にしているのでしょう。筋力トレーニングで、年々身体が大きくなっているんです。

オコエの最大の魅力はスピードです。身体が大きくなりパワーが増した反面、動きが鈍くなっている。自分の『取り柄』を理解していないように思えます。『順調すぎるぐらい順調』と、自己評価が高いのも気になる。首脳陣としては、もっと謙虚にガムシャラになってもらいたいハズです。ただでさえ楽天は、オコエの本職である外野の競争が激しいため1軍に上がる可能性が低いのですから。このままでは、戦力外になってもおかしくありません」(球団関係者)

石井一久GM兼監督も「考えが甘い」と、たびたびオコエを叱咤している。関東一高からドラフト1位で16年に入団したものの、満足な結果を残せたシーズンは1年もないーー。

1軍復帰を狙う有名選手たちは、三者三様の2軍生活を送っている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/45fb6d610a566f081f7edd6d3054b41bdc6b6abf

【根尾、オコエ、中田翔…2軍調整選手「明暗クッキリ」の特殊事情】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/03(火) 14:21:32.13 ID:CAP_USER9
<ファーム交流戦:巨人-オリックス>◇3日◇ジャイアンツ球場

2軍調整中の巨人中田翔内野手(33)が止まらない。1回2死、オリックス山﨑颯の147キロ直球を強振。左翼防球ネット上段にぶち当てる特大の3号アーチをかけた。

4月29日の2軍日本ハム戦では、2打席連続本塁打を放つも、降雨コールドで試合は打ち切られ、ノーゲーム。記録に残らない幻の2発となっていたが、それを合わせれば直近“5戦5発”。ゴールデンウイークで多くのファンが詰めかけたジャイアンツ球場で、存在感を示している。

1軍では今季打率1割8分8厘、2本塁打。22日に出場選手登録を抹消されたていた。

◆打席詳細はこちら

【第1打席=1点を追う1回2死】投手・山﨑颯

<1>外角へ118キロバックルカーブ ボール

<2>内角147キロ直球 左翼へ特大の本塁打

日刊スポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/5ead281cb6c021126aa9ed4950f4cca056f1ea6a

【巨人・中田翔2軍で止まらない!“5戦5発”の特大アーチ!左翼棒球ネット上段にぶちあてる】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/03(火) 11:12:38.29 ID:CAP_USER9
5/3(火) 5:00配信 デイリースポーツ 
https://news.yahoo.co.jp/articles/c8317ba3d7ec3fb12e00804477f7e55395e55e22

 巨人・原辰徳監督が2日、2軍調整中の中田翔内野手について言及し、当面は2軍での調整が続くことを明かした。

 4月22日に出場選手登録を抹消された中田は、ここにきて2軍で調子を上げている。4月30日のイースタン・日本ハム戦では初回に先制の2号2ランを放った。降雨ノーゲームとなった29日の試合では“幻の2打席連発”をかっ飛ばしていた。同28日のロッテ戦でも1号3ランを放った。

 調子が上がってきたことについて原監督は「いいこと。何かきっかけをつかむとね」と奮起を促すように語った。最短で5月2日に出場選手登録が可能だったが、今後も2軍で打席に立たせる方針だ。「やっぱり速い球だからね。速い球があって、変化球があるピッチャーというのに課題があるよね」。課題を克服しての復活を待つ構えだ。

 中田は今季、1軍では23試合の出場で打率・188、2本塁打と不振にあえいでいた。

【巨人・中田翔は当面2軍の方針 原監督は奮起促す 本塁打“連発”中も「課題がある」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/27(水) 05:49:07.41 ID:CAP_USER9
4/27(水) 5:15配信
東スポWeb

二軍調整中の巨人・中田翔(東スポWeb)

 眠れる魂を呼び起こせるか。巨人は26日のDeNA戦(横浜)に4―6で逆転負けを喫し、2連敗。苦しむチームを横目に現在、二軍調整中なのが中田翔内野手(33)だ。オープン戦では絶好調だった男も、開幕以降は打率1割8分8厘、2本塁打、8打点と低空飛行が続き、22日には再調整のため登録を抹消された。そんな中田に、古巣・日本ハムからは意外な助言が出されていた。


 チームは連日の惜敗となった。初回に岡本和の7号2ランで先制するも、2―0で迎えた5回に先発・戸郷が一挙5点を失う大誤算。6回にはウォーカーの3打席連続安打となる適時打などで1点差にまで詰め寄ったが一歩及ばず。原監督も「5点というのはね、何とかやっぱり粘っこく(投げないと)。もったいないよね」と、ビッグイニングを献上した先発右腕に苦言を呈した。

 この日の敗戦で2位・広島とのゲーム差は1・5。なんとか首位を維持しているものの、打線の厚みを増すためにも大砲・中田の早期の完全復調が待たれるところだ。この日、中田はジャイアンツ球場で「再始動」。午後に行われた二軍戦には出場しなかったが、終始リラックスした表情を見せながら全体練習に参加し、ランニングやキャッチボール、打撃練習に守備練習をこなして汗を流した。

 復活に向けて奮闘している中田に対し、古巣・日本ハムサイドからはこんな声も出ていた。

「巨人はタレントぞろいの球団。長年、日本ハムで主砲を務めてきた中田といえども個の色は薄まってしまうでしょうし、何より4番には不動の存在として岡本君がいる。中田は素顔は繊細な人間なので『どんな打順でもまずは自分は与えられた仕事をしよう』と弱気に考えてしまうのでは…」

 そんな逆境の中での戦いだからこそ、中田には忘れてほしくないことがあった。「中田には『4番を奪い取るんだ』くらいの強気な姿勢を持ってほしいですよね。チームだけでなく、日の丸を背負って4番を務めたほどの男ですよ? 彼は強気が何よりの持ち味の選手。主砲のプライドを忘れずに活躍してほしいです」(日本ハム関係者)

 降格前には11年ぶりとなる「8番」も経験した。万全な体調を取り戻しさえすれば、岡本和との「令和のON砲」を形成できることは間違いないだけに、今一度、大砲の原点回帰が待たれるところだ。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220427-04154057-tospoweb-000-6-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/5a81b6fb0696be2a5d2f61780c695ea5c870e2d3

【二軍調整中の巨人・中田翔に古巣・日本ハムから「主砲のプライドを忘れずに」の激言】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/23(土) 07:05:01.19 ID:CAP_USER9
4/23(土) 5:15配信
東スポWeb

ひっそりファームに降格した中田翔(東スポWeb)

 もう一度出直しだ。巨人は22日の中日戦(バンテリン)に7―2で快勝し、連勝を5に伸ばした。投打がガッチリとかみ合ったが、この日から静かに戦列を離れていたのが打撃不振に陥っていた中田翔内野手(33)だった。原辰徳監督(63)によると首に不調を抱えていたというが、中田のド根性ぶりとひたむきな姿勢には称賛の声が上がっている。

 好走塁で流れを引き寄せた。1―1の4回二死一、三塁で巨人ベンチは一走のウォーカーに盗塁のサイン。相手捕手が二塁に送球した間に三走の丸が本塁を陥れ、勝ち越しに成功した(記録は重盗)。主導権を握り、6回には竜エースの柳に打者一巡の猛攻を浴びせて4得点。大量援護に守られた菅野も7回1失点の粘投で3勝目をゲットした。

 足で試合を動かしてつかんだ今季2度目の5連勝。原監督は重盗劇を「たまたま」と煙幕を張り、元木ヘッドは「ウォーカーは走らせたよ。選手が個々にみんないい判断をしてくれた。素晴らしい」とたたえた。

 その歓喜の輪の中に背番号10の姿はなかった。中田はオープン戦から好調を維持し、開幕時は5番に座ったものの、出場した23試合で打率1割8分8厘、2本塁打、8打点に低迷。くしくも33歳の誕生日だったこの日、出場選手登録を抹消された。

 原監督は「なんか首の状態があんまり良くないらしい。せっかくいい(状態で)キャンプからオープン戦とやっていたからね。もう一回仕切り直そうと。明らかにコンディション、状態がいいというスイングではない」とし、期限を設けずに再調整させる方針を明かした。

 巨人加入後では3度目のファーム降格。ただ、中田の〝プロ魂〟を絶賛する声は根強い。チーム関係者の間には「あれだけ自打球を当てていても〝痛い〟だの〝かゆい〟だのを言わない。実績も十分すごいけれど、打てなければ誰よりも黙々と練習する。レギュラー、ましてや4番を張っていた人間があれだけ必死に努力している姿は、若手たちも見習うべきだと思うよ」との声がある。

 確かに春季キャンプ以降、なぜか中田は自打球がスネやヒザにボコボコと当たり続けてきた。しかし〝痛い〟と首脳陣に申告すれば出場機会は失われる。汚名返上を期す今季、中田にとっては口が裂けても言えないフレーズだ。本人も「痛みはもちろんあります。でも、痛いって言ってられない」と悲壮な覚悟を口にしたこともあった。

 そして、今回の首の違和感についても原監督は「弱音は吐かなかった」と明かした。悔しい再調整にはなったが、一軍昇格を狙うヤングGたちには最高の教材となるかもしれない。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220423-04146110-tospoweb-000-5-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/df0ac3d67a743ca2d33ad3110d9a4c840eb3342b

【巨人・中田翔の〝プロ魂〟 打撃不振でファーム降格も称賛ムードの深いワケ】の続きを読む

このページのトップヘ