SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

中田翔

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/02(水) 20:33:16.82 ID:CAP_USER9
3/2(水) 20:26配信
東スポWeb

オープン戦で今季初アーチを放った巨人・中田翔(東スポWeb)

 正真正銘「自信しかない」。巨人の中田翔内野手(32)が2日のオープン戦・西武戦(東京ドーム)に「6番・一塁」で出場し、6試合連続安打となる今季1号を放った。

 打った瞬間に分かる一発だった。7回一死走者なしの場面で打席を迎えると、松本の投じた2球目、146キロの直球を完ぺきにヒッティング。打球は力強く伸びて右翼スタンドへ一直線。これが実戦としては6試合連続安打となる豪快な今季初アーチとなった。

 守備でも好プレーを連発しており、好守で存在感を発揮することとなった中田。不調に終わった昨季と違い、今季の状態を「自信しかない」と大きな手ごたえをつかんでいたが、まさしくこの日の一発はその言葉通りとなった。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220302-04034945-tospoweb-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/00d28803cbde57412d4ecdb54c1365eb2b2eba0a

【巨人・中田翔「自信しかない」右翼席へ今季1号アーチ!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/27(日) 14:52:12.80 ID:CAP_USER9
2/27(日) 14:33
デイリースポーツ

巨人・中田翔が5試合連続安打 好調継続、エスコバーから二塁打
 4回、中田は先制の中犠飛を放つ(撮影・佐藤厚)
 「オープン戦、巨人-DeNA」(27日、沖縄セルラースタジアム那覇)

 巨人・中田翔内野手が「6番・一塁」で先発出場し、5戦連続安打と好調ぶりを猛アピールした。

 四回には無死満塁でロメロから特大の中犠飛を放って先制点をもたらした。六回にはエスコバーから左線に二塁打を放ち、5試合連続でヒットをマークし、順調な仕上がりを見せた。

 体重を20キロ増量して臨む2022年。大砲が、完全復活を果たしそうな気配だ。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220227-00000076-dal-000-4-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/f0a754cec38d2dddf7aee5e9e5dcd74379ce1577

【5試合連続安打!巨人・中田翔 好調継続、エスコバーから二塁打】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/01(火) 10:58:29.34 ID:CAP_USER9
2/1(火) 6:05
SmartFLASH

中田翔 独占告白「俺の野球人生、終わったと思った」暴力事件と巨人移籍の真相!栗山監督の電話が救ってくれた

「親しい人から『去年は中田のプレーを観ていて正直楽しくないし、おもしろくなかった』って言われて目が覚めた」

 そう本誌に打ち明けたのは、巨人・中田翔(32)選手だ。

 日本ハム所属時、同僚選手に暴力を振るったとして無期限の試合出場停止処分を受け、世間からバッシングを受けたのは昨年8月。さらに、8月20日に決まった巨人への無償移籍は物議を醸した。

 かつて、日本ハム時代の中田のインスタグラムのプロフィルには、「北のジャイアン」と書かれていた。今は「ジャイアン」と残るだけだ。

 2022年1月、その姿は北、ではなく南ーー沖縄県石垣島にあった。巨人移籍後は34試合の出場で打率.154、3本塁打、7打点という結果に終わった彼が自主トレーニング先として選んだのが、この石垣島だ。キャンプでは、自ら弟子入りを志願した巨人の秋広優人(19)や、日ハムの姫野優也(24)ら、後輩を指導する役目を引き受けた。

 騒動から半年、中田は今、当時のことをどう思っているのか。1月21日、石垣島には、真剣な表情で自主トレーニングに励む中田らの姿があった。練習後、グラウンドから出て来た中田を直撃すると、初めこそ記者を拒絶する姿勢を見せたものの、次第に重い口を開いた。

ーー騒動について、今はどのように感じられていますか?

「理由はどうあれ、自分のやってしまったことはしっかり反省しないといけないし、皆さんの期待を裏切ってしまったことに対しては、後悔でしかないですね」

ーー試合出場停止になった期間はどう過ごしましたか?

「外に出られる状況でもなかったから、家でずっと過ごしてましたね。そのときは、『自分の野球人生はこれで終わるんだろうな』って思ってました。いろんな方から連絡をもらいましたし、厳しい言葉もかけられました。家族にも嫌な思いをさせてしまった」

ーー巨人への移籍については、栗山監督(当時)から原監督に直談判があったという報道もありましたが?

「もう、本当にわからないですね。俺にも栗山監督から直接電話が来て、話しました。『しっかり反省しような』っていうことと、『でもな、やっぱりまだ(野球を)諦めたらだめだぞ』という言葉をもらって、一からやるしかないなと腹が決まった。正直、現役を続けられるとは思っていなかったけど、そのなかでチャンスをいただいたので、もうやるしかないなと」

 野球人生が終わるかもしれない絶望から中田を救ってくれたのが、この栗山監督の電話だったという。

 だが、“新天地” となった巨人は「紳士の球団」といわれ、規律を重んじることで有名だ。日本ハムとはまったく違う環境が、中田を待ち受けていた。

ーー8月20日、巨人に入団しました。

「言われたことは、髭と茶髪はやるなよっていう、それだけ。今まで自分がやってきたこととは正直真逆だったけど、今回はチャンスをもらった以上、ちゃんとやらなきゃいけない。人生一回きりなんで、俺のやりたいようにしたいという気持ちはありますが……。そういう規則があることは、嫌だとも思ってない」

ーー巨人以外のオファーは?

「話をしてくれる方はいましたけどね、もちろん……」

ーー小林誠司選手(32)や菅野智之投手(32)などが、移籍後フォローしてくれた、という報道もありました。

「同級生が多いんでね、声をかけてくれたし、気を遣ってくれた。こういう形でチームメイトになったにもかかわらず、『なんかあったら言ってこいよ』って言ってくれる関係になった。それは本当にありがたかったですね」

ーー自主トレに、秋広選手の志願を許諾したのは?

「こうやってともに戦っていけるメンバーとしか自主トレはしたくないので、断わってるコたちもいます。彼には、一緒に切磋琢磨して上を目指していこうよ、っていう気持ちがある。かしこまらず、もっとスケールの大きな選手になってほしいですね」

ーー巨人に入団するにあたって、背番号「10」を引き継ぎました。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220201-00010001-flash-000-11-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/c86e3b3f8d8170892e78aec8065e5bb6a0eaf8b7

【巨人・中田翔 独占告白「俺の野球人生、終わったと思った」暴力事件と巨人移籍の真相!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/23(日) 23:05:37.24 ID:CAP_USER9
昨年末に読売新聞が大阪府と異例の包括連携協定を結び、球界に波紋が広がっている。想定外の、ライバル球団の大阪圏侵攻に、阪神は〝本丸〟死守に躍起。巨人に藤浪晋太郎を献上する形で中田翔を獲得する〝友好的トレード案〟が浮上した!

トラ年を迎え、今年こそ優勝を期待するタイガースファンだが、キャンプインを待たず危機感を募らせている。巨人の親会社筋である読売新聞大阪本社が昨年末(12月27日)に大阪府と情報発信など8分野で連携・協同を進める「包括連携協定」を締結したからだ。

この協定は、読売新聞の大阪発刊70周年にも合わせたタイアップ。吉村洋文知事は「(締結による)報道活動への制限、優先的な扱いはない」と説明するが、職員や事業者は阪神の記事を優先する朝日や毎日、産経よりも、府と関係が深い読売を読むようになるのは容易に察せられる。

周到に伏線を張り準備を進めてきた巨人

そこで浮上したのが、〝未完のエース〟藤浪晋太郎の巨人への〝献上〟だ。近年は極度の制球難で不振が続く藤浪だが、入団後、3年連続で二桁勝利を挙げた、セ・リーグを代表するスター投手。和平に差し出すには手頃な存在だし、本人のためにもなる。再生に成功すれば、原辰徳監督の名声も高まるからだ。

話はややこしいが、実は巨人は周到に伏線を張り、藤浪獲得の準備を進めてきた。昨季、国内FA権を得た梅野隆太郎への対応である。

結果的に梅野はFAを宣言せず年俸1億6000万(金額は推定、以下同)で3年契約を結んだが、巨人が水面下でラブコールを送れば「捕殺日本記録保持者」の名捕手を獲得することは可能だった。だが、「FA好きの原監督は動かず、阪神に貸しを作る形でスルーした」と解説するのは、在阪スポーツ紙記者。

「当時、阪神は梅野が巨人へFA移籍することを想定し、今季中に国内FA資格を得る西武の森友哉獲得に軸足を動かしていた。森は大阪桐蔭高出身で、藤浪が1学年上。2人は史上7校目の春夏甲子園制覇を果たしたバッテリーで、藤浪は森獲得に欠かせない重要なパーツだった。他球団への放出はできなかったが、梅野の残留が決まったことで状況は一変。梅野にちょっかいを出さなかった巨人に忖度し、〝藤浪トレード〟の流れができた」

過去三度の打点王ならファンも納得!?

それを示すように、藤浪は1月上旬から、巨人のエース、菅野智之が沖縄・宮古島で行っていた自主トレに合流。年齢は東海大を経てドラフト浪人を経験した菅野が5歳上だが、ともに2012年ドラフトで1位入団した同期だ。それを思えば球団の垣根を超えた合同自主トレは理解できるが、これを取り持ったのが巨人の坂本勇人といわれており、ここから全体像が俯瞰できる。

「坂本は昨年、阪神の北條史也内野手と国内で合同自主トレを行った。北條にとって坂本は光星学院(現・八戸学院光星)の6学年先輩で、今回は藤浪の転身の思いが北條を通じて坂本に届き、それを菅野に伝えたという構図。今回はさらに、虎の大砲候補と期待される井上広大も巨人の4番で2年連続本塁打王と打点王に輝いた岡本和真に弟子入りするなど、両球団の選手は急接近している」(同)

話を戻すと、「藤浪トレード」の見返りには、去年8月に日ハムから巨人へ無償でトレードされた中田翔が有力だ。阪神は昨季、最多勝と最高勝率の〝投手二冠〟青柳晃洋のほか、秋山拓巳、伊藤将司と二桁勝利投手が揃っており、欲しいのは指名打者としても使える右の大砲。大阪桐蔭出身で過去三度の打点王ならファンも納得する。

ネックは中田が年俸1億5000万円、藤浪が4900万円と1億円の格差だが、阪神にとってもこれで優勝できれば高くはない。巨人も中田の売却を見込んで5番候補にメジャー本塁打通算96発のG・ポランコ外野手(元パイレーツ)を年俸2億5000万円で獲得済み。

大阪読売の圧力が、はからずも阪神と巨人の〝WIN-WIN〟の関係をもたらしている。
https://weekly-jitsuwa.jp/archives/45929

【巨人・中田翔と阪神・藤浪晋太郎に「世紀の電撃トレード」情報が浮上!?】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/12/28(火) 14:37:26.46 ID:CAP_USER9
12/28(火) 14:00
デイリースポーツ

巨人・中田翔が生き残る条件は?高代延博氏「外野も選択肢のひとつ」
巨人・中田
 巨人・中田翔内野手(32)はどうなる?デイリースポーツウェブ評論家の高代延博氏は「外野起用のプランが出てくるかもしれない」と予測したうえで、「最後はウィーラーとの勝負になる可能性が高い」と語った。

   ◇   ◇

 契約更改ではかなりのダウン提示だったようだね。しかし、来年も巨人のユニホームを着ることができるという喜びをかみしめて、全力で野球に打ち込むしかないだろう。

 状況的には相当追い込まれている。それは中田自身がよく分かっていると思う。

 巨人へ移籍後の印象は極めて悪い。短期間ではあったが、打てない姿が原監督の目に焼きついているはず。恐らく日本ハム時代のイメージは薄らいでいるに違いない。

 その一方で、ウィーラーの活躍は印象深く残っているはず。春先から4割を上回る打撃でチームに貢献したからね。救世主的存在だったし、その実績と実力を原監督は認めている。

 この大きな負のイメージを中田はどうやって覆すのか。

 中田vsウィーラーの構図を私が持ち出す理由は最終的に、この2人がライバル関係になると予想しているからだ。

 中田のポジションは一塁。まずは中島らとのスタメン争いに勝たなければならないが、たとえ勝ったとしても、それで奪い取ったとまでは言えない。

 外野に目を転じると、丸のほかに松原や故障からの復帰を目指す梶谷、ウィーラー、新外国人選手らでポジションを争うことになる。仮にそこからウィーラーがはじき出されたら一塁へ回るのは明白だ。

 私の個人的な推測ではあるが、春季キャンプでは中田の外野が試されるのではないか。そんな気がしている。

 彼は日本ハムで外野の経験がある。肩が強く打球勘もいい。少なくともウィーラーよりセンスはある。

 シーズン中の移籍だったため、そのあたり巨人では未知数だが、今度はキャンプから練習に入れるので取り組むための時間はある。

 仮に外野起用のプランがあったとしたら、そこでもウィーラーとの“勝負”は避けられないけどね。

 ただ、外野守備にモロさのあるウィーラーを一塁へ回し、中田を外野へもっていくのもアリだと思う。

 今の中田には“ハイ、どうぞ”と与えてもらえるポジションはない。自らつかみにいかないと。キャンプから“これならいける”という姿をしっかり見せないと、首脳陣は使わないだろう。

 このオフをどう過ごすか。安易な気持ちなら今年の二の舞になる。移籍後は“チームへの遠慮があった”みたいな発言を耳にしたが、そんなことを言っている場合ではない。闘志を前面に出して生き残りを図ることだ。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211228-00000060-dal-000-3-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/551190a56be6d7f83f3fc5c597b2d608dccff324

【巨人・中田翔、来季はウィーラーとの“勝負”か?高代延博氏「外野も選択肢のひとつ」】の続きを読む

このページのトップヘ